本を読もう!!VIVA読書!

【絵本から専門書まで】 塾講師が、生徒やご父母におすすめする書籍のご紹介です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『食品の裏側』安部司

2006年04月25日 | 教養

                       

『痛烈な内部告発書である。食品添加物の専門商社の敏腕セールスマンだった著者が、食品メーカーの“手口”を次々に暴露していく。』というのが日経ビジネスの書評の書き出しです。衝撃的で、私も『う~ん』とうならざるを得ませんでした。

廃棄寸前のとても食べられないクズ肉も30種類の食品添加物で、『激安!人気ミートボール』に化け、色の悪い低級タラコが添加物に一晩漬けるだけで、赤ちゃんの肌のようなつやつやの高級明太子に変身!サボテンに寄生する虫をすりつぶして染めた「健康飲料」!?そんな例がたくさん紹介され、具体的に何が安全かどうかは疑わしいというのです。その根拠は役所の行うラットの実験の仕方、食品衛生法の不備だと指摘します。

私もミートボールや明太子が好きなだけでなく、胃を手術したことがあるため、医者に勧められ、コーヒーにミルクを入れて飲みますが、いわゆる“コーヒーフレッシュ”、ファミリーレストランやコーヒーショップでなどで、ただで出てくるあれです。何とその正体は、植物油に水を混ぜ、添加物で白く濁らせ、長持ちし、ミルク風にするため、さらにたくさんの添加物を入れたシロモノ。本書を読んでしまったらとても飲めません。牛乳を使うよりずっと安上がりで長持ちするんだそうです。容器が小さいためにそれを表示する義務はないし、大きなケースの方にも一言も“牛乳”とは書かれていないからもちろん、合法。

と、こんな話を他の先生としていると、タイミングよく(悪くかな?)、今日の彼のお昼はコンビニのおにぎり。そこで、記念撮影です。すると

          

ホントだ、本書に書いてあった通り。長くなりますので、説明しませんが、食品添加物の表示は9種類くらいだけれど、実際は…。かなりの問題が表示にあるということです。

『食育』という言葉ができ、子どもの食、すなわち家庭でも食がおかしい、“切れる子ども”との関連や、学力との関連などにまで言及されています。そして食品添加物はアレルギーやアトピーなどの関連も取りざたされていますね。

実際、うちの教室で生徒たちに食事について聞いてみますと、しっかり気を配っている家庭もありますが、朝ごはん抜きや、インスタント食品ばかりという生徒が信じられないほどいます。また近くの食品スーパーの安売りには長蛇の列ができます。お母さんのおにぎりより、コンビニのおにぎりの方がおいしいという生徒も多いです。

筆者はメーカーや行政だけでなく、消費者が安いもの、便利な食事を求めることも戒めます。が、食品を作っている人が『自分なら絶対食べないけど…』などというセリフがどこにでもあるそうで、『ちょっと待ってよ~』と言いたくなる一冊でした。


食品の裏側―みんな大好きな食品添加物

東洋経済新報社

詳  細

http://tokkun.net/jump.htm

『食品の裏側』安部司
 東洋経済新報社:244p:1470円

『本』 ジャンルのランキング
コメント (17)   トラックバック (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『日韓禁断の歴史』金完燮(... | トップ | 『産経が変えた風』 ウェー... »
最近の画像もっと見る

17 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
どもです (百太郎)
2006-04-25 23:48:39
いやマジでヤバイです。

以前、北海道かどこかでコンビニの残り物のおにぎりとかお弁当を豚のエサに与え続けたいたところ、奇形だとか病気だとか出始めて、あわてて辞めたと言う話を聞いたことがあります。



↓こんな本もあります。

山田正彦「輸入食品に日本は潰される」(青萠堂)
お礼、ありがとうございます。 (ちまり)
2006-04-26 01:15:57
こちらこそまたお礼コメントいただきまして、ありがとうございます。

食品関係、ちまりもよくコンビニ利用するので、ほほぅと思いマス。



VIVAさん、ご結婚されたの10月ですか!

ちまりも10月結婚仲間になります♪(笑)

幸せ掴みに奔走です♪



ブログもいつまで順調に続けて行けるかわからないですが、もしお暇があったらまた見に来てくださぃね<(_ _)>
初めましてー (mikishan)
2006-04-26 04:07:05
TBありがとうございます。

私も、この本は以前買って、すぐに読み終えた程

興味そそられるものでした。

以前より「添加物」の常用性は、聞いてしってたので

益々「スローフード」「一つ一つ、本物を造っていく」という事を意識しています。が・・・・



ちゃんと造る・・・て、本当に時間が掛かるものなんです。だから「余裕が要る」

どこかで、皆が心に余裕を持っていかないと

お手軽添加物文化が、どんどん根付いていまうんですよね。  と、色々考えさせられる世の中です。
私も読みました (bucky)
2006-04-26 10:00:38
夫も私も読んで、息子が「コンビニの食べ物は嫌だ」と言い出した・・・。コーヒーはもちろん、ブラックです。
はじめまして (T-cabin)
2006-04-26 10:39:39
TBありがとうございます。



本は読んでませんが

食品添加物と『食事』という時間の使い方をきっちり見直す事が大事。

と思う今日この頃です。

無知な私には (VIVA)
2006-04-26 13:43:25
衝撃の一冊でした。安売りにも注意なんですね。



百太郎さん:そのお話しはもっとヤバいですね。ご紹介の本、探してみます。



ちまりさん:そうなんです。もう10年以上前の話しですが(笑)。



mikishanさん:おっしゃる通りです。それにしてもすばらしいお店のようにお見受けいたしました。やはりプロ中のプロは違いますね。おじゃまできると良いのですが…。



buckyさん:お越しいただいてありがとうございます。しかも本書をお読みになっていらっしゃるとは、2倍うれしいです。本当にこれじゃあ子どもに何を食べさせれば良いんだか、忙しい親ごさんは大変です。

ブラックですね。お医者さんは知ってんのかなぁ~?



T-cabinさん:はじめまして、コメントいただき恐縮です。日本もそろそろスローフードの方に意識を変えたほうが良いのでしょうね。

Unknown (Elle)
2006-04-26 14:53:46
VIVAさん、こんにちは♪



以前、ドキュメンタリーの番組でTVでもやってました。

それを見た後はほんとゾッとしちゃいました。 (≧∇≦)

お野菜やお肉、お魚の産地のシールも適当に張っているスーパーも少なくないみたいです。。。



やっぱりお食事は大事ですよね。

からだに直接かかわってきますし。

今がよくても何年か先に現れてくること考えるととっても怖い。。。



あたしは小さい頃から出来上がりものを食べることが少なくいつも母がお菓子から作ってくれていました。

今ではとっても感謝!!!

きっと、それがあたしのお料理好きにしてくれたんですねっ

これからもどんどん腕を上がるよにがんばっていきます~ m(・▽・)m





こわい~! (tiakujo)
2006-04-26 14:54:55
この記事だけで十分です。こわくて読めたもんでありません。

ねえ、VIVAさん、私たちはどうしたらいいの?
実際、こわいですよね。 (VIVA)
2006-04-26 18:18:34
Elleさん:コメントいただきありがとうございます。そのテレビ番組ぜひ見てみたかったですね。残念。民放だとスポンサーが付かないかなぁ?



tiakujoさん:カンベンしてください。こちらが教えていただきたいんですから。ただ本書にはなるべく作業工程が少ないものを買う、とありました。米ならそのままが一番良く、レンジ用、さらにお弁当となると添加物が増えるそうです。野菜ならカットしてあったり、煮物パックになっているものでなくそのまま。手間を惜しまないということ、安いものには何かある、と思ってくださいとも。表示に関してもいくつかコツを覚えるとか、書いてありました。

いや、それにしてもコーヒーフレッシュは許せません!どうりで気前良くいくつも出てくるし、冷やしてないですよね。ったくもう。
TBありがとうございました。 (薬剤師)
2006-04-26 18:26:11
日本は、生ものを食べる習慣があるのと(火を通すことで殺菌殺虫などができる)、最近では調理済みの食品を買う習慣ができてしまったので、保存料などは並みの使い方ではおさまらなくなってきているのでしょうね。

材料を選ぶ知恵と同時に、イライラや心配しながら食べるより、楽しく食事をとるだけでもかなり解毒能力が上がるかも・・・
食育 (サチ)
2006-04-27 18:57:36
はじめまして。

TBからやってまいりました。

サチの食育メッセージです。



コンドロイチン、ミトコンドリア



げんきにあそぼう、ミトコンドリア

すもうをしよう、ミトコンドリア

けんかもしよう、ミトコンドリア

げんきにおしくら、ミトコンドリア

どっこいしょ、どっこいしょ、

おしくら、おしくら、ミトコンドリア

あのきにのぼろう、ミトコンドリア

どろんこあそびだ、ミトコンドリア



なんでもたべよう、コンドロイチン

ホネ、ホネ、ホネ、ホネ、ホネ、ホネ、ホネ、ホネ

こまつな、ひじき、じゃこのあたま、

なんでもたべよう、コンドロイチン

げんきなばあさんになるんだよっ!

まけないじいさんになるんだよっ!





どうかよろしく
トラックバック感謝しています (TERRA)
2006-05-01 13:07:05
VIVA読書様、こんにちは。



安部司様の件でトラックバック感謝しています。



本当に衝撃的ですね。



今日もありがとうございます。

コメントありがとうございます (monta)
2006-05-17 01:28:51
こんにちは、montaと申します。早速のコメントありがとうございます。コメントいただきましたが、本当にそのとおりです(笑)多少なりとも意識を変えたいと思います。また遊びにきます。





TBありがとうございました (か~くん)
2006-08-02 11:46:18
はじめまして、TBをさせていただきありがとうございました。

この本を読んでからは、僕も表示をよく見るようになりました。

コンビニのおにぎりには、

ホントすごい数の添加物がはいっていますよね。

また、拝見させていただきます。
か~くんさん (VIVA)
2006-08-03 15:22:35
どうぞ、ぜひまたお越し下さいね。
いやぁ (おの)
2006-08-29 13:17:36
ここの紹介でこの本買っちゃいました笑

読んでみたら・・・いやいやいや・・。

今まで冷凍食品うまいうまい言って食べてたけど・・・いやぁはっは・・・。

もう食べれないっすよ・・・。

食べるものへるのやな人は読まないほうがいいですね笑

おのくん! (VIVA)
2006-08-29 18:46:02
ちは!

もうちょっとうまく書かないと、“東大”が泣くぞ(笑)。これから毎日投稿すること。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

4 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
【書籍】「通販生活」の封筒裏面で取り上げられたおすすめ本「食品の裏側」 (こんなものを買った。-ムダ遣い日記-)
カタログハウス「通販生活」定期購読者は、4月24日配布号の封筒裏面にこの本が紹介されているのを目にしたであろう。安部司「食品の裏側」。サブタイトルが「みんな大好きな食品添加物」というこの本は、その添加物を売っていた元トップセールスマンが内情について記したも.
キャベツでデトックスと美肌づくり:キャベツの唐辛子炒め(薬膳、食育) (漢方薬剤師の日々&映画)
年中あるキャベツですが、春キャベツは、柔らかさとさわやかな香りが格別。是非たっぷり食べたいですね。そしてこの料理、超簡単でおすすめです。 ☆─────*【 作った、食べた、感想 】*─────☆ 味は最高。おいしかった~! 今回はキクラゲも入れたの ...
食品の裏側 安倍司 (中川適塾 教室長のひとりごと)
最近は”食育”という言葉をよく聞く。 簡単にいうと食の教育。 自分は食に関する情報不足もあり、 大切なのはわかっていたけど、 具体的にはというのがなかった。 この本は前から話に聞いていたので、 読んでしまうと食べられるものが 減っちゃうだろうなと思っ ...
「食品の裏側」の著者・安部司さんの講演会に行ってきやした! (じゃがポックルを探せ!)
通称・添加物の神様と言われる安部司さんの講演会に行ってきました。食品の裏側会場は500名ほど入るところで、ほぼ満員。小さなお子さん、赤ちゃんを連れての若いお母さんが多かった!講演内容は本にかかれている事とそう変わりないと思ったのだが、やはりライ ...