本を読もう!!VIVA読書!

【絵本から専門書まで】 塾講師が、生徒やご父母におすすめする書籍のご紹介です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『産経が変えた風』 ウェーブ産経事務局

2006年04月26日 | ビジネス書・マスコミ関連
 
先日、当教室の卒業生が遊びに来て、一緒に食事をした折に、ストレートに『先生、新聞ってどこが一番良いんですか?』と聞かれて困りました。この地域は朝日新聞が圧倒的に強いし、学校の先生方なら朝日を薦める方が多数でしょう。実際、大学入試ではいまだに朝日から出題されているのは事実です。

しかし、彼女達はすでに受験を終えていますし、一流大学のエリートです。新聞の不祥事や争いもあり、だいぶメディアに“うそ”と言って悪ければ“意図”が隠されているというのをわかってきて、活字を鵜呑みにするレベルではないので、『複数読むしかない』『ネットで主要な記事は見られる』と答えました。

大学の先生は『東京新聞』とお答えになったとか言っておりましたが、それでは安売りの折込チラシが少ないかなと…(笑)。みなさまならどうお答えになりますか?

以前「読売VS朝日 社説対決50年」という名の本だったのですが、読んでみると体裁は平等な対決となっていましたが、内容は読売側の朝日新聞大批判でした。迂闊にも、そもそも読売新聞編集部が書いたものだったのですね。

「朝日新聞大研究」という本を読もうかなとも思いましたが、朝日・読売以外の新聞のことを知りたくてこの本書を読んだのですが、「読売VS朝日」以上の激しい朝日新聞批判でした(笑)。

本書も完全な産経の手前ミソではありますが、報道に携わるものとして誇るべきものは誇るという態度でした。同時に朝日新聞に対する“憎悪”ともいえる感覚は読売、産経に共通していることを実感しました。以前ご紹介した『新聞力(青木彰)』の方がもちろん客観的ですが、いやみというほどではありませんでした。

朝日新聞も、報道姿勢をこれだけ具体的に非難しながらコテンパンににたたかれたら、ぜひ自社の名誉にかけて堂々と論争を受けて立って欲しいものです。というかそういう本を探しましたが見つかりませんでした。もし、そういう本をご存知の方がいらっしゃいましたらぜひ教えて下さい。お願いします。

http://tokkun.net/jump.htm

産経が変えた風―正論を貫いて

産経新聞ニュースサービス

詳細を見る


『産経が変えた風』ウェーブ産経事務局
産経新聞ニュースサービス:214p:1300円
ジャンル:
ウェブログ
コメント (8)   トラックバック (9)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『食品の裏側』安部司 | トップ | 『転機の教育』朝日新聞教育... »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ようこ)
2006-04-26 20:28:38
実は、産経新聞は読んだことないんですよ。

昔の新聞を、歴史学の授業の事故研究課題だった「みちこさま」関係の資料集めの際使ったんですけど、そのときもたしか朝日と・・毎日・・だったかな?

今よりももっと強烈に違いが見られるのかもしれませんよね。ちょっと見てみようと思ってます。
あら (ようこ)
2006-04-26 20:31:09
事故研究課題→自己研究課題です。すみません。
これでいいんじゃ (Koko)
2006-04-27 09:43:17
ないかしら?産経新聞を取っていますが、でも、生徒さんにアドバイスするなら、そのとおり、いくつか読み比べるのがbest!でしょうね。適切なアドバイス、ナイスですよ。朝日はアカ日とかちょうにちとか言われる面は治らないだろうし。
とても違いますね (bucky)
2006-04-27 10:07:59
個人的には朝日派ですが、実家では3紙取っていたので、記事の取り扱いがこんなに違うのか、と思ったことは何度もあります。朝日と言えども、この新聞の視点はここらへんだから・・・と斜めから読んでいる、のが正直なところです。読み比べていろいろな意見があることを知るのが私も良いと思います。
おじゃまします (日魔神)
2006-04-27 10:36:22
ネットだと朝日はぼろくそに言われてます。社説と読者の意見の掲載はぼくも大嫌いで

読んでいると腹が立ちます。でもそれ以外

のところは結構充実してます。読売はちょ

っとナベツネが浮かぶので嫌い!
ありがとうございます! (VIVA)
2006-04-27 12:03:27
ようこさん:ようこそ。ネットで見られますから、産経新聞や毎日もご覧になったらどうでしょうか。まずは同じ事件やできごとに対して社説を比べるのが一番わかりやすいと思います。産経のネットの社説には他の新聞社説のリンクが張ってあるのがとても便利で、いつも利用しています。



Kokoさん:そうなんですね。ネット上での朝日新聞に対する攻撃はすさまじいですね。幸い、このブログにはマナーがしっかりしている方ばかりで安心しています(笑)。確かに、朝日は昔から一部の人々から、激しい批判が加えられていましたが北朝鮮の拉致が明らかになって以来、特に厳しくなった印象を持っています。



buckyさん:新聞でも雑誌でも慣れ親しんだものが一番読みやすいし、すばやく理解できますよね。生徒に質問されたように、どれか一つにできれば楽ですが、そうもいかないなぁというのが、私の感想で、我が家では時々、洗剤をもらいながら、新聞を代えております(笑)。朝日新聞は今、一つ一つの記事に対してというより、報道姿勢とか会社の体質に批判が集まっているのでつらいところでしょうね。



日魔神さん:はじめまして。コメント頂戴しありがとうございます。おっしゃる通りだと思います。読者の声みたいなものは確かに、クセモノで、気が抜けません(笑)。また、私も以前から思っていたのですが、なんで読売のナベツネさんは野球とか、相撲とかいろんなところであんなに力があるのでしょうかね?ちょっと出過ぎですよね。
中日新聞 (HIRO)
2006-04-28 15:11:35
我家では地元の中日新聞をとっているので(なんと言っても広告の量が違います)あまり影響はないのですが、ブログに新聞について書こうかと思ってます。学生の頃は東京だったんでポリシーもなかったし、入れ代わり立ち代り、新聞勧誘があったのでいろんな新聞を半年ごとに読んでました。^_^;
わたしも (VIVA)
2006-04-28 19:18:04
18歳まで中日新聞で育ちました。正確には中日新聞のテレビ欄とスポーツ欄で育ちました(笑)。またおじゃまします。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

9 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
足下を見ておけ (日々思ふこと)
本社アルバイトの個人情報流出、ウィニーで約170人分(朝日新聞)  朝日新聞東京総局でかつてアルバイトをしていた大学生らの個人情報がインターネット上に流出していることが25日、分かった。  流出した情報の詳細については調査中だが、現段階で0 ...
397:脱線事故から1年金英男氏を「調査中」シバザクラ (今日の私感neo)
第397回 1)日本 JR福知山線脱線転覆事故から、今日で1年です。
2006年04月26日(水) 社説 (NAOの日記 2006)
朝日新聞 社説 小泉政権5年 賞味期限が切れてきた  盧大統領 原則一本やりの危うさ   産経新聞 主張 小泉政権5年 投げずに改革成し遂げよ  山手線トラブル 求めたい検証の積み重ね   日経新聞 社説 忘れてならぬチェルノブイリの教訓  イラ ...
譲る事覚えぬ者、また譲られる事無し (蒼き鎮守の森の中から)
イラン大統領、ウラン濃縮継続方針を改めて表明 イランのアフマディネジャド大統領は24日、テヘランで記者会見し、イラン核問題を巡り、「いかなる脅しにも屈しない」と述べ、ウラン濃縮活動継続方針を改めて表明した。 先の国連安全保障理事会議長声明は ...
脱線事故 (CUSTOM ~ドースル?)
生きる意味問い掛け 同志社大報道サークルが特集発信へ (神戸新聞) - goo ニュース 被害者支援・安否情報など課題浮かぶ 脱線事故1年 (朝日新聞) - goo ニュース こちらのニュースは昨日の記事の個人情報の話にもかかわってます。 「あの惨劇を忘れないで ...
衆議院千葉補選翌日の新聞社説 (日暮れて途遠し)
日刊現代、東京新聞、毎日新聞、朝日新聞、日経新聞、産経新聞、読売新聞
千葉7区補選に関する新聞記事比較 (消費生活アドバイザーの眼)
正攻法での選挙がきちんと勝利した千葉7区補選。 「小泉劇場から小沢劇場へ」 などと言われているけれども、今回の選挙結果は
朝日はこの談話をよしとしたんですね (ピア 徒然見聞録)
今日の注目はムノームヒョンさんがどんな妄言を言い放つのか?でしたが、さすがに朝日。そのさらに斜め上を言ってくれました! →朝日:韓国大統領の談話要旨 「独島問題対応を再検討する」 韓国大統領の談話要旨 「独島問題対応を再検討する」 2006
「新聞の提灯記事」再び (博士の独り言)
 讀賣新聞はよほど創価学会が好きらしい。「提灯記事」再びである。その関係はまるで越後屋とかわら版屋の夢楽堂。「そ、そんな筋の通らないことは書けません、越後屋さま」。「ちょこざいな、稼業を失ってもいいのか、ん?」。「は、はい。何でも書きます」とひ ...