杉並からの情報発信です

政治、経済、金融、教育、社会問題、国際情勢など、日々変化する様々な問題を取り上げて発信したいと思います。

[日本の借金1000兆円財政危機]は財務省と野田政権と大手マスコミが国民についた消費税増税への大嘘!

2012-01-18 09:22:14 | 政治・社会
昨年11月17日に[ネットメデイアと主権在民を考える会]は政治経済学者植草一秀氏をゲストにお招きして[第3回市民シンポジューム・激動する世界経済と日本 ]を開催しました。

http://www.ustream.tv/recorded/18569180

第3回市民シンポジューム・激動する世界経済と日本

番組は全国にUst中継され中継と録画あわせて現時点で29、683のアクセスをいただき大きな反響を得ることが出来ました。

植草氏は番組の中で、財務省が大手マスコミを使って盛んに国民洗脳を仕掛けている[日本の国家債務1000兆円]は大嘘で[日本は財政危機ではない]と
断言されています。

以下にポイントをまとめました。

(1)日本の国家債務(借金)の総額は財務省が最近言い出した1000兆円で
はなく894兆円である。財務省は国民に危機感を与えるために 債務総
額に新たに短期債務106兆円を加えた。短期債務は資金繰りであり政府
の借金に計上するは不正行為である。

(2)日本の国家債務(借金)894兆円のうち、201兆円は地方債務。地方
債は日本の場合非常に厳格な規制がかかっているので償還できないよう
な地方債は発行されない。心配無用である。

(3)日本の国家債務(借金)894兆円のうち、251兆円は建設国債。建設
国債は財政法で認められている借金でそれに見合う資産があるので心配
はいらない。

(4)問題なのは391兆円という赤字国債。しかしGDP比は80%程度であ
り主要国、諸国と比べても大差ない。財務省は日本の借金は 1000兆
円で対GDP200%を超えておりギリシャやイタリアよりも深刻だと大
嘘をついて国民に消費税増税を飲ませようとしている。

(5)日本の中央政府だけで647兆円の資産がある。赤字国債391兆円が問
題だとしても中央政府の資産があるので財政危機とは全く程遠い。

日本は財政危機ではないのです。

多くの国民は消費税増税を悲願とする財務省官僚と財務省支配下の野田政権と大手マスコミの悪質な大嘘にだまされているのです。

[賢明な国民]はこの犯罪的な大嘘を見破って諸悪の根源財務省を解体し野田政権を打倒する闘いに決起しましょう。

国会は、国民に大嘘をついて消費税増税を強行しようとする野田首相と安住財務大臣、財務省勝栄二郎事務次官及び大手マスコミ各社の社長を証人喚問してこの
大嘘を徹底的に追求すべきなのです。

【関連記事】国会は諸悪の根源[財務省]最高責任者勝栄二郎事務次官を証人喚問せよ!

http://blog.goo.ne.jp/yampr7/e/c5f39c104f8eef551d0ef1d2e595a512

国会は諸悪の根源[財務省]最高責任者勝栄二郎事務次官を証人喚問せよ!

● 植草氏がシンポジュームの中で[日本の円借金1000兆円で財政危機は大嘘]に言及された部分を以下に引用しますのでご参照ください。

(Ust映像では開始後約46分の部分)

植草:最近ヨーロッパの政府債務危機が深刻化して、イタリアやギリシャが大問
題になりましたが、イタリア、ギリシャの政府債務残高の対GDP比は
120%とか160%とかの数字であれだけの危機に陥っています。

最近日本の政府が使っている数字は、日本の政府債務残高は1千兆円を超えると
いう話です、今年度末にですね。つい最近まで政府が使っていた数字は 894
兆円という数字でしたんですが、突然1千兆円を超えたのは、実は短期債務とい
うのを加えているんですね。

ただこの短期債務というのは資金繰りですので、政府の借金ということでこれを
計上するのは不正なのです。これは本来取り除いて894兆円でいいわ けで
す。ところが1千兆円としているのは、日本の財政状況を悪く示すためです。

そこで894兆円であれ1千兆円であれ、日本のGDPの200%を超えます。
そうするとイタリアやギリシャより日本の財政の方が深刻だから、これ は何と
かしなければ日本もいつイタリア、ギリシャにならないとも限らない、

とこう言われれば善良な国民は、じゃあ大変だから消費税の負担もやむなしかな
と思いがちなんです。

この政府の言う894兆円という数字は、このグラフで政府の長期債務894兆
円は確かにありますが、このうち201兆円は地方債務なんです。

地方債というのは日本の場合、非常に厳格な規制がかかっておりますので、償還
できないような地方債は発行されておりません。ですから地方債につい ては心
配ないのです。

それから251兆円は建設国債で財政法で認められている借金ですので、借金は
していますがそれに見合う資産がありますから、みなさんが家を建てる ときに
住宅ローンを組んで家を建てるのと同じで、これは不健全だとはあまり言いません。

問題があるのは日本の391兆円という赤字国債です。これは問題ですが、
GDP比でいえば80%程度ですから、主要国、諸外国と比べても大差はな い
んです。

ですから1千兆円などと不安心理を煽ることをなぜするのか。さらに日本の中央
政府だけで資産というのは647兆円ありまして、赤字国債391兆円 が問題
だとしても中央政府の資産がありますから、財政危機とは全く程遠いんですね。

もう一つついでに申し上げますが、この中でいわゆる南欧諸国、ポルトガル、イ
タリア、スペイン、ギリシャ、アイルランドなどですが、これらの国の 財政赤
字は拡大しています。

(引用終わり)

(終わり)

ジャンル:
ウェブログ
トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 1月17日(火)のつぶやき→1番RTさ... | トップ | 1月18日(水)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
天下りってなに? (ぢゃがいもの冒険〜人生は経験と感動〜)
天下りってなに? 天下りは「そちも悪よのぉ」ってすること。それがあたすのイメージ。 いまの環境のまま増税することで、本当に暮らしが良くなると思いますか? あたすの考えはNo。 天下りと聞いて、みなさんは何を思いどう感じますか イメージはイメージ...