なんとかなるもんだよZUYAさん! ( Hey, ZUYA. You Can Do It! ) 

『なんてこったいZUYAさん!!』をVersion Up.“崖っぷちブルーズマン”ZUYA(ずうや)の悲喜交々を綴る。

マンハッタン・スキャンダル 初ステージ

2008年11月23日 | Weblog
 

  怒涛の3人ヴォーカル。ZUYAは後ろにちらりと...
 
 

 昨夜、赤羽 WOODY にてマンハッタン・スキャンダルなるブランド・ニュー・バンドに参加。みなさん歴ウン十年以上の方々ばかり。そこに縁あってブルースマンZUYAが参加することになった

 
メンバーは、Vo&G …大久保やっちゃん(ダイヤス)
 
       Vo …ミスター・川上(リードMC)

       Vo …マユミ嬢(紅一点) 

       B …福ちゃん(外見渋いが意外とお喋り好きかも...)

       Dr …昭ちゃん(笑顔がチャーミング) 
       
       Key …西さん(なぜかZUYAを 『ナガシマ君』 と思ってる) 

       G…ZUYA(コヤス。リーゼント復活...)


 Voが3人いると凄いなぁ。PAを通していないので自分の音がほとんど聴こえない しかも7人編成の大所帯のため、ただでさえ狭いWoodyのステージに上がると(Keyはステージ下であったが)ZUYAのアンプはふくらはぎに密着すると言う位置(笑)さらにこのバンドではブルース・バンドでは滅多に使わなかったエフェクト・ペダルも3つ4つ使わないといけないので狭いスペースで妙な姿勢で踏む度にもう足が攣りそうだった...(笑)

 参加当初は簡単に弾けるとなめてかかっていたオールディーズ。しかしリハを重ねて行くとこれが思ったより難しい... いわゆる“歌物"なのだがロックやブルース・バンドとは全然違い、これはかなり自分のギタープレイを広げるために役立つことがわかりだした


 特にZUYAはこれまで 『頑固一徹ブルースマン』 的に黒人も顔負けに鼻の穴を広げてブルース・スケールを感情の赴くままに引き倒すプレイ・スタイルであったが、このバンドではそうは行かない


 ダイヤスさん、福ちゃん(以前は音楽だけで食べていたらしい)のアドバイスを受けオールディーズを演奏するニュアンスを徐々に理解し始めたZUYA。

 
 来月は横浜のホテルで企業のパーティーでの演奏(300人くらいいるらしい。)年明けからは毎月Woodyに出るらしい。追い出されない限りはこのマンハッタン・スキャンダルに頑張って参加し続けようと思う

 
 え!? “駄目出しハニー”は満足していたかって? 駄目出しどころか、ふと気付いたらステージ前で踊ってるお客さんたちの中にいた 



マンハッタン・スキャンダル。風格はあるかも...
『たのしい』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« マンハッタン・スキャンダル... | トップ | なんてこったい!!!(ToT) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事