Visual Studio Community 2013でWEC2013 OS開発ができるか?

先日、Visual Studio Community 2013がリリースされました。

このエディションは、無償提供(エンタープライズでの使用は除く)なんですが、
Visual Studio 2013 Proffesion版と同等でアドインが使用できるとのこと。

ということは、Windows Embedded Compact 2013のPlatform Builderをインストールして、
OS開発ができるのでは?・・・という疑問が湧いてきます。


ということで(?)、早速チャレンジしてみました(笑)。


■Visual Studio Community 2013の取得
Visual Studio Community 2013 with Update 4は、
以下のサイトからダウンロードできます。
こちら

自分はとりあえずISOイメージのみダウンロードしました。
日本語のLanguage Packは使用せずに確認しています。


■Visual Studio Community 2013のインストール
インストールウィザードに従って、インストールを進んてください。
特に悩むところはないかと思います。

Visual Studio 2013 Proとのインストールの違いは、
特に見受けられませんでした。


■AppBuilderのインストール
次にWEC2013関連のインストールを行っていきます。
まずはApplication Builder for Windows Embedded Compact 2013のインストールから。

AppBuilderはDownload Centerから入手できますが、
自分はWEC2013 ToolkitのISOイメージに付属のAppBuilderを使用してみました。

こちらも全く問題なくインストールできました。


■WEC2013 Toolkitのインストール
続いてWEC2013 Toolkit(通称:Platform Builder)のインストールを行います。
ToolkitのISOイメージはWindows Embeddedのポータルサイト経由で取得してください。
こちら

Toolkitのインストールも問題なく完了します。
※なお、私の環境では、ARM CPU用モジュール類はインストールしていません。

上記でインストール作業は完了です。


■OSのビルドとHyper-Vでの起動確認
Visual Studio Community 2013を起動し、ファイルメニューからプロジェクトの新規作成を行います。
ちゃんとPlatform Builderがあることが確認できました。

これを使って適当なプロジェクトを作成し、OSをビルドしてみました。
こちらも全く問題なくビルドできてしまいます。


この後、ビルドしたOSをHyper-Vで起動させてみました。
で、問題なく起動しました!





ということで、

結論:Visual StudioCommunity 2013を使用して、Windows Embedded Compact 2013のOS開発ができる!


※ただし、Visual Studio Community 2013およびWindows Embedded Compact 2013のライセンスに則って開発してくださいませー。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

IoTゲートウェイ

最近さまざまなメーカーがIoT向けゲートウェイやデバイスをリリースしていますね。


NECプラットフォームズ社:RG-G200L

アットマークテクノ社:Armadillo-IoT


価格は様々ですが、Linuxベースのものが多いようです。


RG-G200Lは価格が結構高めだけど、

SDKには何が含まれてるんですかね。

HEMSで使えるみたいな記載があるんですが、

ECHONET Liteミドルウェアとか乗ってたりするんでしょうか。



Armadillo-IoTの方は、ちょっと気になってます。

いろんなセンサー系がオプション(アドオンモジュール)で

取り換えられるみたいですね。

EnOceanとかBLEとか。

モジュールの価格はどのくらいになるんだろう。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

Azure MLの記事

Microsoft社のクラウドサービスのひとつで、

機械学習のプラットフォームであるAzure MLの解説記事が

@ITで掲載されています。

Azure MLって何? からワークスペース作成まで



実はMicrosoft Azureのポータルサイトに、

Azure MLのチュートリアルが掲載されています。

しかも日本語で。

でも、Azure MLが英語提供なのに

チュートリアルではメニューのキャプションまで日本語で記述されてるので、

ちょっとわかりづらいんですよね(笑)。

チュートリアルはこちら



@ITの記事ではまだワークスペースの作成までで、

中身の解説はこれから。

次回記事が待ち遠しい!
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

MVP Com Camp 2014 Nov.

オンラインイベント「MVP Community Camp 2014 Nov.」が開催されていますが、

既に終わったセッションが、Channel 9 で見ることができるそうです。

サイトはこちら


最先端のテクニカルな話だけでなく、

パワポの話とか、IT系以外の方にも参考になるセッションが

いっぱいです。


この1週間、会社関係でコミュニティ活動が何もできていなかったので、

時間ができたらじっくり見てみようかと。

このセッションとか、気になるー!

「Windows ストアアプリをHTMLで作成する - あなたの既存の知識でアプリケーションの開発を実現」
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

IoTソリューション開発セミナー

Microsoftの大手町テクノロジーセンターで、

「IoT ソリューション開発 〜デバイスとクラウド連携、そしてデータの活用を学ぶ 5 日間〜」

という研修が開催されるそうです。



Azureと.NET Micro Frameworkを使用した研修がメインなのかな。

機械学習についても取り上げるみたい。

参加したいけど難しいなぁ・・・。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

新しいKinect for Windows

Xbox One Kinect センサーがWindows PCやタブレットで使用できるようになります

ニュースリリースはこちら



以前はKinect for Windowsと、XBox用のKinectとは別物として販売されてましたが、

今回はXBox One用のKinectをPCで使用できるアダプターを提供するようです。

アダプターの販売は11/28から。


Kinectとアダプターを買うと・・・2万円ほど・・・。

冬のボーナスでこっそり買っちゃおうかな・・・。

せめてアダプターがも少し安いとうれしいんですが・・・。



このKinect用のアプリを開発するには、

Kinect SDK 2.0 が必要。

このSDKは無料で提供です。


対応OSにはWindows Embeddedも書いてありますね!

⇒某MVPさんが既にFacebookで指摘してますが、

 「Windows Embedded Standard 8.1」って存在しないので、

 Industryの間違いでしょうね・・・。

 まぁ、Embedded製品のネーミングがややこしいのも問題なんけどね・・・。





コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

Azure自習書概要編

マイクロソフトの井上大輔さんのBlogで、

Azure自習書概要編がアップデートされたとのこと

Blogはこちら



Azureは最近めちゃめちゃ機能追加されていますが、

それに追いつくためにも勉強せねばー


あぁ、概要編でもページ数が122ページ・・・。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

Connect();での発表

昨日の深夜に開催され、全世界にオンラインで中継されていた

Microsoft社の開発者向けイベント「Connect();」、

自分も1時間半ほど見ていましたが、いろんな発表がありましたね。


一番印象にのこったのが、やはりVisual Studio Community。

Visual Studio Pro相当で、無償提供されることが発表されました。

すでにダウンロード可能です。


TwitterやFacebookでもいろんな方が紹介していますが、

これは結構すごいことだと。

⇒これまで無償で提供されてきたExpressエディションだといろんな制限があったので。

ただ、使用できるユーザに制限があるようです。

他サイトにも解説が記載されていましたが、

・大学関係

・非営利団体

・オープンソース開発者

・開発者5名以下の中小企業

だそうで。

個人ユースはOKだけど、一般的なソフト会社では使用できなさそうですね(汗)。



そうそう、Visual Studio用のAndroid エミュレータも出たんですね。

Introducing Visual Studio’s Emulator for Android


今度のセミナーのLTで話そうかなぁ・・・。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

Connect();

関数名じゃなくて、イベント名です(笑)。

今晩・・・というか、2時間後(汗)、

マイクロソフトの開発者向けオンラインイベントの基調講演が

ニコ生で中継されるそうな。

⇒詳細はこちら



Microsoft MVPの方や日本マイクロソフト社員が解説で出演されるそうです。


IoTネタやマルチプラットフォーム開発の話が出るんでしょうね。


それまでに家に帰れるかな・・・。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ビッグデータ活用事例


ダイヤモンド・オンラインに気になる記事がありました。

大ヒットもイベント盛況も怖くない
バンダイナムコゲームスがクラウドで実現した変動リスク回避



AWS(Amazon Web Service)のクラウドで、データ量が変動するビッグデータの処理を

行っているそうです。


Amazon Kinesisは使ってないのかな?


クラウドのアーキテクチャ含めた事例紹介って、

まだまだ少ないですよね。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ