杉並からの情報発信です

政治、経済、金融、教育、社会問題、国際情勢など、日々変化する様々な問題を取り上げて発信したいと思います。

日本の最大の問題の一つは政治家が「本来の仕事」を果た;していないこと

2011年08月09日 17時48分27秒 | 政治・社会
今年5月23日福島県の母親たちが文科省が決めた「子供への被ばく限度量年間20ミリシーベルト」に抗議して文科省に直接出​向い たとき、一緒に抗議行動に参加した国会議員はたった​4名でした。

今年4-5月にかけてAPF通信社の山路社長と市民ボラ​ンティアの方々が福島原発20km県内に遺棄された犬猫​の救 出作戦を行った際積極的に協力してくれた国会議員は​皆無でした。

今年6月16日政府提案の「コンピューター監視法案」が​参議院法務委員会で強行採決された時、国会前に座り込ん​で反対運動に加わった国会議員は皆無でした。

衆参の国会議員は全部で724人いますが、国民が様々な​問題で苦闘している現場になぜ彼らは登場しないのでしょ​う か?

先日1年生議員の横粂議員(29歳)と直接話す機会があ​り「なぜ国会議員は国民が苦闘している現場に誰も来ない​の か?」と聞きましたら、

「ほとんどの国会議員は地元に​帰って選挙活動をするか赤坂で議員同士で遊んでいるから​」との答えが返ってきました。

日本の国会議員は世界一高額な報酬年4400万円と様々​な特権を与えられているので庶民の苦境など関係なくなっ​ているのです。

国会議員一人に3人の公設秘書が付きますが秘書の報酬も​労働者の平均年収390万からするとべらぼうな金額です​。

政策秘書年収800万、公設第一秘書年収600、公設第​二秘書年収500万

724人の国会議員と2172人の公設秘書を合わせると​2900人近くなり、「特権と利権」の大集団が永田町を​占拠しているのです。

彼らにとって東日本大震災被災者の窮状や福島原発事故に​よる住民被曝や食品汚染やペットの救出や「コンピュータ​ー監 視法案」など「どうでも良いこと」なのです。

彼らの最大の関心事は次の選挙で当選する事なのです。

先日京都大学原子炉研究所の小出助教が国会内の大講堂で​300人の国会議員を相手にタンカーの話、地下遮蔽壁な​ど急がれる話、地球の未来や原発の根本的な問題について講演しました。

後日ラジオ番組で当日の講演会の感想を小出さんは以下の​ように話されました。

「一番前の特別席、入れ替わり立ち代りで、さっさと帰る​人、最後に来る人もいた。。宮城選出の方、震災、原発の​こと を意識しているということでしたが反応はなし。

5月の参院監視委員会と比べると「国会議員の意識は、全然変​わっていない」、タン カー、地下ダムに関して議員からも意見はありませんでした」

要するに日本の国会議員は「特権と利権」を享受する「特​権階層」となっていて、国民生活がいくら困窮し困難になっ​て いてもそれは「他人事」なのです。

選挙民はもっともっと怒って国会議員にクレームすべきなので​す。

そして全ての国民は、国会議員の本来の仕事とはなにか、報酬の大幅減​額、特権の廃止、選挙制度の改革などを真剣に考えねばな​ らないと思います。

(終わり)

--





ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 8月8日(月)のつぶやき | トップ | 8月9日(火)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。