我想一個人映画美的女人blog

新作&DVD映画レビュー&温泉&ゴシップ+たまーに日記★
11周年迎えました✨いつもありがとうございます!

デビルズ・ダブル-ある影武者の物語- / THE DEVIL'S DOUBLE

2011-12-27 02:50:10 | 劇場&試写★6以上

 

 

ランキングクリックしてね
←please click

 

サダム・フセインの息子、ウダイ・フセインと顔が似てる事から

家族の命と引換えにこの男の影武者になることを強制された男の物語。

 

へんな人に顔似るもんじゃないね人生台無しです

 

マスコミ試写にて鑑賞

 

このチラシは作品の面白さがぜんぜん伝わらない安っぽいマサラムービーみたいな

って思ってたらどうやら海外版と一緒だったのね。

悪魔系ホラーかとも思える?邦題もどうなのよ~と思ったら原題も同じ。でもサブタイトル余計かも。

 

イラクの独裁者サダム・フセインの長男にして"狂気の申し子"と呼ばれたウダイ・フセイン。

同級生で、似てるからと強制的に影武者にさせられた男の名はラティフ・ヤヒア。

 

   本物        影武者

 

見事な二役で完璧になりきったのはドミニク・クーパー。ハマり役。

フセインの息子にしてはちょっとかっこ良すぎると思いきや

実際の、影武者ラティフの方にはけっこうそっくり。

マンマミーア」のと言われてもピンとこなくて、先日観た「マリリン 7日間の恋」にも出てて もっと何かに出てたな~って思ったら

アイアンマン」のロバダウさん演じるトニー・スタークの父親でした☆

(「キャプテン・アメリカ」にも登場)

実際のフセインの息子知らないけど、乗り移ったかのようなホントに素晴らしい演技で

観る者を圧倒! かっこよすぎるわ

演じるにあたって実在のラティフ氏に特別に指導受けたとか。


監督は「007 デイ・アナザー・デイ」のリー・タマホリ。

  • 脚本  マイケル・トーマス
  • 原作  ラティフ・ヤヒア

 

フランス女優、リュデヴィーヌ・サビエはウダイの愛人。

久々に観たけどちょっと老けたかな。でもキュートな妖婉さは相変わらず。

 

このウダイ・フセイン

ヒトラーを真似た独裁主義の最悪な男

影武者を作ったのは身を守るためというより遊び、すぐに飽きるかもしれない気まぐれ。

TVに映る「自分」のスピーチに「俺だ!」と笑って満足し、

自分の歯向かう者には拷問、容赦なく暴行。

街に車ででかけ、気に入った女の子はナンパ、むりやり連れて帰り強姦!

父親のフセインには「生まれた時に殺すべきだった」と匙を投げられ吐き捨てるように言われる始末。

横でそのはちゃめちゃなやり方を終始みせられてるラティフはそれこそが拷問。

 

どちらもかなりセリフ量も多く、重要なキャラ。

ドミニク・クーパーはセリフ回しや声の感じや雰囲気を

本物の写真やボイストレーナーを使い徹底的に演じ分け。

ウダイのファッションセンス、着ているものも奇抜で、

劇中の服などは写真を参考に本物そっくりにしてるとか。

 

ウダイは2003年、享年39歳で死んでいる。※画像検索すると色々出てくる。

 

拷問シーン、痛!

でもそれよりある人物がやられて内臓少し飛び出すシーン一瞬あり。

 

 

7/10(75点)

 

 

予告篇で気になってたけど思ってた以上になかなか面白かった♪

とにかく、ドミニク・クーパーの魅力あふれる作品

ウダイ・フセインなんて最低最悪の男なのに、

フセインの息子のことなんて知らなかったし興味なかったのにドミニクの入魂の演技で

いきいきと魅力的に蘇ってる(いいのか?)

しかし、本当にやりたい放題。この独裁者、こんなに酷い野郎だとは単純に驚くばかり。

実際は映画より酷いエピソードもあったそうで、想像するだに恐ろしい。

 

サニエちゃん演じるセクシーな愛人、サラブはラティフと同様に

いつウダイに飽きて捨てられるか分からないという立場が一緒で


危険な関係になり一緒に逃亡するも結局スパイ行為でウダイにこっそり電話をして行方を密告。

そのくせ実は姉に見てもらっている自分の子供がいるから助けたいと言い出す。

ラティフに優しさを求めるも、ウダイのように怒鳴りつけ罵倒するラティフに

「可哀想なひと」と行って去って行く。

これは結局どっちが正しかったのか、単に助けて欲しかったのか、うやむやなまま。

 

一度は自殺も試みたラティフが人生を取り戻せるかの最終ステージ、

暗殺事件を企てるラティフ。

 

監督が「007」を撮っただけあって、銃撃戦になるところや

アクションなど、ちょっと似た雰囲気を感じる。

実話をうまくエンタメ作品として映画化した成功例。

面白かったので気になる方は是非劇場で

 

20世紀末、世界中の国家を敵にまわしたイラクの独裁者サダム・フセイン。
彼にはタブー視されていた息子がいた。
“狂気の申し子”と悪名高く<ブラック・プリンス>と呼ばれた長男、ウダイ・フセイン(1964.6.18-2003.7.22)だ。
そのウダイに顔が似ているという理由で選ばれ、家族の命と引き換えにウダイの影武者を引き受けることとなった男がいた。彼の名はラティフ・ヤヒア。
莫大な資産と、全てを思うがままにすることを許される権力、毎夜抱き替える女たち、そして理由なき血への欲求——。ウダイの飽くなき狂気に寄り添い、生死を選ぶ自由さえ許されなかったラティフが、影武者として応え続けながら、闇の中で見たものとは?


 

 公式サイ

THE DEVIL'S DOUBLE     2011年    ベルギー  109min

2012年1月13日(金)ロードショー

 

 

プレミアにて。

左、ラティフ氏。

 

そして来日も果たした。

デヴィ夫人いらない

 

 

 

 

MyTwitter

Twitterボタン

 

1日1回、ポチっとよろしくね
クリックして下さってる方、感謝です
←please click

 

 

 

『映画』 ジャンルのランキング
Comments (25)   Trackbacks (27)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「Jack & Jill/ジャックとジ... | TOP | ヒミズ  »

25 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
おはよう~ (rose_chocolat)
2011-12-27 06:13:37
クーパーさんって『17歳の肖像』にも出てたよね~。
これ結構楽しみ!

やっと今年は映画観る時間取れそうです・・・ ってもう終わるけど(笑)
おおーっ (hino)
2011-12-27 09:31:10
おはよー!
この作品に今応募してきたとこ。
もう観てたんだね!
当たるかな。

チラシがなんだかマハラジャっぽいねー

デヴィ夫人。。。。なんできた。

今一番楽しみな映画 (562_1992)
2011-12-27 10:35:49
おはようmigちゃん。
これすごく観たいんだよね~ にしてもGOLD使いすぎ。ギラギラしすぎで笑えるw
ドミニク・クーパー引っ張りだこだね。
くせのある顔だけど時々すごくかっこよく見えるw
ベルギーで製作されたってのみ興味深いし。
少し前に、映画のPRで来日したラティフ氏が、書類不備かなんかで成田で入国拒否されたニュース流れてたね。。。
☆roseさん (mig)
2011-12-27 14:55:30
わーい、
これroseさんもお好きだと思うわ☆
ぜひ感想待ってまーす。
今日は映画三昧?
今年のランキングまだ考えてない~!
☆hinoゆきえちゃん (mig)
2011-12-27 14:56:26
お!偶然だね!
ぜひ観て欲しいよ~♪
この人、カッコイイよ♡

デヴィ、いらないよほんと(笑)
あとでね~!
562_1992Tamaちゃん☆ (mig)
2011-12-27 14:58:16
Happy Birthday
おめでとう!!

あ、roseさんとこに書き忘れたけど
そうそう17歳の肖像にも出てる。

この人、なんだかカッコいいわ~小柄にみえるけど。
映画楽しんで素敵な1日、1年をね
こんばんは (dai)
2012-01-02 04:14:24
明けましておめでとうございます。
今年も宜しくお願いします。

これはドミニクの演技が凄まじかったですね。ラティフともビジュアル的に似ているし、ドミニクにしたらある意味当たり役かもしれないですね。
daiさん☆ (mig)
2012-01-03 21:42:14
あけましておめでとうです☆
うん、ほんとあたり役!
daiさんとこまたじっくり時間みつけてよみにいきますよ~!
今年もよろしく☆
Unknown (KLY)
2012-01-10 00:42:09
正直言ってストーリー的にはそれほどでした。個人的には別にウダイの事もどうでもいいので。ただもうひとえにドミニク・クーパーが凄い!彼の恐るべき演技で見せられてしまった感じです。だって同じ顔なのに別人に見えるし。しかもね、最後のほうに行くとウダイの影響を受けたラティフという、この実に微妙な人格を完璧に伝えてくれるってのに脱帽です。
こりゃ参りました。
書いたよ★ (maru♪)
2012-01-10 02:22:28
見てる間は面白かったんだけど、感想書こうとしたら何も浮かばなかったよ(笑)

ドミニク・クーパーよかったよね♪
ラティフの時はかっこよかった(゜∀゜)ラヴィ!!

デヴィ夫人はデビルに名前が似ているってことで呼ばれたらしいよ(o゜ェ゜)・∵.
☆kLYさん (mig)
2012-01-11 20:56:34
うん、ドミニクがとにかく魅力的に
巧く演じてたからよけいに惹き込まれちゃった!
すごいよね~
しかもヤなヤツなのになんだかカッコ良くみえたりして(いやいや本物のウダイはぜったいこんなカッコ良くないし)
maruちゃん☆ (mig)
2012-01-11 20:57:55
まぁたまーにそういう映画あるよね(笑)
観てるとき面白ければいいじゃん、っていうのが私の考え。
その後語りたくなるような映画がまた面白いんだけどね~。
ドミニクカッコいいよ♪
ファンになるとこだったぁ(笑
良かった! (ノルウェーまだ~む)
2012-01-13 22:07:17
migちゃん、この映画よかった~
なんかあまりの狂気に呆然としちゃうんだけど、とにかくドミニク・クーパーが凄い!
それにしてもラティフ氏は来日もしたんだね。
ロンドンの某所に住んでいるってウィキに書いてあったけど、顔出しして大丈夫なんだね・・・
こんにちは^^ (ひろちゃん)
2012-01-16 11:34:30
>デヴィ夫人いらない

あはは・・・同感~~♪

ロバート(笑)のパパ役だったドミニクは、「ある侯爵夫人の生涯」でチャールズ・グレイもやってました^^

私は予告編以上に面白さは、感じられなかったのですが(汗)、ただ、ドミニクの演技には惹きつけられました!彼の演技なくしては、成り立たなかった作品なんじゃないかなって思います^^
ドミニクの演技観るだけでも、一見の価値がある
作品ですよね(^^)
観てきたよ♪ (562_1992)
2012-01-16 12:48:43
今年は元旦ファーストデイにも行かず、
今年初の映画館での鑑賞がこれになりました。
面白かった~!
ドミニク・クーパー、ほんとかっこよかったわ♪
彼、笑わない方がよいねw
小難しいしぶーい表情だとすごくイケメンw
色々出てるけど今までで一番かっこよかったし、
元々濃い顔立ちだからアラブ風メイクも髭もすごく似合ってる。
そして声音まで変えての素晴らしい役作り。

リュディヴィーヌ・サニエが、あたしイマイチだった~
彼女が嫌いとかじゃなくて、イラク人役は無理があった様な…
キュートだけどベイルート1の美人って言われても、へ?(^^;)って感じだった←失礼

こういうのは現地語だといいんだけど難しいよね。けどサラブの役は重要だし中東の女優さんにして欲しかったわー。
って文句言ったけど、大満足でした(´∀`)/
ひろちゃん★ (mig)
2012-01-16 15:50:12
こんにちは♪

あ。「ある侯爵夫人の生涯」ってキーラ主演のですね。見逃したまんまでまぁいいやって思ってたんだけど
ドミニクさん出てるんだったらみたいな~(笑)
うんうん、ドミニクだからこそここまでのウダイの酷さを感じられるんだと。
見て良かったです~♪
562_1992Tamaちゃん☆ (mig)
2012-01-16 15:55:29
おおー、観たのね♪
面白かったよねー♪
ドミニクがいいしね★
サニエちゃんはイラク人て設定だったのかなー?
私はどこかよその国からの移民とか勝手に解釈してたけど(笑)

そうね、中東の女優さんにするのもありか。
でもたぶん、ホラ、009撮った監督だし
アメリカ以外の国のボンドガール的なセクシー女優使いたかったんじゃない?
フランスでは有名で知名度あるしね、
日本でも秘かに男性人気あるよね~☆

まだーむ☆ (mig)
2012-01-18 15:41:44
ごめーん!!
抜けちゃってた!

ほんとこの方、来日したとはね~。
しかもよくご無事で。
いろいろ映画撮影に際して協力してもらえたからこそリアルなものが出来たんだろうね。
ドミニクがまた巧いし!
ってことで、後でね~♪
こんにちはー♪ (kira)
2012-01-19 12:51:01
コレねぇ、migちゃんが☆7つつけてたの覚えていて、
「ヒミズ」に間に合わない時点で思い切れたんだよ
面白かった!
サニエちゃんは瞳が魅力的よねー
最後ちょっと理解できなかったけど、それだけの恐怖が染み付いていたのね。

デヴィ夫人いらないにワロタわ

kiraさん☆ (mig)
2012-01-19 21:19:52
こんばんは☆
そうなんですね!
うん良かった、面白かったー♪
サニエちゃんはちょっと老けたね^^

良くぞ化けた (q 化けたドミニク)
2012-02-03 12:21:38
ドミニクの演技に見事としか言えず
お話自体は、父サダムの事で無いから
まぁモヤっと感はあったけど
とにかく「ドミニク凄い化けたぞ~」って
目の演技から仕草1つ
変化してるのよねぇ
これは面白い作品に仕上がってたな
ラティフ氏ってこういう顔してたのね
ふむふむ
qちゃん☆ (mig)
2012-02-03 16:17:52
ドミニクが最高だよね、
やっぱり。わたしはお話もかなり惹き込まれちゃったんだ~息子まで
フセインに負けず悪人だったとは。
この親にしてこの子あり!だよね。

とにかく (sakurai)
2012-03-15 21:57:43
ドミニクに尽きましたね。
映画的には、知ってることだし、物語もすごい!!というもんではなかったですが、そんなことはどうでもよくて、ドミニクってこんなにうまかったっけ?って、びっくりでしたわ。

しっかし、たまたま似てたのが、地球上でも最悪の人だったっていう悲劇でした。
ウダイとクサイが暗殺されたとき、連日ニュースで聞きながら、息子たちと笑いながら聞いてたのを思い出しました。「うざいし、くさいし、だって!!」とかって。

上の写真のドミニク、なんか彼っぽくないですねえ。影武者だったりして!

「ある公爵夫人・・」のとき、未来の大政治家!!の役でしたが、ちゃっちい小僧に見えて、いまいちだったのが、あの映画のマイナスだったのですが、完全払しょくです。
写真~ (latifa)
2012-11-07 09:56:00
migさん、こんにちはー!
実際の写真を比較して見せれ頂けて、嬉しいー。
いつもmigさんの記事は、時間と手間が一杯かかっているよね。楽しく見せてもらってまーす♪

もう今年も残すとこわずかですね。。
今年のベスト10に入る様な良い映画を、お互い残り2ヶ月で、一杯見れるといいな~!
☆latifaさん (mig)
2012-11-08 10:16:47
おはようございます★
お久し振りです

わぁありがとうございます
これ、私は面白くみました♪
そっくりなだけでこんな危険な大役背負うなんて、、、、
ほんと、もうベスト出す迄あと1ヶ月半ですからね~
早!!

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

27 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
デビルズ・ダブル -ある影武者の物語- (Memoirs_of_dai)
狂気に満ちたドミニク・クーパー 【Story】 家族思いの青年ラティフ(ドミニク・クーパー)は、ある日サダム・フセイン大統領の息子ウダイ(ドミニク・クーパー)に呼び出され、影武者になるよう命じ...
デビルス・ダブル~ある影武者の物語~ (食はすべての源なり。)
デビルス・ダブル~ある影武者の物語~ ★★★★☆(★4つ) 狂気のプリンス フセインの息子の影武者が語る衝撃の真実 今年、楽しみにしていた作品です 話はもっと狂気のプリンスを想像してましたが、ま~想像の範疇でした。 やっていることは確かにひどいですが、...
『デビルズ・ダブル-ある影武者の物語-』 (ラムの大通り)
(原題:The Devil's Double) ----これって、どういう意味? 『ボディ・ダブル』なら聞いたことあるけど…。 「うん。『ボディ・ダブル』はブライアン・デ・パルマ監督の映画のタイトルにもなったからね。 その意味は、“代役”。 映画では、ヌードシーンやスタン...
デビルズ・ダブル -ある影武者の物語- (LOVE Cinemas 調布)
イラクの独裁者サダム・フセイン。あの独裁者をも呆れさせる息子ウダイの影武者をだった男、ラティフ・ヤヒアの自伝を映画化。ラティフとウダイの一人二役を見事に演じ分けるのは『マンマ・ミーア!』のドミニク・クーパー。共演に『引き裂かれた女』のフランス人女優リ...
『デビルズ・ダブル -ある影武者の物語-』 (2011) / ベルギー (Nice One!! @goo)
原題: THE DEVIL'S DOUBLE 監督: リー・タマホリ 出演: ドミニク・クーパー 、リュディヴィーヌ・サニエ 、フィリップ・クァスト 試写会場: 東商ホール 公式サイトはこちら。 (2012年1月13日公開) イラクの独裁者サダム・フセインの息子、ウダイの影...
デビルズ・ダブル -ある影武者の物語- (あーうぃ だにぇっと)
デビルズ・ダブル -ある影武者の物語-@東商ホール
「デビルズ・ダブルーある影武者の物語ー」映画以上の真実 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
正直観終った時は、『これは誇張した物語だろう、この映画を公開してイラクの人怒らなかったのかな?』と思っていた。 しかし帰って公式サイトを調べてビックリ! 「(脚本化を)渋々諦めなざるをえなかった、映画に適さない部分もあった」と、モデルとなった本人の手記...
『デビルズ・ダブル -ある影武者の物語-』 (Cinema+Sweets=∞)
今日はTOHOシネマズ 六本木ヒルズに『デビルズ・ダブル -ある影武者の物語-』を観に行ってきました。 予告を見てたら、結構面白そうな感じがしたのと、今日はTOHOシネマズ1000円鑑賞の日だったので、いい...
どっちが独裁者?『デビルズ・ダブル -ある影武者の物語-』 (水曜日のシネマ日記)
イラクの独裁者サダム・フセインの息子、ウダイの影武者だったラティフ・ヤヒアの自伝を映画化した作品です。
試写会「デビルズ・ダブル」 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2012年1本目の映画は「デビルズ・ダブル」の試写会でした。 2012/1/5、神保町の一ツ橋ホールでの開催。 イラクのサダム・フセインの長男、ウダイ・フセインの影武者の物語。 映画そのものはまずまずだったけど、気に入らないことがいくつか。 まずは我々の...
★デビルズ・ダブル -ある影武者の物語-(2011)★ (Cinema Collection 2)
クリックよろしくです THE DEVIL'S DOUBLE この真実に、ついてこれるか。 上映時間 109分 製作国 ベルギー 公開情報 劇場公開(ギャガ) 初公開年月 2012/01/13 ジャンル ドラマ 映倫 R18+ 【解説】 イラクの元大統領サダム・フセインの長男にして....
デビルズ・ダブル -ある影武者の物語- (ダイターンクラッシュ!!)
2012年1月14日(土) 17:00~ TOHOシネマズ川崎1 料金:1000円(TOHOシネマズデイ) パンフレット:未確認 『デビルズ・ダブル -ある影武者の物語-』公式サイト サダム・フセインでさえ、「生まれてきたときに殺しとけばよかった。」と嘆いた、世界でも屈指に残...
デビルズ・ダブル (幕張コーポ前)
プリンスといえば、やはりこの人、裸族ぱーぷーれいん ぱーぷれいんアメリカのむらさき王子。プリンス奇抜なセンスで、やや過小評価されがちな(?)ミュージシャン。わたしは好きなんですけど、ただ、今回はこのプリンスではなくて、イラク共和国。すべてが許された狂気の...
デビルズ・ダブル (幕張コーポ前)
プリンスといえば、やはりこの人、裸族ぱーぷーれいん ぱーぷれいんアメリカのむらさき王子。プリンス奇抜なセンスで、やや過小評価されがちな(?)ミュージシャン。わたしは好きなんですけど、ただ、今回はこのプリンスではなくて、イラク共和国。すべてが許された狂気の...
デビルズ・ダブル ある影武者の物語 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
フセインの息子とその影武者になった男の驚愕の実話「デビルズ・ダブル ある影武者の物語」。ドミニク・クーパーの一人二役がまさに神技だ。イラク軍中尉ラティフは、イラクの独裁 ...
デビルズ・ダブル -ある影武者の物語- (to Heart)
この真実に、ついてこれるか。 原題 THE DEVIL'S DOUBLE 製作年度 2011年 製作国・地域 ベルギー 上映時間 109分 映倫 R18+ 原作 ラティフ・ヤヒア 脚本 マイケル・トーマス 監督 リー・タマホリ 出演 ドミニク・クーパー/リュディヴィーヌ・サニエ/ラード・ラ...
「デビルズ・ダブル -ある影武者の物語-」 なぜウダイはラティフを殺さなかったのか? (はらやんの映画徒然草)
サダム・フセインの息子、ウダイ・サダム・フセインとその影武者とされたラティフとい
デビルズ・ダブル -ある影武者の物語- (だらだら無気力ブログ!)
二役の演じ分けが素晴らしい!!
デビルズ・ダブル -ある影武者の物語-/おれのものはおまえのもの (映画感想 * FRAGILE)
デビルズダブル -ある影武者の物語-The Devil's Double/監督:リー・タマホリ/2011年/ベルギー サダム・フセインが良い人に見えてくるほどに、息子のウダイは最悪でした。 金ピカのポスターをひとめ見て、この映画見たい! と思った「デビルズ・ダブル」です。ポス...
デビルズダブル ある影武者の物語 (Said the one winning)
イラクの独裁者サダム・フ セインの息子、ウダイの影武者だったラティフ・ヤヒアの自伝を映画化した衝撃作。ウダイに顔が似ていることから無理やり影武者に仕立てられ、人生を狂わさ れた男の絶望と怒りを描き、サンダンスやベルリンなど世界各国の映画祭で絶賛された。...
『デビルズ・ダブル ある影武者の物語』お薦め映画 (名機ALPS(アルプス)MDプリンタ)
見どころはなんといっても、ドミニク・クーパーがウダイとラティフを一人二役で演じていることである。2人を見比べているだけで退屈しないし、2人が同じ画面に登場しても、全く白けた感じにならない。素晴らしいと思う。フセイン政権は2003年に崩壊したが、隣国でも最高権...
映画『デビルズ・ダブル-ある影武者の物語』を観て (kintyre's Diary 新館)
12-5.デビルズ・ダブルズ■原題:The Devil's Double■製作年・国:2011年、ベルギー■上映時間:109分■字幕:林完治■観賞日:1月14日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ(六本木)□監督:リー・タマホリ□脚本:マイケル・トーマス□原作:ラティフ・ヤヒア□...
デビルズ・ダブル ある影武者の物語 (迷宮映画館)
ドミニク・クーパーが光る、光る。この人凄いわ。
デビルズ・ダブルーある影武者の物語ー (ここなつ映画レビュー)
1月の第一週目に試写会で観た作品です。 ドミニク・クーパーの一人二役の演技が見もの、ということで、期待して観ました。本当に、同一人物とは思えない、素晴らしい才能で、ウダイとラティフの人格が全く別物の両方の役をこなし、息を呑む展開でした。 ...
「デビルズ・ダブル -ある影武者の物語-」 まさに悪魔?q|゜Д゜|p (ジョニー・タピア Cinemas ~たぴあの映画レビューと子育て)
イラクの元大統領サダム・フセインの長男にして権力を笠に数々の蛮行を繰り返し、国内
デビルズ・ダブル -ある影武者の物語- (新・映画鑑賞★日記・・・)
【THE DEVIL'S DOUBLE】 2012/01/13公開 ベルギー R18+ 109分監督:リー・タマホリ出演:ドミニク・クーパー、リュディヴィーヌ・サニエ、ラード・ラウィ、フィリップ・クァスト この真実に、ついてこれるか。 家族を愛し、明るい未来が約束されていたはずの青年...
「デビルズ・ダブル ある影武者の物語」感想 (ポコアポコヤ 映画倉庫)
ベルギー映画なんですね・・・3つ☆半