実話怪談「蛇ナワバリ」(後編) 

 父が進めていた他の仕事は私が引き継ぎ、弁護士の依頼、警察の家宅捜索など息苦しく、厳しい日々が続きます。  警察の方は父が包み隠さず話している事や、他に逮捕された人たちに比べれば真面目で大人しい性格ということもあって、とても親切にしてくださいました。  しかし、私も事情聴取される事になり、状況によっては逮捕の可能性も出てきてしまいました。  5時間に及ぶ事情聴取を受けながら、私はなぜか鮮明に . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

実話怪談「蛇ナワバリ」(前編) 

 これは今から10年ほど前にあった、私自身も関係している実話です。  刑事事件になったので実在の固有名詞は伏せてありますが、新聞やニュースでも報道されたことのある事件の裏で起っていた話です。  亡くなった父は古美術商を営んでおり、私もしばしばその手伝いをしたり、少し身体に不自由があった父のお供をしてお客さんの所へお供する事がありました。  その日は9月のとても暑い日で、父は旧知の商売仲間のF . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

プリンセス・ダイアナ 死の連鎖

 今年はイギリスのダイアナ妃が亡くなって20年の節目の年となる。多くの人に愛されたダイアナ妃の死に関しては、当初から不気味な噂がささやかれていたことが判明している。  このダイアナの不幸はそっくりさんにも連動したらしく、クリスティ・ハンナというダイアナのそっくりさんタレントは、あまりに似ているためなのか、ダイアナ妃が離婚すると、同じように離婚し、体調を崩すと同じように崩し、ダイアナ妃が拒食症にな . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

【実話怪談】この道はいつか来た道

 わたしの体験した少し変わった話をしたいと思います。  みなさんは道について考えたことがありますか?子ども心に、目の前に広がる道に、不思議な感覚を覚えたことはありませんでしたか?  「この道…いったい、何処に続くんだろう?」「このまま、歩いていってみたいな…」  そんな幼少のころの話です。  これは昭和40年代、処は埼玉県は八潮市での事です。季節は夏の終わりごろでした。街を流れる中川の土手 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

文豪が出会ってしまった「もう一人の自分」芥川龍之介のドッペルゲンガー体験

自分とまったく同じ、瓜二つの人間が出現、目撃したりばったり出会ってしまう現象・ドッペルゲンガー。 ドイツ語で「二重に出歩く者」の意味を持ち、その人の魂が出ている生き霊の一種だとか、本人が出会うと死が訪れる等と言われている。 このドッペルゲンガーは多くの人が体験しており、歴史上の偉人たちや著名人の中にも事例が存在している。 日本で有名な事例は文豪の芥川龍之介のケースだろう・・・(この続きはこち . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

【謂われ因縁】蛇石伝説と織田信長

 戦国の風雲児・織田信長の先進性や改革精神は、近代人に近い。オカルティストの中には、信長は未来人が過去に転生した魂であるとか、悪魔崇拝を行っていたと主張する者もいる。  事実は信長自身、神仏をないがしろにしていたような形跡もあり、安土城の石段には地蔵や石仏を利用した跡がある。  また、城の天主は地上6階であったが、5階に仏教様式を取り入れ、その上の6階に自らが“天主”として君臨するという比叡山や . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ドッペルゲンガーに会える場所!?サンカの霊場「岩塔ヶ原」の怪

もう一人の自分が現れるという現象、ドッペルゲンガー。 一種の霊現象であるとする説や、死の前兆であるとする説など様々だが、日本には「行くと自身のドッペルゲンガーに会う事ができる」という奇妙な場所が存在するという。 群馬県と福島県の堺に岩塔ヶ原という場所がある。 尾瀬ヶ原の北西に位置し、地図にも明記されていないため知る人はあまりいないが、一種の霊場であるとされている。 この地はかつて日本の山間 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

【速報】全日空機が羽田空港へ緊急着陸!32年前の事件と奇妙な符合が!?

 8月12日18時50分頃、東京・羽田空港を出発して大阪・伊丹空港に向かっていた全日空ANA37便が羽田空港へ緊急着陸した。  一部乗客の話によると、ANA37便は離陸して30分後に機体が急降下。航路を変え、Uターンして羽田へ戻っていったという。  機体が急降下した際、客席には緊急用の酸素マスクが落ちてくるなど、ケガ人は出てないものの乗客の少なからずは軽いパニックになった模様。また乗客には機長よ . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

【実話怪談】親愛なるメッセージ

ジロウさん(仮名)は神田の古本街である小説を買いました。 不思議なのですが、なぜこの小説を選んだのか・・・古本屋の棚の上のほうにあったこれにごく自然と手が伸びたというんです。 さて、家に持って帰って読んでると至る箇所に様々な書き込みがしてあるのに気付きました。 『主人公はこう考えていたの』、『この台詞は頂けない』だとか。とても気の利いたコメントが書いているのです・・・(この続きはこちらから) . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

この子は亡くなった夫の生まれ変わりだった!?家族として過ごす子牛

亡くなった人の生まれ変わりは存在するのだろうか。 カンボジアはクラティ県出身の女性キム・ハンさんは、「亡くなった夫の生まれ変わり」である子牛と一緒に自宅に住んでいるという。 彼女の夫が亡くなったのは昨年のこと。それから今年の3月に亡くなった夫が子牛となってこの世に帰ってきたというのだ。 キム・ハンさんはロイター通信に対して「私は子牛が私の夫であると信じている。なぜなら、この子牛の仕草は生きて . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

江戸時代に起きた心霊事件 連綿と続く怨念の系譜 日本三大怪談「累が淵」

 怪談「累が淵」は、「東海道四谷怪談」、「番町皿屋敷」と並び日本三大怪談の一角を成す話だが、創作である二作とは違い、この話は現実にあった幽霊話であるのだ。つまり、実話である。  「累ケ淵」の悲劇は、すぎという女性が、助という醜い子供を産んだことから始まる。ところが、すぎは再婚相手の与右衛門が、連れ子の助の容姿を嫌ったために、我が子を鬼怒川に突き落とし水死させてしまった。我が子への愛情よりも、女の . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

「松本サリン事件」を予言した内容の小説が直前に出版されていた!?

 1994年7月に松本市で当時犯人不明の怪事件が起きた。  俗にいう松本サリン事件である。この事件は7人の死者と、213人の重軽傷者を出しており、大きな波紋を呼んだ。  この事件では関係の無い会社員が容疑者として逮捕されるなど、警察の捜査方法、マスコミの報道姿勢が追求されたが、この事件を予言するような小説が、事件発生の3ケ月前に発売されていたのだ・・・ (この続きはこちらから) . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

「番町皿屋敷」あの井戸はどこにあるのか?『お菊』は『お聴く』だった!?

 日本三大怪談と言えば、「東海道四谷怪談」「累ケ淵」そして「番町皿屋敷」である。 また「四谷怪談」が創作であり、「累ケ淵」が実話であるとされているが、この「番町皿屋敷」は微妙である。この話は、創作なのか、実話なのか不明なのだ。  筆者が取材しただけでも三箇所もある。姫路城の井戸で起こった話であるとか、彦根藩の江戸屋敷での出来事であるとか、或いは都内の武家屋敷であった実話であるとか。全国各地にそ . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

6人の子供のうち5人が死んだ!「鉄の爪」フリッツ・F・エリック一家

プロレス界で、一族が次々と死亡し「呪われていたのではないか」とする都市伝説が流れた選手がいる。鉄の爪・フリッツ・F・エリック一家の不幸だ。 ジャイアント馬場の宿敵としてアイアンクロー(鉄の爪のあだ名の由来となる技、こめかみを物凄い握力でつかむ)で日本人レスラーを痛めつけた雄姿は、オールドファンの目に焼きついている。 このフリッツには、6人の息子がいた。 長男は幼くして池に転落、その池に電線が . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

危険なエリアに親子連れが?〜ある遊園地の都市伝説〜

テーマパークに関する不気味な都市伝説は数多く存在する。 今回は某巨大テーマパークで囁かれているある都市伝説を紹介してみよう。今から数年前あるスタッフによって確認されたことからこの話しは始まる。 「あの親子、あんなところにいつ入り込んだんだろう?」 スタッフのひとりが監視カメラのモニターに映る親子の姿を確認した。親子はアトラクションの乗り物が通過するコースのすぐ脇にいた・・・ (この続きはこ . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

« 前ページ   

書籍紹介

New!!

噂の芸能情報
クリエーター情報なし
星雲社

New!!

怪談グランプリ 2017 未公開! タブー怪談
クリエーター情報なし
TOブックス
超常現象のつくり方
クリエーター情報なし
宝島社
タブー討論 このUMAは実在する! ?
クリエーター情報なし
文芸社
秘・テレビでは言えなかった! 山口敏太郎の怖すぎる都市伝説
クリエーター情報なし
TOブックス
恐怖・呪い舟~実話怪異譚~ (TO文庫)
クリエーター情報なし
TOブックス
タブーに挑む! テレビで話せなかった激ヤバ情報暴露します3 台風人間・八咫烏のヤバすぎる正体から最新宇宙人情報まで
クリエーター情報なし
文芸社
日本史の都市伝説
山口 敏太郎
宝島社
是非に及ばず
クリエーター情報なし
青林堂
未確認生物UMA 衝撃の新事実
山口 敏太郎
宝島社
世界の怪人・UMA図鑑
山口敏太郎
大和書房
タブーに挑む! テレビで話せなかった激ヤバ情報暴露します2 超常番組の裏側から国際情勢の闇情報まで
飛鳥 昭雄 山口 敏太郎
文芸社
怪談・呪い神 恐怖・呪いシリーズ (TO文庫)
山口敏太郎
TOブックス
世界の不思議 超怪奇ファイルXX(ダブルエックス)
山口 敏太郎
永岡書店
徳島あるある
山口敏太郎
TOブックス
人生で大切なことはオカルトとプロレスが教えてくれた
大槻 ケンヂ,山口 敏太郎
KADOKAWA/角川学芸出版
超陰謀論
ベンジャミン・フルフォード,山口敏太郎
青林堂
未確認生物 超謎図鑑
山口 敏太郎
永岡書店
霊怪スポット 戦慄の最新ファイル (KAWADE夢文庫)
山口 敏太郎
河出書房新社
放送禁止のヤバイ話 (DIA COLLECTION)
山口敏太郎
ダイアプレス
現代日本のテレビでは放送できない話
山口 敏太郎
彩図社
山口敏太郎の都市伝説 あなたの知らない世界
山口 敏太郎
河出書房新社
オカルト博士の妖怪ファイル (HONKOWAコミックス)
山口敏太郎,鯛夢
朝日新聞出版
小さいおじさん
山口 敏太郎,Sel
東邦出版
本当にいる「宇宙人」完全ファイル
クリエーター情報なし
笠倉出版社
恐怖・呪い面~実話都市伝説 (TO文庫)
クリエーター情報なし
ティー・オーエンタテインメント
タブーに挑む! テレビで話せなかった激ヤバ情報暴露します 八咫烏・裏天皇情報から危険すぎるUMAの正体まで (2014/05/24)
クリエーター情報なし
文芸社
超嫌韓論 (青林堂ビジュアル)
クリエーター情報なし
青林堂
超最新版!本当にいる世界の「未知生物」案内
クリエーター情報なし
笠倉出版社
図説 世界の地獄案内
クリエーター情報なし
笠倉出版社
江戸武蔵野妖怪図鑑
クリエーター情報なし
けやき出版
怪奇!あまりに怖すぎる都市伝説
クリエーター情報なし
河出書房新社
世界超怪奇アンビリーバブル生物画像300 (DIA COLLECTION)
クリエーター情報なし
ダイアプレス
本当にいる日本の「現代妖怪」図鑑
クリエーター情報なし
笠倉出版社
怨霊と呪いの日本史 (KAWADE夢文庫)
クリエーター情報なし
河出書房新社
終結!!世界未確認生物UMA大全画像600 (DIA COLLECTION)
クリエーター情報なし
ダイアプレス
とうほく妖怪図鑑 (んだんだブックス)
クリエーター情報なし
無明舎出版
本当にいる日本の「未知生物(UMA)」案内
クリエーター情報なし
笠倉出版社

▶amazonで山口敏太郎の書籍をもっと見る

お仕事のご依頼

TV・ラジオ出演、イベント・講演、単行本・雑誌などの原稿執筆、インタビュー・対談のご依頼受付中
▶ご連絡はこちらから

YouTube

㈱山口敏太郎タートルカンパニーの公式YouTubeチャンネル
▶ご視聴はこちらから

ネットラジオ

過去の放送も以下のリンクからお聞きいただけます
▶山口敏太郎の日本大好き パート1
▶山口敏太郎の日本大好き パート2
▶山口敏太郎の日本大好き パート3◀最新の放送はこちら!

メールマガジン

有料メルマガ配信サービスフーミーにて「山口敏太郎のサイバーアトランティア ~世界の陰謀・オカルトの真実」配信中
▶お申し込みはこちらから

過去の記事

↑トップへ戻る