たんべぇ山から

山歩きの記録、出会った植物を紹介します。



赤岳から黒岳へプチ縦走のつもりが…【北大雪】 2015/07/15

2015-07-30 | 北海道の山

 




さて、北海道4日めはどこへ行こうか…
天気予報がコロコロ変わるので、チェックには余念がありません。
最終日16日は富良野岳と決めているので、15日は大雪山の周辺を日帰りする予定なのですが、
場所が決められず困ってしまいました。

候補は次の3つ

①沼ノ原から五色岳 ②赤岳から黒岳へ ③天塩岳
 
どこも天気はイマイチ、風が強く、気温が大幅に低くなるらしいけれど、とりあえず雨マークはありません。

迷った末、②の赤岳から黒岳へのプチ縦走に決まりました。

その理由は、層雲峡から銀泉台まで路線バスが通っているので、
車の回収が便利なことと、高山植物が豊富なことです。

このコースは6年前に夫と二人で歩いたことがあり、それはそれは素晴らしい高山植物に
大興奮だったのですが、
唯一の心残は、残雪が多すぎて、エゾコザクラの大群落が見られなかったことです。
今年は期待できそうなので、楽しみ、楽しみ♪


~7月14日~


銀泉台06:40-----第一花園07:15----奥の平07:40-----コマクサ平07:50-----赤岳09:20

-----小泉岳分岐09:50-----赤岳10:25-----銀泉台13:10



 6:40 入山届に記入して出発します。

風が有りますが、まずまずのお天気に上機嫌です。



暫く歩くと、腕章を付けた男性がぐんぐん近づいてきました。
監視員さんかな…?

「今日はどこまで?」と聞かれたので「層雲峡まで」と答えたところ、
「赤岳から小泉岳付近は一番の強風地帯なので、多分風速15~20mは吹いているかもしれない!
でも、ここを突破できれば多分大丈夫、それと、北海岳へ向かう道も相当強いから注意するように」とのこと。


危険なので控えるようにと、言われるかと、少し緊張しましたが、とりあえずOKが出たので安心しました。


強風ですが、何とか縦走できそうです^^

 

昨日の石狩岳で役だったWストックでしたが、今日は必要ないだろうと一本は
車に置いてきました。
強風を支えるのに一本と二本では大違いです。
少しでも軽量化しようと考えたのですが、これは判断ミスでした。


コエゾノツガザクラとアオノツガザクラ

 



イソツツジ


 


イワブクロ


イワブクロ


コマクサ


チシマキンレイカとコマクサ

 思ったとおり、高山植物が一番綺麗な時期で、どの花も鮮度抜群で、本当に綺麗です!!


今回の北海道では、初日からイソツツジがたくさん咲いていて、しかも咲き始めてでとても綺麗!


ピンクと黄色のコラボは大雪ならではの組み合わせですね^^


キバナシオガマ

  


チシマキンレイカ


行く手は、ものすごいスピードで雲が流れています!

  
ミヤマエゾクロウスゴ      キバナシャクナゲ

 

  
コケモモ      ジムカデ

 


ジムカデ

 

   
メアカンキンバイ     エゾツツジ


キバナシャクナゲ

 

そして、 

このコースを選んだ最大の理由はこのスミレに会いたかったからです^^
6年前も綺麗でしたが、今回も沢山見ることができて嬉しかったですね~
ただ、風が強いので写真のほとんどがブレブレなのは残念です(涙)


ジンヨウキスミレ

 



エゾノツガザクラ



雪解け水が盛大に流れる登山道、すごい水量に驚きました。
なのに、あの水びたしの登山道の写真が一枚もありません!たぶん、気持ちの余裕がなかったのでしょう!
6年前はこんなに流れてなかったような気がします。

突風でよろけるのでストックで支えながら一歩ずつ!!


コエゾツガザクラとチングルマ


赤岳が近くなるとよりいっそう風が強くなりますが、足下には楽しみにしていたエゾタカネスミレの姿が…


エゾタカネスミレ


赤岳付近は、もう立っているのがやっとの強風が吹き荒れていますが、小泉岳方面に向けて
歩いてみることにします。





霧雨が交じる強風に、軟弱者の私は恐怖を感じるほど…
あまりの風に前進出来ない時は
頭を低くして暫くしゃがみこんでやり過ごし、少しずつ進み、ようやく小泉岳の分岐を過ぎました。




登る途中で、監視員さんが言っていた赤岳から小泉岳までの強風地帯を何とか通過した訳ですが、
この先、北海岳へ向かう道はコースタイム1時間20分もあり、しかも向かい風になります。
このまま進んでも、ロープウェイとリフトは運休(?)なんてことも有りかな…
アレコレ考えると、無理を押しての縦走は危険かもしれません!

「戻ろうか…?」私が提案しました!
再度あの道を通るのはイヤでしたが、距離が短いので何とかなるでしょう!
相方は、これくらいの風なら経験上何とかなると考えていたようですが、
表情が険しくなっているらしい私の顔を見て、同意してくれました。



そうと決まると、現金なもので風によろけながらも写真を撮る余裕が出てきました^^;
被写体ブレと手ブレで写真はどれもひどいものですが。


エゾタカネスミレ

 


晴れていたら、すごいお花畑を前に感激だったことでしょう!


メアカンキンバイ


エゾオヤマノエンドウ

とにかく、カメラを向けてシャッターを押すだけ、
ヨロヨロしながらやっと撮った数枚です。

 


ホソバウルップソウ

 


ユキバトウヒレン


ウスユキトウヒレン(?)


エゾタカネスミレ



エゾハハコヨモギ



赤岳に戻ってきました。

 そして銀泉台に向け下り始めました。

強風地帯から早く抜けたくて、急ぎます!!

すると、なんとなんと青空が広がり始めたのです(泣)

本当に意地悪なお天気です!

折角、一大決心をして戻ってきたというのに、悲しいです。。。



その後も、青空がどんどん広がって行きますが、私の気持ちは晴れません!!
私に付き合って、一緒に戻ってくれた相方にも申し訳ない気持ちになります。


キバナシャクナゲ

 何人もの登山者とすれ違います。、中にはテント装備のパーティーもいて
後ろ姿を羨ましく見つめます。

でも、仕方ありませんね!!


ベニバナミネズオウ

 下りも同じような花の写真を撮りながら残念な気持ちを和らげるよう努めます!


メアカンキンバイ

 


キバナシャクナゲ


ジンヨウキスミレ


ゴゼンタチバナ



   
ホソバイワベンケイ     チシマヒョウタンボク

  
ツマトリソウ      マルバシモツケ


このまま下りてしまうのが勿体無くてゆっくりゆっくり、そして途中で大休止して
いたら、途中ですれ違ったご夫婦が、赤岳登頂を済ませて
私たちを抜かしていきました!
凄い、早い!!

ご夫婦の話では、「上はものすごい強風が吹いてますよ!」とのこと。

この一言で大分救われました^^;;

晴れて穏やかになったように見えても、ここは北海道の屋根「大雪山」、
そう簡単に風は収まらないようです。

コマクサ平付近では、朝早くからウスバキチョウを見るためにスタンバイしている
蝶マニアの方が数名おられ、自慢の写真を見せていただいたり、お話を伺うことができました。
そうこうしているうちに、蝶がヒラヒラ。
お陰様で自力では見つけることはできないウスバキチョウを生で見ることが
できたことは大収穫でした。

今回は断念したけれど、お花はそこそこ見ることができたので、ま、よしとしましょう!



さぁ、明日は富良野岳です。

吹上温泉「白銀荘」に向けて車を走らせます。


ジャンル:
ウェブログ
コメント (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 石狩岳  【東大雪】 2015/... | トップ | 富良野岳~上富良野岳 【十... »

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
有難うございました。 (まさ)
2015-07-30 16:32:42
fu-coさん、毎日暑いですね。
暑中見舞い申し上げます。やはり北海道でしたか!
いいですね。暑寒別岳から石狩岳 そして赤岳からの
プチ縦走!北海道の素晴らしい!花・スミレ!の数々
有難うございました。
軟弱な私は、お天気が悪いとすぐ引き返します。
ジンヨウキスミレ (てばまる)
2015-07-31 09:51:59
このコースは下りでしか使ったことがなく、しかも途中から土砂降りでした。それでも、終わりかけのジンヨウキスミレやリンネソウの大群生には感激したものです。もう一度、ジンヨウキスミレを最盛期の写真を撮りたいです。タニマスミレとセットで行きたいですね~ となると沼か層雲峡泊ですかね~ 

まささん (fu-co)
2015-08-01 15:09:12
こんにちは!
ホント、毎日暑すぎて箱入り婆さん状態から抜けだせずにいます^^;
山に行けばきっと涼しいのでしょうね~
北海道の山旅が懐かしく感じるこの頃です。

まささんの白馬岳の美しい花々、楽しませていただきました。


てばまるさん (fu-co)
2015-08-01 15:18:35
てばまるさん、こんにちは。

>タニマスミレとセットで行きたいですね~
2つのスミレは時期もぴったりなので、是非お出かけ下さいませ。

てばまるさんなら、きっと素晴らしい写真が撮れると思うので、すごく楽しみです。
タニマスミレを撮影するときは、虫が攻撃してきますので、ネットと虫避けは必須です。
虫が多いと聞いていた暑寒別岳で拍子抜けだったので、沼めぐりでは油断してました。
でも、ザックにネットを入れてたので助かりましたが
お花だらけ! (フクシア)
2015-08-02 05:38:21
素晴らしいお花畑ですね。
やはり遠征しているだけの事はありますね。

風に吹かれてとても大変だった経験が私もありますが、本当に自然って怖いですよね。だから、一層花も綺麗に見えるのでしょうね。
フクシアさん (fu-co)
2015-08-02 17:06:02
フクシアさん、本当ならばもっともっと見られたはずなのに、風との闘いに必死で見落としばかりです。
安全第一!!天候には逆らえないですものね!

今回もまたチシマツガザクラにも会えなかったし、大雪の核心部にも行けなかったので、来年以降の課題ができました。

Unknown (GRI)
2015-08-04 09:44:07
もう「6年前」になるんですね。「6年前」に食いついて久々にコメ・・・いつも読み逃げでスイマセン (^^ゞ
実は、fu-coさんの6年前の記事に触発されて、2012・2014と2回もここを歩いちゃったんですよね。
本当に素晴らしい所で、北海道行ったら絶対外せないルートになってます。
今年は天気が悪くて北海道行をキャンセルしちゃったんですが、fu-coさんの記事でお花を楽しまさせて頂きました。富良野岳の記事も楽しみにしてます。

そうそう、暑寒別岳も良いですね! 次はこっちも狙いたいと思います。いつも参考にさせて頂き、ありがとうございます (^。^)
GRIさん (fu-co)
2015-08-05 21:58:17
GRIさん、こんばんは!
6年前の記事に触発された二回も歩かれたとのこと。
なんと嬉しいことでしょう!
拙い記事ながら、そうやって見て下さってる方がおられると、少しやる気が出てきたように思います^^;;
ありがとうございますm(_ _)m

>そうそう、暑寒別岳も良いですね!
私たちが歩いた箸別コースもいいですが、雨竜沼コースもよさそうですよね!距離が長くなるので簡単には行けそうにありませんが…いつの日か歩いてみたいです。無理かな

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む