タカ長のタカの渡り観察

タカが好き、山が好き、花が好き、心はいつも旅もよう。日々移ろいゆく心もようを綴るナチュラリストのつぶやきです。

久しぶり(?)の裏山

2017年05月26日 | 山歩きから
ハチクマ、ハチクマと言いながら鷹の峰に通い、、、そのあと九州へ遠征、、

そのようなことをしていると、、、、、

    

裏山の色がすっかり変わっていました。

そのことを敏感に感じるのは、裏山の色が先日までいた九州の山の色とは違うからかも分かりません。

気温も高くなってきたので、これからの裏山歩きは夏ヴァージョンになりそうです。

今日はその1回目、荒谷林道を歩きました。

    

緑も濃くなって、風も下界よりはさわやか。

その林道を歩き、途中でひき返して来るのが「夏ヴァージョン」と言うわけです。

当然歩く距離は短くなります。

    

これからの夏、低山を歩くにはつらい季節になります。

しかし、私たちの山歩きの回数は一定のペースで進んでゆきます。夏休みはありません。

強いて言えば盆に1回休むだけです。

    

とは言っても、暑い夏は気候の良い時のようには歩けません。

そのため歩く距離は短くします。しかし、回数を減らすことはありません。

それが基本的な考え方です。

これまでそのようにしてやってきて、、、、これからもその方針を変えることはありません。

要は継続すること、そこに重点を置いているのです。

継続は力ですが、休んだらすぐにダメになります。そのことは経験上知っています。

だから、暑い夏や、加齢による脚力の低下があっても回数は減らさない、、

歩く距離で調整しながら健康登山を進めて行くことを考えているのです。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

関心がないと

2017年05月25日 | 旅行のことなど
長崎旅行中コメントを頂きました。

クロちゃん宅での滞在は快適ですが、唯一の欠点はパソコン環境がないことです。

スマホなど持たないタカ長は現地で自分のブログさえ確認できません。そのため不義理をしました。ご容赦ください。

    

さて、志々伎山の話題です。

志々伎山は阿弥陀寺が登山口になります。車をとめる場所も分からなくて仲間が阿弥陀寺の人に確認に行きました。

その時「その靴では登れません、、、」と言われました。

もちろんその時は登山の支度前ですから登山靴は履いていませんでした。

登山前にそのようなことがあったので、下山したとき今度はタカ長が挨拶に行きました。

タカ長としては無事下山したことの報告とともに、阿弥陀寺の人、地元の人に聞いてみたいことがあったからです。

「9月の下旬たくさんのタカがこの山の上を飛んでいるのをご覧になったことがありますか?」

そのように聞いても、答えはNoでした。

応対に出られた男の人、おそらく阿弥陀寺の住職さんだとおもわれますが、その人の認識では空を飛んでいるのはトビだけ、、、、

ということでした。

    

そのときミサゴが飛びました。

いまはハチクマの時期ではないので、ハチクマを見ることは不可能ですが、空を飛ぶのはトビだけではないのです。

    

昨日紹介した写真ですが、、、

9月の下旬には、山に登らないでここで見ていてもハチクマを確認することは出来るはずです。

しかし、関心のない人には何も見えない、と言うことなのでしょう。

    

志々伎山の山頂は狭くて、タカの観察は少し下がったところで行うのが良いのでは?

今回の下見でそのように感じました。

冷水岳のほうから海を越えてくるハチクマはこの方向に現れるはずですし、、、、

    

平戸島の上を飛んでくるハチクマはこの方向に現れるはずです。

と言うようなことを考えながら山を歩いたのですが、本当のところはタカ長には分かりません。

すべてはその時のお楽しみ、、、、、と言うことですが、、、

本当に行けるかどうかはいまは未定、何ともアテにならない話です。

阿弥陀寺の人は、この山に登る人は多いので聞いておきます、、、、と言っておられましたが、、

関心のない人がそのとき頂上にいても、、、今日はトビが多いなぁ、、、、と言うくらいのことしか考えられないのでは、、、

誰だって関心のないものは見えないものです。


    
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

男4人の珍道中

2017年05月24日 | 旅行のことなど
長崎の旅から帰ってきました。

今日の長崎は雨でした。そのことに関係はないのですが、もともと今日の観光予定はナシ、遅めの出発で帰宅するつもりでした。

佐賀まで帰ったとき仲間の一人が突然吉野ケ里遺跡に行きたいと言いだして、、

チョットだけ脱線しましたが、それ以外にはハプニングもなく順調に帰ってきました。

    

今回の旅ではあの山に登ることが最大の目的でした。

チョッと見には登れそうのない山ですが、実際に歩いてみると、足もとさえ気をつければ誰でも登れる山でした。

    

もちろん、4人とも登りました。

下山したあとあの峰を見上げて満足の仲間たちです。

    

もう一つは世界遺産の軍艦島に行ったこと、この観光も良かったですが、、、、

色々なことで時間をとられる観光でした。

この二つだけの長崎行きでしたが、写真の整理はこれから、、、、

明日からいろいろな予定が山積しているので、土産話はボツボツ、、、、ということにします。

今日のところは帰宅の挨拶、と言うことですね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

佐世保から

2017年05月24日 | 旅行のことなど
雨になりました。

今日は観光の予定無し。
昼前まえに出発しカープの今村投手の実家でイリコを買ってから帰路につきます。

昼食は佐世保バーガーか?

今回の旅で一番良かったのは志々伎山、あの山は間違いなく名低山です。

あの山頂でハチクマの渡りを見たいなぁ。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

長崎から

2017年05月23日 | 旅行のことなど
長崎に来ました。
あのダイヤモンドプリンセスに乗って旅をするのではなく、小さな船で軍艦島に行きます。

今日も好天、楽しい旅を続けています。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

佐世保から

2017年05月22日 | 旅行のことなど
今日は志々伎山に登りました。
天気は最高、とてもいい山でした。

山頂から投稿しようとしたら電池切れ、お粗末。

いい旅をしています。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

佐世保から

2017年05月21日 | 旅行のことなど
九十九島観光のあと魚屋に行き、その後は温泉。

気分よく男料理で夕食です。

お疲れさまでした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

長崎から

2017年05月21日 | 旅行のことなど
佐世保に着きました。

長崎といえばチャンポンか皿うどん。

今日は皿うどんで昼食です。

有名店なので味は間違いありません。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

いざ九州へ

2017年05月20日 | 日々雑感
晴れが続いています。

タカ長は明日から友だちと佐世保に行きます。

クロちゃん宅をベースに適当に歩く、、、、と言うことですが、、、

タカ長の目的はこの山、、、、、

         

               画像はネットより借用

平戸島の最西端にある志々伎山(347m)です。

あの尖った峰には簡単には登れないようにも見えますが、情報によると1時間半あれば誰でも登れる山ということになっています。

    
                画像はネットより借用

平戸島の最西端の山ですから、そこに登ればこのように広い海を見ることが出来ます。

瀬戸内育ちで、山から海を見下ろしても島ばかりの風景の中で育った私たちには、このような広い風景は魅力です。

佐世保方面もしばらく好天が続く予報なので、このような広い海を見ることが期待できます。

しかし、タカ長の本心はそのようなことではありません。

    

昨年の秋に冷水岳に行きました。

そこでタカの渡りを見ているとき地元の方から、ここを渡るハチクマは平戸島の志々伎山(遠景左端の山)を目指す、、、、、とか、、、

九州北部を渡って来たハチクマもあの峰を目指す、、、、とか、、、

志々伎山で見ているとハチクマが下から湧きあがってくる、、、、とか、、、

そのようなことを教えられたのです。

そのようなことを聞かされると放置できません。

気持ち的にはこの9月に行って、下から湧きあがってくるようなハチクマの群れを見るつもりになっているのです。

しかし、そこは初めての所、初めての山です。

そのため今回は仲間たちと志々伎山に登り、自分の目と足で確かめてみたいのです。

その予定は月曜日、それ以外の日の行動は仲間まかせ、成り行きで佐世保旅行を楽しむことにしています。

現地にはネット環境が無いので25日までは携帯からの登降以外は出来ません。

そのため記事らしい記事は書けませんが、アリバイ証明みないな投稿を続けるつもりです。

詳しくは帰宅してからの土産話で、、、、ということで、よろしくお願いします。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

サルメンエビネの咲く山で

2017年05月19日 | 山歩きから
    

仲間たちとの山歩き、今日は市間山から立岩山の稜線を歩いてきました。

この稜線は、近郊では珍しいご覧の通りの「緑のトンネル」が1時間も2時間も続く稜線です。

その緑のトンネルを歩くのが今日のメインテーマではなくて、、、、

    

登山道のそばに咲くサルメンエビネを見ることが目玉の山歩きでした。

その目玉のサルメンエビネが咲いていて、今日の山歩きを企画したタカ長としてはひと安心、、、、

天気も良く、緑のトンネルも素晴らしく、そのうえサルメンエビネの他の花を見ることが出来て、、、、

今日のタカ長は上機嫌です。

    

楽しい山歩きが出来れば誰だって上機嫌になりのですが、今日の山歩きでは花のほかにも小さな出逢いがあり、、、、

そのことが嬉しいのかも分かりません。

    

立岩山の近くで追いついてきた単独行の登山者と何となく話し始め、、

短い時間ですが一緒に山頂まで歩き、、、

山頂では一緒に昼食をとりながら山談義を楽しみました。

その登山者はブナも森が好きで、ブナの肌に触れるのも好きで、そのような山を選んで歩いているということでした。

そのようなことでサルメンエビネのことはご存知ないので、帰りにはぜひ見てくださいとアドバイスしたものです。

    

その山頂ではご夫婦らし登山者2組と話す機会もあり、、、

そのうちの一組にはタカ長ブログを紹介する機会もありました。

と言うようなことは珍しいことも何もないことですが、、、、、

最近の登山者は、登山者と話をする人が少なくて、、、、、、

先日登ったある山では20名のグループがタカ長の近くで昼食をされましたが、その中で話をする人はほとんどいませんでした。

グループの中では賑やかに話していても、他の登山者と挨拶する人は少なく、、、

まして、山で情報収集するようなことはほとんどありません。

タカ長の若いころの登山者は山で情報交換することは普通でした。

最近はネット情報があふれているのでその必要が無いのでしょうが、そのような風潮に違和感を感じているタカ長としては、、、

今日体験した、チョッとしたことが嬉しかったのです。

このような小さな出会いを大切にしていたら、高齢者の人生もまだまだ豊かになるのでは、、、、

とタカ長はいつも思っているから、今日経験したことが心の琴線に触れたのかも分かりませんね。

    

今日はサルメンエビネ以外の花も撮りましたが、その代表はこのイワカガミ、ということにします。

山の花を撮るカメラとしたらディスプレイが動くタイプが有利ですよ、、、、、

と言うようなことも話したので、ローアングルで撮ったこの写真を貼りつける気になりました。

自慢するほどの写真ではありませんが、、、、、、。



   
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加