シルバー・アスリート日記

冬は全日本マスターズ・スキーレーサー、夏はウルトラマラソンランナーのシルバーアスリート日誌

脊柱管狭窄から生還、次は3/26の佐倉フルマラソンに復帰

2017-03-22 22:16:00 | マラソン

にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ
にほんブログ村 ウルトラマラソン にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ


にほんブログ村 にほんブログ村 スキースノボーブログへ スキー・スノボ

にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ スキー にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ ジョギング・マラソン

脊柱管狭窄の治療中だったが、鍼灸院のOKが出たので、
すでに、エントリーしていた、3/4稲毛30㎞に参加。
不安はあったが、4時間制限のレース。
3時間33分で完走。
翌日も、腰の痛みがでなかった。

このレースが目的ではない。秋田100㎞参加が目標。

整形外科の診断と治療、リハビリは以下。

2016/12/26初診、X線撮影の結果、腰椎すべり症らしい、と。
 消炎鎮痛剤ダイスパス処方

  あまりの、腰痛みで、正月は全くランなし。ダイスパス全く効果なし。
2017/1/6 再び整形外科へ。
  消炎鎮痛薬、処方。湿布処方

1/11  300m歩いたら、腰の痛みで、歩行不能、すぐ帰宅。

   1/13~2/12、ラン不能、週2回ウオークがやっと。
1/16 再び整形外科へ
  消炎鎮痛ロキソニン処方、湿布処方


1/20MRI 検査
1/27MRI 検査の結果、「脊柱管狭窄」と判明。
  すぐ、手術せよ、という。
  「 この状態で、よく運転してきましたね」と言う。

  手術は、「待ってください」と言った。
  プロレナール(脊柱管のなかの血管血流を、サラサラにする)処方
   1/13~2/12は、歩きリハビリに専念

   もう、ランはできないか、との落ち込みの辛い日々。


2/16 整形外科へ、ラン開始
  プロレナール処方

  診断は、変わらない、湿布、ボルタレンゲル、プロレナール、処方が、
  続いた。
  プロレナール服用、湿布、消炎鎮痛ゲル、の効果はあったらしい。
  だが、本当だろうか?

1/16から稲毛の赤塚接骨院の、電気鍼灸治療は、今も毎日。
  この効果は、絶大だったらしい。

2/18,18,20 志賀高原で、アルペンSKI、クロカン」SKI

 

このSKIの翌日から、状態が断然よくなった。
なぜか、わからない。
不思議。
ストレスから解放されたように感じた。
2/23から、スローラン開始。
3/4 稲毛30㎞マラソン完走。


あきらめてはいけない、
必死の電気鍼とウオーク・リハビリがよかった、
とかんじている。

3/8から、正常にラン状態に入った。

  週30㎞ラン、スピードも、平常にもどってきた。
3/26の佐倉フルは、去年の5時間9分よりいいタイム、出るかもしれない。

フル・ランキングも、81歳の部で、
去年の8位から、もう少し上も狙えるかもしれない。

9月の秋田100㎞に向かっての、「明り」もみえる。

高齢ランナーみなさま、あきらめずに、治療・リハビリ、
がんばりましょう。

参考にしてください。

 

 

 

 


 

 

 



 

201/

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「脊柱管狭窄」から生還・・・・、稲毛30㎞マラソンで制限4時間以内に完走できた

2017-03-09 16:58:30 | マラソン

にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ
にほんブログ村 ウルトラマラソン にほんブログ村 スキースノボーブログへ スキー・スノボ にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ スキー にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ ジョギング・マラソン


ちょっと、長文だが、お付き合いください。

2/24,稲毛の赤塚接骨院の赤塚院長、および鍼灸師先生が、
「もう、走っても、いいだろう」と背中を押してくれた。


2/25 大会コースとおぼしき2.5kmをおそるおそる3周してみた。
翌日、腰の筋肉に電気鍼治療、「こり」もない、と言う。
2/26 自宅近くのいつもの練習コース8km
3/1(水) 稲毛海浜公園の、大会コースが正確に分かったので、
2.5㎞周回コースを3周してみた。
1周16:30で回れた。
そのあと電気鍼、マッサージ治療、異常なし、という。

3/4の第3回「千葉・稲毛 季節のめぐみ30㎞」制限4時間20分、に出場と、心が決まった。

500人募集して、80人申し込み。
やや、寂しいが、秋田100㎞大会に出られるか
トライ大会だ、寂しくもなんでもない。

2.5㎞コース、12周。12回も間違えずに、かぞえられるか。
CASIO、ストップウオッチに任せる。

10周を18分/周=180分、2周を20分/周、
3時間40分で堂々の制限4時間以内、と計画。
病み上がり、だからこのレベルで最高だ。

給水エイドは0.8㎞地点に1か所のみ。

4周目から、給水。持参のクロワッサン1個。
8周途中で走りながら、食べたら、胸につかえて、息もできない。
やっとエイドの水で、つかえがとれた。うあー苦しかった。

2時間ペースメーカー、3時間ペースメーカーに、何周抜かれたか、分からない。
病み上がりだから、やむなし、と平静。
10周目から、選手皆無、一人旅。
小さな折り返しで、確認したら、埼玉から参加の友人が後ろにいた。
「あきらめないで、完走」とエールを送る。

「川内優輝」君まがいのお笑い芸人が、ゴールで、
今、「80歳の最高齢選手がゴールです」と絶叫してくれたのが
何とも気恥ずかしい。
3時間33分9秒でゴール。
練習不足による、けいれんも発症せず、予定より7分も早い。
参加男子、埼玉友人(67)が62位びり、シルバーが61位びり2。
どちらも、病み上がりだから、めでたしだ。

稲毛駅近く、「華の舞」で飲んだ、ビールのうまかったこと。

腰の痛みもない。
やったー、このあと、鍼灸院で、チエックしてもらったが、異常なし。

脊柱管狭窄から、生還した。何ともうれしい。

よーし、秋田100㎞に挑戦する、希望がもてた。

原因は加齢。
12/20頃から3/4まで、2か月半も苦しんだ。
だが、なんで、こんなに、うまく治ったか。
懸命な治療とリハビリもよかった。
電気鍼とマッサージの効果と、鍼灸師先生の助言効果は大きかった。
脊柱管内の、血管・血流改善薬「プロレナール」の効果もあった。


反省と分析せねばなるまい。

80歳ランナー皆様、必ず治ります。
めげないように、治療、リハビリして、ラン世界に戻りましょう。

総合61位、80歳台、1位、もちろん、参加1人。

参加賞

季節のめぐみ、野菜。カレーをどうぞ、と言う。
え、肉とカレーの素は?

 




 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「脊柱管狭窄」から「生還」したい、と賢明な治療をつづけ、30㎞レースに参加する決断をした。

2017-03-03 17:56:23 | マラソン

にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ
にほんブログ村 ウルトラマラソン
にほんブログ村 スキースノボーブログへ スキー・スノボ にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ スキー にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ ジョギング・マラソン にほんブログ村 シニア日記ブログへ シニア

2017/03/03

2/11から、歩き1㎞、ラン7㎞、開始。
めまいは、薬の効果でおさまった。
2/15から、8㎞、ゆっくりラン開始。アイシング
2/16、8kmラン、アイシング。
ランができるようになったが、翌日腰が痛い。

12月に、志賀高原、一の瀬SKI場で、クロカン、アルペンSKI
を教える、計画を立てていた。
が、腰いたで、参加未定としていた。


違う筋肉を使うのもいいか、と思い切って、2/18~2/19に参加した。
丸3年も滑っていなかったが、えいままよ、の気分で参加。

2/18、クロカンをした夜は、腰いたがひどくなり、暗い気分。
仲間との、飲み会も、リラックス効果があった。

2/19,2/20に、アルペンSKI 、これが、腰によい。
滑るほどに、調子がでてきた。
ー8℃~-10℃の環境で、カービング・テクも、きっちりできた。
SKIは、腰によいのかもしれない。

シルバーは、クロカンSKI、アルペンSKI,いずれも「指導員」の有資格者だ。
60%ぐらいの「出来上がり」だったが、3人の仲間に、この2種目レッスンできた。

帰宅後、腰の痛みが、軽くなった。

だが、3/4の30㎞ラン大会に出るか。迷う。

依然、稲毛の鍼灸治療は、毎日。
整形外科からの血流をよくする薬の「プロレナール」は服用し続けた。

2/25、大会のコース8㎞試走。
2/26、も自宅近く練習コース8㎞ラン。
2/27、朝、腰の痛みが、ほぼなくなった。
鍼灸師先生からも、ランできるでしょう、と背中押しの言葉。


「脊柱管狭窄」から、生還の明りが見えた。

3/4の稲毛30㎞レースに参加する、と決断した。

 

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

「脊柱管狭窄」と「めまい」、もう秋田100kmは無理か、腰の痛さト気持の落ち込みの戦い

2017-03-02 17:57:15 | マラソン

にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ
にほんブログ村 ウルトラマラソン にほんブログ村 スキースノボーブログへ スキー・スノボ

にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ スキー にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ ジョギング・マラソン

1/30に投稿してから、今日まで、気持が暗く、とても投稿できなかった。
これまでの、経過。

1/6整形外科受診。

1/11、腰と大腿四頭筋が痛くて、300m歩いただけで引き返した。

1/16から、赤塚接骨院で、電気鍼開始。毎日「通勤」のように施術。
 痛み止めボルタレン服用するほどの痛みが続く。

1/20 整形外科で「MRI」検査。
すぐ手術、トいわれたが。分厚い筋肉あるので、大丈夫かとも。

1/21ウオーキング開始、痛みがやわらいだ。まだ、ランは到底無理。

1/27 MRIの検査結果は「脊柱管狭窄」との診断。
もう秋田100kmはだめか…、で、がっくり。
筋肉でカバーしている、と言われ、少し安心。

だが、腰、右大腿四頭筋の痛さは、引かない。

何とか、治したい。

2/2 友人が経営する、東京の鍼灸院に行く。
鍼のさきに、もぐさを付けた「お灸」をしてもらった。

腰の、奥に「熱さ」がぐーんト入ってくる。 

2/4になると、不思議、痛みが、消えた。 
ウオーキング5km、1日おきに開始。

この間も毎日赤塚院への通いは毎日続く。

ウオーキングのあと、アイシングせよと。
翌日、痛みが無い。え、やったあ。

これが効果高いト分かった。

2/12、去年の8月に発生した、「メヌエル」性のめまいに襲われた。
朝目が覚めて、頭をあげると、くらーっと、来る。何だこりゃー。 

腰の他に、また強敵が襲ってきた。
取り置いていた、「トリノシン」毎日3回服用。

ああ、もうだめか、気持まで暗くなってきた。 

3/4の、稲毛30kmにエントリーしてある。あーもう、走れないか。 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

80歳、もうすこし、がんばってみよう、だが「戦い」にめげそうだ・・・・・

2017-01-30 20:08:31 | マラソン

にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ
にほんブログ村 ウルトラマラソン にほんブログ村 スキースノボーブログへ スキー・スノボ にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ スキー にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ ジョギン

グ・マラソン

 決断、なんて重大かとも思うが、それなりに、重大。
整形だけでは、治らない、鍼灸で治す。適切な、機関をさがす。

整形は、薬投与しかない。

 

スポーツ鍼灸を、ようやく見つけた。
いいか悪いか、試そう。

1/16、稲毛の赤塚院、ようやく「たどりついた」。まずいってみた。

1/16、電気鍼。

1/18、まだ大腿四頭筋痛い、我慢の限界で、ロキソニン服用。

痛みが、腰に来た。重い痛み。

毎日、車で片道25分、「通勤」だ。

電気鍼、10分、モミ10分。

待ち時間がないのが、なんとも、うれしい。
それに、鍼灸院職員が、なんとも、おだやか。
それに、紳士的。

精神的に、おちこむ、シルバーを、はげますのが、うまい。 

保健が効くので、1回220円。

だんだん、よくなってきた。

1/20、MRI 検査。

この間、毎日、電気鍼。


1/27、整形外科のMRI結果の 診断。

MRIの結果は大したことない、と思っていた。


「脊柱管狭窄」、の診断。

ショックで、「えー」。
しかも、手術要す、3か所も、狭窄。
という。

もう真っ暗、心のなかには、「涙」。
もうこれで、秋田100kmは終わった。

トいうぐらいの、ショック。

「手術します?」
「したくない」

「あそう」

「あなたの、身体の筋肉は、分厚くすごい、手術しなくても、たえられるでしょう」

なんだこりゃ。

「走ってもいいですよ」、

ト、軽く言う。
施行猶予みたいなもんだ。
1/27の整形の診断はおわった。

暗い中にも、光がさした。


同年輩は、全員、秋田100km、引退。
だが、フル「ぐらい」は走りたい。
3月の、佐倉フル「ぐらい」は走りたい。

1/16から1/27以降も毎日、電気鍼は続く。

もう2週間、1回も休まず「通勤」している。

リハビリは、2.5kmの歩きから、始めろ、ト鍼灸師はいう。
日常生活には、支障無い、が走ると、翌日、腰が「重い」。

この、不調をどうやって、のりきるか。

80歳、皆様、がんばりましょうよ。 

 

 

 


 

 

 

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

80歳になると、本当にウルトラ・マラソンは、走れないのか・・・・

2017-01-28 16:40:10 | マラソン

にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ
にほんブログ村 ウルトラマラソン にほんブログ村 スキースノボーブログへ スキー・スノボ にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ スキー にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ ジョギング・マラソン

 

12/31、1/1、5kmづつランした。

ランすると、痛みがなくなる。いいかな、と思う。

翌日は、痛み変わらず。痛みが、今までに経験の無いいたみ。

腰より右の骨盤の横一点がとくに痛い。

右大腿四頭筋の、外側から、大臀筋にかけて、痛い。

正月は、もんもんと過ごした。
1/6整形外科へ。

X線撮影5枚。「腰椎すべり症」という。

ボルタレン、1日3回服用、まったく痛みとれない。
ジェネリック薬は、だめだ。 

「セルタッチパップ70」はよくきく。5時間ぐらいは、効果あり。
腰ト大腿四頭筋に1枚づつ。2枚貼る。
これは、よく効く。 

1/9、8kmラン、翌日やはり、痛い。
1/11、痛くて、300m歩きで、中止。
もう、真っ暗だああああ。 

1/12、健康ランドで、温泉温め。効果なし。
1/13、5kmウオーキング。少しよくなってきたか。

1/14、「元気おためし」鍼灸に、おためし、お灸してもらった。

それでも、波状的に、痛みが来る。
だい4腰椎、大腿四頭筋、痛い。

1/20、MRI検査予約。
もう、100kmは、はしれないか。
それどころか、
3月の、稲毛の「季節のめぐみ『たたった』30km」さえ、このままだとはしれない。

シルバーは、大ピンチの、壺に落ちたような気がして、眠れない。
相変わらず、波状的に、痛みが、きく~んと、「襲って」くる。

どうするか。

シルバーは、 1/16、決断を下した。

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

シルバーは、もう秋田100kmは走れないか、危機になっています、そうはいかない・・・・

2017-01-26 20:29:52 | マラソン

にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ
にほんブログ村 にほんブログ村 スキースノボーブログへ にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ

ごぶさたしています。

3か月以上ごぶさたしました。

今、故障で、ゆったりしています。嘘だー。

 

秋田100kmが終わって、3カ月もたっているのに、まだだめだ。

 

あせっています。「引退」のドアが広ーくあいています。

12月末ごろから、原因不明の、腰痛に、悩まされています。

ボルタレン、ロキソニン、飲むと治るのだが、飲まないと、また痛い。

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016秋田100km大会、最高齢チャレンジ賞受賞したが・・・・・。

2016-10-09 11:03:35 | マラソン

にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ
にほんブログ村 ウルトラマラソン にほんブログ村 スキースノボーブログへ スキー・スノボ にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ スキー にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ ジョギング・マラソン

 

2016秋田内陸100km大会は終わった。

公式結果は印刷物でも、発行されるのは10/10以降だ。
NET公表は、もっとずっとあと。

9/19に投稿いらい、投稿していない。
9/24の大会前夜祭では、ブロガーさんに会うことができた。
訪ねてくれて、ありがとう。

前夜祭では、「最高齢チャレンジ賞」を予定通りいただいた。
各賞のトップに受賞した。
受賞の喜びにワクワクして、これに完走チャレンジ賞を加える、と燃えた。

年齢先輩が、3人いた。埼玉の我妻さんからは、
3年前に、「秋田大会」引退、
と手紙いただいた。
顔みしりの、1歳年長の千葉県の光治さん、同じく埼玉の康さん、
二人とも
今年はエントリーしなかった。
10年も一緒に参加し続けた、盟友だ。


シルバーに順番が来た。
この3人の先輩の分も走らなくては、とやる気がわき起こった。

30km辺りから、力が出なくなった。
仲間の若い仲谷君(秋田:クリスタル・ランナー)が
「先輩、完走できる・・・」、
と懸命に励まし続けてくれた。

大覚野峠への登りは、100m歩いただけで、走って越えた。
峠の最高点の大繋沢のスノーシェルター出口で、
「私にかまわず、わたしの分も、完走しろ、早く行け・・・」
と背中を見送った。


42kmのエイドで、リンゴ、なしを口に入れたとたん、嘔吐。
脱水予防に、水を飲んで、走り続けた。

比立内を11時23分出発。
もうどんなにがんばっても、完走できる時刻ではない。
胃がむかむかしている、それに脚の猛烈な筋肉痛。
笑内エイド(55.9km)で、ポカリスエットを口に入れたとたん、また嘔吐。

脱水予防の水を飲んで、また走り続けた。


第11エイド阿仁トンネル出口(60.9km)に13時21分着。
阿仁関門しめきりは、13時30分だ、のこり3.5kmで9分しかなかった。

今年の秋田100kmは終わった。

北緯40度の写真ゲートを、初めて時間内に越えられなかった。

仲谷君が、大覚野峠から、飛ばして疲労困憊状態で、締切寸前にゴールした。
これだけでも、よかった。

オリンピック選手が「負けた」ときに見せる、泣きながらの悔しがり状態。
シルバーは、とてもそのレベルではないが、
空をじーっとにらんで、悔しさをかみしめた。
悔しさ・残念は、レベルは違うが同じだ。

目下、リタイアーの原因究明、悔しさ、来年はどうするかで、苦悶している。

 

 



 

 

 

 

 

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

秋田100km大会まで、あと1週間だ。脳からのドーパミン信号を大事にして、パラリンピック選手をみならいたい。

2016-09-19 22:13:03 | マラソン

にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ
にほんブログ村 ウルトラマラソン にほんブログ村 スキースノボーブログへ スキー・スノボ にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ スキー にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ ジョギング・マラソン

秋田100km大会まで、残り1週間を切った。
もうこの時期は、走りこみはない。

2015年は、68kmの吉田エイドで、時間はもう少しあったが、残りわずか。
81kmの森吉までは行く気力が残っていなかった。
68kmで自発R(リタイアー)した。

このRの原因がようやくわかった。
筋肉痛防止の、ボルタレンを4回も服用した。

そのことで、胃が悪くなり。食欲が全くなくなり、食べ物が摂れなかった。
そのため、空腹による「シャリバテ」になったことに、気づかなかった。
力が全くでなくなり、気力喪失になった。

若いころなら、これでも、跳ね返せた、と思う。

この失敗を乗り越えるため、
佐倉大会フル、柴又大会60km、完走した。

7月には、十和田湖一周50km6時間38分で完走。
2日おいて八甲田山、大岳もトレランした。
その他、奥武蔵、30km2回。

筋肉痛防止剤を服用しなくても、ランできる身体を作った。
合計練習kmも、2015年より100km近く多くした。
練習の都度、スクワット100回、腹筋25回した。

だが、1歳年齢を重ねている。

油断はできない。

高齢(66歳以上)参加者、とくに70歳以上の参加者に
胸を張れるランをしたい。
年齢は80歳6か月だが、五体満足の丈夫な身体がある。

それに、「最高齢チャレンジ賞」まで受賞通知をいただいている。
この賞は、エントリーすれば、誰でも年齢をかさねれば、もらえる。

モチベーションは;
2015年のリベンジ、
最高齢賞に「重み」をつける、
急死した、息子に完走をみせる、
・・・・・ことだ。

パラリンピックの、選手たち、とくに視覚障害女子、道下選手の
フルの立派な
戦いに負けない、ランをしたい。

「シルバー」にとって、辛い区間は、
①30kmの坂本の登り:筋肉疲労
②55kmの笑う内付近:先はまだ長いとの重圧
③65km阿仁~76km:応援も少なく、最も暑い、先もまだ長い

この区間は、脳からのドーパミン信号で乗り切る。

大会を楽しみにしている。あなたの後ろを走っている、と思う。

 

 

 

 

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

秋田100km大会に、高齢(66歳以上)で参加するには、慎重な準備がいる。

2016-09-08 20:14:40 | マラソン

にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ

にほんブログ村 にほんブログ村 スキースノボーブログへ にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ にほんブログ村 シニア日記ブログへ

秋田ウルトラまで、17日。
もう練習は、しっかりやった。残りの期間は調整だ。
この大会では、高齢者に
66歳以上の完走者に「チャレンジ賞」と
最高齢でエントリーすると「最高チャレンジ賞」がでる。

完走して、「なんぼ」と仲間では、はげましあっている。
タイムを目標にするのは、60歳以下の、
「お兄さん・お姉さん」にまかせる。


定年過ぎると、「チャレンジ賞」がたのしみだ。

今年は、1月から、「ロング・ラン」、(30km以上のラン)。
3月:佐倉大会42.195km 完走
5月:奥武蔵・高山不動往復練習会31km 完走
6月:柴又大会60km 完走
7月:十和田湖一周練習会49km 完走
この4回。
8月の奥武蔵は、大雨のため顔振り峠往復のみ。約20km

本日までのランkmは、908km。
過去2年間の実績練習km

2014年(秋田100km 完走)883km
2015年(秋田100km リタイアー)898km
2016年(大会は9/25)908km
たくさんラン距離を踏めば、いいというものではない。
たくさんランして、故障を抱えて「本番」を迎える
選手が、たくさんいる。


66歳以上になると、いかに少ない練習で、故障せずに、「本番」に臨むか。
この、連続の、計画性がないと、66歳でいただける「チャレンジ賞」は、
1枚も、いただけない。
1枚は「まぐれ」だ。
3枚でようやく1人前の「高齢ランナー」だと思う。

毎日の練習で、膝、腰、足底筋、いたるところに故障がくる。

その他の、体調不良。

たとえば、シルバーは、8/26の朝から、
目が覚めて布団から起き上がる瞬間に「目が回って」、うーっとなった。
8/27、無理して奥武蔵豪雨4時間ランをした。

そのあと毎朝めまいがつづいた。
8/31受診。
投薬で9/2には、治った。
原因不明。変調はこの1回のみで、乗り切った。

高齢でなくても、風邪その他「変調」は、年齢に関係なく現れる。

この、故障、風邪、変調を乗り切らねばならない。

シルバーは、1月から、風邪、ほかの「病気」は、
この「めまい」、1回のみで、本番を迎えられそうだ。

残りの期間は、慎重に過ごしたい。

高齢の皆さま、大会で、元気にスタートしましょう。
シルバーは前夜祭に参加すれば、「最高チャレンジ賞」は
いただけそうだ。
1枚は「まぐれ」ですね。
わかっています。

2016/7/23 十和田湖一周ラン反省会。この二人とも、秋田100km、完走者。
シルバーは、こんな「かわゆい」後輩にかこまれている。

 

 


 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

秋田100K 大会事務局から、初めて見る「最高齢チャレンジ賞」通知がきた。

2016-09-06 20:58:01 | マラソン

にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ
にほんブログ村 にほんブログ村 スキースノボーブログへ にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ

秋田100k大会があと2週間少々、となった。

大会「走行計画」はできた。H26年完走した時とほぼ同じスピードで行く。

5kmごとに、その区間の1kmスピードを決める。
そのスピード×5km。この20区間の所要時間を集計する。
この方式で、もう10年やっている。

ゴール予定は17時21分。締切17時29分59秒の、約8分前。

今回で13回目の参加。

先月、大会事務局から、初めて見る「通知」がきた。

「最高齢チャレンジ賞」にノミネートするので前夜祭には、
来てほしい、というものだ。
この賞は、エントリーすれば誰でも、もらえる賞かもしれない。

だが、年齢は誰にもまねはできない。

1歳年上の先輩が3人いたが、誰もエントリーしなかったらしい。
順番だから、いただくことにするが、完走して、
きっちり「重み」をつけたい。

ここまでエントリーを続けるために本当にたくさんの、
仲間に励まされてきた。

支えてくれた仲間、家族特に息子、今回不参加の3人の先輩に、
感謝して、しっかり走りたい。

氏名は、シルバーに自作した。
 

 

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

7/23、秋田100kmの練習で、仲間30人と、さわやかな十和田湖一周ラン

2016-08-11 16:00:59 | マラソン

にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ
にほんブログ村 ウルトラマラソン にほんブログ村 スキースノボーブログへ スキー・スノボ にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ スキー にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ ジョギング・マラソン

さわやかな、十和田湖一周ラン。

毎年秋田100km大会の練習をかねて、十和田湖一周を走っている。
今年で13回目だ。
参加者19人全員が秋田100km大会の参加者。

 

写真:休屋、賑山亭前、スタート8:00、ランナー19人、サポーター10人。

 

千葉にいることが多くなったので不参加が続いていた。
今年は3年ぶりに「会長」職を全うするため参加した。
休屋SL400mの賑山亭を8時にスタートして、
スタンダードコース、最短十和田湖一周49km、参加者12人、
ロングコース、奥入瀬経由十和田湖一周61km、参加者7人、

サポートカー6台の「豪華」ランだ。

13℃の休屋出発、かんこ台経由子ノ口12km。

子ノ口で、スタンダード、ロングコースが分かれる。

写真:全く人影のない、子ノ口、右奥入瀬

 


スタンダードコースは、惣部バイパス経由御鼻部山へ。
ロングコースは、奥入瀬を石ヶ戸まで下り、御鼻部山へ。

子ノ口から、御鼻部山まで約12kmのつらい登りがある。
御鼻部山SL1011m展望所で一休みだ。
おにぎり、冷たいトマト、パイナップルで一息。
13℃のためすぐ寒くなった、10分休憩で出発。

滝ノ沢展望所SL698m、からは10%のきつい下り。

写真:滝ノ沢展望所、子ノ口から約20km、
後ろからと前からの車、計20台しか来なかった。

 

銀山キャンプ地で、湖畔に戻る。
銀山から、新緑、紅葉のもっとも美しい地区が5kmも続く。
この地点で、12kmも多く走っている、ロング組3人に
スーッとぬかれた。さすが60歳以下の「クリスタルランナー」だ。

大川岱道の駅で、一息。
冷えたパイナップル、おにぎりがうまい。
和井内からの4kmは、休屋がすぐ近くに見えるのだが、
なかなか近づかないのがもどかしい。

写真:和井内からの、御鼻部山。今あの山からきたのだ。
山ガスが頂上を覆っている。

 

写真:和井内の湖畔のさざ波。
風にのって、しゃぱーん、しゃぱーんと、ささやいていた。

シルバーは、びり2で、何とかゴール。
6時間37分だった。
10年前は、軽く5時間30分だったころがなつかしい。
若いランナーは、皆6時間以内のゴールだった。

残りのロングランナーは、7時間30分でごーる。
シルバーより12kmも多く走って、差が1時間しかない。

 

写真:我々のラン翌日に一周ウオーキング会が開催された。
12時間制限、走ってはいけない。

 

 

今回の参加者は、全員秋田大会完走だろう。
しかも、ランナー全員楽しんで走ってくれた。

賑山亭の温泉も素晴らしかった。
この会を作ってよかった、としみじみ思う。
秋田100km大会が楽しみだ。


 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

オリンピック選手や、トッププロ選手のような、スーパーアスリートたちのコメント

2016-07-17 10:54:22 | アスリート

にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ
にほんブログ村 ウルトラマラソン にほんブログ村 スキースノボーブログへ スキー・スノボ にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ スキー にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ ジョギング・マラソン

4月ぐらいから、スーパーアスリートであるオリンピック代表選手が、
つぎつぎに決まってきた。

アスリートを、

①「スーパーアスリート」、オリンピック、世界選手権大会に参加するアスリート。

②「エリートアスリート」、全日本選手権大会出場、全県大会優勝、等のアスリート。

③「アスリート」、大会出場アスリート

④「健康志向スポーツマン」、大会は目指さず、健康志向のスポーツマン

の4分類に分けてみた。

 

このブログカテゴリーのウルトラマラソンランナーは、②か③「アスリート」だろう。

エリートアスリート達は、
TVで彼らのオリンピックに向けた決意コメントを発している。
オリンピック以外のプロスポーツ選手のコメントもチェックしてみた。

TVでも、全国版のTV放送されたものに注目。

このコメントは、興味深い。

池江(水泳)5/22:「・・・できる部分じゃない『かな』と思います。」
金藤(水泳)5/22:「・・・期待にこたえられる『かな』と思います。」
大谷翔平(プロ野球)6/1「あと1球いければよかった『かな』と思います。」

これらの『かな』を入れたコメントは、『かな』言葉とでもいえるのか、
選手たちに蔓延しており、

スーパーアスリートにしては、自信がない、コメントだ。
心のうちに秘めた思いを語ったのだろうが。
「できる部分です」、
「期待に応えたい」、
「あと1球行きたかった」、
と断言したら、ずっと良かっただろう。

オリンピックに、望んでの決意を聞かれたときに、
桐生(陸上)6/25:…がんばりたい『な』と思います。
萩野(水泳)5/22:望んでいきたい『な』と思います。
女子バレーキャプテン(バレー)5/1:オリンピックで悔いのない試合をしたい『な』とおもいます。

これらの『な』をれた、コメントを聞くと、
この選手たちは本当にがんばるのか、と感じる。

なぜ、「がんばります」、「悔いのない試合をします」、と断言しないのだろうか。
自信に満ちあふれなければ、オリンピックではとても勝てないだろう。

さすが・・・・と思うコメントをきくと、よーし応援しよう、と思う。

伊調(レスリング)7/16:「さらっと、金メダルとってきます。」
内村(体操)7/9:「みている人に・・・と思わせられる演技したい」
さおり(レスリング)7/3:「貢献できるようにがんばりたいです」
イチロウ(プロ野球)6/16:「3000本、しっかりとみていてください」
長友(プロサッカー)6/4:「ピッチで結果を残せるようがんばります」
飯塚(陸上)6/26:「どれだけ通用するか楽しみです」

この選手たちは、すごいではないか。
これが本当は、スーパーアスリートではないか。
このようなコメントが「さらっと」出ると、感動だ。

彼らのコメントは、

自信型「・・・します。」、「していきます」

少々不安型「…していきたいです」、「していきたいと思います」

自信喪失型「いい結果になった『かな』、とおもいます」、
「決勝に行けたらいい『な』と思います」

などに分類できる。
国内の激戦を勝ち抜いた、スーパーアスリート、
とはとうてい思えない、
自信喪失型コメントを
恥じらいもなく、堂々と発言する。

本当に悲しくなる。

アスリートでありたい、と思うシルバーが、
全国版TV でコメントすることはない。
だが、
しっかり、自信を持った、コメントできるか、自信がない『かな』。 
走力は衰えたが、
自信喪失型コメントはしないようにこころがけている。


この続きは、まだある。次回。

 






 

 

 



 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016柴又60km、80歳で最高齢完走だった。高齢のみなさま、ランを続けましょう。

2016-06-17 21:28:08 | マラソン

にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ


にほんブログ村 ウルトラマラソン にほんブログ村 スキースノボーブログへ スキー・スノボ にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ スキー にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ ジョギング・マラソン

柴又ウルトラの高齢ランナーのつぶやき。

6/16に、ネットでやっと完走証を、もらえた。
他のランナーの結果は、事務局に、直接お願いして、何とか入手。
ネットでは、公表はまだ。

70歳以上の部にエントリー。
12人がエントリーした。

 

30kmで、折り返し、全く同じルートを戻る。
しかも、江戸川の土手をひたすら、上流へ、同じルートをまた戻る。
いやー、つらい。

全く日陰がない。市民の応援は、皆無。
そりゃーそうだ、車は侵入禁止だから、応援者ははいれない。

30kmの折り返しは、3時間31分。

 

35kmから、50kmは、気温28℃で、塩分不足で、おう吐気分。
この2時間はひたすら、おう吐との闘い、水を飲むだけ。
空腹で、脱力感も増してきた。

最後のたのみ、45kmで、胃薬「がストール」服用。
49kmで、下痢ではないが、トイレで治るかと思いきや、あまり効果はない。
3分のロス。

その1kmの後、50kmのガード下。16時16分到着。
2014年は、16時23分到着、このコンクリート壁に手を着いて、
そのまま、R(リタイアー)してしまった。
2015年は、家族不調でDNS。

くっそー、と思い起こす。

あれから2年。
80歳の、ジー様になった。もう、この先は、無いかもしれない。

50kmで、16時16分、2014年より7分も早い。

Bスタートだから、締め切りは、18時39分。
まだ2時間23分も残っているではないか。

「おぬしも結構やるじゃん」。

44歳で急死した、全日本級トライアスロン選手の息子をせおっている。
「2人分のランをやろう、と誓ってんだろう、父さん」、と息子が、ささやく。

R することは絶対にできない。

50kmから、土手を上る、ちょっとの登りで、この思いをかみしめる。

ここまでの、10kmは、9分/kmできた。
このペースなら、いける。

このトイレとガストール服用で、すっきり。

もうR(リタイア)することもない。

1km/8分台で、よたよた、だが、絶対に歩かず、進んだ。
55kmの私設エイドに、美女が3人もいた。
「コーラ飲んで」、と言う。ふつうはのまないが、わらにもすがる思いで、1杯。
え、「うまい、おかわり」。

そこから、8分/km以下のスピードも交え、ボンボン・ランだ。

最後は、土手を登りなおす、試練もあったが。
ゴールした。

8時間9分だった。締め切りまで、50分も残っていた。

あきらめなくて、良かった、良かった。

80歳台では、もちろん1位。

70歳以上の部で4位に入れた。

不本意なランの区間もあったが、回復して、完走できた。
たくさんの選手に、「ナイス・ラン」と声かけしてもらった。
最高にうれしい。声かけしてくれた、選手皆さま、ありがとう。

シルバーの年齢で、ランどころか、スタートもできない人の分も、一生けんめいランした。
筋肉痛で、帰りの電車の乗り換え階段は、つらかった。
だが、心の満足が、この筋肉痛をふわーっと抑え込んでくれた。

9月の秋田100kmは、なんとか、走れそうだ。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

2016年第4回柴又60km大会は、やはり暑かった、リベンジなるか・・・・

2016-06-07 21:54:23 | マラソン

にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ
にほんブログ村 ウルトラマラソン にほんブログ村 スキースノボーブログへ スキー・スノボ にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ スキー にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ ジョギング・マラソン

2016/6/5 第4回柴又ウルトラに出場した。2014年のリベンジだ。

60Kの「Bブロックスタート」を指定された。

ウエーブスタートだという。時間差スタートのことだ。

9:30  Aブロックスタート 締め切り  18:29:59
9:40  Bブロックスタート 締め切り  18:39:59
9:50  Cブロックスタート 締め切り  18:49:59

この締め切り時刻が明記してない。このように書けば、いいものを。

大会制限時間は、9時間とあれば、8時間59分59秒、と心得るべし。

ビブを2枚くれるのは良いが、背面ビブは「白紙」。

これが困る、追い抜かれたり、並走しても、相手のビブがわからない。

自分で書け、ということらしい。
シルバーは、いつも年齢を聞かれるので、一計を案じて、

の、ように、記入した。
見覚えのある、皆さま、エールをありがとうございました。




ライトがゴール地点。


このおかげで、多くのランナーから、声をかけてもらった。
本当に、「その年齢か?」とうれしいエールをもらった。
30km折り返しまでは、快調に行けた。
折り返しマーク通過、3:30:45  13時10分45秒

残り5時間以上ある。しめた、「楽勝」と思った。

ところが、


35kmぐらいから胃の調子が悪くなった。食欲もなくなった。
けいれん予防に、「シャクヤクカンゾウトウ」を
2回も服用した。胃薬のスクラートも2回服用。
塩分補給で、「アミノバイタル」も2回服用。

これらの服薬品のせいらしい。

フルの42km地点、5時間14分  14時54分 に何とかつうか。
2014年は、5時間20分で通過。6分早い。

江戸川左岸の、スタートから15km地点に、大きな四角の真っ白な煙突がある。

行けども、いけども、単調な、土手。暑さも、厳しく28℃はあっただろう。
地平線まで見えるような、土手に、この「希望」の煙突が、地平線から浮かんでくる。
往路15km地点、復路45km地点でそのよこを通過する。

あ、煙突が見えた、残り15kmだ。
うー、気持ち悪い。歩きたい、誘惑がおそってくる。

2014年も、気持ちが悪くなり、
50km付近のガードしたで「R」(リタイアー)した。

ほぼ同タイムだが、同じことを2回やってはだめだ。
トイレに入ったり、生唾飲んだり、みず飲んだり、必死の「抵抗」をした。


45kmで、非常用胃薬の秘薬の「がストール」2回服用。
これが、効いたのか、50km地点で、むかむかが消えた。
6:36、16時16分通過。


このとき、サポーターの「お父さん」が、白いものを手渡してくれた。
氷のかたまりだった。
これを、帽子の頭部分に入れて、
落とさないよう、頭をまっすぐ前に向けて、よたよた。
こんな小さな、応援が効いた。「お父さん」ありがとう。


のろいとはいえ、歩くことなく、9分/kmで、しこしこランを始めた。


ゴールは、砂利道直線の先と思いきや、もう一度土手を上るではないか。
えー、登りかよ・・・・。

でも、下りの先に、ゴールラインがとびこんできた。
「やったー」、と飛び込んだ。
時刻は、わからなかったが、17時50分ぐらいだった。
完走タイムは、8時間10分か? 
締め切り時刻までに50分も残っていた。

胃のむかつきがあったが、1回も歩くことなく、走りとおした。
シルバーの密かな、「誇り」だ。

60k完走ブロンズメダル、裏:英語

表:日本語

ずっしりと重い、60k完走ブロンズメダル。

19時、まだ100Kランナーは走っている。ライト部分が、ゴール。
9月の秋田内陸100kmに向けて、この、むかむか対策だ。

テクが悪く、同じ画像2枚、ご容赦。

 

 








 








 

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加