山小屋だより

山歩きや街歩き、そこで出会った花や風景を紹介しています。
ぜひ、一緒に歩きましょう

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

重太郎新道から奥穂高岳(その10)

2014-10-08 | 北アルプス

紀美子平に着きました。
岳沢小屋をでてから4時間25分の歩きでした。




紀美子平にザックを置いて、前穂高岳に登ります。




途中トラバースしているところもありますが、
ほとんど垂直の登りが続きます。



槍ヶ岳が見えてきました。



この先もガレ場が続いています。




紀美子平から約30分で前穂高岳の頂上に着きました。
ここは標高3090mです。




一等三角点がありました。




右奥の小さなピークが奥穂高岳の頂上のようです。
これからあそこまで登ります。




前穂高岳の頂上はかなり広いです。
次々に登山者が上がってきています。




パノラマで撮ってみました。
槍ヶ岳から奥穂高岳までの稜線がよくわかります。




槍ヶ岳をズーミングしてみました。
手前のジグザグは登山道です。



やや左の三角形の山は針ノ木岳、その右は蓮華岳のようです。
更に右の双耳峰は鹿島槍ヶ岳、一番奥に白馬岳も見えています。




正面が奥穂高岳です。
大きくどっしりとした山です。
尾根に白く筋が見えますが、これから歩く登山道です。
まだ、奥穂高岳までかなり時間がかかりそうです。



◎お知らせ

※今日でブログのデータ量が、規定数(28,510枚)に達しました。
新しく「山小屋だより」を開設しました。
アドレスは次の通りです。
http://blog.goo.ne.jp/terusan114/
「ブックマーク」や「お気に入り」に登録している方はお手数ですが差し替えてください。
これからもよろしくお願いいたします。

                            山小屋
コメント (45)
この記事をはてなブックマークに追加

重太郎新道から奥穂高岳(その9)

2014-10-07 | 北アルプス

シモバシラができていました。
昨夜はかなり冷え込んだようです。




イワギキョウです。
花が終わるとガクだけが残り、上を向いています。




タカネヤハズハハコの残っていました。
この花の咲き始めはピンクできれいです。



ヨツバシオガマの花後です。
全体が茶色く変身します。




焼岳をズーミングしてみました。
左側から時々白い煙が上がっています。
この山も活火山です。
またいつ噴火するかわかりません。



上高地がよく見えます。




かっぱ橋のあたりをズーミングしてみました。
かっぱ橋を挟んで、右がホテル白樺荘、左が五千尺ホテルです。




雷鳥広場を通過します。




これから歩く登山道です。




イワギキョウ・・・
岩の間から懸命に咲いていました。




ウサギギク・・・
かなり色あせていました。
葉っぱがウサギの耳に似ています。




歩いてきた登山道です。




正面が西穂高岳、その右のピークが間ノ岳、更に右に天狗岩と
続いています。




反対側に前穂高岳の北尾根がみえます。
なかなか鋭い岩峰です。




厳しい岩場にはこのようにクサリが取り付けてあります。
このような岩場がまだまだ続きます。
コメント (28)
この記事をはてなブックマークに追加

重太郎新道から奥穂高岳(その8)

2014-10-06 | 北アルプス

オヤマノリンドウが咲いていました。
この花はあまり開かない花です。



シラネセンキュウ、白根山で最初に発見された
せり科の植物です。
小さなの集合体で、葉っぱは羽状複葉になっています。



タテヤマアザミ、立山に多いアザミです。
葉っぱに鋭いトゲがあります。




ハリブキの実です。
葉っぱや茎に鋭いトゲがあります。




ハンゴンソウはキオンの仲間です。
葉っぱが深く切れ込んでいるのが特徴です。




ハシゴを登ります。



小屋で一緒だった山ガールが追い抜いて行きました。
この日は我々と同じコースをたどって涸沢ヒュッテまで行くそうです。




岩場を登っています。
仲間から私の後ろ姿を撮って貰いました。




正面に焼岳が見えます。
その左奥が乗鞍岳、更にその左が御嶽山です。




上高地をズーミングしました。
真ん中の赤い屋根が帝国ホテル、その上のほうが大正池です。
左下にバスターミナルが見えます。




イワギキョウが咲いていました。
花にヒゲがなくガクが反り返っているのが特徴です。




更に登ったところから振り返ってみました。
御嶽山がかなり大きくなってみえます。
左の大きな山は霞沢岳、その左奥にうっすらと恵那山が見えます。



イワツメクサは夏の花です。
少しだけ残っていてくれました。
花びらは5枚ですが、切れ込みが深いので10枚に見えます。




岩場の登りです。
ここはかなり長い登りでした。




ペンキマークはガスっていて周囲がわからない時などに
頼りになるマークです。
〇印は安全、×印はその先が危険という意味です。
矢印は進む方向を指しています。





コメント (28)
この記事をはてなブックマークに追加

重太郎新道から奥穂高岳(その7)

2014-10-05 | 北アルプス

お花畑の横を通過します。
タテヤマアザミが群生していました。



クロトウヒレンです。
アザミに似ていますが、アザミのように葉っぱにトゲがありません。
ヒレンとはアザミのことだそうです。




岩場に差し掛かりました。



左のギザギザはジャンダルムのようです。
奥穂高岳からは丸く見えます。




少しズームしてみました。
左から独標、西穂高岳、尖がった山が間ノ岳、一番右が天狗岩です。



ここはかなり急な登りです。



ハシゴを登ります。
ミヤマダイコンソウが少し紅葉していました。



登ったハシゴを振り返ってみました。
かなり高度感がありました。




右から焼岳、乗鞍岳、奥に御嶽山、一番左が霞沢岳です。
いずれも登った山が見えると嬉しくなります。




焼岳の右奥に白山が姿をみせてくれました。
白山もどっしりとした山です。




ナナカマドが紅葉していました。



ハシゴの連続です。




カモシカの立場というところです。
立っていたのは小屋で一緒だった山ガールさんでした。




西穂高岳からの稜線が素晴らしいです。




何度も振り返ってみました。
標高が高くなるにつれて御嶽山も姿がハッキリしてきました。
この山が突然噴火するなんてまだ信じられません。





コメント (26)
この記事をはてなブックマークに追加

重太郎新道から奥穂高岳(その6)

2014-10-04 | 北アルプス

左の三角形の山が前穂高岳です。
これから登ります。




天狗岩にガスがかかっていました。




小屋に明かりが灯りました。
なかなかよい雰囲気です。




ヘルメットはレンタルもしています。
但し、またここへ返しにこなければなりません。




販売もしていました。
このエリアは「ヘルメット推奨エリア」になっています。



翌朝は午前4時起床、午前5時出発です。
朝食は弁当にして貰い、部屋で食べました。
正面奥が乗鞍岳です。



午前5時05分に出発しました。
まだ薄暗いのでヘッドランプの明かりが頼りです。
空には月が輝いていました。



最初は沢に沿って登って行きます。
気温は10℃以下でしたが、風がなかったので寒くはありませんでした。




乗鞍岳が少しずつハッキリしてきます。




西穂高岳の稜線です。



正面奥に奥穂高岳も見えてきました。



乗鞍岳がだいぶよく見えるようになりました。
その左に御嶽山が見えてきました。




少しズーミングしてみます。
この時点ではまだ御嶽山はおとなしかったです。




岳沢小屋がよく見えています。




普通に撮るとこんな感じです。
焼岳もかなり明るくなってきました。
雲が切れて青空が覗いています。
天気は期待できそうです。
コメント (18)
この記事をはてなブックマークに追加

重太郎新道から奥穂高岳(その5)

2014-10-03 | 北アルプス

クロマメノキが熟していました。
ブルーベリーの原種といわれています。
このあと、食べましたが甘くて美味しかったです。




オオヒョウタンボクの実です。
花は2個並んで咲きます。
きれいなヒョウタンのような形をしています。




小屋が見えてきました。




キオンです。
紫色のシオンに対して黄色いのでこのように呼ばれています。




シシウドの花後です。
手前の花はゴマナです。




何度も振り返ってみました。
右の焼岳が噴火したように見えますが、雲のいたずらでした。




沢の上部です。
雪渓が幾らか残っています。




タテヤマアザミです。
北アルプスでもある限られたところにだけ分布しています。
花の苞が反り返り、花も横向きに咲きます。



ユキザサも赤い実をつけていました。
葉っぱもこれから黄色く色づきます。




鯉のぼりが出迎えてくれました。




岳沢小屋に到着です。
上高地のバスターミナルから約3時間の歩きでした。




この小屋には2011年10月に宿泊しています。
この食堂はその時のままです。



テラスから上高地がよく見えます。
ここで「ビールを・・・」と思ったのですが、寒過ぎでした。
建物の中で乾杯でした。




奥にもテーブルがあります。
この岳沢小屋は2006年の大雪で壊れてしまい、しばらくはそのままでしたが、
2010年に再建されました。
昔は岳沢ヒュッテと呼んでいましたが、再建後は岳沢小屋と呼んでいます。




きれいな談話室もあります。



部屋は個室になっていて5名で一部屋でした。
布団1枚でゆっくりすることができました。




夕食です。
アジフライもアツアツでした。
この日の宿泊者は我々以外に数名いただけでした。



大きな岩に方向が表示されています。
ここから天狗のコルを通って奥穂高岳に行くこともできます。
かなりハードなコースのようです。
コメント (20)
この記事をはてなブックマークに追加

重太郎新道から奥穂高岳(その4)

2014-10-02 | 北アルプス

ゴゼンタチバナの実です。
花が終わると茎を伸ばし、少しでも遠くに種を落とそうと
努力しています。




サラシナショウマが咲いていました。
花柄があるのが、わかるでしょうか?
よく似たイヌショウマには花柄がありません。



ノコンギクです。
咲き始めは濃い色をしています。



ムシカリの実です。
葉っぱも少し色づいています。




岩がゴロゴロした登山道です。




お花畑です。
ブルーのトリカブトがよく目立っていました。



左手の西穂高の上には厚い雲が垂れ込めています。




きれいな姿のサラシナショウマです。
葉っぱも入れて撮ると特徴がよくわかります。




トモエシオガマが残っていました。
花が「巴(ともえ)」状に咲いています。




振り向いてみました。
上高地がだんだんと遠くなっています。




ミヤマトリカブトです。
花が雅楽の奏者が被る「烏帽子」に似ています。




ハクサンフウロが1輪だけ残っていました。
夏山を飾る代表的な花です。



ツリバナの実がぶら下がっていました。
春に小さな星型の花を咲かせます。




石畳の登山道が続きます。




コバノイチヤクソウ・・・
その名の通り、葉っぱが小さくて丸い形をしています。
昔は薬草として使われたようです。




ゴゼンタチバナが咲いていました。
ご覧のように4枚の葉っぱには花が咲きません。




ミヤマホツツジが残っていました。
花柱の先端がクルリと反り返っています。
低山に咲くホツツジは花柱がまっすぐです。



コメント (26)
この記事をはてなブックマークに追加

重太郎新道から奥穂高岳(その3)

2014-10-01 | 北アルプス

岳沢への入り口です。




石がゴロゴロとした登山道です。
足元を注意しながら歩きましょう。




カメバヒキオコシが咲いていました。
シソ科の植物で、葉っぱがカメの尻尾に似ています。
昔は薬草として重宝したようです。
これを煎じて飲めば、寝ている病人も飛び起きるそうです。



ヤマハハコです。
きれいに整列していました。



アキノキリンソウです。
これは比較的きれいな花でした。




ゴゼンタチバナの実です。
葉っぱが4枚なら花が咲きません。




こんな標識があると嬉しいです。



コケがきれいです。




奥から涼しい風が吹いてきています。
天然クーラーだそうです。




岩だらけの登山道です。



スギゴケに胞子がでていました。




サワヒヨドリも咲いていました。
湿地に多い花です。



上高地があんなに小さくなりました。




上高地からは白く見えますが、実際にはこんな岩がゴロゴロとした
沢になっています。




コバノガマズミの実も赤くなっていました。




きれいな色のノコンギクです。
野菊の中では一番よく目立ちます。


◎特 集

先日、近くへ「ヒガンバナ」を見に行ってきました。



最初に出迎えてくれたのはコスモスでした。




すぐ近くにはフヨウが咲いていました。
ツボミから満開まで並んでいます。



咲き始めは濃いピンクをしています。




ヒガンバナの群生です。




キアゲハが遊びにきてくれました。




すぐ近くまで寄ってみましたが、まったく逃げようとしません。



やがてきれいに羽を広げてくれました。



折角なので、横顔を撮ってあげました。




ヒガンバナは咲き始めがきれいです。



コスモスは秋がよく似合います。




足元には紅白のセンニチコウが咲いていました。
ヒガンバナは混んでいる有名なところに行かなくても
近くで楽しめることがよくわかりました。
コメント (28)
この記事をはてなブックマークに追加

重太郎新道から奥穂高岳(その2)

2014-09-30 | 北アルプス

リーダーが登山届を出しています。
登山届の提出はまだまだ少ないようです。




ここの食堂で昼食にしました。
この建物は観光センターにもなっています。



今回のメンバーは男性だけ7名です。
ここで身支度を整えて出発します。



左の尾根の5番目のピークが西穂高岳です。
そこから間ノ岳・天狗岩・ジャンダルム・奥穂高岳と続いています。
この稜線はなかなか厳しく滑落事故も多いところです。




かっぱ橋が見えてきました。
道路から河原に下りて撮影しました。




これからかっぱ橋を渡ります。
ここは観光客にも人気があるスポットです。



橋の中央から穂高連峰を眺めてみました。
梓川の水は雪解け水なので、夏でも冷たくて長くは手を入れることが
できません。




反対側には焼岳が見えます。




かっぱ橋周辺は観光地になっています。
軽装で散策している人もたくさんいました。




遠くに白く見えるところが岳沢です。
S字に曲がった上あたりに小屋があります。




少しズーミングしてみました。
小屋がはっきりと見えます。
これからあの小屋まで歩きます。




このあたりの梓川はかなり蛇行しています。
中州に生えている木は化粧柳です。
上高地を代表する樹木です。




ゴマナです。
8月から9月にかけて咲くキク科の植物です。
葉っぱを触るとザラザラしています。



梓川の右岸を歩いています。
このあたりはよく整備されています。



木道です。
春先にはニリンソウの群落がみられるところです。
今回は全員ヘルメットを持参しました。




撮影スポットです。
奥の山は六百山です。




上高地も少し奥に入るとこんな静かな雰囲気が楽しめます。




このまままっすぐ進めば明神池に行くことができます。
我々はここを左に曲がって岳沢を目指します。


※木曽の御嶽山が突然噴火しました。
昨年10月19日~20日に登った山です。
とても噴火するような山には思えませんでした。
犠牲になられた方々のご冥福をお祈り申し上げます。
コメント (26)
この記事をはてなブックマークに追加

重太郎新道から奥穂高岳(その1)

2014-09-29 | 北アルプス
※9月19日~21日まで北アルプスの重太郎新道から
奥穂高岳まで歩いてきました。




新宿から高速バスで上高地に入ります。




途中、富士山が頭だけ姿を見せてくれました。





空には秋の雲が広がっています。



甲府を過ぎたあたりから、左手に鳳凰三山と甲斐駒が姿を
見せてくれました。甲斐駒ヶ岳は8月に黒戸尾根から登ったばかりです。



甲斐駒もどんどん姿を変えてきます。
左の摩利支天を優しく抱いているようです。



富士見パノラマスキー場です。
この左奥に入笠山があります。




諏訪湖SAで休憩です。



ここからは諏訪湖が一望できます。



秋の雲がきれいでした。




バスはほぼ満席でしたが、私はネットで「前のほうの席」を予約しました。
前から2番目の左側で隣は空席でした。
このバスは上高地まで乗り換えなしで入ってくれます。



松本ICで降りて上高地に向かっています。
お米の収穫も始まっていました。




ソバ畑が広がっていました。



新島々のバスセンターです。
ここまでは松本から電車が走っています。
電車の場合はここからバスに乗って上高地に入ります。




奈川渡ダムでできた人造湖です。
梓湖と呼ばれているようです。




この水で東京電力が発電しています。
原発が停止しているので、フル稼働しているようです。




焼岳が少し姿を見せてくれました。




大正池を前面にしての穂高連峰です。
天気は何とか持ってくれそうです。



赤い屋根は帝国ホテルです。
宿泊代が高いにも関わらずなかなか人気があるホテルのようです。





午前7時20分に新宿を出発して途中渋滞もなく定刻(12時5分)に
上高地バスセンターに到着しました。
平日のせいか、バスセンター内はそれほど混んでいませんでした。





コメント (34)
この記事をはてなブックマークに追加

相模川を歩く(最終回)

2014-09-28 | 日常の出来事

城山ダムです。
たまに放流することもあるようです。



マメアサガオが咲いていました。
小さなアサガオで、北アメリカ原産の帰化植物です。
すっかり野生化しています。




水道局の中庭に飾ってありました。
水力発電機の羽根車のようです。
城山ダムでは発電も行っているようです。




これはセンニンソウです。
花はボタンヅルとよく似ています。
葉っぱで区別してください。




広い草原です。
みんなはもうあんなところを歩いています。
この中に足を踏み入れたら、アレチヌスビトハギの種がズボンに
びっしりと付いてしまいました。
取り除くのに一苦労しました。



草原の中に咲いていた、ツルボです。
遠くからでもよく目立っていました。



橋が幾つも交差しています。
手前のアーチ形の橋は小倉橋だそうです。
次回はこのあたりから歩くようです。



マルバアサガオが咲いていました。
熱帯アメリカ原産の帰化植物で、花の色も多様なようです。
花期が9月から11月ということなので、まだまだ楽しめると
思います。




クサギの花です。
花の後にきれいなブルーの実ができます。




再び、バスで橋本駅にでて解散しました。
初めて参加されたケイさんも楽しまれたようです。
また、機会がありましたらお誘いします。
約12キロ、5時間20分の歩きでした。
コメント (19)
この記事をはてなブックマークに追加

相模川を歩く(その4)

2014-09-26 | 日常の出来事

建物の中でいろんな野菜を売っていました。
オクラの花は刻むと粘りがでてくるそうです。




聞いたことのない野菜です。




トウガンはたまに炒めて食べますが、一個は量が多過ぎます。




ブルーベリーは目によいといわれています。
ジャムにしてもよさそうです。



これをゲットしました。
左は黒いピーマンです。
炒めて食べてみましたが、普通のピーマンより甘く感じました。
右はシシトウです。




真っ赤なサルビアが咲いていました。




少し離れたところにありました。
花かと思って近くに行ってみたら、ハゲイトウでした。



道路に沿って歩きます。




津久井湖は波静かでした。
神奈川県の大切な水がめになっています。



※今日はこれから「奥の細道」歩きに出かけます。
敦賀周辺を歩いて今夜はその近辺に泊まります。
ブログは28日から再開します。
コメント (21)
この記事をはてなブックマークに追加

相模川を歩く(その3)

2014-09-25 | 日常の出来事

キバナコスモスを手前に立たせて津久井湖を撮りました。
暑いくらいの日差しを浴びて花たちも嬉しそうです。




マルバルコウソウ・・・
ルコウソウは葉っぱがギザギザしています。
熱帯アメリカ原産で江戸時代に日本に観賞用として持ち込まれたそうですが、
すっかり野生化して空き地などでみることができます。





ボタンクサギです。
葉っぱがクサギに似ていて花全体が丸いので、ボタンに例えたようです。




八幡宮がありました。
ここで小休止です。



境内には大きなシイの木がありました。
ご神木になっているようでした。



右に車道があります。
左にはまだ新しい吊り橋があります。



自転車と歩行者専用の吊り橋です。
「みついそよかぜ橋」と書いてありました。



確かにそよかぜが吹いてきます。
正面の山は「城山」です。
昔、津久井城があったところです。



ここから眺める津久井湖も広々としています。



モミジアオイが咲いていました。
フヨウの仲間ですが、葉っぱがモミジの葉に似ています。



観光センターに着きました。
ここでランチにしました。



ボタンヅルが藪の中から顔を出していました。
葉っぱがボタンの葉に似ています。
花だけではセンニンソウと区別がつきません。



ママコノシリヌグイ・・・
茎に下向きのトゲがあり、それを引っかけてどんどん蔓延って行きます。
やはり繁殖力が強い植物です。
この花も別な名前をつけてあげたいですね。
これでは幼児虐待といわれそうです。
コメント (26)
この記事をはてなブックマークに追加

相模川を歩く(その2)

2014-09-24 | 日常の出来事

「元気でも短気は損気、事故の素」
心しておきましょう!



吊り橋を渡ります。
橋の名前は「名手橋(なてはし)」とありました。




ケイさんが何か撮っています。




この風景のようでした。
左に何かがいます。




ズーミングしてみました。
カワウのようです。
こんなところで羽を広げて日光浴をしていました。




オオケタデは中国原産の帰化植物ですっかり野生化しています。
茎に毛が多く、全体が大きい蓼(たで)という意味です。
別名:オオベニタデとも呼ばれています。




ムラサキゴテンはツユクサの仲間です。
春先から秋まで咲いている花期の長い花です。




土手にヒガンバナが咲き出していました。
群生しているとなかなかきれいです。



山村風景です。
遠くに大山が見えるのですが、この日は雲の中でした。



こんな道路を歩いています。




先ほど渡った吊り橋(名手橋)が下のほうに見えます。
左から右に歩いてきました。




マツバギクは海岸に多い花です。
最近、マツバボタンを見なくなりました。




キバナコスモス・・・
メキシコ原産の花です。
昔からあるコスモスより繁殖力が旺盛なようです。
コスモスは葉っぱが線形ですが、これはかなり広いです。




クズの花です。
クズも繁殖力が旺盛で、山全体を覆い尽くすように広がっています。
マメ科の植物で、花の後に枝豆のような実ができます。


コメント (30)
この記事をはてなブックマークに追加

相模川を歩く(その1)

2014-09-23 | 日常の出来事
※9月12日、相模川周辺を歩いてきました。



JR橋本駅からバスに乗り、ここ「奈良井」で下車しました。
ここから歩きます。




今回はブロ友の「ケイさん」と一緒でした。
この近くにお住まいだと聞いていたので、声をかけてみました。
ケイさんとは2年前のココアさんのクリスマスコンサートに
参加した時に初めてお会いしました。
今回が2回目でしたが、すぐにわかりました。




大きな橋が見えてきました。
名手橋という橋です。



緑がきれいでした。
空には秋の雲が広がっています。



尾崎咢堂記念館に入ります。



茅葺き屋根を模したきれいな建物です。




多目的室で尾崎咢堂のビデオを観賞しました。
尾崎咢堂は本名:行雄といい、この地(旧津久井町、現相模原市)で生まれた
政治家で東京市長も務めたそうです。




たくさんの写真なども飾られていました。



この部屋は会議室や講演会などにも使われるようです。
この日の参加者は男女合わせて15名でした。




再び外に出ました。
畑にはオクラの花が咲いていました。
この花びらは食べられるそうです。



大きなオクラができています。
オクラは粘りがあるので、健康にもよいそうです。




すぐ近くにはクリが実っていました。
もうすぐすれば弾けて中からクリが飛び出してきます。


コメント (28)
この記事をはてなブックマークに追加