タカ長のタカの渡り観察

タカが好き、山が好き、花が好き、心はいつも旅もよう。日々移ろいゆく心もようを綴るナチュラリストのつぶやきです。

角島から2

2017年04月23日 | 今日の一枚
今日はヒマです。

たまに飛ぶハイタカをうまく撮れません。

こんなことをしていたら低く飛びました。しかし、また撮れませんでした。

せっかく来たのだから昼まで頑張ります。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

角島ぐらし(3)

2017年04月23日 | タカの渡り
今日も予約投稿です。

角島に行く目的はタカの渡り観察のためです。それは間違いないのですが、、、、

最近は少し事情が変わってきています。

タカの渡り観察を始めた関門地区の仲間があっという間に上達して、、、、

言いたくはないけどタカ長なんかはとっくに追い越してしまい、、

その状況を確かめる(?)のも大きな楽しみになっています。

彼らは若いだけに積極的で、そのため多くのすぐれた先生に恵まれ、急速に進歩したのでしょう。

    

その上達ぶりを確かめるのはフィールドではなくて、、、、このようなものを持ち寄って、、、

    

このようなものを食べながらになります。

フィールドに出て空を見上げるのが表の顔なら、このようなものを囲むのは裏の顔、ということになるのかも分かりません。

その「表と裏」がそろって初めて角島ぐらしが成立します。

    

今回も同じようなパターンです。

22日に裏表がそろうことになりますが、その前日は海に沈む太陽を見ながらの前夜祭です。

仲間が持ち込んだ七輪+木炭のBBQで今年の再会を祝すことになります。

屋外ですから天気が心配ですが、、、、今年も何とかできるはずです。

    

角島ぐらしも毎日が晴れではありません。

雨の日の車中泊など惨めなものですが、それがこの道の駅北浦街道ほうほくの開業で大きく変わりました。

買い物とか食事の面でも助かりますが、一番助かるのは雨の日です。

ここにパソコンを持ち込んで、窓の外から角島大橋を見たり、、、、

時々近くにやって来る鳥を見ていると半日つくらいすぐに過ぎてしまいます。

角島で観察するとき、この道の駅の存在は本当に助かります。

    

角島大橋の近くにはしゃれたイタ飯屋が出来て、、、、

観察の終わった午後から夕方までの時間をここでつぶすこともできます。

でも、このようなところは独りでは面白くないので、今回は行くことがないかも分かりません。

4月21日から始まる今年の角島ぐらし、この予約投稿の続編として4回目、5回目の内容がどのようなものになるか、、

自分でも楽しみにしています。

この間、、、、雨だけは降ってほしくないのですが、、、、、、。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

角島ぐらし(2)

2017年04月22日 | タカの渡り
今日も予約投稿です。

角島に通うのはタカの渡り観察のためです。

そのタカはほとんどがハイタカです。

と言ってしまえば簡単ですが、そこまで言い切れるまで少し時間がかかりました。

観察者の能力が上がったこともありますし、観察機材の進歩もあり、より詳細なことが分かってきているのです。

    

機材で言えばカメラ。

タカ長が31,200円で買ったカメラでもこれくらいの写真が撮れるようになりました。

大砲を持つ意欲も財力もないタカ長には、このカメラの出現は革命的でした。タカ長のウデではこのカメラで多くのタカを撮ることが出来ませんが、、、

それでも何とかゲットした写真を見ると、かなりの確率でタカの同定や、成鳥とか幼鳥の区別が出来ます。

    

あまりマジメでないタカ長はそのようなことより、、、

角島らしく、朝日を背後から受けながら海に飛び出して行くところを撮りたいとか、、、

海をバックに低いところを渡って行くハイタカを撮りたいとか、、、

そのような散文的なことばかり考えながらカメラを握っています。

    

いつもいつもハイタカが低く飛ぶわけではありません。

当然ヒマな時間はありますが、そのような時でもミサゴが飛んだり、トビが出てきたリ、、、、

トビでも海をバックに飛んでくれると、渡りがヒマな時はカメラを向ける気になります。

    

広島では見向きもしないような鳥でも、ここでは何となく絵になるようで、、、、、

とにかく、飛んでいる鳥を見ていたら退屈することはありません。

そのようなところが角島ぐらしのいい所かも分かりません。

    

4月の10日ころになるとサシバの飛来を見ることがありますが、その様子を写真にゲットしたことはありません。

また、近くの牧崎でハチクマがこのような感じで低く飛来したのを見たことがありますが、その時はそれらしいカメラを持っていなかったので撮ることは出来ませんでした。

角島ではヤツガシラなど、いわゆる珍鳥を何種か見たこともあります。

タカの渡り観察と小鳥類の探鳥を両立させるのは難しいものがありますが、、、、、

それでも珍鳥に遭遇するチャンスがあるのも角島ぐらしのいい所かも分かりません。

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

角島から

2017年04月22日 | 今日の一枚
今日も晴れました。

早朝から素晴らしい渡りが続きました。

この時間ひと休みです。

ドラマの再来を期待しています。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

角島から(1)

2017年04月21日 | タカの渡り
朝の2時に起床して、フロントガラスがぬれる霧雨の中を走ってきた甲斐がありました。

角島の天気は思ったほど悪くなく、時間の経過とともに回復し、、、、、

それにともなってハイタカの渡りは順調に続きました。

545羽。この観察地の新記録です。

それまでの記録はタカ長がそのむかしカウントしたものですが、、、

その記録を若い仲間たちが破ってくれました。

祝新記録。

    

写真をたくさん撮りましたが、もちろん整理はこれからです。

道の駅に来て、ピンボケ写真を削除して、、、

それから更新をしています。

    

多くのハイタカがあの海を渡って行きましたが、、、

今日渡りすぎて、明日はパラパラ、、、とならないように願っています。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

角島ぐらし(1)

2017年04月21日 | タカの渡り
タカ長はこのところ毎年山口県の角島に行っています。

最近は短期探鳥になっていて、今年は4月21日から2泊3日で行きます。そのため「予約投稿」します。

    

タカ長が初めて角島に行ったのはこの角島大橋が出来る前のことです。先輩に連れられて行きました。

橋が開通してからはハイタカの渡り観察のため毎年のように行くことになりました。

タカ長たちのグループがこの観察地を開拓した、と言っても大きな間違いはないような気がします。

そのころの生活拠点はこの角島大橋のそばの駐車場でした。期間も少し長期で、自分では「路上生活者」ならぬ「駐車場生活者」気分でした。

サクラの咲く前に角島に行き、観察を終えて帰るころ、美祢の町のサクラが満開になっていたことを何度か経験しました。

    

この駐車場からの風景も素晴らしく、特に太陽が沈むころが最高でした。

しかし、好天の日ばかりではなくて、この橋の1/3くらいしか見えないくらいの黄砂がやって来たこともありました。

このところ黄砂は珍しいものではありませんが、それだけ濃い黄砂になるとニュース性があるのか、テレビカメラが取材に来ていました。

この駐車場生活も天気が良い時は問題ありませんが、雨になるのみじめな気分をシッカリ味わうことになります。

特に独りの時は嫌なものでした。

    

観察地から離れた駐車場で生活していたのは、アワビの密漁者と間違われるのを嫌ったからです。

無用なトラブルを避けるためにこの駐車場から観察地に出勤(?)していました。

いまでは地元の仲間の努力で、タカの渡りもそれなりの「市民権」を得て、観察地で車中泊することが可能になっています。

    

車を出るとそこが「観察地」と言うのはとても有難いことです。

しかし、そこで何日も生活する気になれなくて、、、、

仲間の到着に合わせてタカ長も行くつもりなのです。

このようなところで独りで車中泊するのが億劫になっているのも、考えてみれば加齢現象かも分かりませんね。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

小さな山歩き

2017年04月20日 | 山歩きから
昨日登った安芸太田町の五輪山。

旅レコの記録によると、距離は12.6㎞で累計標高差は800mくらいでした。登りが2時間半で下りが2時間。

この山歩きが小さいとか、小さくないとか言う話題ではありません。

    

昨日のコースはむかしの生活道を歩くものでした。

その生活道をいま利用している人がいるのかどうか知りませんが、ほとんどはこのような感じの道で、荒れているところはほとんどありませんでした。

イノシシが荒らしたところと、路肩が崩落しかけているところが少しあっただけ、登山的にはまったく問題ないコースでした。

    

そのような道を歩きながら、時々眼下に集落を見下ろしたり、、、

    

遠くの山を望遠するだけです。アップダウンはほとんどなくて、五輪山の西斜面を登って行き、山頂を通り過ぎたところから生活道を離れて山頂に向けてひき返す感じで高度を上げて行きました。

    

昨日も書いたように、生活道のほとんどはこのような森の中の道です。

このような山歩きが魅力的かどうか、それは人それぞれでしょう。

タカ長的にありがたいのは、そこが近い山であるということです。

出発して車で1時間でスタート地点の駐車場へ着くことが出来ます。これが最大の魅力なのです。

これから歳を重ねて行くにつれ、長時間のドライブは難しくなるかも分かりません。疲れを感じることも多くなりそうです。

そのような状況を考えると、、、、、

若いころは見向きもしなかった近くの山に目を向ける必要を感じるようになっているのです。

    

そのような小さな山を登るとき、足元の花を見ることが出来れば最高です。

その意味では昨日の五輪山は合格ですね。

その近くにはタカ長がむかしから気にしている大箒山もあります。標高は1000mを越えていますが、最近は林道などが拓かれており、、、、、

車を下りれば、その先の「小さな山」といっても良さそうです。

その大箒山も近々下見に行ってみたいと相棒と話しています。

広島にもマジメに山を歩いておられる人がいて、その人のネット情報などを参考に近郊の、、、

むかしの名前で言えば「安芸の国」の小さな山、、、、小さくてもキラリと光るものがある山を探したいと考えているのです。


コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

イカリソウの山

2017年04月19日 | 山歩きから
    

相棒と広島県安芸太田町加計の五輪山に登って来ました。

町の中の町営駐車場からの単純往復登山です。タカ長たちには初めて登る山でした。

標高は833m、高い山ではありません。コースのほとんどはむかしの生活道を利用しているためか、地図で確認するようなところはまったくありませんでした。

    

ただ単純に登るだけの山、アップダウンはまったくと言っていいくらいなくて、そのうえ登山者が嫌う階段は皆無。

その意味ではいい山ですが、コースのほとんどは杉の中でした。

しかし、初めて登る山だからでしょうか、数字以上に長く感じ、標高以上に奥深い感じがする山でした。

たまに行くのならいい山、ということでしょうか?

広島でもマイナーな山で、登る人は少ないようです。そのためネットを見ても情報は多くありません。

そのため事前にインプットされた情報がないので、、

登山道にはいると花が多いように感じました。

    

いちいちチェック出来ませんでしたが、タカ長の好きなブルー系の花もたくさんありました。

その花の数に比べたら少ないのですが、途中多くのイカリソウを見ることが出来ました。

これは想定外だったので本日のタイトルにしましたが、全山イカリソウの山と言う意味ではありません。

そのイカリソウをコメント抜きで貼り付けます。

  

  

  

  

  

  

イカリソウが咲いている環境はタカ長のイメージとは違うのですが、とにかく思わぬところでイカリソウに会えた感じで、幸せな気分を味わいました。

事前に花情報を持っていると、ついつい多くの花を想定するのですが、、、、

そのようなものを何も持たない状態で花に出遭えると嬉しくなります。

その面でも今日はハッピーな山歩きでした。

    

展望はまったくと言っていいほど期待できない山で、道々、、、、ところどころから、、、まだ雪を残している広島県の最高峰、恐羅漢山方面を見ることが出来るだけです。

この写真は五輪山の山頂から撮ったものですが、その山頂も平凡な山頂でした。

このように書くといいことは何もないように思われるかも分かりませんが、足にやさしいむかしの生活道をたどる山歩きは悪いものではありません。

次に来るときはもう少し時間を持ってきて、もっとのんびり歩くほうが面白そうです。

今日は山頂部で強風が吹いていて、そのためにのんびりできなかったのですが、、、、、

いずれにしても、、、、、どんな山でも、、、、初めての山を登るのは楽しいものです。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

タダでは帰らない

2017年04月18日 | 山歩きから
昨日の雨も上がりました。

朝は厚い雲におおわれていましたが、雨の心配は不要。このところ雨を避けての山歩きが続いているようです。

    

仲間たちとの裏山歩きです。

昨日の天気で山の上のサクラも一気に散ったようです。警報が出るほどの荒れようだったので仕方ありませんね。

    

しかし、さくらの里のサクラはまだ残っていました。

いまが見頃、と言っても良さそうですが、地面はシッカリと水分をためこんでいるので、ここに座って花見の宴を開くことは出来ないようですね。

    

そのような今日の裏山歩き、この時期はタダでは帰りません。

これからの時期、私たちは山から何かお土産を頂いて帰ることになります。

今日のメインはワラビ。そしてタラの芽やコシアブラの芽を少々。

わが裏山はこれから山菜の季節を迎えますが、山菜採りにはライバルが多くて、ある程度の量を確保するのは大変です。

タカ長一家は扶養家族が多いのである程度の量がほしいのですが、わが裏山にはそれほど多くの山菜はないようです。

    

山の表情はすっかり変わりました。山笑う季節がやってきたようです。

裏山から見ると県北の山には雪が見えましたが、その雪も間もなく消えて本格的な春が到来します。

    

この淡い緑が深みを増すころ、わが裏山の上空をハチクマが飛ぶようになります。

その日が早くやって来てほしいような、、、、

しかし、その後にひかえている暑い夏のことを考えると、季節の進み具合はゆっくりでいいような、、、、

そのような季節になりました。

ともあれ、これからしばらくのあいだは「タダでは帰らない」裏山歩きが続きます。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ぶっつけ本番

2017年04月17日 | 日々雑感
    

団地の広報担当であるタカ長は、団地の行事にはカメラを持って参加することになります。

昨日は春の一大イベントである「敬老春祭り」でした。

いつものようにカメラを持っての参加ですが、当たり前と言えば当たり前かも分かりませんが、写真の撮影について、事前に関係者と打ち合わせをすることはまったくありません。

すべてが「ぶっつけ本番」です。

    

昨日のプログラムではこの志音さんのオカリナ演奏が目玉でした。

音響設備まで持参されての演奏、そのセッティングを間近に見ていましたが、そこで写真についての打ち合わせなどはありません。

そもそも会場が会場で、照明設備などありませんし、会場は招待された高齢者(タカ長もその一人ですが、、、)でいっぱいで、カメラ位置の移動もままならない状態でしたから、事前打ち合わせなど出来る状態ではないのです。

いつもぶっつけ本番でやっているので、そのことに違和感はないのですが、、、

    

志音さんの演奏を見ていて、オカリナ演奏では奏者の指が伸びている時がシャッターチャンスであることに気がつきました。

そしてもう一つ、志音さんのチャームポイントはこの状態ではなくて、、、、、

    

チョッと上目づかいに演奏されている時の姿だと感じたのです。

しかし、そのチャンスは少なくて、その決定的な一瞬をゲットできませんでした。

このショットより高少し上向きで、顔をもう少しこちら向いて頂くと満足なのですが、、、、、、。

    

ウデが悪いのでいいショットが撮れなくて、、、

気がつけばずいぶんたくさん撮っていました。しかし、タカ長的にはすべて失敗。ぶっつけ本番の泣き所でしょうか?

志音さんの演奏時間を長く感じた人もいたようですが、一瞬のチャンスをゲットすることに集中していたタカ長には短く感じられました。

    

舞踊のようにある程度先が読めるものは少しは対応は出来ますが、、、

演奏する人の癖みたいなものまで一瞬でつかみ、デジカメのタイムラグを想定しながら決定的な瞬間をゲットするのは素人には難しいですね。

    

昨日は他にも中国雑技の変面や、、、、

    

バンド演奏に合わせて皆で歌うプログラムもありました。

そしてプログラムの合間には「健康体操」ということで、、、

    

音楽に合わせて全員が手足を動かしました。

前でリードするのはタカカノ、この時間は参加したジジ様たちが一番盛り上がっていたように思われました。

この「敬老春祭り」だけではありませんが、一つのイベントを成功させるためには多くの人がかかわっています。

その労力は小さくなありませんが、参加された人が喜び、盛り上がっている姿を見ると、その苦労は吹っ飛びますね。



    
コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加