山口敏太郎 新刊「是非に及ばず」

織田信長の最後の半年間を追った作品。「信長公記」など当時の公式記録、貴族、庶民の日記などの記述を駆使し、信長の遺体捜索には僧侶によるサイキックリーディングまで投入。あらゆる可能性と膨大な資料から「光秀冤罪説」を小説化。 暗殺計画を逆手にとる信長の謀略、家康との巧妙な駆け引き、秀吉の野望、細川や蒲生の野心と謀略、この渦巻く愛憎劇に、足利将軍家、朝廷、利休の刺客がからむ。最後の結末は今までどの小説でも . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

宇宙人もオリンピック観戦

2月8日朝ズバを見ていたかみさんが絶句!なんとトリノオリンピックの聖火台の横にUFOが出現したというのだ。その後各番組でも続報が報道されたが、現地で撮影した人の話によると、なんと上下に移動したらしい。宇宙人も女子フィギュアが気になるのか。 UFO 関連記事 地底人アルザル人とは、いったい! http://blog.goo.ne.jp/youkaiou/e/255b7b0cc17b85fe05b . . . 本文を読む
コメント ( 2 ) | Trackback ( 1 )

牛にひかれて善光寺労働組合

牛に引かれて善光寺参りで有名な、長野・善光寺の僧侶・職員ら9人が、労働組合を結成した。元々、トップの引責に関する内部のトラブルが発展し、労働組合に結成につながった。 事件 関連記事 みのもんた暴言「手首を生ゴミと一緒に出したってことはさぁ、この収集車が集めに来てるわけ?!」 http://blog.goo.ne.jp/youkaiou/e/95ec2bac8696accee4ee7130c6c . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

とさかのある恐竜発見

中国科学院古脊椎動物古人類学研究所を中心とする米中合同研究チームの(2006年2月9日発売)英国科学雑誌・ネイチャー誌上での発表によると、中国新疆ウイグル自治区にある約1億6000万年前の地層から、「T・レックス=ティラノサウルス・レックス」の祖先にあたる恐竜の化石で「とさかがある個体」を発見し、「グアン・ロング・ウーカイ=五色の冠竜)」と名付けられたという。 この個体は、2体あり、12歳と6歳の . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

お年玉年賀葉書・賞品完全制覇だって!?

2006年のお年玉つき年賀葉書の1等から4等まですべての賞品をゲットした幸せな夫婦が大分県臼杵市にいた。会社員の夫婦で、自宅に届いた350枚の中に当選が全て含まれていたという。日本郵政公社は「想定外のケースである」とコメントしているが、1等の当選確率は、50万分の1、2等は5万分の1、3等は5000分の1、4等は50分の1の確率で全てがあたる可能性は天文学的な確率であるという。 ちなみに昨年も九州 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

氷の彫刻!謎の放置事件

2005年2月6日長野県辰野町の屋内運動場「ほたるドーム」の玄関で奇妙な落とし物?が発見された。鷲の見事な氷の彫刻が放置されていたのだ。高さ約1m、重さ約30kgの本格的なもので、一人では運搬できない。 もちろん、「ほたるドーム」を管理する町開発公社には困惑しており、解けて無くなるため拾得物として届ける事もできない。現在は隣のホテルの玄関に飾られている。それにしても、冬将軍の思わぬプレゼントであっ . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

乳頭温泉!雪崩発生、辰子姫伝説をまもれ

秘湯ブームの火付け役とも言われた乳頭温泉(秋田県仙北市)を雪崩が襲った。 乳頭温泉郷の老舗旅館「鶴の湯温泉」従業員、入浴客など10数人が雪崩に巻き込まれた模様。重傷者2名、行方不明1名が出ており、宿泊客としてたまたま居合わせた機動隊員5名も救出作業にあたっている。 ご存じの方も多いだろうが、この温泉は田沢湖の付近にあり、辰子姫伝説(いつまでも美しくいたいと願をかけ龍体となった伝説)ゆかりの場所であ . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ハーレム男の恋の呪文がわかった!

東大和市に住むハーレム男くん。11人の女性と暮らす一夫多妻ぶりにマスコミが注目したが、女性をひきつけるコツは小学校の頃、夢で見た呪文だという。はたして、いかなる呪文であるのか。注目されていたが、今回「週刊新潮2/9」がその呪文をつきとめた。その秘密の言葉とは「シークル」!本当に効果あるのかどうか不明だが…。明日の発売が待たれる。 占い予言 関連記事 アメリカ人は60%が悪魔を信じている http . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

2代目ど根性大根が発見

かつてアスファルトの隙間からはえてきた「ど根性大根」が評判になったが、最終的には心ない者にもぎられてしまった。その替わりと言ってはなんだが、二代目ど根性大根が和歌山で確認された。しかも、場所が凄い。世界遺産に指定された高野山の慈尊院の塀のわきなのだ。住職の保護のもと、二代目ど根性大根の運命はいかに! おすすめ! 山口敏太郎ワールドに注目だ! 関連記事 妖怪100キロ婆に的場浩司が遭遇 htt . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

     

書籍紹介

New!!

噂の芸能情報
クリエーター情報なし
星雲社

New!!

怪談グランプリ 2017 未公開! タブー怪談
クリエーター情報なし
TOブックス
超常現象のつくり方
クリエーター情報なし
宝島社
タブー討論 このUMAは実在する! ?
クリエーター情報なし
文芸社
秘・テレビでは言えなかった! 山口敏太郎の怖すぎる都市伝説
クリエーター情報なし
TOブックス
恐怖・呪い舟~実話怪異譚~ (TO文庫)
クリエーター情報なし
TOブックス
タブーに挑む! テレビで話せなかった激ヤバ情報暴露します3 台風人間・八咫烏のヤバすぎる正体から最新宇宙人情報まで
クリエーター情報なし
文芸社
日本史の都市伝説
山口 敏太郎
宝島社
是非に及ばず
クリエーター情報なし
青林堂
未確認生物UMA 衝撃の新事実
山口 敏太郎
宝島社
世界の怪人・UMA図鑑
山口敏太郎
大和書房
タブーに挑む! テレビで話せなかった激ヤバ情報暴露します2 超常番組の裏側から国際情勢の闇情報まで
飛鳥 昭雄 山口 敏太郎
文芸社
怪談・呪い神 恐怖・呪いシリーズ (TO文庫)
山口敏太郎
TOブックス
世界の不思議 超怪奇ファイルXX(ダブルエックス)
山口 敏太郎
永岡書店
徳島あるある
山口敏太郎
TOブックス
人生で大切なことはオカルトとプロレスが教えてくれた
大槻 ケンヂ,山口 敏太郎
KADOKAWA/角川学芸出版
超陰謀論
ベンジャミン・フルフォード,山口敏太郎
青林堂
未確認生物 超謎図鑑
山口 敏太郎
永岡書店
霊怪スポット 戦慄の最新ファイル (KAWADE夢文庫)
山口 敏太郎
河出書房新社
放送禁止のヤバイ話 (DIA COLLECTION)
山口敏太郎
ダイアプレス
現代日本のテレビでは放送できない話
山口 敏太郎
彩図社
山口敏太郎の都市伝説 あなたの知らない世界
山口 敏太郎
河出書房新社
オカルト博士の妖怪ファイル (HONKOWAコミックス)
山口敏太郎,鯛夢
朝日新聞出版
小さいおじさん
山口 敏太郎,Sel
東邦出版
本当にいる「宇宙人」完全ファイル
クリエーター情報なし
笠倉出版社
恐怖・呪い面~実話都市伝説 (TO文庫)
クリエーター情報なし
ティー・オーエンタテインメント
タブーに挑む! テレビで話せなかった激ヤバ情報暴露します 八咫烏・裏天皇情報から危険すぎるUMAの正体まで (2014/05/24)
クリエーター情報なし
文芸社
超嫌韓論 (青林堂ビジュアル)
クリエーター情報なし
青林堂
超最新版!本当にいる世界の「未知生物」案内
クリエーター情報なし
笠倉出版社
図説 世界の地獄案内
クリエーター情報なし
笠倉出版社
江戸武蔵野妖怪図鑑
クリエーター情報なし
けやき出版
怪奇!あまりに怖すぎる都市伝説
クリエーター情報なし
河出書房新社
世界超怪奇アンビリーバブル生物画像300 (DIA COLLECTION)
クリエーター情報なし
ダイアプレス
本当にいる日本の「現代妖怪」図鑑
クリエーター情報なし
笠倉出版社
怨霊と呪いの日本史 (KAWADE夢文庫)
クリエーター情報なし
河出書房新社
終結!!世界未確認生物UMA大全画像600 (DIA COLLECTION)
クリエーター情報なし
ダイアプレス
とうほく妖怪図鑑 (んだんだブックス)
クリエーター情報なし
無明舎出版
本当にいる日本の「未知生物(UMA)」案内
クリエーター情報なし
笠倉出版社

▶amazonで山口敏太郎の書籍をもっと見る

お仕事のご依頼

TV・ラジオ出演、イベント・講演、単行本・雑誌などの原稿執筆、インタビュー・対談のご依頼受付中
▶ご連絡はこちらから

YouTube

㈱山口敏太郎タートルカンパニーの公式YouTubeチャンネル
▶ご視聴はこちらから

ネットラジオ

過去の放送も以下のリンクからお聞きいただけます
▶山口敏太郎の日本大好き パート1
▶山口敏太郎の日本大好き パート2
▶山口敏太郎の日本大好き パート3◀最新の放送はこちら!

メールマガジン

有料メルマガ配信サービスフーミーにて「山口敏太郎のサイバーアトランティア ~世界の陰謀・オカルトの真実」配信中
▶お申し込みはこちらから

過去の記事

↑トップへ戻る