我想一個人映画美的女人blog

新作&DVD映画レビュー&温泉&セレブゴシップ+たまーに日記★
I hope you enjoy my blog;)

冷たい熱帯魚 / COLD FISH

2011-01-30 11:04:03 | 劇場&試写★6以上

ランキングクリックしてね
←please click





愛のむきだし」の園子温監督最新作R18+(18歳未満禁止)


初日、全回で立ち見出るほどの大盛況

前作「愛のむきだし」から一転、暗〜い作品であるという事以外、知識なく観たけど、、、


受け取り方は観る人次第だけど、いやー立派な娯楽映画と受け取りました、半分漫画だなこれ。
数カ所で笑ったし面白かった〜



日本映画でなかなかここまでのグロい直接的な映像はあまりみかけない。
という訳でR18+(18歳未満禁止)
雰囲気がちょっと韓国の猟奇映画っぽい。

一見、いい人に見える人間の、裏の顔。

おっさん面白過ぎ!
シリアスで怖いシーンなのに、おやじが笑わす。
有名熱帯魚店のオーナー、でんでん(村田幸雄)演じる村田は 町内に一人はいそうなただのおやじ。


じゃあなかった。

いとも簡単に、邪魔なヤツは透明な人間に変えていく猟奇殺人犯。

次第に本性が露になっていく。





そんな男に偶然出会い、気弱な性格につけ込まれる、小さな熱帯魚店を営む社本=吹越満。


普段温厚な人が突然キレるとか、感情をあまり出さない人が怒ると怖いとか、よくきく話。
実際の事件なんかでもよく犯人が捕まると、
「とてもそんな事するような人には見えなかったのに」という。
人なんてみかけじゃ分からないもの。


本作は、園監督が興味のあった実際の事件をミックスさせて出来た脚本だという。
共同監督には、高橋ヨシキ。


社本の娘とうまくいかない後妻には、グラビアから転身の神楽坂恵。




これまた狂っている村田の妻、妙子に「6月の蛇」の黒沢あすか。
でんでん、同様に見事な怪演!




両妻とも、普段から胸はだけそうな服を着てるからどうなるかはだいたい想像つく
しかしなんかこう性欲、的なこともよく入れる監督だなー、(笑)
おやじが胸をむりやり揉むシーンとか気持ち悪過ぎ。



韓国アイドルみたいな熱帯魚店員たち



小さな熱帯魚店を営む社本の家庭は不協和音を奏でていた。
年頃の娘は若い後妻に反発し、そのために社本と妻の間も上手くいかなくなっていた。
娘が起こした万引き事件をきっかけに、社本はより大きな熱帯魚店を経営する村田と知り合う。
村田は社本の娘の万引きを見逃すどころか、親切にも娘を自分の店で雇うと言い出す。
やがて、村田は社本に高価な熱帯魚を輸入する事業を手伝ってほしい、と持ちかける。
その申し出を引き受けた社本は、想像を絶する異常な事態に巻き込まれていく…。





8/10(80点)




ょこっとネタバレあり。
惹き込まれたし、面白かった!

オープニングから、何やら冷凍食品を買いあさり、チンして食卓に出す妻をカメラが追う。
なになに、一体何が始まるの??



娘の万引きをきっかけに、ひと組の夫婦と知り合ってしまう社本が迎える人生の破滅。

途中までは狂気の夫婦がすごく面白かったんだけど、
ラストに向けての展開があまり好みじゃなかったな〜。
何度か観たらまた面白いのかもだけど、そんなにまた観たいとは思わないのよね。

園子温監督は随所に笑いを入れるのが巧いと思う。
こんな残虐な殺人場面が出てくる話なのに会場でもけっこう笑いがおきてた。

何も言えない父親がもどかしく、親しげでハイテンションなノリで強引に事を進めていく村田が次第に笑え、
その言動にとにかく釘付け。


妻との見事な連携プレー、
"完璧な方法"で死体をまるでモノのように扱い、手際良く透明化していく夫婦に観てるこちらはボーゼン。
二人でおかしな歌を歌い、「牛刀!」「あいよ!」
夫婦漫才かっつーの!(笑)

それを黙って横でみてるしかない、気弱な社本。(というか誰でもそうか 笑)

ある日突然彼はぶち切れる。

愛していたと思っていた者たちの
冷ややかな目。

彼の心情は容易に察することが出来る。

それにしてもラストの娘も狂っちゃうのはやりすぎかと。
途中一発殴られただけでコテっとなっちゃうのはコントみたいだし。

村田の幼少期の背景も少し見え隠れする。


抑圧された教育が、異常な人格を形成する。

ハネケじゃないけど、そんな部分もちょっと描いているのかな。
父親からの子供の頃に受けた体罰。

そうそう、それと
ラスト近くのドラムの音で急かすような音楽が、ハネケの「コード・アン・ノウン」での曲、使われ方に似てた。

その妻、愛子があんなにも狂気の女になった理由は描かれない。
あんな殺人を手伝っている時点でもう頭がおかしいけど。
「愛のむきだし」同様にここでもマリア像がアイテムとして映り、宗教めいたものを感じさせる。

とてつもなくバッドエンド、という終わり方は嫌いじゃない。
むしろ救いようのないラストはハッピーエンドよりも時に好き。
人生に絶望を感じ追い込まれてしまった社本は ああするしかなかったのかな。

韓国映画の「チェイサー」のような無差別連続殺人犯とは違い、知り合いで、しかも邪魔者を簡単に消していくというのが浅はか。
絶対頭悪そうなオヤジ、絶対すぐ捕まるでしょ。




警察は無能すぎ、ほとんどもう分かってたのに。というツッコミはあえてしません
警察が絡むと面白さ半減しちゃうし。

ストーリーそのものというよりも、人間の行動が面白い。
こういうのを面白いなんて軽く言うと、どんな神経だと疑われそうだけど(笑)

普段、自己主張もなく生きてるか死んでるか分からないような気弱な男の
「人生は痛いんだよ!」。吐き捨てるようなセリフが印象的。



R-15指定を受けてるほど、子供には刺激強すぎる作品。
でも高校生にだって、ちょっとまずいんじゃ?
(追記☆18歳以下ダメでした)
劇場上映数少ないの変だなぁって思ってたけど、観て納得。
いくら笑いとってても、こりゃ画的に受け付けない人もいるだろうから要注意です




 公式サイト
冷たい熱帯魚/COLD FISH   日本   2010年  146min
1月29日より、公開中〜

ヴェネチア国際映画祭、トロント国際映画祭、ロンドン映画祭、東京フィルメックス映画祭
など多数で正式出品



舞台挨拶にて。
左、園子温監督。




最初にもちらっと書いた通り、初日全部の回、満員御礼で立ち見が出るほどの盛況振り。
わたしはギリギリで15分前に行ったらもちろん既に立ち見と言われ
座布団が用意されてたので横に敷いての鑑賞(笑)なかなかそんな経験ないし、
下手に前列で観るよりずっと観やすくて良かった。 テアトルシネマさんの配慮に感謝です☆

上映後にまだあまり人が出ていない時に出るとキャストの人たちがロビーで写真を撮って待機してたんだけど、
毎回立ち見ということで急遽、キャストの方々が駆けつけてくれて
全員のお客さんと握手をしたんだとか。

ネット予約も可能だけど、これから観る人は出来るだけチケット確
保はお早めに

18歳の人は証明書持参、窓口で1800円→1000円で鑑賞できます。




無料動画サイトに押しやられてきちゃった ワンクリックしてくれたら嬉しいな
クリックしてね
←please click





『映画』 ジャンルのランキング
Comments (44)   Trackbacks (32)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« フード・インク /Food,Inc. | TOP | 2月公開★新作映画リスト »

44 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (hino)
2011-01-30 11:16:29
migちゃん、こんにちは!

話題の作品なんだねー!
愛のむきだしも観てないけど、この新作のせいか?
夜中にケーブルで放映されている様子でした。

見応えがありそうで、気になるなあ。

私はねーー、先週末ベスト キッドと 息もできないを観たよ〜。サヨナライツカは、本で読んでる。

平日は仕事終え家事やると疲れちゃってね〜、まだまだ余裕がなく納得のいくライフスタイルになっていません。
慣れるとマシになるのかしらねえ〜。

ゆきえちゃん☆ (mig)
2011-01-30 16:32:37
素早いコメントありがとう〜
今朝みたらまだ更新なかった、、、

これ、「マーターズ」が普通に観れたゆきえちゃんならぜんぜん平気だと思う、
もしかしたら「愛のむきだし」よりもゆきえちゃん好みだったりして。

やってること残酷なのに、けっこう笑えるの、観て欲しいなー♪

お、「息もできない」の方も観たのね☆どうだったかなー?

お疲れモードなのに、ちゃんと映画は観るのね、必要だよね
Unknown (えい)
2011-01-30 16:40:24
こんにちは。

テアトル新宿の初日動員記録だとか?
その昔、テアトル新宿というのは名画座で、
その頃はいつも超満員。
座布団で思い出しましたが、
テアトル新宿でスタンリー・キューブリックの
『バリー・リンドン』を観たとき、
幸いにもぼくは座れましたが、
隣には座布団がずらり並びました。あの映画、確か3時間超えていたような…。
こんにちは (kira)
2011-01-30 17:11:24
migちゃん〜、高評価だから食いついたけど、、
>でも高校生にだって、ちょっとまずいんじゃ?
・・ハゲしいのかしら?
一応ネタバレ部分はみてないの。。迷うね〜
観たらまたここにお邪魔しますねー

そうそう、テアトル新宿、大昔はよく行ってたモンです〜。
ホント、綺麗になりました〜。
migさん (xtc4241)
2011-01-30 18:37:48
こんばんは(いま1月30日pm6:25頃です)

映画評はさておいて、同じ空間にいたんですね!
僕も10:30だと勘違いして、劇場に着いたのが10:05くらい。
あせったけど、次に用事があったんで立ち見になりました。migさんも立ち見だったというから、超接近していたわけですね(笑)。

園子温監督をはじめとした舞台挨拶。
みんな至極真っ当なひとたちばかりで、僕は逆に安心しましたよ(笑)

PS)僕もブログに書きました。下手だけど・・・。
よければ見てください。
立ち見とは! (ノルウェーまだ〜む)
2011-01-30 18:53:16
migちゃん、おはよー♪
面白かったのね!さすがだわmigちゃん。
しかし立ち見が出るとは・・・
根強い人気がわかるね。
R−18って、一番上に書いてあるけど・・・
ラストは私も?だったよ。
でも、狂気があそこで伝播したと受け取ったよ。
Unknown (KLY)
2011-01-30 20:17:57
なるほどそういうことか〜(笑)
雑魚座りでってコメントにあったけど、何のことだかわかんなかったのよ。舞台挨拶とはいえそこまでだったのね。^^;

>娯楽映画と

そう。そうなんよね。これはエンタテインメントなんだよね、少なくとも表面上は。もちろんホラーとは違うんだけど、ブラック過ぎる表現が反語的な意味合いで痛烈に効いて来るというか。
でんでんさんも吹越さんも普段はあまり主演じゃない方々だけど、流石は実力派。凄い芝居だったと思います。
migさん☆★ (mezzotint)
2011-01-30 20:32:14
今晩は☆彡
「グリーン・ホ―ネット」にTBありがとう
ございました!

おぉ〜公開しましたね。こちらでは、2月5日
から公開されます。今シアターでは予告編が
バンバンやっています。グロそうな感じですね。
でも楽しみにしています。
Unknown ()
2011-01-30 23:04:20
> R-15指定を受けてるほど、子供には刺激強すぎる作品。
でも高校生にだって、ちょっとまずいんじゃ?


R18+ですよ。>大人しか見れない
最初にR18と書いていて文中でR15に??
明日、っていうかmigさんがコメントするころは
私は電車の中かな?
新宿予定。

えいさん☆ (mig)
2011-01-31 10:34:32
おはようございます〜

へぇ〜そうなんですね!
明日も映画の日だし相当すごそうです。
あ、バリーリンドンって唯一キューブリック映画で未見なんですよね。
思い出させてくれて感謝です
kiraさん☆ (mig)
2011-01-31 10:34:51
おはよう〜☆

高校生も実はダメだったの、間違えちゃって。R15+でした!
そういう年頃影響されやすいから、殺人をマネたらほんと怖いから。

でもkiraさん是非みてほしいな、意外と笑うとこも多いし「愛のむきだし」お好きだもんね☆内容全然違うけど
☆xtcさん (mig)
2011-01-31 10:38:03
おはようございます、

さっき読ませて貰いましたよ☆
評価高いじゃないですか〜

あ、いや わたしは初回じゃないの
夜の回ですよ〜
初めて座布団で座って映画みてなかなか悪くなかった♪

私はこの人格は子供の頃に親の教育の問題で形成されていったものだと感じましたね〜。
いずれにしても狂っていて怖いです
それを笑いを含めて見せる所が独特で面白かったですね。
☆まだ〜む (mig)
2011-01-31 10:41:00
おはよう☆

うん、まだ〜む言う通りラストは狂気の伝授だったよね。

それにしてもあの解体作業のとき
すごい夫婦ノリで、オマエにもこの方法を伝授してやるから俺が消えたら全部オマエがやるんだ
とかもうどんだけ強引(笑)
あの村田のキャラがすごく面白かったわ〜
あ、R15マイナスじゃなく+だったの!
☆kLYさん (mig)
2011-01-31 10:43:08
おはよう☆
あはは、ごめんなさい 雑魚寝じゃなく雑魚座って意味

うんうん、ホラーではないし、サスペンスにしてもちょっと違う。
人間の狂気を描きながらもブラックユーモアなところが好みでした☆
それにしてもKLYさん、もう何でも来い!ね
☆mezzotintoさん (mig)
2011-01-31 10:45:08
おはようです☆

お、もうすぐ公開ですね♪

私は全く予告篇みないで観たんですが
出来ればあまり知らずに観た方がいいですよ〜
こんなレビューかいといてなんだけど。(笑)
感想楽しみにしてますね☆
谷さん☆ (mig)
2011-01-31 10:47:16
重要なツッコミ、ありがとう☆
もう〜ぼけぼけしてるからどこか間違っちゃうのよね。感謝です♪
しかもその下にはR15になってたし
校正してくれる人が必要だわ(笑)
今頃観てますね。
谷サンはどうかな??
拍手 (q うまい!)
2011-01-31 21:51:24
いや〜うまかった〜おもしろかった
たった一言
その一言から信行の地獄は始まっちゃって
狂気と変化していくというのは恐ろしい
恐ろしいはずが・・・
セリフの数々にはウケたわ
ある意味、ユーモアだったなぁ〜

でんでん様。私 好きなのよねぇ・・・

qちゃん☆ (mig)
2011-02-01 08:42:09
おはよう☆

面白いよね〜、暗い暗いと聞いてたけどしっかりちゃんとエンタメしてるし。
場内すごい笑い起きてなかった?

でんでんさんは私知らなかったよ〜いつもいい人役多いみたいね
Unknown (佐藤秀)
2011-02-01 22:39:37
>場内すごい笑い起きてなかった?

私が見た時も笑いが起きてましたよ。私自身も後半はよく笑ってお笑いギャグ観ているみたいな感じで、こんなことでいいんかなあ、とか。
Unknown ()
2011-02-01 23:43:42
kiraさん☆ (mig)
2011-01-31 10:34:51
> 高校生も実はダメだったの、間違えちゃって。R15+でした!

もしかして書いているそばから間違えてます?

migさんは初日でしたよね。
舞台挨拶有ったんでしたっけ?

31日の19:30を見てきました。
いつもどおり予告の後だったのですが
2011年はもう1作品園子温監督作品が
有るらしいです。

もうちょっとマイルドでライトなのが見たい・・・
☆佐藤さん (Mig )
2011-02-02 09:34:50
あ、笑ったのに評価低いんですね、
まぁあのつっこみいろいろは私もだけどそういうところ監督は気にしないのかなとは思いますね
☆谷さん (Mig )
2011-02-02 09:38:04
えっ間違えてます?
(笑)
初日舞台挨拶はあったけど記事内に書いたとおり、夜の回で座り観でした
そうそう次回作品もうでてましたね、やっぱり園監督はこのくらいインパクトなくちゃ〜!
Unknown (佐藤秀)
2011-02-02 13:23:14
>あ、笑ったのに評価低いんですね

だってねえ、唐揚げ切り刻みシーン1度ならず3度もあるんだから食傷ですよ。監督さんだけが舞い上がっちゃっているというか。
★佐藤さん (mig)
2011-02-02 22:31:58
そんなに深いイミなく言ったのであんまり気にしないで下さいね〜★

というか、この監督ちょっとえって思う所見つけちゃった。ツイッターで今日。
うん、自信あるのもいいけど過剰なのもどうかなー。
はじめまして (ヨッチャン)
2011-02-04 20:15:37
横浜でも封切り、初日舞台挨拶あったんですよ!。行きました。でも、横浜でも辺鄙なとこなんで、わりと空席ありました。
キャストの皆さん、東京とのギャップに驚いたんじゃないかな。
あれこれ考える暇を与えないほどの映像の迫力、役者達の見事な演技!。演じてて楽しかったろーなぁ。と思った。
ヨッチャンさん☆ (mig)
2011-02-04 23:49:04
はじめまして

コメントありがとうございます♥
へぇ、横浜でもあったんですね!すごい。
なんにしてもこの監督の映画って変わってて突飛で、面白いですよね。
「紀子の食卓」を次回観ようと思ってます☆
こんばんは (ノラネコ)
2011-02-05 17:16:49
うん、娯楽映画ですね。
どっちかと言えばプログラムピクチャ、スプラッタームービーの類で、間違ってもそんなに高尚な映画じゃない。
ちょっとディテールの荒っぽさが気になったのですが、終始でんでんのパワフルな怪演に圧倒され、あっという間でした。
ノラネコさん☆ (mig)
2011-02-06 01:02:25
こんばんは♪

でんでんさんて私あんまり知らなかったけど普段温厚な役の方みたいですね、
そういう人がこういうのやるからいいんですよね☆
それにしても今年入ってから身体バラバラシーンの映画多いなぁ(笑)

明日ブログお邪魔しますね♪
こんばんわ (にゃむばなな)
2011-02-09 22:00:39
私の中では「とんでもない映画」の代表格が完全に『チェイサー』からこの映画に移り変わりました。
あの結末を好きでないという気持ちも分かります。
でもそう描く奥に何かまた意味があるのかも知れませんね。
恐るべし園子温監督!
にゃむばななさん☆ (mig)
2011-02-10 01:03:00
あはは、「チェイサー」の猟奇もすごかったですね。
いずれにしても、
ただならぬ作品を創り出す人ですよね。
フツウの映画には飽きたので、
こういうの大好きです。
最後以外は。
Unknown (ぷくちゃん)
2011-02-15 06:54:18
ああ、面白かった。新宿で観ましたが満員。こういう劇場の姿をみると、まだまだ若い人も捨てたもんじゃないな、と感じました。地元で4月にやりますがガラガラでしょうから。

実際の事件をネットで調べると結構、類似点、相違点が分かって面白かったです。

ラストはねえ・・・妻はどうしてああなっちゃったの?
ぷくちゃん☆ (Mig)
2011-02-15 17:33:13
面白かったですね〜、こういう普通じゃない映画、好きです。
地元でだとそんなに人が来ないんですね?
新宿での人気ぶりはすごいですよね、

うーんラストは、、、好きじゃないけど途中楽しめたからいいや☆
Unknown (りお)
2011-02-21 00:14:56
いや〜すごい映画だったねえ。
久々にやられた!って感じだったかも。
かなり楽しめました

ラストは確かに、ちょっとどうかなーと思ったよ。
妻を刺すまではいいんだけど。
りおさん☆ (mig)
2011-02-21 16:28:26
すごかったよねー、
変わってるし面白いわ園監督の映画。
ラストがね、ちょっと好みじゃなかったわ

「愛のむきだし」の方が好きだけど。
Unknown (hychk126)
2011-02-27 21:41:18
migさんこんばんわ。たまにおじゃましてましたが初めてコメントさせていただきます。

こちらの本文でも触れられている、でんでんの幼少時代を仄めかすシーンは、余計な詮索を受け付けずにドンドン進むこの映画の中で、私は唯一余計なシーンに思えました。

一方、新しいご主人様の要求に「うんっ!」と従順健気に応えるラスト近くの黒沢あすかには、彼女の病いが「生きる手段」としてどんな培われ方をしてきたのか、それが全く示されない分、でんでんよりユニークだと感じました。
観て来ました! (mezzotint)
2011-02-27 22:12:05
migさん
ついに観ました。
凄かったけど、後味そんなに悪くなりません
でした。なんだろう?
最後まで救いようがありませんでしたね。
でんでんみたいなおじさん、身近にいそうな
気がしました。埼玉の事件の犯人とかなり
被るみたいで、、、。それを思うとやっぱり
他人事には思えないかな。う〜んだったら
怖いですね。
hychk126さん★ (mig)
2011-02-27 23:59:21
初コメありがとうございます♪

同感ですね、あの幼少期の頃のトラウマで人格形成されたというくだりはいいけど
あの子供返りみたいになるところはちょっと変でしたね〜。
でも全編通してフツウじゃないところが面白いし、この監督作の魅力なんでしょうね☆
mezzotintさん★ (mig)
2011-02-28 00:00:49

こんばんは☆

でんでんさんって私はしらなかったんだけど普通っぽいオジサンのところがいいですよね、
あの喋りとか、いるいるこういうオッサンみたいに思えましたね☆

やっぱりブラックユーモア効いたコメディだからそこまでオチないんでしょうね。
こんにちは。 (ヒロ之)
2011-08-07 15:20:00
コメント有難うございました。

園子温監督の好きな所は、何時タイトルを出すのか、って所です。
前作「愛のむきだし」は60分ジャストでしたけれど、今作は家族が熱帯魚を眺めている所。

ここで出しますかぁ!

と、出すタイミングに良さに脱帽。

脱帽といえばでんでん。
もう彼の演技があってこの映画が成り立っていると思えます。
ニコニコしていると思ったら、急に怒り出したり、と思えばラストでは「ごめんなさい」と泣きが入っていたり。
喜怒哀楽の切り替え方が絶品!
素晴らしいの一言に尽きると思います。

グロに関しても、最初こそは眼を覆いましたが、途中辺りから全く気にならなくなりました。
それだけ勢いに乗せられ、作品の異様な空気に飲み込まれちゃっていたんでしょうね。
ヒロ之さん☆ (mig)
2011-08-09 09:31:24
おはようございます、
たくさんコメンとありがとです。

アハハ、そうですね〜
タイトルすっごい遅かったですよね。愛のむきだし。
あれ好きだったなぁ。
うん、でんでんも良かった!私は邦画あまり観ないので知らなかった役者なんだけど(笑)
ハマりすぎてた!またDVDで観ちゃうな♪

エクステが観たいのにレンタル1本しかなくてまだなんだけど今週あたりまたトライしようかな☆
もうすぐの新作も楽しみですね。
こんにちは♪ (maki)
2011-08-19 10:21:09
でんでんさんも吹越満さんも、素晴らしい演技をしていたと思います
残虐シーンもギャグに変えちゃうユーモラスな部分も、またBGMが圧倒的に盛り上げてくれて(ドラムのような音やクラシックなど)素晴らしい…といっていいのかどうかわかりませんが、驚きの一作になっていましたね
「俺も幸せになりたーい!」という事で殺人を犯していってたわけですが、そりゃー周辺で30人近くが消えてれば疑われるもするわと。
それにしても、ラストまで暗い話なのに後味が悪くはなりませんでした、これは何故なのでしょうか?ジャンルとして一応は娯楽映画になっていたからなのかな…
makiさん☆ (mig)
2011-08-19 23:56:35
こんばんは☆

面白かったですよね〜。
韓国映画並みに残虐だけど、どこか笑える。
でんでんさんのキャラがすっごく良かったですね。
普段はいい人なんですね〜
わたしはもうこの役のイメージつきすぎちゃいました(笑)

この人にはボディ透明にされたくないですねー
やっと観たよ〜 (562_1992)
2011-11-23 23:46:09
長さを全く感じなかったわー!
ほんと、実話に着想を得ているといっても、これはもう園監督の作品として立派なエンタメだね!
あたしmigちゃんの解説読むまでは、吹越満が悪人(犯人)役だと思ってたの。
村田夫妻、強烈だったわー。
あそこまで酷くなくても、でんでんみたいな裏表のある人って世の中いくらでもいそうw
愛子役の黒沢あすか、色っぽくていいねぇ。声もすごく可愛らしいし。
「あすなろ白書」に出てたのが印象に残ってるよ♪
あたしもmigちゃんとおんなじ。
警察、そこまで目星つけてるなら、ちょっと張り込めばすぐにわかるんじゃないの?死体の処理場所も知らないの?って思っちゃったw
あと、ラストはなんだか…
警察に連絡するくらいの冷静さがあるのに、愛子を殺す事ないんじゃないの?って思ったよ。
真相も今までの他の犯罪も藪の中じゃんって。
カタをつけるってそういう事?って。
それに奥さんまで道連れにしちゃって…
娘の最後の言動はなんだかやりすぎ感あって、雰囲気壊れた様な気がしてちょっと残念だったなw
なんやかんやと言ったけど、すごく楽しめた♪
こういう作品で楽しめたってのはどうかと思うけどw
562_1992Tamaちゃん☆ (mig)
2011-11-25 08:45:58
おはよう!

うんうん、私はでんでんんってひと初めてみたけどツイッターでも話した様に
この人の語録できるよね、
ボディー透明にって私もしばらくブームだったよ(笑)

ラストは公開中の「恋の罪」でも感じたけど
あちらも面白いし強烈なのでtamaちゃんの感想聞きたいな♪みてみて!

さて今日からいよいよNY行ってきまーす

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

32 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
『冷たい熱帯魚』 (ラムの大通り)
----おっ。これはいま注目の作品だね。 「ヴェネチアが沸いた! 園子温、最高傑作にして金字塔的作品 誕生!」…。 いったい、どんな映画ニャの? 「ひとことで言えば、 猟奇連続殺人と、その男に魅入られた 熱帯魚屋を営む主人公・社本と家族の話」 ----へぇ〜っ。主演が...
「冷たい熱帯魚(Cold Fish)」ロンドン国際映画祭で (ノルウェー暮らし・イン・London)
もう・・・・・・・ユッケは食べられない。
冷たい熱帯魚 (LOVE Cinemas 調布)
『紀子の食卓』、『愛のむきだし』の鬼才・園子温監督が、“埼玉愛犬家殺人事件”をベースに人間の狂気と愛を描いた衝撃の問題作。主演は『掌の小説』の吹越満。共演にでんでん、黒沢あすか、神楽坂恵、渡辺哲。第67回ヴェネチア国際映画祭の上映では、6分間のスタンデ...
映画レビュー「冷たい熱帯魚」 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
公式サイト◆プチレビュー◆人間のグロテスクな狂気を冷徹なまなざしで描く問題作。名脇役でんでんが演じる猟奇的キャラが見もの。 【70点】 小さな熱帯魚店を経営する社本と若 ...
冷たい熱帯魚 (Said the one winning)
監督 園子温出演 吹越満 でんでん、黒沢あすか、神楽坂恵、渡辺哲上映時間約4時間の『愛のむきだし』などで話題となった鬼才、園子温監督による人間の狂気と愛を描いた作品。実際の猟奇殺人事件に触発された園監督猟奇殺人事件に巻き込まれることになる男性が味わう深い....
『冷たい熱帯魚』(2010)/日本 (NiceOne!!)
原題:COLDFISH監督:園子温脚本:園子温、高橋ヨシキ出演:吹越満、でんでん、黒沢あすか、神楽坂恵、梶原ひかり映画公式サイトはこちら。第11回東京フィルメックス 『冷たい熱帯魚...
冷たい熱帯魚 (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。英題:COLD FISH。園子温監督、吹越満、でんでん、黒沢あすか、神楽坂恵、梶原ひかり、渡辺哲。1994年に発覚した埼玉愛犬家連続殺人事件をベースにしている。実際の事件は ...
冷たい熱帯魚(2011-006) (単館系)
冷たい熱帯魚 『紀子の食卓』、『愛のむきだし』の鬼才・園子温監督の最新作がこの作品。 冒頭の食事を準備するシーンのテンポがいい。 主人公の主人公の社本(吹越満)と再婚した妻の妙子(神楽坂恵)と...
冷たい熱帯魚・・・・・評価額1600円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
和製ナチュラル・ボーン・キラーか。 これは、ひょんな事から連続殺人事件に巻き込まれた平凡な男の体験を通して、人間の秘めたる狂気を描き出した、壮絶なダーク・エンターテイメントだ。 鬼才・園子音監督が...
冷たい熱帯魚 (サムソン・マスラーオの映画ずんどこ村)
     『冷たい熱帯魚』  (2010) 2009年1月14日。 小さな熱帯魚店を経営する社本(吹越満)とその妻・妙子(神楽坂恵)は、万引で捕まった娘・美津子を引き取りにスーパーへと向かう。 すると、その場に居合わせた店長の知り合いという村田(でん...
『冷たい熱帯魚』 ソノシオンかく語りき (映画のブログ)
 「僕はもう観客に癒しも慰めも与えなくて、残酷な事実だけを提供します」  そう園子温監督が宣言したとおり、『冷たい熱帯魚』は希望を次々に打ち砕く。  家族の現状に問題があっても何とかこのまま過...
『冷たい熱帯魚』 (こねたみっくす)
これを「とんでもない映画」と言わずして、何を「とんでもない映画」と言うのか。 『「冷」たい「熱」帯魚』というタイトルのように、理性と本能、ブラックジョークと血塗れなグ ...
◆『冷たい熱帯魚』◆ (〜青いそよ風が吹く街角〜)
2010年:日本映画、園子温監督、吹越満、でんでん、黒沢あすか、神楽坂恵、梶原ひかり 出演。
冷たい熱帯魚 (あーうぃ だにぇっと)
2月5日(土)テアトル新宿で観てきました。 16:30からの回だったのですが、立ち見が出るほどの盛況。 次の回も満席でお立ち見状態。 上映館が少ないこともあるのでしょう。 噂通りの熱気あふれる会場でした。
『冷たい熱帯魚』 シオンの過剰 (Days of Books, Films )
Coldfish(film review) 浴室で死体をばらばらにし、「ボディを
冷たい熱帯魚 (eclipse的な独り言)
静岡に来るのは4月。待てないで観てしまいました。O寒さん、もう一度見たいのでご一緒させてください。お願いです。ネタばれです。
冷たい熱帯魚 (rambling rose)
でんでん、スゴ過ぎ・・( ̄∇ ̄; ヤバ過ぎるやろ、このオッサン!
『冷たい熱帯魚』は恐怖のアダルトビデオだよ。 (かろうじてインターネット)
 映画感想の本数もかなり増えてきたので、あいうえお順にしてみましたが、「索引」みたいのきちんと作った方がいいですよね。過去に何の感想を書いたか分からなくなっちゃうので。  今回はタ行だよ『...
冷たい熱帯魚 (メルブロ)
冷たい熱帯魚 346本目 2011-06 上映時間 2時間26分 監督 園子温 出演 吹越満(社本信行) 、 でんでん(村田幸雄)     黒沢あすか(村田愛子) 、 神楽坂恵(社本妙子) ...
「冷たい熱帯魚」 (お楽しみはココからだ〜 映画をもっと楽しむ方法 )
2010年・日本/配給:日活英題:COLDFISH監督:園子温脚本:園子温/高橋ヨシキ 「愛のむきだし」の鬼才・園子温監督による、人間のおぞましいまでの狂気と欲望のカオスを描いたホラー・サスペンスの傑
冷たい熱帯魚 (映画三昧、活字中毒)
■ シネ・リーブル池袋にて鑑賞冷たい熱帯魚 2010年/日本/146分 監督: 園子温 出演: 吹越満/でんでん/黒沢あすか/神楽坂恵/梶原ひかり 公式サイト 公開: 2011/01/29 2009年1月14日、静岡県で熱...
冷たい熱帯魚 (映画的・絵画的・音楽的)
 『冷たい熱帯魚』をテアトル新宿で見てきました。土曜日の午後だったせいでしょうが、ほとんど満席の状況でした。 (1)この映画を製作した園子温監督の作品としては、最近では、『愛のむきだし』と『ちゃんと伝える』を見ています。前者は、オーム真理教事件を題材の一....
能動的イマジネーションを遮断する『冷たい熱帯魚』のインパクト (L'ATALANTE)
現在公開中の園子温監督『冷たい熱帯魚』(Coldfish 2010)を京都シネマで鑑賞しました。 ふとしたキッカケから連続猟奇殺人事件の片棒を担ぐことになった男(吹越満)の悲劇が、R-18+指定に違わぬ血の海の中で描かれる本作、自らの欲望に忠実なシリアル・キラーに扮する...
冷たい熱帯魚(2010)◎●COLDFISH (銅版画制作の日々)
 この素晴らしき世界。 京都シネマにて、「ハーブ&ドロシー」の後に観たのがこの作品。何かあまりにもギャップありすぎて、、、、。 それにしても最後まで救いようがない物語でした。でもあんまり後味は悪くなかったな。何故だろう? でんでん演じる村田の豹変ぶりに...
冷たい熱帯魚 (〜映画盛り沢山〜)
監督:園子温  脚本:園子温/高橋ヨシキ  撮影:木村信也 出演:吹越満/でんでん/黒沢あすか 公開年:2011年  製作国:日本  上映時間:146分 2011年7本目 テアトル新宿にて鑑賞 ******************** 最初から最後まで不快な映画でした。 ...
冷たい熱帯魚 (ダイターンクラッシュ!!)
2011年3月26日(土) 19:30〜 テアトル新宿 料金:1000円(Club-C会員料金) パンフレット:700円(買っていない) 『冷たい熱帯魚』公式サイト 「息もできない」に対抗しうるレベルの映画の登場だ! 日本を代表する監督になりつつある園子温だが、作風は「こいつ...
冷たい熱帯魚 / 85点 / COLDFISH (ゆるーく映画好きなんす!)
マニアを徹底的に打ちのめす!ホラー映画の最先端が此処にある! 『 冷たい熱帯魚 / 85点 / COLDFISH 』 2010年 日本 146分 監督: 園子温 製作: 杉原晃史 プロデューサー: 千葉善紀 木村俊樹 ラインプロデュー サー:
冷たい熱帯魚 (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
おのれの欲望だけに忠実に生きている極悪非道な夫婦に巻き込まれた男が、抜け出せない闇に沈んでいく。スプラッター描写がすごいのだけど、人間の欲望をあからさまにして2時間半の上映時間に隙もない。この映画を見て少しでも笑えたら、たいしたもんだ。普段映画の点数を...
「冷たい熱帯魚」事件に巻き込まれたさきにみた理性が破られ狂気に走った殺人事件の結末 (オールマイティにコメンテート)
「冷たい熱帯魚」(R18+指定)は熱帯魚店を経営する経営者が自らの利益のために数多くの殺人を企てて、それに巻き込まれていく同業者の家族がその殺人に手を貸した事で猟奇的殺人事 ...
冷たい熱帯魚 (銀幕大帝α)
COLDFISH/10年/日本/146分/犯罪サスペンス・ドラマ/R18+/劇場公開 監督:園子温 脚本:園子温、高橋ヨシキ アクションデザイン:坂口拓 特殊造形:西村喜廣 出演:吹越満、でんでん、黒沢あすか、神楽坂恵、梶原ひかり、渡辺哲、諏訪太朗 <ストーリー> 熱....
悪魔と熱帯魚 (Akira's VOICE)
「悪魔を見た」 「冷たい熱帯魚」 
「冷たい熱帯魚」感想 (ポコアポコヤ 映画倉庫)
内容も映像も全てが濃かった。