アプリが幽霊を認識した!?スナップチャットが反応したのは子供の幽霊だったのか

現在世界中で人気のカメラアプリ、スナップチャット。 写真や動画を撮影すると、顔に合わせてコミカルなアニメーションが展開されるため、自撮りした模様をSNSに上げる人が多い。 だが、このスナップチャットを使用すると「何もない空間のはずなのに顔を認識したかのような動きを見せる」現象が発生したりする。まるで心霊現象にも思える現象だが、よく見ると背後にある物体の黒い箇所の位置が目や口に見える配置だったに . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

2日かけての怪談ナイト!9月18日、19日 八丁堀怪談百物語~第二夜~開催!

何れ劣らぬ怪談を語る人々が、珠玉の怖い話を語り合う「八丁堀怪談」。普通の怪談イベントと違う点は、何より2日続けての公演というところ!1日目と2日目では出演者も違うので、色々な怪談が聞けます。2日間じっくり楽しむもよし、好きな語り部の人の怪談を聞きに行くもよし。 怪談がお好きな方は是非どうぞ! 『八丁堀怪談百物語』 【公演日程】2017年 9月18日(月・祝)①19:00~、 9月19日(火) . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

【実話怪談】黄泉の使い

 死期を告げる「黄泉の使い」をお話しします。  昭和50年代、場所は埼玉県八潮市の郊外でのことです。季節は晩秋、時刻は夕方5~6時ごろだったでしょうか。友達と遊び疲れて、独り家路に急いでいるときに起こりました。  林の中を歩いていると、ニワトリ? の様なものが目の前を過ぎていきます。近所の農家のニワトリか、と思っていると、1羽、また1羽と過ぎっていきます。それも同じ方角へ向かっているのです。し . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

昭和の高度経済成長時代と共に拡散した「お菊人形」伝説

 かつて高度経済成長時代の日本を、震撼させた超常現象はいくつか存在した。  スプーンまげや、遠隔による時計の修理などで一世を風靡した超能力者ユリ・ゲラー、矢追純一氏が日本テレビで盛んに仕掛けたUFO番組の宇宙人や謎の飛行物体、作家五島勉氏がベストセラーを出しまくったノストラダムスの予言本、他にも漫画界に視線を移せば、「うしろの百太郎」「恐怖新聞」で人気を集めた心霊漫画家のつのだじろう氏、当然オカ . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

山口敏太郎の潜入ルポ 将門の遺跡・七天王塚の霊的システムを追え(4)

 以前、アトラスにて筆者である山口敏太郎は千葉県に存在する将門の遺跡「七天王塚」に関する考察を紹介した。  この七天王塚で調査を行ったところ、霊的なものかは不明であるが関係者に体調異変が頻発するなどの異変が起き、結局お祓いを受ける流れになった。今回の記事はその時を思い出しながらのものである。  「この千葉大付近は、七天王塚の他にも多くの史跡が存在しているようだ」  追跡調査を行っていた筆者だ . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

【実話怪談】沈む…沈む…

 江戸末期の事である。古河藩(今の茨城県古河市)内に、近在でも評判の豪農がいた。  ある時の事である。その豪農のいる村落を、不審な男達が彷徨っていた。  (あやっ・・・ひょっとして押し込み泥棒であろうか?)身の危険を感じた豪農は妻子を家とは別の場所に逃がし、使用人とその夜、外の様子を見張っていた。 「来たら捕まえてやる」  すると先程の怪しい男達が入ってきた。一名は入口で張り込み、残りの一 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

【実話ちょっと怖い話】ご飯

 これは四国の某海岸で聞いた話です。  毎年お盆になると海で死んだ人のために陰膳(かげぜん)というものをするそうです。供養のために離れとか、仏間においておくそうです。  時々そのご飯が少しだけなくなっているとか・・もっとも、それって殆どが猫とか誰かのイタズラなんでしょうが。  さて、僕の友人の家でも、なくなったおじいちゃんあてにお膳を仏間に毎年置いてあったそうです。  ある年の夜、「くちゃ . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

【実話怪談】おかね塚

 これは筆者自身が経験した奇妙な話である。   「行徳の昔話」という本を行徳昔話の会が出版している。この中で奇妙な話が話されているのだ。  千葉県の行徳におかね塚というものがある。この付近に娘の幽霊が出るという。  海神下から二俣の間にかけて葛飾田んぼという長い道があった。この道を夜通るとかわいい娘が前になり後になりついてくる。その時、娘につられてつい後ろを振り返ると海まで連れていかれるという。 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

【実話怪談】エビスさま

 広瀬さん(仮名)の地元の漁港では『溺死体』を大切にする。漁の途中で溺死体を見つけた場合は、必ず回収するし、場合によっては、漁を中止してまでも引き上げた死体を港まで率先して搬送する。その理由は死者に対する敬意もあるだろうが、もう一つ奇妙な迷信があるからだ。  溺死体は豊漁を招く神であるらしい。溺死体を回収した船は、突然の豊漁にみまわれるというのだ。その豊漁はあまりにも特異であり、他の船が不漁なの . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

【実話怪談】「夕日」

 与古田さん(仮名)という男性が体験したという昭和50年頃の話である。当時沖縄に住んでいたYさんは信じがたい光景を見たという。  ある日の夕方、小学校から帰宅しようとYさんが準備をしていると歌声が聞こえてきた。 「ぎんぎんぎらぎら夕日が沈む、ぎんぎんぎらぎら日が沈む」  聞こえてきたのは童謡の「夕日」である。声を聞くぶんには女の子のようだが、どうも1人で歌っているようだった。(居残りで歌でも . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

【実話怪談】追いかける男

ある深夜、最終電車に於ける奇怪な実話を語りたい。 Jさんはいつもどおり最後尾の車両で遠ざかる後側の風景を見ていた。彼はこのシーンが好きだったからだ。 ある夜、彼は電車を追ってくる人影に気づいた。背広姿の男である。 線路伝いに電車のあとを懸命に走ってくる。 「一体なんだ、酔っ払いか!なんだ奴は?」 それにしても電車を追いかけるそのスピードといったらば只事ではない。Jさんは食い入るように男の . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

【実話怪談】幽霊タクシー

職人の藤田さん(仮名)は無類の怪談好きである。 今では皆に慕われる気のやさしい藤田さんであるが、若い頃は周囲にいた友人の影響からグレて、悪の道に足を踏み入れたことで刑務所にお世話になった時期もあったと聞いている。 その時同じ刑務所の仲間から聞いたという奇妙な話をしてくれた。 その仲間という、龍一(仮名)は無賃飲食、無賃乗車などなんでもタダで逃げ回るのを得意としていたちんけな犯罪者であったそう . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

朝廷を守るために封印された!?隠された織田信長の像

 日本戦国史において、最大の怨霊として知られるのが織田信長である。  その魂は朝廷を護る為にバラバラにされて京都周辺に封印されているという。京都では大徳寺境内にある総見院に秘宝として織田信長の像が残されている。  本能寺で遺体が消失してしまった信長の葬儀のため、秀吉が創らせたものである。  当時は二体作られ、一体は遺体として焼かれ墓に葬られた。残された一体が今も残されているのだ。同じ敷地には . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

「怪談魔界転生」8月6日(日)開催!

山口敏太郎プロデュースの新イベント「怪談魔界転生」。5月に行われた第一回から、満を持しての2回めが8月6日(日)に新宿ゴールデン街劇場で開かれる。 イベントでは「古典の話を現代に転生させる」「一般の方の怪談話を話芸に転生させる」をコンセプトに、各自珠玉の怪談を用意し、忘れられない時間をお届けする予定だ。 暑い夏の夜、背筋がヒヤリとする話で涼を楽しんでもらいたい。 『怪談魔界転生』 日時 8 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

都市ボーイズも出演!「〜奇妙な体験 不気味な人〜不可思議談義 其の三」8月7日新宿ロフトプラスワンにて開催!

怪談、超常現象、奇天烈体験は数多くあれど、一番怖いのは生きている人間に決まっている・・・。 世界規模での奇妙な体験/不気味な人を、各業界で活躍する人を集めて語りあうトークイベントです。毎回豪華なゲストを招いての不可思議トーク、今回も相当アブない内容になりそうです! 『〜奇妙な体験 不気味な人〜不可思議談義 其の三』 OPEN 18:30 / START 19:30 前売¥2,000 / 当日 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

« 前ページ   

書籍紹介

New!!

噂の芸能情報
クリエーター情報なし
星雲社

New!!

怪談グランプリ 2017 未公開! タブー怪談
クリエーター情報なし
TOブックス
超常現象のつくり方
クリエーター情報なし
宝島社
タブー討論 このUMAは実在する! ?
クリエーター情報なし
文芸社
秘・テレビでは言えなかった! 山口敏太郎の怖すぎる都市伝説
クリエーター情報なし
TOブックス
恐怖・呪い舟~実話怪異譚~ (TO文庫)
クリエーター情報なし
TOブックス
タブーに挑む! テレビで話せなかった激ヤバ情報暴露します3 台風人間・八咫烏のヤバすぎる正体から最新宇宙人情報まで
クリエーター情報なし
文芸社
日本史の都市伝説
山口 敏太郎
宝島社
是非に及ばず
クリエーター情報なし
青林堂
未確認生物UMA 衝撃の新事実
山口 敏太郎
宝島社
世界の怪人・UMA図鑑
山口敏太郎
大和書房
タブーに挑む! テレビで話せなかった激ヤバ情報暴露します2 超常番組の裏側から国際情勢の闇情報まで
飛鳥 昭雄 山口 敏太郎
文芸社
怪談・呪い神 恐怖・呪いシリーズ (TO文庫)
山口敏太郎
TOブックス
世界の不思議 超怪奇ファイルXX(ダブルエックス)
山口 敏太郎
永岡書店
徳島あるある
山口敏太郎
TOブックス
人生で大切なことはオカルトとプロレスが教えてくれた
大槻 ケンヂ,山口 敏太郎
KADOKAWA/角川学芸出版
超陰謀論
ベンジャミン・フルフォード,山口敏太郎
青林堂
未確認生物 超謎図鑑
山口 敏太郎
永岡書店
霊怪スポット 戦慄の最新ファイル (KAWADE夢文庫)
山口 敏太郎
河出書房新社
放送禁止のヤバイ話 (DIA COLLECTION)
山口敏太郎
ダイアプレス
現代日本のテレビでは放送できない話
山口 敏太郎
彩図社
山口敏太郎の都市伝説 あなたの知らない世界
山口 敏太郎
河出書房新社
オカルト博士の妖怪ファイル (HONKOWAコミックス)
山口敏太郎,鯛夢
朝日新聞出版
小さいおじさん
山口 敏太郎,Sel
東邦出版
本当にいる「宇宙人」完全ファイル
クリエーター情報なし
笠倉出版社
恐怖・呪い面~実話都市伝説 (TO文庫)
クリエーター情報なし
ティー・オーエンタテインメント
タブーに挑む! テレビで話せなかった激ヤバ情報暴露します 八咫烏・裏天皇情報から危険すぎるUMAの正体まで (2014/05/24)
クリエーター情報なし
文芸社
超嫌韓論 (青林堂ビジュアル)
クリエーター情報なし
青林堂
超最新版!本当にいる世界の「未知生物」案内
クリエーター情報なし
笠倉出版社
図説 世界の地獄案内
クリエーター情報なし
笠倉出版社
江戸武蔵野妖怪図鑑
クリエーター情報なし
けやき出版
怪奇!あまりに怖すぎる都市伝説
クリエーター情報なし
河出書房新社
世界超怪奇アンビリーバブル生物画像300 (DIA COLLECTION)
クリエーター情報なし
ダイアプレス
本当にいる日本の「現代妖怪」図鑑
クリエーター情報なし
笠倉出版社
怨霊と呪いの日本史 (KAWADE夢文庫)
クリエーター情報なし
河出書房新社
終結!!世界未確認生物UMA大全画像600 (DIA COLLECTION)
クリエーター情報なし
ダイアプレス
とうほく妖怪図鑑 (んだんだブックス)
クリエーター情報なし
無明舎出版
本当にいる日本の「未知生物(UMA)」案内
クリエーター情報なし
笠倉出版社

▶amazonで山口敏太郎の書籍をもっと見る

お仕事のご依頼

TV・ラジオ出演、イベント・講演、単行本・雑誌などの原稿執筆、インタビュー・対談のご依頼受付中
▶ご連絡はこちらから

YouTube

㈱山口敏太郎タートルカンパニーの公式YouTubeチャンネル
▶ご視聴はこちらから

ネットラジオ

過去の放送も以下のリンクからお聞きいただけます
▶山口敏太郎の日本大好き パート1
▶山口敏太郎の日本大好き パート2
▶山口敏太郎の日本大好き パート3◀最新の放送はこちら!

メールマガジン

有料メルマガ配信サービスフーミーにて「山口敏太郎のサイバーアトランティア ~世界の陰謀・オカルトの真実」配信中
▶お申し込みはこちらから

過去の記事

↑トップへ戻る