田園酔狂曲

酔いどれ夫婦とエジプシャンズの日々

キスのしゃちほこ

2017-09-20 15:09:04 | よもやま話・料理編
以前のブログ ≪  天ぷら~キス ≫ に掲載の写真の内、
三枚卸しの画がありましたネ。
確かに三枚卸しには間違えないのですが、天ぷら種としては微妙です。
それは、尾ビレです!
コレが無いと、天ぷらの景色としては、少し寂しいかも。
やはり、尾ビレの存在こそ、キスの天ぷらを頂いてるイメージが沸いてくる。
しかし、普通に三枚おろしにすると、尾ビレは片身にしか付きません。
困った?
      
 ≪ 三枚卸しではありませんが ≫     ≪ キスではありませんが ≫

頭を落として水洗いした中型キス。
卸すのに、ヒゲはペティ柳刃を使います。
良く研いだ合出刃包丁でもイイでしょう。
スーと大名卸しに、尾っぽの所まで行ったら、左手の人差し指の先で
キスのヒレを軽く押さえます。
柳刃の先をホンの少し下向きにして、ヒレの方に進めます。
少し食い込んだら、裂く様なイメージで尾ビレをふたつに。
残りの片身は、中骨の付け根でカットします。
これで、前回の写真の三枚降ろしの上身に尾ビレが付きました。

ついでに、紹介するキスのフライ。
古典ですが、団体のコースの揚げ物として使ったことがあります。
ウロコを取って、エラを抜いた中型キス。
頭が付いたまま、背開きします。
あっ! 頭は割りません。
塩コショウして、粉を打ちます。
頭と尾を持ち、身の部分だけ溶き卵をくぐらせ、パン粉を付けます。
コレを揚げるだけで、なんて事ない様ですが ・・・ よく見ると!
尾ビレが少しそね上がって、まるでシャチホコです!?
ちょっとオーバーですが。 (笑)
    
この写真の頭と尾びれが、もう少し跳ね上がっていると、
ヒゲのイメージ通りなんですが ・・・ 

その風情が、ヒゲの琴線を震わすのです。 (笑)
刻みパセリ多めのタルタルを用意して、揚がったキスのくぼんだ所、
すなわち腹の部分に注ぎ入れます。
天紙を敷いた皿に移し、くし形レモンを添えます。
くれぐれも、くし形です! 輪切りレモンではありません。

           人気ブログランキングへ 
     http://blog.with2.net/link.php?1046790  
          ↑ 参加中です。クリックしてもらえたら嬉しいです。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

偶然の出会い

2017-09-19 14:42:49 | 田園ものがたり
雨も降らず気候も良さそうな或る日、車椅子で食事に出掛けた。
銀座通りを越えて、目指すは新しい“天ぷら屋”。
ネット情報からすると、楽しめそうではあるが ・・・ ?

車椅子のまま席に着き、カウンターの造りを見て茫然。
厨房と客席との仕切り板がやたら高いのです。
今でいうトランプ・ウオール風?
ひと昔前の寿司屋のカウンターの高さです。
高所に置かれた天ぷらをつかむ作業は、ヒゲにはハード過ぎて疲れる。
車椅子の座面は低いから、尚の事。
   
           

折角来たから、腹八分までは付き合うことに。
お品書きに、“がね揚げ”を見つけたカァちゃんが、若い大将に話しかける。
 「 天草出身ですか? 」
 「 はい。 なんで、分かりましたか? 」
 「 がね揚げです。 熊本市内では見かけませんものね。 」


簡単に云うと、サツマイモのかき揚げ風。
揚げた姿が、蟹に似ているからだそうですが?
蟹(カニ)の事を、熊本では“がね”と言います。

しばし、がね談義で盛り上げた後、ヒゲ夫婦にしては早々においとました。
車椅子は、近くの和ヤンちの店(おにくの大将)に向かう。
すると、和やんはゴルフの付き合いで休暇日だと。
なんて事だ!? (笑)
目的は、彼女とのしゃべりだから、当人不在では仕方ない。

ヒゲ五郎は、平然と駕町通りを指差します。
けげんな顔で乳母車を押す、女・拝一刀。
そして、魔界転生の中央街に入った時です。
「 チャン! ここ 」
「やれやれ」と、立ち止まるチャンの前には、ひなびた寿司屋が。
                     
ここは、男たちの桃源郷への入り口。 なにやら妖気がただよいます。
チャンが先に、席の具合を確認しに行ったのですが、なかなか出てきません。
すると、懐かしい顔がヒゲを迎えに出てきました。
そこには、昔の刺客たちが待ち構えて居たのです! (笑)
ナンと、Y火災のTさん。 ヒゲは驚きました。
ほら! ブログに書いた、「親父を連れて来てイイか?」 のお方です。
どっこい、その親父は、“ナショナルブランドの剣菱・超特級主義者”というお話。
ヒゲが出すのは、地酒の“二級酒”。
「こんなニコヨンの酒なんか、飲めるか!?」と一悶着。 (笑)

寿司屋のカウンターは、たちまち日本酒が飛び交う元・田園の世界に。
Yさんのお連れの二人も、田園のお客様でしたので、話しは盛り上がります。
久し振りの出逢いに喜んだTさんは、「今日の飲み代は全て俺が持つ」と太っ腹に。

ヒゲ夫婦も、仕事帰りによく足を運んだ店でしたが、大病後は御無沙汰続きでした。
ですから、18年ぶりな訳でして、大いに酒を煽る気分でした。
Tさんから、質問が飛び出します。
「 とこっでママさん! 田園な、いつ再開すっとですか?
  前ンごつ大きうせんでよかけん、こじんまりした店ばせんですか? 」
一堂、拍手喝采!!
この日一番の盛り上がりです。
カァちゃんは、ただただ絶句するしかありませんでした。

           人気ブログランキングへ 
     http://blog.with2.net/link.php?1046790  
          ↑ 参加中です。クリックしてもらえたら嬉しいです。
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

ボクシングな日

2017-09-18 18:52:11 | ヒゲの毒舌
9/10(日曜日)   今日は、朝からボクシングデイ。
  
カルフォルニア州のスタブハブ・センターで行なわれる試合。
前回、豪州で観た時と同じ様な、サッカースタジアム造りです。
大~きい!
今日は、特別趣向として、Sフライ級のトップランカーばかりの闘いがセットされてます。
      

≪ 第一戦 ≫  クアドラス 対 エストラーダ
最初のカードだが、馬鹿になりません。
勝った方が、ファイナルの勝者にチャレンジ出来る。
つまり、挑戦者決定戦。 
さて試合が終わり、判定は、クアドラスの勝ちコール。
だが、敗者のエスカレードはけげんな顔色。
ヒゲも、変な判定だなと思いながら、次の試合に備えてトイレに。

開けっ放しのトイレに、テレビのざわめきが流れてくる。
「 アポロジャイズ ・・・ 判定がひっくり返った ・・・ 」 とか?
用を足して出て来ると、前代未聞の失態とかのアナウンスで、ヒゲは気付いた。
ほんのチョット、トイレに行った刹那に、二度と無い映像を見逃した事を。
つまり、地獄を見たエスカレードは蜘蛛の糸で引き上げられ、
勝利に沸くクアドラスは地獄に落ちる。
          
まさに判定がひる返った瞬間の、両選手の表情の変化。
ダビンチにも描けないユダ的表情。 是非! 観たかった。
悔やまれるトイレタイム! 「 ムムーッ  」
まさかこんな事があるなんて、思いもしないことだから。
しょうがない。 YouTubeで映像を探してみるか。
          

 ≪ セミ ≫   井上尚弥 対 A・ニエベス
怪物・井上選手の米国デビュー戦。 
             
途中で、ニエベス選手がギブアップ宣言。
            

≪ ファイナル ≫  シーサケットS 対 R・ゴンザレス
前回、同じ顔ぶれのタイトル戦も、ヒゲ達は観ていた。
          
バッティングで流血試合になったやつだ。
結果、微差で苦労人シーサケットが新チャンピオンに。
絵に描いたようなシンデレラサクセス・ストーリー。
今回は、そのダイレクト・リマッチ。
しかし、新チャンプも左の調子が良さそう。
普通、こんな時、シーサケットの正面は、“シ~と、さけっとこ” とするモノだが?
無敵ロマゴンは、正面から打ち合いに出た。
        
数ラウンド後、大の字でマットにのびる前チャンプ。
            
誰もが、ロマゴン時代の終焉を理解した。

         人気ブログランキングへ 
     http://blog.with2.net/link.php?1046790  
          ↑ 参加中です。クリックしてもらえたら嬉しいです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

酒民の怒り

2017-09-17 15:17:54 | よもやま話・酒編
アンコク(安黒)のお陰(?)で、デフレから抜け出した感が、ひとつだけ在る。
外食店での日本酒の値段(!)である。
我ら年金生活者には、ハイパーインフレ物に映ります。
さすが、アベノミクスの御効用で御座います。
あまりの高額メニューに、もう酒民は首をくくるしかないのでしょうか?
そんな首を吊っている酒民の足を、更に下から引っ張るヤカラが出て来ました。
長野県の松本市の国宝・松本城でのお話。 ははあー
其所で毎年行なわれるお祭り、ビール・フェスタ。
酒民が、お城を愛でながら地ビールを楽しむと云う優雅な催しです。
ところがである!!
“権力組織”から、「こんな人たちに国宝をさらす訳にはいかない!」と横やりが入り、
中止に追い込まれた。
教育委員会に言わせると、飲酒パーティーは国宝にふさわしくないそうだ。
なぜなら、飲酒は品格を損なう行為だから。
ムカついた地元の居酒屋の入り口に、こんな看板が立った。
        ≪ 品格のある方の入店、御断り ≫
「 ホホーオッ!? 」 やるもんだ、松本の飲屋街も。
     
ヒゲが元気だったら、文句なしにこの居酒屋を訪ねたでしょう。
「 俺は品格が無いから、入れてくれる? (笑) 」

抗議のヒゲは叫んだ。
「 やいやい、この木っ端(コッパ)教育委員会ども~!
  耳かっぽじいて、よーく聴きやがれ~
  いいか! 俺たち酒飲みは、高~い酒を無理して飲んで、税金を納めているんだ。
  その税金こそ、オメーらのおまんまの素じゃあねえか。
  それをなんだ?
  そんな大事な納税者を捕まえて、あろうことか下衆呼ばわりとは、
  お前ら一体、何様のつもりでい!? 」

ヒゲの店なら入り口の看板には、こう書いたでしょう。
   ≪ 教育委員会と品格のある方の入店、御断り ≫
銭こ払って飲んだ挙句に咎められるとは、なんてこった! (怒)
踏んだり蹴ったりじゃあないか!?
くそッ! 今夜から禁酒してやる~。 (笑)

熊本県民で、良かった!!    
お城の中で、桜を愛で酒を味わえる幸せ ・・・
                  
        人気ブログランキングへ 
     http://blog.with2.net/link.php?1046790  
          ↑ 参加中です。クリックしてもらえたら嬉しいです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ハモ物語~皮

2017-09-14 18:43:52 | よもやま話・料理編
少し前に行った店で、ハモの落としが出ました。
例によって、切り出しが大きいので、前歯で半分に噛み切ろうとしたのですが ・・・
ヒゲは、直ぐに吐き出しました。
皮が生煮えだから、咀嚼出来ないのです。
しょうがない、身の部分だけをかじり取って頂こう。
熊本では時々、この種のハモに遭遇します。
『皮』に対するアプローチが、うーばんぎゃあ(いい加減 )なせいでしょう。
皿に残された灰色の皮を見ると、思い出すシーンがあります。
              
70年代、京都のH安閣。
ヒゲは、洗い場の柱のすき間から、鍋を洗う振りしながら、そーっとのぞき見してます。
K堂さんが、ハモの準備を進めているのです。
平ザルに、骨切りしたハモの身を一切れだけ、皮を下にして置きます。
お湯の表面に、先ず皮だけ接触させます。
頃は良しと、身もお湯にくぐらせ、直ぐに氷水に。
その後、K堂さんは竹串でハモの皮を刺して、火の通りを確認するのです。
「 あっ! なるほどネ。 
  一個だけ試しに湯通しして、ハモの皮をチェックするのか!
  すると、湯通しの加減の時間が分かる訳だ。
  ハモの個体はそれぞれ違うから、ひとつだけリハーサルして、念の為の確認か?
  良い勉強になる。 」 と、ヒゲはつぶやきました。
もちろん経験則で、いきなり本番に掛かってもイイはずです。
しかし、皮などは、季節のよって微妙に違いが出ることも。
生煮えなんて、あってはならないミスを避ける安全策を、学ぶことが出来た。
                          
直ぐに、追い回しのヒゲは呼ばれます。
湯通ししたハモを、氷水に落とした後、身が冷えたらすぐに引き上げるのです。
なるほど、長く身を水にさらさない為なんだ。
ハモの味が抜け出さないように!
調理のコツも、ほんの一瞬なんだなあと。
                
     人気ブログランキングへ 
     http://blog.with2.net/link.php?1046790  
          ↑ 参加中です。クリックしてもらえたら嬉しいです。
コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加