★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★

新作映画&DVDのちょいミーハーな感想と趣味のひとりごと日記♪

デビルズ・ダブル -ある影武者の物語-

2012年09月04日 | ★★★+

【THE DEVIL'S DOUBLE】 2012/01/13公開 ベルギー R18+ 109分
監督:リー・タマホリ
出演:ドミニク・クーパー、リュディヴィーヌ・サニエ、ラード・ラウィ、フィリップ・クァスト

この真実に、ついてこれるか。

家族を愛し、明るい未来が約束されていたはずの青年ラティフ・ヤヒア。しかしある日、狂気のプリンスと恐れられたウダイから自分の影武者になることを命じられる。家族を人質に取られたラティフに選択の余地はなかった。こうして彼は、ウダイの想像を絶する狂気の日常を目の当たりにしていくことになるのだが... (allcinema ONLINEより)


イラクの元大統領サダム・フセインの長男ウダイに似ていたばかりに影武者にさせらた、ラティフ・ヤヒアが体験した衝撃の実話を映画化した実録ドラマ。
監督は『007/ダイ・アナザー・デイ』『NEXT -ネクスト-』のリー・タマホリ。

フセインの長男はバカ息子で異常なほど女好きなのもよくわかった。早く誰かコ○してしまえー!と思うほど憎たらしいやつなのもよくわかった。嫌なことは影武者にやらせて自分はオンナといちゃいちゃ....憎たらしいなー。親の教育がなっとらん!!と思ったが、ああ親はサダム・フセインだっけ.....。かなり甘やかして育てたんですなー。父親からも“生まれたときに殺しておけばよかった”と言われるほどの悪魔という言葉が似合うプリンス。

かなり脚色されてるのかもしれないけど、まぁ映画としては面白く観られました。が、しかし、あそこまでおねーちゃん出さなくても~しかもすっぽんぽんでぼかしも入れるほどの力の入れようには苦笑、、、。監督がそのあたりが撮りたかったのかな??(笑)
でもラストはナイスな撃たれ方をしてて笑ってしまったわ。ここも狙い??

それにしても、たまたま同級生でウダイに似てるからと影武者にされたのは大迷惑。拒否すればひどい拷問、家族がどうなるかわからないし、引き受けるしか選択肢がないんだもんなー。
ウダイとラティフを演じたドミニク・クーパーが素晴らしい~。同じ顔なのに全くの別人に見えたし、同じ人が演じてるようにも見えなかった所はすごい。

その後、ラティフさんは現在国際弁護士だそうだけど、正式なパスポートがないんだそう。本当に人生をメチャクチャにされてしまったんですね。

 

デビルズ・ダブル -ある影武者の物語- [DVD]
ドミニク・クーパー,リュディヴィーヌ・サニエ
アミューズソフトエンタテインメント
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (12)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 踊る大捜査線 THE LAST TV サ... | トップ | イントルーダーズ »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんはー☆ (kira)
2012-09-05 19:02:13
本当にこんな男が生きていたら
安心して生きていられない。
誰か○×してくれ!って思いますよね~。
当時記事を書く前に調べたら、事実こんな感じで酷かったような記憶があります。

こういう鬼畜をみると、男の子がヒーローに憧れる心理がわかりますよね~
kiraさんへ (yukarin)
2012-09-06 12:53:25
こんにちは♪
実際もこんなに酷かったんですね....
観ながらこんなやつ生かしてたいけない!と思いながら観てました。

>男の子がヒーローに憧れる心理がわかりますよね
全くそのとおりですね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

12 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
『デビルズ・ダブル -ある影武者の物語-』 2012年1月5日 一ツ橋ホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『デビルズ・ダブル -ある影武者の物語-』 を試写会で鑑賞です。 観る前からワクワクしてました かなり楽しみな映画です。 【ストーリー】  家族思いの青年ラティフ(ドミニク・クーパー)は、ある日サダム・フセイン大統領の息子ウダイ(ドミニク・クーパー)...
『デビルズ・ダブル -ある影武者の物語-』 (2011) / ベルギー (Nice One!! @goo)
原題: THE DEVIL'S DOUBLE 監督: リー・タマホリ 出演: ドミニク・クーパー 、リュディヴィーヌ・サニエ 、フィリップ・クァスト 試写会場: 東商ホール 公式サイトはこちら。 (2012年1月13日公開) イラクの独裁者サダム・フセインの息子、ウダイの影...
デビルズ・ダブル -ある影武者の物語- (あーうぃ だにぇっと)
デビルズ・ダブル -ある影武者の物語-@東商ホール
デビルズ・ダブル -ある影武者の物語- (to Heart)
この真実に、ついてこれるか。 原題 THE DEVIL'S DOUBLE 製作年度 2011年 製作国・地域 ベルギー 上映時間 109分 映倫 R18+ 原作 ラティフ・ヤヒア 脚本 マイケル・トーマス 監督 リー・タマホリ 出演 ドミニク・クーパー/リュディヴィーヌ・サニエ/ラード・ラ...
『デビルズ・ダブル -ある影武者の物語-』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「デビルズ・ダブル -ある影武者の物語-」□監督 リー・タマホリ □脚本 マイケル・トーマス□原作 ラティフ・ヤヒア□キャスト ドミニク・クーパー、リュディヴィーヌ・サニエ、フィリップ・クァスト、ラード・ラウィ、     ...
「デビルズ・ダブル -ある影武者の物語-」 なぜウダイはラティフを殺さなかったのか? (はらやんの映画徒然草)
サダム・フセインの息子、ウダイ・サダム・フセインとその影武者とされたラティフとい
デビルズ・ダブル -ある影武者の物語- (だらだら無気力ブログ!)
二役の演じ分けが素晴らしい!!
デビルズ・ダブル-ある影武者の物語- / THE DEVIL'S DOUBLE (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click サダム・フセインの息子、ウダイ・フセインと顔が似てる事から 家族の命と引換えにこの男の影武者になることを強制された男の物語。 へんな人に顔似るもんじゃないね人生台無しです   マスコミ試写にて鑑....
どっちが独裁者?『デビルズ・ダブル -ある影武者の物語-』 (水曜日のシネマ日記)
イラクの独裁者サダム・フセインの息子、ウダイの影武者だったラティフ・ヤヒアの自伝を映画化した作品です。
デビルズ・ダブル-ある影武者の物語-(2011)★☆THE DEVIL'S DOUBLE (銅版画制作の日々)
 この真実に、ついてこれるか。 評価:+5点=75点 東宝シネマズ二条にて鑑賞。フリ―パスポートも後2日となりました。明日もう1作品観たら終了となりそうです。明日鑑賞したら締めて8作品でした。時期が悪かったなあ。もう少し早い時期にパスポートゲットすれば...
『デビルズ・ダブル-ある影武者の物語-』 (ラムの大通り)
(原題:The Devil's Double) ----これって、どういう意味? 『ボディ・ダブル』なら聞いたことあるけど…。 「うん。『ボディ・ダブル』はブライアン・デ・パルマ監督の映画のタイトルにもなったからね。 その意味は、“代役”。 映画では、ヌードシーンやスタン...
【デビルズ・ダブル -ある影武者の物語-】インシャラー、神の意のままに (映画@見取り八段)
デビルズ・ダブル -ある影武者の物語-~ THE DEVIL'S DOUBLE ~    監督: リー・タマホリ    出演: ドミニク・クーパー、リュディヴィーヌ・サニエ、ラード・ラウィ、フィリップ・クァスト、ミムーン・オアイッサ、ハリド・ライス、ダール・サリム、ナセル・メマ...