キングオブコント勝者の功績…かまいたち、やっとグリーン車移動に昇格!

2017年12月14日読売テレビ系列で放送された「ダウンタウンDX」に、今年のキングオブコントで優勝を遂げた山内健司と濱家隆一のコンビ、かまいたちが出演した。 同大会後は、準優勝のにゃんこスターにすっかり話題をさらわれ、「かまいたち、次回こそ、にゃんこスターにリベンジか」というように、実際には優勝しているのもかかわらず世間の印象では負けた感じになってるのが悔しいという。 また、キングオブコント . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

お笑いラッキー伝説、『キングオブコント』にも幸運な芸名の法則性発見!?

先日、ATLASでは日本一の漫才師を決める大会「M―1グランプリ」において、フード系の名前を付けた芸人が強いという都市伝説をご紹介したが、今回はコント芸人のナンバーワンを決める大会「キングオブコント」についての名前のラッキー伝説をお届けしたい。 実はこのキングオブコントであるが、過去の優勝者を見比べると動物系の名前を付けた芸人達が多く優勝していることに気付かされる。 列挙すると、2008年には . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ゆりやんのかませ犬?ベテラン山田邦子への屈辱!THE Wは予選から出演しろ

女芸人のナンバーワン決定戦の呼び声の高い「THE W」だが、ゆりやんレトリィバァの優勝で幕を閉じた。 アトラス既報の通り、彼女はなかなかのインテリである。同時に笑いのセンスもある人物だけあって、今回の優勝は妥当だと言える。 コンテストは最後に出る方が有利だ。組み合わせから判断していてゆりやんの優勝はできレースだ!と様々な意見が出ているが、来年も続いていってもらいたい楽しみな番組である。 この . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

『女芸人No.1決定戦』会場、アノ「大物芸人」の生霊が…視聴者大パニック!?

12月11日、『女芸人No.1決定戦 THE W(ザ ダブリュー)』(日本テレビ系)が開催された。 『THE W』は史上初の女性芸人限定のお笑い賞レースで、栄えある第1位は近頃テレビでも活躍するゆりやんレトリィバァが勝ち取った。 さて話は『THE W』の放送中のことになるが、視聴者のなかにテレビから聞こえる過剰なまでの異質な笑い声に怒りを覚える人が多かったという。 実は『THE W』 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

『笑点』前代未聞の大トラブル!責任の所在はスタッフ…それとも山田くん?

12月10日、50年の歴史を誇る日本テレビ系の人気番組『笑点』にて前代未聞のトラブルがあった。 大喜利コーナーにて司会を務める春風亭昇太が大喜利のメンバー登場後に「大事なお知らせがある」と通達。さらに「実はですね、まず謝らなきゃいけないことがありまして、『笑点』始まって以来の不祥事を起こしてしまいました…」と神妙な面持ちで謝罪した。 昇太の説明によると「前回の収録時に、座布団の枚数を間違えてカ . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

祝女芸人NO.1、ゆりやんレトリィバァが見た…飛び跳ねる妖怪「八尺さま」!

今、人気絶頂の女芸人ゆりやんレトリィバァは、実は英語が堪能でかなりのインテリ芸人である。その英語力がハンパなく、キャビンアテンダントの教育にも使えるレベルだという。 そんな彼女は、妖怪を見た事があるそうだ。これは、筆者が出演した番組内で彼女が証言していた内容である。 ゆりやんが仕事の帰り、大阪市内の公園を歩いていると、女が1人立っていた。 長い髪の毛で、公園にある遊具と同じぐらい背が高い。し . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

【芸人都市伝説】みやぞん、ルールを知らないまま野球をやっていた!

あまりにも善人すぎて、視聴者から詐欺にあいそうだと心配されている芸人。それがみやぞんである。一発屋と思いきや、その勢いは衰えることがなく、テレビにイベントに引っ張りだこである。 2017年12月8日、TBS系列で放送された「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」にて、みやぞんの野球に関するエピソードが紹介された。 もともと中学時代、みやぞんはテニス部だった。たまたま高校野球のスカウトが来ている . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

【サッチー伝説】さんまと激突!収録途中で楽屋へ…学歴詐称は巨人の陰謀!?

2017年12月8日、野村克也の妻であり、おさがわせタレントとして有名だったサッチーこと野村沙知代が自宅で倒れ、病院に搬送されたが意識が戻ることなく亡くなった。 まずはご冥福をお祈りしたい。 さて、サッチーには数々のエピソードがある。アメリカ人の前夫との間に生まれた2人の息子との絶縁、実の弟との絶縁などが知られているが、明石家さんまとの確執はあまり知られていない・・・(この続きはこちらから . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

【都市伝説】『みなさんのおかげでした』終了は冗談…怒涛の展開が待っている!?

お笑いコンビ・とんねるずが出演するフジテレビ系の長寿番組『とんねるずのみなさんのおかげでした』が、来年2018年3月をもって番組終了となることを12月7日の放送回にて発表された。 この日のエンディングでは、とんねるずの二人が業界人コント風のやりとりで番組の終了を発表。ラストには「2018年3月 とんねるずのみなさんのおかげでした 堂々完結!」とのテロップが映された。 『みなさんのおかげです』終 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

名古屋でハコフグ食中毒事故、「無人島生活」で食べていた濱口優は大丈夫?

12月4日、愛知県名古屋市で市内に住む60代の男性が自分で釣ったハコフグを食べ、全身の筋肉が激しく痛む症状の食中毒になったことが朝日新聞ほかで報道された。男は命に別状はないが現在も入院中だという。 ハコフグはパリトキシン様毒という毒物を所持しており、食後から12~24時間以内に発症。激しい腹痛のほか筋肉痛、場合によっては呼吸困難に陥ることもあるという。 このハコフグであるが . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

『お染ブラザーズ』海老一染之助さん死去、実は兄の方が芸は上手かった!?

『お染ブラザーズ』の弟・海老一染之助が都内の病院で肺炎により死去した。 兄・染太郎は2002年に既に亡くなっており、以降は1人で活動していた。近年は足腰が弱っており、夫人や関係者の介助がなくては歩けない状態だったという。しかし、舞台に上がるとキレの良い動きを見せて、関係者を驚かせた。まさに芸人の鑑である。ちなみに息子はテレビ東京で報道局に勤務しているという。 「弟は肉体労働、兄は頭脳労働、 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

これもM-1優勝者のラッキー伝説だった!?なぜ、FOOD系コンビ名は強い?

日本一の漫才師を決める大会「M―1グランプリ2017」が12月3日、東京都六本木のテレビ朝日で開催された。そして、とろサーモン(久保田和靖&村田秀亮)が出場漫才師4094組の頂点に立ち、見事に賞金1000万円を獲得した。 とろサーモンは今年2017年で結成15年目。M―1の出場ルール上、今回が参戦できるラストイヤーであった。 お笑いマニアの間では今年のM-1勝者は、大方の予想では昨年2016年 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

M-1チャンピオンとろサーモンのクズ伝説、ケガの治療よりエッチを優先!?

見事、2017年のM-1グランプリの頂点に立ったとろサーモン。実力があると言われながら、長らく賞レースには無縁だっただけに、今回の優勝は本当にうれしかっただろう。 そんなとろサーモンにも、数々の都市伝説がある。 とりわけ、業界ではとろサーモン久保田和靖のクズ都市伝説がいくつか囁かれている。 先輩芸人・千鳥大悟の部屋で鍋をしようと言うことになり、南海キャンディーズの山ちゃんと久保田が原チャ . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

めちゃイケ「数取団」に賞賛の声!?日馬富士ネタにも果敢にチャレンジ

12月2日に放送されたフジテレビ系列の人気番組『めちゃ×2イケてるッ!』において、往年の人気企画「単位上等!爆走数取団」が11年ぶりに復活した。 「数取団」はめちゃイケメンバーが暴走族風の扮装をし、数の単位を答えていくという言葉遊びゲームのひとつ。2002年から約4年間に渡り放送され、当時の子供たちの間でも大ブームとなったのだが、2006年の山本圭壱の吉本興業解雇騒動の影響でコー . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

昭和伝説「たけし城」、なんと宿泊可能だった&殿の的は滅多に破れない!?

現在テレビ業界では、ゲーム的要素の強い企画がいくつか放送されている。「スポーツ男子頂上決戦」や、今年の年末に行われる「人生逆転ゲーム カイジ」などは多くの視聴者から注目を浴びている。 このように、ゲーム性の強いバラエティー番組の先駆けと言えば、昭和時代人気番組だった「風雲!たけし城」ではないだろうか。 2017年12月2日、TBS系列で放送された「サタデープラス」にて、東国原英夫がその当時の思 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

« 前ページ   

書籍紹介

New!!

噂の芸能情報
クリエーター情報なし
星雲社

New!!

怪談グランプリ 2017 未公開! タブー怪談
クリエーター情報なし
TOブックス
超常現象のつくり方
クリエーター情報なし
宝島社
タブー討論 このUMAは実在する! ?
クリエーター情報なし
文芸社
秘・テレビでは言えなかった! 山口敏太郎の怖すぎる都市伝説
クリエーター情報なし
TOブックス
恐怖・呪い舟~実話怪異譚~ (TO文庫)
クリエーター情報なし
TOブックス
タブーに挑む! テレビで話せなかった激ヤバ情報暴露します3 台風人間・八咫烏のヤバすぎる正体から最新宇宙人情報まで
クリエーター情報なし
文芸社
日本史の都市伝説
山口 敏太郎
宝島社
是非に及ばず
クリエーター情報なし
青林堂
未確認生物UMA 衝撃の新事実
山口 敏太郎
宝島社
世界の怪人・UMA図鑑
山口敏太郎
大和書房
タブーに挑む! テレビで話せなかった激ヤバ情報暴露します2 超常番組の裏側から国際情勢の闇情報まで
飛鳥 昭雄 山口 敏太郎
文芸社
怪談・呪い神 恐怖・呪いシリーズ (TO文庫)
山口敏太郎
TOブックス
世界の不思議 超怪奇ファイルXX(ダブルエックス)
山口 敏太郎
永岡書店
徳島あるある
山口敏太郎
TOブックス
人生で大切なことはオカルトとプロレスが教えてくれた
大槻 ケンヂ,山口 敏太郎
KADOKAWA/角川学芸出版
超陰謀論
ベンジャミン・フルフォード,山口敏太郎
青林堂
未確認生物 超謎図鑑
山口 敏太郎
永岡書店
霊怪スポット 戦慄の最新ファイル (KAWADE夢文庫)
山口 敏太郎
河出書房新社
放送禁止のヤバイ話 (DIA COLLECTION)
山口敏太郎
ダイアプレス
現代日本のテレビでは放送できない話
山口 敏太郎
彩図社
山口敏太郎の都市伝説 あなたの知らない世界
山口 敏太郎
河出書房新社
オカルト博士の妖怪ファイル (HONKOWAコミックス)
山口敏太郎,鯛夢
朝日新聞出版
小さいおじさん
山口 敏太郎,Sel
東邦出版
本当にいる「宇宙人」完全ファイル
クリエーター情報なし
笠倉出版社
恐怖・呪い面~実話都市伝説 (TO文庫)
クリエーター情報なし
ティー・オーエンタテインメント
タブーに挑む! テレビで話せなかった激ヤバ情報暴露します 八咫烏・裏天皇情報から危険すぎるUMAの正体まで (2014/05/24)
クリエーター情報なし
文芸社
超嫌韓論 (青林堂ビジュアル)
クリエーター情報なし
青林堂
超最新版!本当にいる世界の「未知生物」案内
クリエーター情報なし
笠倉出版社
図説 世界の地獄案内
クリエーター情報なし
笠倉出版社
江戸武蔵野妖怪図鑑
クリエーター情報なし
けやき出版
怪奇!あまりに怖すぎる都市伝説
クリエーター情報なし
河出書房新社
世界超怪奇アンビリーバブル生物画像300 (DIA COLLECTION)
クリエーター情報なし
ダイアプレス
本当にいる日本の「現代妖怪」図鑑
クリエーター情報なし
笠倉出版社
怨霊と呪いの日本史 (KAWADE夢文庫)
クリエーター情報なし
河出書房新社
終結!!世界未確認生物UMA大全画像600 (DIA COLLECTION)
クリエーター情報なし
ダイアプレス
とうほく妖怪図鑑 (んだんだブックス)
クリエーター情報なし
無明舎出版
本当にいる日本の「未知生物(UMA)」案内
クリエーター情報なし
笠倉出版社

▶amazonで山口敏太郎の書籍をもっと見る

お仕事のご依頼

TV・ラジオ出演、イベント・講演、単行本・雑誌などの原稿執筆、インタビュー・対談のご依頼受付中
▶ご連絡はこちらから

YouTube

㈱山口敏太郎タートルカンパニーの公式YouTubeチャンネル
▶ご視聴はこちらから

ネットラジオ

過去の放送も以下のリンクからお聞きいただけます
▶山口敏太郎の日本大好き パート1
▶山口敏太郎の日本大好き パート2
▶山口敏太郎の日本大好き パート3◀最新の放送はこちら!

メールマガジン

有料メルマガ配信サービスフーミーにて「山口敏太郎のサイバーアトランティア ~世界の陰謀・オカルトの真実」配信中
▶お申し込みはこちらから

過去の記事

↑トップへ戻る