我想一個人映画美的女人blog

新作&DVD映画レビュー&温泉&セレブゴシップ+たまーに日記★
I hope you enjoy my blog;)

レ・ミゼラブル / Les Miserables

2012-12-23 22:32:32 | 劇場&試写★6以上

 

 

 

 

ヴィクトル・ユゴーの同名小説を原作、

言わずと知れた大ヒットミュージカルを

英国王のスピーチ」でアカデミー賞監督賞を受賞したトム・フーパーが映画化

舞台版プロデューサーのキャメロン・マッキントッシュも製作に名を連ねる。

 

いきなり歌い出すのが苦手って人もいるけどわたしはミュージカル映画は大好き♪

本作は、あとで合わせるのではなく 演技しながら歌も同時撮影、しかも

全編セリフは歌!ってことで既にそこで好き嫌いに割れそう。

 

わたしは本場の「レ・ミゼラブル」ミュージカルのほうに思い入れはとくにないけど、

数年前のユマ・サーマン&リーアム・ニーソンの映画版は2度観てるので内容は知った上での鑑賞。

 

今回の主人公 ジャン・バルジャンにヒュー・ジャックマン

 

警官ジャベールにラッセル・クロウ

 

ファン テーヌにアン・ハサウェイ

 

ファンテーヌの娘コゼットにアマンダ・セイフライド

 

運命の人に「マリリン7日間の恋人」のエディ・レッドメイン。

 

コゼットを預かっていたいぢわる夫婦に

ヘレナ・ボナム=カーター&サシャ・バロンコーエン。

この二人、ティム・バートンの「スウィーニー・トッド フリード街の悪魔の理髪師」で共演済。

 

 と、豪華共演

 

さすが!!全員歌が巧いのは言う迄もないほどで

キャスティングも合ってる。

少女時代のコゼットを演じた子役のイザベル・アレンちゃん(新人)も良かった☆

 

映画化に際して書き下ろされたというヒュー・ジャックマンが歌う新曲「サドゥンリー」

Les Misérables - Craft Featurette: Suddenly - New Original Song

 

 

19世紀のフランス。ジャン・バルジャンは、パンを盗んだ罪で19年間服役した後、仮出獄するが、生活に行き詰まり、再び盗みを働いてしまう。その罪を見逃し赦してくれた司教の真心に触れた彼は、身も心も生まれ変わろうと決意し、過去を捨て、市長となるまでの人物になった。そんな折、不思議な運命の糸で結ばれたファンテーヌと出会い、彼女から愛娘コゼットを託されたバルジャンは、警官ジャベールの執拗な追跡をかわしてパリに逃亡。彼女に限りない愛を注ぎ、父親として育て上げる。しかし、パリの下町で革命を志す学生たちが蜂起する事件が勃発。誰もが激動の波にのまれていく.....。

 

 

 6/10(60点)

 

 

 みんな歌がが巧いのはもうオーディション通って出演になった時点で

相当なボイストレーニングもしてるしもう当然だから書くまでもないけど

やはり本作の見どころは、これまでのミュージカルとは違って

上にも書いたように、その場で演技しながら歌ってるという点からの舞台並みの臨場感。

ただ、歌いっぱなしなのでともすると心地よさに眠気がくるような部分もあったり。

(特に前半)

それぞれの愛を描くストーリーも、とりわけ起伏があるというほどでもないので

思ってたほどのめり込んじゃうほどの面白さではないのよね。

あと、コゼットとマリウスが出逢ってお互いひと目惚れで惹かれ合う純粋な愛に、

感動っていうふうになれないのはわたしが純粋じゃないからなのか 笑。

最後は涙が止まらない!!とか噂で?言われてるらしいけど

そこまで感動かなぁ? わたしはこういうのにはちょっと感動できない体質なのであったー。

 

ブロードウェイミュージカルの「レ・ミゼラブル」や原作がお好きな方には満足かな?

ミュージカルがお好きでない方にはあまりオススメできません。

素晴らしい役者たちのアンサンブルと歌を楽しみたい方はぜひ大画面で


 

 公式サイト

Les Miserables              2012年    イギリス    158min

12月21日(金)より公開中〜

 

 

プレミアにて。

 

 

 

 

11/28 ジャパンプレミア

 


 

 

 

応援して下さると嬉しいな
クリックして下さってる方、感謝です
←please click


 

 

 

『映画』 ジャンルのランキング
Comments (36)   Trackbacks (60)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« LOOPER ルーパー / LOOPER | TOP | 2012 わたしがハマった10のこ... »

36 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは (dai)
2012-12-24 01:33:58
”涙が止まらない”は完全にいいすぎですよね。
俳優陣の歌が上手いので映画としての臨場感は流石と感じました。これは映画館で観るのがいいですよね。
大作感たっぷり (クラム)
2012-12-24 02:27:54
記事の内容、ほぼ同意です。
ただ本当にみなさん歌が上手い。R.クロウはちょっと驚きました。
そんなわけで、物語で泣けなくても、
感情が込められた歌で涙腺が揺さぶられてしまうのでした。
おはようございます。 (BROOK)
2012-12-24 06:10:44
私は感極まったものの、涙を流すまでには至りませんでした。
周囲ではかなり泣いている人がいたのですが。

普通のセリフまでもがミュージカルになっているのは、
かなり異色だと思います。

ただ、その歌だけで心情を表現出来ていたのは素晴らしかったです。
こんにちは (たいむ)
2012-12-24 10:34:22
内容というより、最高のキャスト達により感情のこもった歌と演技の賜物といった感じですねー
莫大な労力が必要だっただろうけれど、舞台を超える作品になったように思います。

私もそんなに感動はしないけれど涙腺はめっちゃ弱いんです(笑)
こんにちは (ナドレック)
2012-12-24 14:22:22
つねづね演劇を映画化しても演劇は越えられないと思っていたので、映画としての完成度を投げ打つような本作のアプローチに感心しました。演劇の持つナマの迫力には敵わないけれど、映画でもここまで演劇に迫れるんだと。
おっしゃるとおり、ミュージカルが好きでない方には厳しいかもしれませんね。
こんばんわ (にゃむばなな)
2012-12-24 21:05:34
どうやらこの映画はハマる方には号泣できるほどハマるような感じですね。
実際、私の両隣で見ていたお姉様方は嗚咽がやかましいほどでしたからね。
感動の度合い (ノルウェーまだ〜む)
2012-12-25 09:34:03
migちゃん☆おはよー
泣くほどじゃなかったのね〜?
私は、だーい好きなこのミュージカルを思い出して泣きっぱなしだったよ。
ってことは、ミュージカルのときの感動を思い出して泣いていたってことなのかも。
劇場ではちらほら途中で出ちゃう人も居て、体質に合わない人って確かにいるのねって思っちゃった。
私も映画「オペラ座の怪人」のように、普通に演技しているのを観たかったな。
私もコゼットとマリウスの2人の愛は素直に応援できなかった(苦笑)
こんにちは♪ (yukarin)
2012-12-25 12:50:57
演技と歌を同時に撮影する方法は舞台感覚でよいよね。
とても良かったんだけど見終った後の余韻はそれほどでもなかったりして....
全編歌よりも言葉のほうが心に残るような気がする。
うるうるする所はいくつかあったけど涙が止まらない...というほどではなかったかも^^;
Unknown (風情♪)
2012-12-25 16:48:59
こんにちは♪

ミュージカルは大好きだけど、これが映画となると
チョイと苦手ではあるんだけど、本作は個人的にい
ちばん馴染み深いうえに大好きな作品なだけに、な
んら拒否反応を示すことなく最後まで集中して観る
ことが出来ました。
舞台版を完全映画化したと言うだけあって、舞台じ
ゃ観ることや感じることのできない迫力やカメラア
ングルがあって映画ならではの楽しみ方もあって期
待以上の出来栄えで最高でした♪ (゚▽゚)v
でしたねえ。。 (rose_chocolat)
2012-12-25 20:26:23
>のめり込んじゃうほどの面白さではない
はい、そうでした。
私ミュージカル好きなんだけどね。

トム・フーパーだからなのかなあって思ったりもしたり。『英国王・・』もちょっとダメだったんで。
daiさん★ (mig)
2012-12-26 00:28:37
そう、泣くまでいかない。。。
きっと時代が時代だし古典的すぎて誰にも共感できないからかな。
でも大画面でみたい作品ですね
あとでコメいきます★
クラムさん☆ (mig)
2012-12-26 00:32:58
歌のうまさはさすがにすごい数のオーディションメンバー勝ち抜いてますから当然かなぁ。
でもラッセルクロウが巧いのは意外だったけど
もともと歌手もやっててCDも出してるらしいですよ★
オリジナルミュージカル好きな方は好きな作品でしょうね。
BROOKさん★ (mig)
2012-12-26 00:34:54
わたしのまわりで泣いてたのは隣で観てたレミゼファンの友人くらいかなぁ
私は子供もいないし、偶然の出逢いでの簡単に結ばれる純愛って嘘くさいと思っちゃうので
感情移入ゼロでした 笑

たいむさん☆ (mig)
2012-12-26 00:36:38
こんばんは★
舞台を超えたとまではさすがに言えないけど
笑 でも
キャストがやはり映画俳優ってことで
それはそれで楽しめますよね。皆これだけうまいんだもの。
個人的にはアンよりアマンダの歌声がやはり好きだなって♪
ナドレックさん (mig)
2012-12-26 00:38:33
まったく同感ですね、
舞台をなぞりながらも
舞台とはまた違った映画キャストならではの
良さが出てました。
ミュージカル苦手な方にはやはり
総じて評判よくないみたいですね。
にゃむばななさん☆ (mig)
2012-12-26 00:40:10
そうですね〜、舞台がよほど好きで思い入れあるとか、
共感しちゃう人とか。。。
私はまったく共感や感情移入出来る人もいないので
泣けもしませんでしたけど 
まだーむ★ (mig)
2012-12-26 00:42:57
このミュージカル、そんなに好きだったのね?
わたしは子供もいないしね、パン盗んで、そのうえ
司祭に多めにみてもらって心いれかえたジャンバルじゃんにも初々しいカップルにも共感できないからね〜まったく泣けないよ 笑
でもミュージカル映画って好きだからそれなりには楽しんだけど以前も映画版観てるしそれほどでもなかったのが正直な感想かな。
yukarin★ (mig)
2012-12-26 00:44:33
うん、期待の方が大き過ぎたかなぁ。
さすがに全部歌で舞台みたいに休憩なしだと
たまに眠気襲ってきたわ、、、
内容が古典的だからわたしにはそこまでハマれないのかも。。。
風情♪さん (mig)
2012-12-26 00:46:40
お、風情さんは期待以上だったのね!
わたしは一応オススメレベルの6にしたけど
ベスト10に入るのかな?って思ってたので
ちょっと期待したほどではなかったです。
アンのお母さんてミュージカル女優らしくて
歌声は似たのかな。
皆やっぱりうまい。
roseさん☆ (mig)
2012-12-26 00:48:07
あら、roseさん英国王ダメだったんでしたっけ?
あちらは面白かったけど
今回はそこまでではなかったですね〜
やはりミュージカル版(舞台)好きな人がハマれるのかもですね。
ツボに来なかった (q  ミュージカルも好きでも)
2012-12-28 16:15:51
レミゼは、舞台での感激はあるんんだけど
ミュージカルも好きだし、ヒュー様も好きなのに
・・・ツボに来なかったわ
観後に、じわーんと来るとか一切無し
ヒュー様の歌声がツボだったわ(//∇//)❤
映像ならではの見せ方とか上手いし
同録した歌いながらっていうのも良かった分
 ありゃっ?!?!?ヾ(゚ー゚ヾ)^?。。。ン?っていう感だったよ

舞台と同じにしなくても (ボー)
2012-12-29 08:28:21
セリフでよさそうなところも歌になってるのは驚きました。
映画なんだから、舞台そのものにしなくてもよさそうにも思えて。
とはいえ、ミュージカル好きだし、感動ものだし、よかったです。
きょう、もう1回観ます。
こんばんは (ノラネコ)
2012-12-29 23:07:20
舞台ファンこそ観るべき作品でしょうね。
私は高校生の時に始めて観て以来舞台版のファンなので、もう大満足でした。
ラッセル・クロウとか、全く歌のイメージが無かったですけど、意外と上手かったですね。
年の瀬に良いもの観せてもらった感じです。
書いたよー! (maru♪)
2012-12-30 01:47:44
やっと書けたよ! すごい長文だから時間のある時に♪

うーん・・・ 確かにこのミュージカル大好きだけど、大感動ではなかったかも。
迫力や高揚感では舞台版には勝てないからね・・・
でも、作品自体のファンだから、映画化してくれたmのはうれしかった♪
そしてやっぱり感動したよ〜
ミュージカル (NAO)
2012-12-30 21:00:27
こんばんは、migさん。

migさんはツボにはまらなかったみたいですね。
私は日本初演(滝田栄さんのジャンバルジャン)を観て
感動したくちなので、今回も堪能することが出来ました。

しかし、舞台そのまんま映画にするとは思わなかったので
これには驚きました。
エポニーヌ役の子は、舞台でも同じ役やってたので
しっくりきてましたね。「オン・マイ・オウン」も心に響きました。
qちゃん。 (mig)
2012-12-31 01:07:05
なんだろうね?舞台も好きな人は大抵感動してるようだけど、、、
私はそこまでもともと思い入れもないから
ふつうに役者たちのすばらしい歌を楽しんだという感じかなぁ。
ボーさん☆ (mig)
2012-12-31 01:08:41
舞台と同じにしてそのまま歌わせてやりたかったんでしょうねぇ監督。
わかる気がします。
好きな舞台を完全に映画にしたらどうかっって。
二度目も楽しみましたか?
ノラネコさん☆ (mig)
2012-12-31 01:10:41
こんばんは。
そうですね、舞台のファンの方ならぜったいってくらい必見ですね。
ラッセルの歌が皆さん意外だったといってますが
実はCDも出してるらしいですよ。
そいえば何かで歌聴いた事ありました
maruちゃん☆ (mig)
2012-12-31 01:15:01
maruちゃんまってたよ!
今年最後の映画この好きな作品で締められて良かったね★
私は007がラストになったみたい。
明日いきたかったけどベストつくって年越しもあるしー
うん、記事は悪いけどあとでゆっくりよませてもらうー
ベストの記事先におじゃまするかも
NAOさん☆ (mig)
2012-12-31 01:18:03
こっちにもありがとです★
そうですね〜
内容はシンプルなので私はそこまでハマらず
でも生歌で演技しながら収録って良かったですよね。
劇場でみてほしい1本ですね♪
ほとんど、 (kira)
2012-12-31 11:31:56
感想は出尽くした感がありますが、
やっぱり演技しながらのナマ歌と、
ぴったり嵌った素晴しいキャストが良かったんだと思います♪
子役のふたりもとっても上手かったよね
目を見開いたままの男の子の表情は、印象的だった!
kiraさん☆ (mig)
2012-12-31 14:27:50
そうそう、まったくそうですね。
キャストはスカちゃんはじめ、ティラースィフトとか有名な俳優とアーティストもオーディションしたらしいですね。
相当な難関突破してのキャストさすがです。
TBありがとですー
あとでいきます!
Unknown (SGA屋ユーゴ一)
2013-01-24 22:45:50
出遅れ2
わたしはミュージカル苦手なんだけど、これは割りと自然に楽しめた。恥ずかしながら号泣までした(笑)のせられやすいタイプだから
まあ「わたしはコゼット〜」「囚人番号○○〜」とかそんなとこまで歌わなくても、とは思った
あとコゼットちゃんはろくに相手のことを知りもせず恋におちちゃって、それじゃお母さんと同じ道をたどることになるよ!と心配になった(笑) 結果オーライだったけどね
ユー伍一☆ (mig)
2013-01-26 11:11:45
わたしのとこあとまわしにしたな


内容はもう知ってて観たけど、
やっぱり昔の古典というか内容的にはたいしたことないなぁって思っちゃう。
歌がやっぱりいいんだよね。
そして生で歌って収録したから今回余計に賞賛されるんだと思う。
アカデミー賞これとったらつまんない結果だなぁって思っちゃう。何がとるかなぁ??
ラストは(涙)。フランダースの犬状態であった (50歳)
2013-05-07 21:44:02
最初はとまどったが 段々とその時代へと自分が引き込まれていく。ラストは(涙)が 鼻水が。マスクしていて良かった 久しぶりに映画館で泣けました タイタニック以来の涙でした。
50歳さま☆ (mig)
2013-05-11 00:31:13

私はこちらでは感動はなかったんですが
タイタニックは純粋に泣きました〜
懐かしいですね。

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

60 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
映画レビュー「レ・ミゼラブル」 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
レ・ミゼラブル~サウンドトラック◆プチレビュー◆伝説的大ヒットミュージカルの映画化「レ・ミゼラブル」。音楽の力に圧倒される、力強い作品だ。 【70点】 19世紀のフランス。 ...
映画『レ・ミゼラブル』観てきたよ〜〜(ノω≦。)…ジーン… (よくばりアンテナ)
映画観終わって数時間経っているのに、 まだ歌声が耳に残っていて、どっぷりと余韻にひたっています。 映画館でハンカチを何度も使うくらい、どんだけ泣いてるのと つっこまれてもおかしくないほど涙...
レ・ミゼラブル (悠雅的生活)
夢はかえらない。雨は花を育てる。戦う者の歌。
『レ・ミゼラブル』 ミュージカルファンよ、心配するなかれ (映画のブログ)
 奇異な目を向ける人もいただろうが、私は席を立つことができなかった。  私と友人は、場内が明るくなり、他の観客が帰り出しても嗚咽が止まらず、いつまでも泣き続けていた。  子供の頃に児童書『ああ無...
レ・ミゼラブル (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★★☆【3,5点】(P) もういちど家族に対し見つめ直したくなるそんな映画。
レ・ミゼラブル (Memoirs_of_dai)
ミュージカルとトム・フーパーのマイナス点 【Story】 1815年、ジャン・バルジャン(ヒュー・ジャックマン)は、19年も刑務所にいたが仮釈放されるが、その後の生活で、銀食器を盗むという行為をして...
「レ・ミゼラブル」 (Con Gas, Sin Hielo)
愛の力、音楽の力。 恥づかしながら、ミュージカルを観てなければ、原作を読んだこともない。でも題名だけは子供の頃から知っている「ああ無情」。 初めて触れたのがこの映画版ということになるのだが、まずもっての印象としては、相当端折ってるなと。 映画としては....
劇場鑑賞「レ・ミゼラブル」 (日々“是”精進! ver.F)
どんな時にも、希望は残る… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201212210004/ レ・ミゼラブル~サウンドトラックサントラ ユニバーサル インターナショナル 2...
レ・ミゼラブル (あーうぃ だにぇっと)
レ・ミゼラブル@TOHOシネマズ日劇
[映画『レ・ミゼラブル』を観た(寸評)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆まさか、3時間近い上映時間とは思わず、女の子とレイトショーで観て、帰宅して落ち着いたら、この時間になってしまった。  明日も早いので、マジ寸評ですまん!  古典なので、あまり派手な起伏はないが、ミュージカルなので、その音楽の数々はやはり感覚に訴えてき...
レ・ミゼラブル / Les Misérables (勝手に映画評)
傑作ミュージカル『レ・ミゼラブル』の映画化。映画化したのは、ミュージカル版レ・ミゼラブルであり、ヴィクトル・ユゴーの小説版レ・ミゼラブルでは無いことに注意。ミュージカル版と小説版では、ストーリーに若干に違いがあるらしいです。 “お昼休み”の番組のメイン...
『レ・ミゼラブル』 2012年12月21日 TOHOシネマズ日劇 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『レ・ミゼラブル』 を鑑賞してきました。 今年の見納めでも良いと思っていた映画でしたが... 【ストーリー】  1815年、ジャン・バルジャン(ヒュー・ジャックマン)は、19年も刑務所にいたが仮釈放されることに。老司教の銀食器を盗むが、司教の慈悲に触れ改心する。...
レ・ミゼラブル (Akira's VOICE)
感動で満たされた!  
「レ・ミゼラブル」みた。 (たいむのひとりごと)
何から何まで歌で表現した完全なるミュージカル作品はあまり得意ではないのだけど、子供の頃から慣れ親しんできた「レ・ミゼラブル」であり、バルジャン役がヒューさまであり、予告編のアンの歌声にすっかり惹かれて
レ・ミゼラブル (そーれりぽーと)
今年の大本命、『レ・ミゼラブルを観てきました。 ★★★★★ ★がいくつ有っても足りない。 泣き過ぎて方針状態でエンドロールを眺めていました。 ミュージカル版の完全映画化と言うことで、キャスティングに全てがかかっていたのですが、これについては予告編を初めて...
レ・ミゼラブル (心のままに映画の風景)
19世紀フランス。 パンを盗んだ罪で19年間服役したジャン・バルジャン(ヒュー・ジャックマン)は、仮出獄後に再び盗みを働いてしまうが、罪を見逃してくれた司教に感銘を受けて改心する。 マドレーヌと...
レ・ミゼラブル (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
芝居をしながら歌を収録して、伴奏はあとからアレンジしているみたいだ。ジャン・バルジャンとシャベール警部の確執が解決する段階になると、涙がボロボロ出てくる。血が繋がっていない娘のために命をかけるジャン・バルジャンがファンテーヌと天国に召されるシーンが、切...
『レ・ミゼラブル』 (こねたみっくす)
はためくトリコロールがより美しく見える映画。 原作を基に物語を追うビレ・アウグスト版とは違い、舞台版を基に感情を追う作品となったこのトム・フーパー版。なので比較してし ...
映画「レ・ミゼラブル」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「レ・ミゼラブル」観に行ってきました。世界各国の舞台で長年ミュージカル公演が行われてきた、ヴィクトル・ユーゴー原作の同名小説の実写映画化作品。なお、今作が2012年...
「レ・ミゼラブル」☆英ミュージカルそのままに (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
圧倒的な迫力と、胸を打つ感動の歌声。 冒頭の音楽から既にミュージカルの世界に惹き込まれる☆ 最初から溢れる涙を抑えきれずに、ポタポタと涙をこぼしながらただただ、見入る私。 人は何故こうまでも歌声に共鳴するのだろう?
レ・ミゼラブル (新・映画鑑賞★日記・・・)
【LES MISERABLES】 2012/12/21公開 イギリス 158分監督:トム・フーパー出演:ヒュー・ジャックマン、ラッセル・クロウ、アン・ハサウェイ、アマンダ・セイフライド、エディ・レッドメイン、ヘレナ・ボナム=カーター、サシャ・バロン・コーエン、サマンサ・バークス、...
『レ・ミゼラブル』 (2012) / イギリス (Nice One!! @goo)
【管理人からのお知らせ】 しばらくの間ですが、本作のレビューUPが落ち着くまで、当方のTBを 承認制にします。 場合によっては反映しないこともありますので、TBなさる方はご承知の上、よろしくお願いします。 原題: LES MISERABLES 監督: トム・フーパー 出演...
「レ・ミゼラブル」 (或る日の出来事)
かわいそうさを盛り上げる歌の力が加わって、気持ちよく泣けた〜。
『レ・ミゼラブル(2012)』('12初鑑賞96・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10) 12月22日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター9にて 14:55の回を鑑賞。
レ・ミゼラブル (チケット持って、おさんぽ行こう)
LES MISERABLES (2012) メディア:映画 上映時間:158分 製作国:イギリス 公開情報:劇場公開(東宝東和) 初公開年月:2012/12/21 ジャンル:ミュージカル/ドラマ/文芸 映倫:G 愛とは、生きる力。
『レ・ミゼラブル』 試写会で鑑賞〜 (pure breath★マリーの映画館)
                          愛とは、生きる力 『レ・ミゼラブル』 監督・・・トム・フーパー 原作・・・ヴィクトル・ユーゴー 出演・・・ヒュー・ジャックマン、ラッセル・クロウ、アン・ハサウェイ、アマンダ・セイフライド、エディ・レ....
レ・ミゼラブル (2012)/ヒュー・ジャックマン (カノンな日々)
もうね、あのファンテーヌの唄が聴こえてくるだけで条件反射的に感動の記憶が呼び起こされてしまいます。日本での舞台を1度観ただけなので偉そうなことは言える私ではありませんが ...
レ・ミゼラブル (miaのmovie★DIARY)
レ・ミゼラブル~サウンドトラック(2012/12/26)サントラ商品詳細を見る 【 Les Misérables】 制作国:イギリス  制作年:2012年 ジャン・バルジャンは、パンを盗んだ罪で19年間服役した後、仮出獄す...
レ・ミゼラブル (to Heart)
愛とは、生きる力。 原題 LES MISERABLES 製作年度 2012年 製作国・地域 イギリス 上映時間 158分 原作 ヴィクトル・ユゴー(原作小説) 脚本 ウィリアム・ニコルソン/アラン・ブーブリル/クロード=ミシェル・シェーンベルク/ハーバート・クレッツマー 監督 トム・....
レ・ミゼラブル  う〜ん 何故かツボには来なかった (Said the one winning)
監督:トム・フーパー出演:ヒュー・ジャックマン、ラッセル・クロウ、アン・ハサウェイ、アマンダ・セイフライド、エディ・レッドメイン、ヘレナ・ボナム=カーター、サシャ・バロン・コーエン、サマンサ・バークス、アーロン・トヴェイト、イザベル・アレンストーリー:...
レ・ミゼラブル  う〜ん 何故かツボには来なかった (Said the one winning)
監督:トム・フーパー出演:ヒュー・ジャックマン、ラッセル・クロウ、アン・ハサウェイ、アマンダ・セイフライド、エディ・レッドメイン、ヘレナ・ボナム=カーター、サシャ・バロン・コーエン、サマンサ・バークス、アーロン・トヴェイト、イザベル・アレンストーリー:...
レ・ミゼラブル (風に吹かれて)
慈悲の心と愛に出会って公式サイト http://www.lesmiserables-movie.jpビクトル・ユゴーの同名小説のミュージカル舞台版の映画化監督: トム・フーパー  「英国王のスピーチ」
レ・ミゼラブル (ダイターンクラッシュ!!)
2012年12月22日(土) 15:50〜 TOHOシネマズ日劇1 料金:1000円(割引料金) 『レ・ミゼラブル』公式サイト かの有名な古典であり、有名なミュージカルだ。 原作は読んでおらず、ミュージカルも観ていない。 リーアム・ニーソンの「レ・ミゼラブル」を観たが、内容を...
レ・ミゼラブル・・・・・評価額1800円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
誇り高き人々の唄。 ヴィクトル・ユーゴーの不朽の名作を原作に、1985年にロンドンで初演されて以来、全世界で6000万人を超える観客を動員した傑作ミュージカル、「レ・ミゼラブル」の完全映画化。 十九世...
レ・ミゼラブル ★★★★ (パピとママ映画のblog)
ビクトル・ユーゴーの同名小説を原作に、舞台では27年間もロングラン中の最高峰ミュージカルが、ついに映画化!19世紀のフランスを舞台に、主人公ジャン・バルジャンを中心とした激動ドラマが、名曲の数々とともに大スケールで展開する。 監督は「英国王のスピーチ」....
「レ・ミゼラブル」  (首都クロム)
 圧倒的だったとしか、今は言えません。生きることだけに生きている人たちの姿は胸を打ちます。手段を選ぶ余地がない、足元がぬかるみでも、そこに足を置くしかないのだけれど。そんな風に生きている姿を見たら、自分は死んでいるのではと思われました。  レミコン(...
レ・ミゼラブル (だらだら無気力ブログ!)
素晴らしかった!!
『レ・ミゼラブル』 (・*・ etoile ・*・)
'12.12.22 『レ・ミゼラブル』@TOHOシネマズ渋谷 今年一番公開を待ってた映画。公開翌日、お目当ての回はなんと満席! 次の回も前から3列目しか残ってない・・・ そんな大人気の中見てきたー! *ネタバレありです! 長文です! 「妹の子のためにパンを1つ盗み19年間投...
レ・ミゼラブル ★★★☆☆ (センタのダイアリー)
ビクトル・ユーゴー原作のあまりにも有名な作品のミュージカル映画化。 多くの人がこれとは知らずとも、一度は聞いたことのある物語だろう。 パン1つを盗んで19年間牢獄に入れられていたジャン・バルジャンは仮釈放のときに司祭から銀食器を盗み警察に捕らえられる...
レ・ミゼラブル (とりあえず、コメントです)
ヴィクトル・ユーゴーの原作を舞台化した有名なミュージカルを映画化した作品です。 日本語版のミュージカルは帝国劇場で何度か観ていて、その度に胸いっぱいの感動を貰っていました。 そして、そのミュージカルの映画版も期待に違わず、素晴らしい歌声と感動を伝えてくれ...
「レ・ミゼラブル」 (NAOのピアノレッスン日記)
〜愛とは、生きる力〜2012年   イギリス映画  (2012.12.21公開)配給:東宝東和     上映時間:158分監督:トム・フーパー原作:ヴィクトル・ユーゴー (原作小説)    アラン・ブーブリル/クロード=ミシェル・シェーンベルク(ミュージカル)...
レ・ミゼラブル/LES MISERABLES (いい加減社長の映画日記)
ミュージカルって、好き嫌いあるけど・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 19年の服役後、仮釈放となったジャン・バルジャン。 彼は宿を借りた司教の家の銀器を盗むが、司教はバルジャンを許し、バルジャンは実も心も生まれ変わることを決意する。 8年後、....
『レ・ミゼラブル』 (時間の無駄と言わないで)
タイトルは知ってた。 「ジャン・バルジャン」って人が出てくるのと、銀食器を盗んじゃうエピソードも知ってた。 というか、恥ずかしながらその程度の知識しか持ち合わせていなか ...
「レ・ミゼラブル(2012)」 与える、与えられる (はらやんの映画徒然草)
昨年末より公開され、映画ブロガーさんの間でも昨年のランキングの中で評価が高かった
映画「レ・ミゼラブル」 (FREE TIME)
元日はファーストデーなので、映画「レ・ミゼラブル」を鑑賞しました。
レ・ミゼラブル (こんな映画見ました〜)
『レ・ミゼラブル』---LES MISERABLES---2012年(イギリス)監督:トム・フーパー 出演:ヒュー・ジャックマン 、ラッセル・クロウ 、アン・ハサウェイ 、アマンダ・セイフライド 、エディ・レッドメイン、ヘレナ・ボナム=カーター 、サシャ・バロン・コーエン ....
歓びの歌〜『レ・ミゼラブル』 (真紅のthinkingdays)
 LES MISERABLES  19世紀・フランス。病んだ妹の子を飢えから救おうと、たった一個のパンを盗 んだ男、ジャン・バルジャン(ヒュー・ジャックマン)。彼は19年もの長きに渡って 投獄され...
「レ・ミゼラブル」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「Les Misérables」 2012 UK ミュージカルなので突然歌い出す。最近突然歌い出すミュージカルって観ないので、久方ぶりにとても新鮮な感動を覚えた。 ジャン・バルジャンに「ファウンテン 永遠に続く愛/2006」「タロット・カード殺人事件/2006」「彼が二度愛し...
「レ・ミゼラブル」 (お楽しみはココからだ〜 映画をもっと楽しむ方法 )
2012年・イギリス/ワーキング・タイトル=ユニヴァーサル 配給 東宝東和 原題:Les Miserables 監督:トム・フーパー原作:ビクトル・ユーゴー作:アラン・ブーブリル、クロード=ミシェル・
映画「レ・ミゼラブル」 (ペガサス・ミラー)
上映中の「レ・ミゼラブル」,連休の真ん中に観ました.実に素晴らしい作品です.スピリチャルな要素,ヒューマニズム,革命精神などなど,いろんな内容が織り込まれたずしりと来る作品でした.ずっと前,ミュ...
ミュージカルで締める! (笑う社会人の生活)
31日のことですが、映画「レ・ミゼラブル」を鑑賞しました。 ジャン・バルジャンを主人公に彼の波乱の人生を ファンテーヌやその娘コゼット、彼を追うジャベール警部などを絡めて描いた作品 有名なミュージカル舞台の映画化 まさに大作、大河ドラマですね ミュージカル...
映画「レ・ミゼラブル」感想 (帰ってきた二次元に愛をこめて☆)
福祉は大切だと思った。 母子家庭の不幸、小さな子供が虐待される不幸、非衛生的な環境で次々に倒れていく人々。貧富の差の生み出す社会構造、何よりも飢え、仕事もなく、仕事はあっても搾取されるのみ...
ジャンバルジャンがんばるじゃん! ビクトル・ユーゴー トム・フーパー 『レ・ミゼラブル』 (SGA屋物語紹介所)
ビクトル・ユーゴーの不朽の名作が、近年ミュージカル化されてロングランを続けており
映画:レ・ミゼラブル 普段ノー・ミュージカルな私でも、展開される「魂」に震えた = やはり必見か(笑) (日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜)
普段ミュージカルしないワタクシ。 にとって、「映画化」は作品に触れる貴重な機会となる。 ので公開中のうちに、なんとか劇場へ。 冒頭 いきなし! ばばっと歌い出すので、「やっぱ苦手!」と思いつつ、我慢して見続けた。 すると、 監督トム・フーパー がこだわ...
レ・ミゼラブル 文句なしっ! (労組書記長(←元)社労士 ビール片手にうろうろと〜)
【=4】 TOHOシネマズ1か月フリーパスポートによる17本目の鑑賞、妻と1月2日に鑑賞、朝から1人で3本鑑賞してようやく本命、そうとう疲労困憊やったのだ。 ラ・ミゼラブルは子供の頃以来、何度か本を読み、そして2005年の年末にミュージカル「「Les Miserables」を梅田芸....
映画『レ・ミゼラブル』を観て〜アカデミー賞3部門受賞作品 (kintyre's Diary 新館)
13-1.レ・ミゼラブル■原題:Les Miserable■製作年、国:2012年、イギリス■上映時間:158分■観賞日:1月2日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ(六本木)■料金:0円(1カ月フリーパス) □監督:トム・フーパー◆ヒュー・ジャックマン(ジャン・バルジャン)◆ア...
映画『レ・ミゼラブル』を観て〜アカデミー賞3部門受賞作品 (kintyre's Diary 新館)
13-1.レ・ミゼラブル■原題:Les Miserable■製作年、国:2012年、イギリス■上映時間:158分■観賞日:1月2日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ(六本木)■料金:0円(1カ月フリーパス) □監督:トム・フーパー◆ヒュー・ジャックマン(ジャン・バルジャン)◆ア...
レ・ミゼラブル (いやいやえん)
思っていたよりも良かったー。でも泣くほどでもなかったかな。 主人公ジャン・バルジャン役のヒュー・ジャックマン、法の番人ジャベール役のラッセル・クロウ。不遇のファンテーヌ役のアン・ハサウェイが名曲「夢破れて」を素晴らしい声で歌いあげる(彼女が歌が上手...
レ・ミゼラブル (タケヤと愉快な仲間達)
監督  トム・フーパー  出演 ヒュー・ジャックマン、ラッセル・クロウ、アン・ハサウェイ 【あらすじ】 1815年、ジャン・バルジャン(ヒュー・ジャックマン)は、19年も刑務所にいたが仮釈放されることに。老司教の銀食器を盗むが、司教の慈悲に触れ改心する。1823年....
レ・ミゼラブル (Yuhiの読書日記+α)
文豪ヴィクトル・ユーゴーの小説を基に、世界各国でロングラン上演されてきたミュージカルを映画化したもの。監督はトム・フーパー、出演はヒュー・ジャックマン、ラッセル・クロウ、アン・ハサウェイ、アマンダ・セイフライド他。 <あらすじ> 1815年、ジャン・バルジ....