我想一個人映画美的女人blog

新作&DVD映画レビュー&温泉&セレブゴシップ+たまーに日記★
I hope you enjoy my blog;)

X-MEN フューチャー&パスト/X-MEN:DAYS OF FUTURE PAST

2014-06-08 18:17:55 | 劇場&試写★6以上

 

 

2023年の未来(フューチャー)と1973年の過去(パスト)、二つの時代が同時進行する

X-MENシリーズの最新作

 

X-メン(2000年)
X-MEN2(2003年)
X-MEN: ファイナル ディシジョン(2006年)
ウルヴァリン: X-MEN ZERO(2009年)
X-MEN: ファースト・ジェネレーション(2011年)
ウルヴァリン:SAMURAI(2013年)

 

ミュータント…それは超人的なパワーを持った特殊な遺伝子の持ち主。
テレパシー能力の持ち主チャールズは、人類とミュータントとの平和的共存という夢を信じ、
世界各地からミュータントを集めて指導・教育していた。
その一方で、ミュータントへの偏見は根強く、人類を支配しようと企む過激派のミュータントや、ミュータント絶滅を目論む政治家など強敵も数多く、平和への道は遠い。
それでも、彼らミュータントたちは、夢の実現を信じて今日も戦い続ける。

ーーーーって自分の過去記事からの引用

 

 

X-MENシリーズはアメコミの映画の中でも特に好きなので

最初から観てるけど、前回の「ウルヴァリンSAMURAI」は

シリーズに入れたくないほど個人的にはなかったことにしてほしい作品 笑

それ以外はX−MENシリーズにハズレなし

 

今回は、フューチャー&パスト(過去と未来)ということで

まずはオープニングから無敵のロボット(センチネル)と戦っている。

瞬間移動で数分後に移動しながら敵をかわして倒そうとする。

未来では。ミスティークがある人物を暗殺しまったことで、捕らえられ、

DNAを採取されたことから 何にでも変身する能力を持った

核兵器のようなロボットが数体作られ、生き残ったミュータントたちを抹殺するように仕向け

られていた。未来では、共存どころか人間たちは、ミュータントへの脅威から

戦争に追い込んでいたのだった。

 

この最悪の状況を打破するには過去を変えるしかない

そこで未来のプロフェッサーX とマグニートーらはウルヴァリンを過去に送り込む。

 

監督は前作の「キックアス」監督のマシュー・ヴォーンに代わり、

前作ではプロデューサーを務めていたブライアン・シンガーが「X-MEN2」以来のシリーズ再登板

 

以下 一応、今回出てくるキャラクターの能力をまとめてみた

もちろん、メインキャラで重要人物 ウルヴァリン(ローガン)=ヒュー・ジャックマン。

 ミュータントパワー
致命傷もたちどころに治す驚異的な治癒能力と、
野生動物並みの超人的な五感を持つ。

 

ストーム(オロロ・マンロー)=ハル・ベリー

ミュータントパワー
嵐や雷など、あらゆる天候を自在に操る能力を持ち、
風力をコントロールすることによって飛ぶことも可能。

 

ミスティーク(レイヴン・ダークホルム)=レベッカ・ローミン&ジェニファー・ローレンス

ミュータントパワー
一度、目にした物ならば、人間でも、物体でも自在に変身することが可能。

 

プロフェッサー・X(チャールズ・エグゼビア)=パトリック・スチュワート&ジェームズ・マカヴォイ。

ミュータントパワー
世界最強のテレパシー能力の持ち主。
他人の心を読むだけでなく、相手の意思を操作したり、
記憶を消すことさえ可能。

 

マグニー・トー(エリック・レーンシャー)=イアン・マッケラン&マイケル・ファスベンダー。

ミュータントパワー
磁界王の別名を持つ、世界最強のミュータント。
磁場を作りだし、金属を自在に操る。

 

キティプライド=エレン・ペイジ。

ミュータントパワー

テレポート。他人も送る事が出来る。

 

ビースト(ヘンリー・“ハンク”・マッコイ)=ニコラス・ホルト。

ミュータントパワー

獣のような身体能力

  

クイックシルバー(ピエトロ・マキシモフ)=エヴァン・ピーターズ。
ミュータントパワー

超高速移動。
原作では後述のマグニートーの息子。映画では違う。

「アメリカン・ホラーストーリー」にも出演の子、今後も楽しみ。

 

ビショップ=オマール・シー。

ミュータントパワー

能力はエネルギーの吸収・反射

最強のふたり」の主演、オマール・シーがミュータントだったなんて! 笑。

 

ブリンク=ファン・ビンビン。

テレポートと次元断層。

 

アイスマン=ショーン・アシュモア。

ケヴィンのドラマ、「ザ・フォロウィング」ではマイク役。

 

サンスポット=エイダン・カット。

太陽エネルギーの利用。

 

 コロッサス=ダニエル・クドモア。

全身を生体金属で覆う事が出来る怪力の巨漢。

「トワイライト」シリーズではフェリクス役。

 

ウォーパス=ブーブー・スチュワート。

驚異的な身体能力と視力聴力、飛行能力。

「トワイライト」シリーズではセス役。

 

他にもこれまで出て来たミュータントたちはまだいるけどきりがないのでこのへんで。

 

ミュータントではなく、博士として本作では重要人物、ボリバー・トラスク。

演じるのはピーター・ディンクレイジ。

 

あと、若きストライカーはジョシュ・へルマン。

 

 

これまでのキャラは出てくるし、ファーストジェネレーションからの

プロフェッサーXとマグニートーの若い頃の二人、ジェームズ・マカヴォイとマイケル・ファスベンダー

加えて新しいキャラが数名と、楽しい競演。

過去に戻って未来を書き換えろというよくあるパターンの筋ではある。

が、これによってこれまでのキャラも出せて、新しいキャラも出せる上、

無理なく絡ませることも可能。都合のよいことに、過去に戻ると傷を受けてしまうことになるというが

ウルヴァリンは自然治癒能力があるので彼だけは、過去に戻せる。

 

 8/10(80点)

 

 期待通り、面白かった〜。

 何が驚いたって過去に戻るとプロフェッサーXがやさぐれてて、

とても「教授」には見えなくてびっくり。(酒呑んで自暴自棄だし)

 

     数年後は

 

本作では自分自身との対面も。

 

 やっぱり面白かったのは、クイックシルバーのシーン。

瞬間移動してぱっぱと物事を変えられる。

飛んで来た弾さえも、向きを自由に変えて、、、あんなことできたら面白いだろうな。

 

本作の魅力は、やっぱり過去のキャラと新キャラが同時に絡むところ。

そして、ミスティークがキーポイント。

これまでの作品よりも少し真面目というか、ブライアン・シンガー作品という感じ。

 

 

とにかく、前作を観ないとはじまりません

観る前には、全部が無理ならX-MEN 1と2と前作の「ファーストジェネレーション」は必須

 

2023年、バイオメカニカル・ロボット「センチネル」によって地球は壊滅へと向かっていた。プロフェッサーXは宿敵のマグニートーと手を組み、 1973年にウルヴァリンの「魂」を送り込み危機の根源を絶とうする。50年前の自分の肉体に宿り「センチネル・プログラム」の開発を阻止しようとするウ ルヴァリン。しかしその間も、2023年では暴走するセンチネルの過酷な攻撃で、地球滅亡へのカウントダウンが進んでいた。2023年と1973年。2つ の時代が同時進行する激しいバトルは、想像を絶する結末へと向かう―。


 公式サイト

X-MEN:DAYS OF FUTURE PAST          2014年    アメリカ 131min

5月30日より、公開中〜


もちろん、エンドロール後のオマケ映像あり。


『X-MEN:デイズ・オブ・フューチャー・パスト』予告編・日本語字幕

 

 どうみても似てない。

 

コミコンにて。

 

NYプレミアにて

 

 

 

 

応援して下さると嬉しいな
クリックして下さってる方、感謝です
←please click


『映画』 ジャンルのランキング
Comments (16)   Trackbacks (52)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« デンジャラス・バディ/THE HEAT | TOP | 6月公開☆新作映画リスト »

16 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
X-MENいいよねー☆ (yue)
2014-06-09 02:53:09
Hei hei!
ミュータントパワー紹介いいね!!
今回のゆえお気に入りはエヴァンくん!
超高速移動のシーンもキャラも好き
次回からのXメンの仲間に加わって欲しいわ〜
この子Kick Assのオタク友達役でも出てるよー

それにしてもプロフェッサーXの過去!!
顔が別人すぎるってーーー笑えた
そうなんだよね、あのウルヴァリンのストーリーは
全く別ものだよね。

1の時からだけど、今回のミュータントスクールのシーンも
トロントのカサロマ城を使ってたと思うー!
住んでた近所だから懐かしいわ
yueちん★ (mig)
2014-06-09 08:49:04
あ、そうそうTwitterには書いて写真載せた
んだけど、キックアスでオタクの友達ね。
その主演の子はアベンジャーズで
クイックシルバー役なんだよー。
ゆえの家の近くのトロントのお城行ったよね
観ながら懐かしいと思ってた。
今回もちらっとでたよね。

まさかプロフェッサーXがこんなに
やさぐれてる過去あったとは。
今回より前回がすきだけどこちらもまたみたいな
(^.^)
こんにちは♪ (yukarin)
2014-06-09 12:55:47
こうしてキャラがならぶとこんなにいるんだ!!
新旧キャラをうまく絡ませてるのはすごいなー。
プロフェッサーが若い頃やさぐれてたのはびっくり..そんなことなさそうに思ってたから 笑
そのあとの対面はちょっとドキドキしたわ。
yukarin★ (mig)
2014-06-09 13:52:03
前回のと2とかのキャラ入ってないし
まだまだ全部紹介しきれないわー
これだけでも2.3日かけて計何時間かかった 笑
今回も面白いけど、センチネルが強すぎなのと、
みためがロボットで嫌い 笑
総出演 (ノルウェーまだ〜む)
2014-06-09 18:16:54
migちゃん☆
最後のプレミア写真、壮観だねー!
新旧キャストが勢ぞろいだから、ファンには堪らないよね♪

クイックシルバーなかなかだったわ☆
映画では親子じゃないんだね・・・

もしかしたらTBが変な風に入っちゃったかもだけど、もし違っていたら1つ削除しておいてね〜〜
こんばんは〜〜 (マリー)
2014-06-09 20:30:24
面白かったね〜〜。←まだ書いてないけど・・・

ミュータントパワー紹介ありがとう!
分かりやすいね。
でも、役者さんがちょこちょこ変わってるね。ミスティークは最初違う方だったけど、ジェニファーになって、彼女が売れたからここまでクローズアップされたんじゃ?と思ったり・・・

東洋系の美人がいるなと思ってたら、ファン・ビンビンとは・・・びっくり!パンフ見て驚いたの〜。全く気付かず・・・

今回、一番美味しい役どころはやっぱりクイックシルバーかなぁ〜。あの子、ずっと連れていけば役だったのに〜と思ったのは私だけ?(笑)

最後の4人並んでる写真観たら、背格好はそれぞれ似てるのね〜〜〜。
おっす! (maru♪)
2014-06-10 00:36:05
migちゃんの方が書くの遅いって珍しいよね

これは面白かったねー!
migちゃんのアドバイスで、前作見といて良かったわ
ここからは若Xと若マグニートーになるのかね?
次回作はファスジェネキャストが中心って監督が言ってたらしいわ
あとエンドクレジットのアイツね!
じいさんたちも好きだけどね・・・

あ!アイスマンどっかで見たと思ったら「フォロイング」の人かー(笑)
こんにちはー♪ (kira)
2014-06-10 12:24:32
migちゃんの簡潔な画像つきミュータントパワー紹介、いいですね〜

クイックシルバーのコ、あのシーン、印象的だったね♪
ウルヴァリンのキャラも相変わらず軽くて、
マカちゃんはちょっとヘタレな部分もあって、
マグニートーは男振りがいいし、楽しめました
まだーむU+2733U+FE0E (mig)
2014-06-10 13:02:34
うんサイドエフェクトのもきてたよ
そう、原作と映画は設定細かくかえてるんだよね。
今回のとか前回のと比べたら
ウルヴァリンサムライがますます相当な駄作に思えてくるわ笑
マリーさんU+2733U+FE0E (mig)
2014-06-10 13:06:01
そうだよね、マリーさん言うとおりで
ジェニファーローレンスの最近の活躍から
随分と大きく扱われてるんだよね、
前のミスティークは確かに大人でクールすぎで
あまりいまは有名じゃないしねー。
次も楽しみU+2757U+FE0F
あ、次回作決まってるの書くの忘れたU+1F4A6
maru♪ちゃん (mig)
2014-06-10 13:13:41
いま外から!これからまた温泉♪
うん、でも私は試写じゃないからねー笑
これ先に観せないとだめだとわかってたからさ、
よかったよギリギリでもみれて 笑
1度通して観たいよねぇ〜
やっぱいろんなキャラが自分の得意技
披露してかないと面白味ないから
そーゆー意味でもウルヴァリンサムライはだめ、ミュータントウルヴァリン含めて3人しか出てないんだよー
3も時間あるときみてみて!
kiraさん★ (mig)
2014-06-10 13:18:45
こんにちは!
マカヴォイ好きですもんね♪
そう、まさかこれでもやさぐれキャラくるとは!


次も楽しみ♪
Unknown (風情♪)
2014-06-10 14:24:09
こんにちは♪

>「ウルヴァリン SAMURAI」はシリーズに入れたく
  ないほど

同意見でありますなぁ。ていうか「ウルヴァリン」
シリーズ2作品ともってぇところですがね。
コミックスやアニメ版のガンビットなんてすっげぇ
カッチョイイのに全然でガッカリさせられたし…。

コミコンやプレミアの集合画像見ると、身長がその
理由なんだけどE・ペイジが中学生くらいの女の子
に見えてしかたがねぇっすよ。
まぁ、そこが彼女の魅力でもあるsんすけどね♪
(*゚∀゚)=3 ムッハー
風情♪さん (mig)
2014-06-13 23:25:13
こんばんは♪
ですよね!!あれはほんと酷かった。
ミュータントだってぜんぜn出てこないし
その前のウルヴァリンの方がまだ楽しめました。
エレンペイジ、ほんっと小さいですよねー
童顔だし ほんとはいくつか知らないけど 笑
ハードキャンディの頃が懐かしい☆
こんにちは〜 (たいむ)
2014-06-16 09:13:39
総出演のお祭り作品で色々なかったことにしちゃったりで面白かった!
たいむさん☆ (mig)
2014-06-17 15:50:25
こんにちは〜
ほんとキャストですね☆
やっぱミュータントいっぱいで、力発揮しまくるのは楽しい♪

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

52 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
X-MEN:フューチャー&パスト (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★★★☆【4,5点】(11) 1973年からの歴史の勉強をしたいというウルヴァリンに
X-MEN: フューチャー&パスト  監督/ブライアン・シンガー (西京極 紫の館)
【出演】  ヒュー・ジャックマン  ジェームズ・マカヴォイ  マイケル・ファスベンダー  ジェニファー・ローレンス 【ストーリー】 2023年、バイオメカニカルロボットのセンチネルの攻撃により、X-MENと地球は危機的状況に陥る。プロフェッサーXは宿敵マグニートーと....
ブライアン・シンガー監督『X-MEN : フューチャー (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容、ラスト、台詞に触れています。『X-MEN : フューチャーパスト』X-Men: Days of Future Pastブライアン・シンガー監督ヒュー・ジャックマンマイケル・ファスベンダージェ
X-MEN:フューチャー&パスト (だらだら無気力ブログ!)
クイックシルバーの能力発揮のシーンがイイ。
X-MEN:フューチャー&パスト/望まぬ世界、強い意志 (映画感想 * FRAGILE)
X-MEN:フューチャー&パストX-Men: Days of Future Past/監督:ブライアン・シンガー/2014年/アメリカ、イギリス もしもこの世を、変えられるのなら。 ユナイテッド・シネマとしまえん、F-11で鑑賞。2D字幕です。 あらすじ:過去へ行って未来を変えます。 ...
X-MEN:フューチャー&パスト (ダイターンクラッシュ!!)
2014年6月1日(日) 19:00〜 TOHOシネマズスカラ座 料金:1400円(映画サービスデー+3D料金メガネ持参) パンフレット:未確認 何故ゴーリキーさんが。 『X-MEN:フューチャー&パスト』公式サイト ゴーリキーさんは、ミスティークの吹き替えらしい。名優のジェニ...
『X-MEN:フューチャー&パスト』 (2014) (相木悟の映画評)
新たなる時代の幕開けとなるタイムトラベル・アクション! 『X-MEN』シリーズの総キャラ出演というお祭り作品ながら、実は仕切り直しの序章という異色の味わいの一本であった。 1963年に登場し、現在に至るまで熱い支持を受け続けているマーベル・コミック『X-MEN....
X-MEN:フューチャー&パスト (そーれりぽーと)
まさかの旧三部作とのクロスオーバー!『X-MEN:フューチャー&パスト』を観てきました。 ★★★★★ ネタバレ全開で。 もう無いかと諦めていた旧キャストによる旧X-MEN三部作の続きで幕を開け、でもなにか違う。世界が滅びかけている。 活躍を期待していたX-MEN達が一...
X-MEN:フューチャー&パスト (うろうろ日記)
試写会で見ました。 【私の感覚あらすじ】 連敗中の敵に対抗するために過去に遡り修
『X−MEN/フューチャー&パスト』(2014) (【徒然なるままに・・・】)
2023年、殺戮兵器センチネルによってミュータントは全滅の危機に瀕し、かつての宿敵マグニートーもプロフェッサーXと手を組んで抵抗していたが、一人また一人とX-MENたちも倒れていた。全ては1973年、ミスティークがセンチネルの開発者トラスク博士を殺害したことが発端...
『X-MEN -フューチャー&パスト-』 2014年5月27日 TOHOシネマズ日本橋 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『X-MEN -フューチャー&パスト-』 を先行上映で鑑賞しました。 でも・・・日本橋3回目にして3回目のスクリーン6という・・・違う箱に入りたいw 【ストーリー】  2023年、バイオメカニカルロボットのセンチネルの攻撃により、X-MENと地球は危機的状況に陥る。プロフ...
「X-MEN:フューチャー&パスト」 (或る日の出来事)
素直に「楽しかった!」と言います。
『X-MEN:フューチャー&パスト』 順番に気をつけよう (映画のブログ)
 X-MENシリーズは遂にここまで進化した!  X-MENはミュータント(突然変異体)であり、シリーズの背景には人類の進化への考察がある。  だが、『X-MEN:フューチャー&パスト』で驚かされるのは、映画そのものの進化だ。変容と云ってもいい。  このシリーズは他のスー...
X-MEN:フューチャー&パスト/ヒュー・ジャックマン (カノンな日々)
大人気SFアクションシリーズ『X-MEN』の劇場版第7作。『ウルヴァリン:SAMURAI』のラストーシーンではプロフェッサーXとマグニートーが突如現れかなり意味深な暗示をして幕を閉じたわけ ...
X-MEN:フューチャー&パスト (Akira's VOICE)
見どころは多いが何でもありすぎる。  
X-MEN:フューチャー&パスト (風に吹かれて)
新旧X−MEN勢揃い 公式サイト http://www.foxmovies.jp/xmen 監督: ブライアン・シンガー ボリバー・トラスク(ピーター・ディンクレイジ)がミュータントを殺すために開発し
X-MEN:フューチャー&パスト(3D吹替版) (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【X-MEN: DAYS OF FUTURE PAST】2014/05/30 公開 アメリカ 132分監督:ブライアン・シンガー出演:ヒュー・ジャックマン、ジェームズ・マカヴォイ、マイケル・ファスベンダー、ジェニファー・ローレンス、ハル・ベリー、ニコラス・ホルト、エレン・ペイジ、イアン・マッケ...
「X-MEN: フューチャー&パスト」 (セレンディピティ ダイアリー)
映画の日と重なった週末、アメコミ好きの家族とシリーズ最新作、「XーMEN: フュ
映画「X−MEN:フューチャー&バスト」@109シネマズ川崎 (新・辛口映画館)
 公開二日目の夕方、この劇場で3番目に大きいシアター1の客入りは8割位だ。個人的に試写会以外で今年初の劇場鑑賞作品となる。
「X-MEN フューチャー&パスト」☆新旧揃い踏み (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
過去と未来を行ったりきたり、若かりし頃のプロフェッサーからマグニート、今は亡きX-メンのメンバーも。 どんな未来であろうとも、どんなに過去に戻っても、『ウルヴァリンだけはヒュー様』の美味しい役どころ。
X-MEN:フューチャー&パスト (花ごよみ)
 監督はブライアン・シンガー 主演はヒュー・ジャックマン、 マイケル・ファスベンダー、ジェニファー・ローレンス、 ハル・ベリーなど競演。 オールスター競演です。 旧作のメンバーも出演。 バイオメカニカルロボット センチネルに対抗し 地球滅亡の危機に立ち向....
『X-MEN:フューチャー&パスト』 (My Pace, My Self)
早く語りたかった〜というのもあるし、ヒュー様とマカヴォイ君の二人の共演を見れるという眼福だけでまた観たい!!とうずうずしていたので今日も『X-MEN:フューチャー&パスト』観てきました〜♪ 先日の先行上映のときは興奮していましたが、今回はじっくり改...
『X-MEN:フューチャー&パスト』 (時間の無駄と言わないで)
昔の3部作があんまり好きじゃなくて。 でも前日譚の前作は大好きで。 で、前日譚の続編を作るって聞いたときにはとても楽しみだったけど、監督のマシュー・ヴォーンが降板して、 ...
X-MEN:フューチャー&パスト (映画好きパパの鑑賞日記)
 アメコミ原作の人気シリーズで今作で7作目。僕は昨年の「ウルヴァリン:SAMURAI」以外は見ているのですが、結構、忘却のかなたにあり、特に旧3部作の登場人物は誰が誰なのか把握しきれずまごまごしました。でも、シリーズ1作目と同じブライアン・シンガー監督...
『X-MEN:フューチャー&パスト』(プレミア試写会) (・*・ etoile ・*・)
'14.05.27 『X-MEN:フューチャー&パスト』(試写会)@TOHOシネマズ六本木ヒルズ ヒュー・ジャックマン舞台挨拶つきプレミア試写会! これは行きたいってことで、応募しまくった。Movie Walkerで当選! ありがとうございました❤ ということで、喜んで行ってきたー!...
映画『X-MEN:フューチャー&パスト』★“説得”に魅了されるwithマカヴォイの目力 (**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**)
    作品について http://cinema.pia.co.jp/title/163910/ ↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。     あらすじどおりですが 2023年、超ロボット:センチネルの攻撃で、地球は危機的状態に! この、センチネルは...
劇場鑑賞「X-MEN フューチャー&パスト」 (日々“是”精進! ver.F)
過去を変え、未来を救え… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201405300000/ [CD]JOHN OTTMAN サウンドトラック/X-MEN: DAYS OF FUTURE PAST (ORIGINAL MOTION PICTURE S...価格:1,689円(税込、送料別) ...
X-MEN:フューチャー&パスト (to Heart)
原題 X-MEN: DAYS OF FUTURE PAST 製作年度 2014年 上映時間 132分 脚本サイモン・キンバーグ 監督ブライアン・シンガー 出演 ヒュー・ジャックマン/ジェームズ・マカヴォイ/マイケル・ファスベンダー/ジェニファー・ローレンス/ハル・ベリー/ニコラス・ホルト/ジョシュ....
一粒で二度おいしい。『X-MEN:フューチャー&パスト』 (水曜日のシネマ日記)
『X-MEN』シリーズの最新作。ミュータントの運命を握る過去と未来を描いた作品です。
映画「X−MEN フューチャー&パスト」3D字幕版 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2014/6/1、ユナイテッドシネマ豊洲。 10番スクリーン、オーシャン・スクリーンの愛称の最大級のサイズのスクリーン。 過去ログを見てH列を選択。 幅的にはちょうどで、高さ位置から言うともう一列後ろでもいいかも。 今度はI列を選んでみて、どっちがいいか考...
X-MEN〜フューチャー&パスト (シネマ日記)
前作「X-MEN〜ファーストジェネレーション」のデキがとても良かったので、今回も楽しみにしていました。映画の日に鑑賞したので映画館はほぼ満席でした。2023年、世界は戦争状態でミュータントたちを標的にするセンチネルというロボットが次々にミュータントたちを殺戮し....
「XーMEN フューチャー&パスト」 (ここなつ映画レビュー)
アメコミづいてますな。という訳じゃないんだけど。このシリーズの「ファースト・ジェネレーション」が思いのほか面白く、結構好きになってしまったから。スピンオフの「ウルヴァリン」も良かった。なかなか、っていうか全然死なないんだもんなあ〜、ヒュー・ジャックマン...
X-MEN:フューチャー&パスト (♪HAVE A NICE DAY♪)
今回も面白かった〜 いきなりだけど、ラストは「おおおっ!そうなっちゃったのね〜〜??」 で・・・いいような、悪いような(笑)と私は思いましたが・・・ でも、やっぱり良かったのかな 2023年、センチネルという強敵が登場 このロボットを作り出してはならぬ...
X-MEN:フューチャー&パスト・・・・・評価額1650円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
未来を、諦めない。 マーベルコミックの人気ヒーローシリーズ「X-MEN」の第5作は、シリーズ初の時間SFだ。 あらゆるミュータントの特殊能力をコピーして増幅できる自立型ロボット兵器、センチネルが暴走し、ミュータントのみならず人類までもが存亡の淵に立たされた...
X-MEN:フューチャー&パスト(2014) 132分X-MEN: DAYS OF FUTURE PAST (極私的映画論+α)
 気持よくリセット(謎)
「X-MEN:フューチャー&パスト」 ユニークなアイデア (はらやんの映画徒然草)
スピンオフ的に「X-MEN:ファースト・ジェネレーション」で若かりし頃のプロフェ
X-MEN:フューチャー&パスト★★★★ (パピとママ映画のblog)
未来から過去へと送り込まれたウルヴァリンや、超人的パワーを持つX-MENのメンバーが、二つの時代を舞台に地球の危機を救うべく戦いを繰り広げるSFアクション。ブライアン・シンガーが『X-MEN2』以来の監督として復活し、ウルヴァリン役のヒュー・ジャックマンをはじめ、...
『X-MEN:フューチャー&パスト』 (こねたみっくす)
スピンオフにてリセットは禁じ手なのか、それとも新たなる手法なのか。でも新3部作の2作目なんです。 職業監督のブレット・ラトナーでもない、アメコミ専門監督化しているマシ ...
「X-MEN:フューチャー&パスト」 ユニークなアイデア (はらやんの映画徒然草)
スピンオフ的に「X-MEN:ファースト・ジェネレーション」で若かりし頃のプロフェ
■X−MEN:フューチャー&パスト (しんちゃんの徒然なる映画日記)
第348回「過大な期待をした私が悪かったのでしょうか?」 私がアメコミ映画好きになるキッカケとなった作品というのは、2000年に公開されたブライアン・シンガー監督の「X−MEN」だ。以来、マーベルをはじめDCコミックのアメコミ映画が大好きになった。スピ...
「X-MEN:フューチャー&パスト」みた。 (たいむのひとりごと)
『X-MEN』の前日譚を描いた『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』の続編。シリーズとしては7作目ということで、現実という時間は経過しながら、過去になったり、未来になったり、なかなか目まぐるしく
総決算だよ! X-MEN! ブライアン・シンガー 『X-MEN:フューチャー&パスト』 (SGA屋物語紹介所)
西暦2000年からコツコツと続き、いつのまにやら14年も経ってしまった長寿アメコ
新しい過去へ〜『X-MEN:フューチャー&パスト』 (真紅のthinkingdays)
 X-MEN: DAYS OF FUTURE PAST  2023年、対ミュータント兵器として開発されたロボットが暴走し、人類は滅亡 の危機に瀕していた。プロフェッサー(パトリック・スチュワート)とマグニートー (イアン・マッケラン)は、過去へ遡ってこの事態を招いた元...
X-MEN:フューチャー&パスト (心のままに映画の風景)
2023年。 バイオメカニカル・ロボット“センチネル”の暴走により、地球は危機的状況に陥った。 ミュータントに不信を抱くボリバー・トラスク(ピーター・ディンクレイジ)が開発した最強兵器だったが、いまや、センチネルはミュータントばかりか人類にも牙をむき始...
X-MEN フューチャー&パスト 【劇場で鑑賞】 (映画B-ブログ)
人気アメコミシリーズ「X-MEN」の最新映画化作 「X-MEN フューチャー&パスト」が公開され ましたので観に行ってきました。 こちらは3D作品で上映形態は3D字幕or吹替、2D字幕が あり、近くのシネコンでは3D吹替or2D字幕という セットが多かったので3D字幕版を上映してい...
『X-MEN:フューチャー&パスト』 (ラムの大通り)
(原題:X-MEN:DAYS OF FUTURE PAST) ----これ、フォーンも一緒に観に行った映画だよね。 最初、あっけにとられていたみたいだけど、 途中から前のめりで観ていたよね。 「うん。全然話を知らずに、 前作『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』の続き程度の知識で臨ん....
「X-MEN:フューチャー&パスト」 (Con Gas, Sin Hielo)
ミュータント×タイムトラベル。 昨年、「ウルヴァリン:SAMURAI」がおもしろかったと書いてから他の人の記事を見たら、「ミュータントが少な過ぎてX-MENじゃない」という感想が多く、思わずはたと手を打った。 その点、今回はがっちり出てくる。それどころか、過去の...
映画『X-MEN:フューチャー・パスト 3D』を観て (kintyre's Diary 新館)
14-55.X-MEN フューチャー&パスト■原題:X Men:Days Of Future Past■製作年、国:2014年、アメリカ■上映時間:131分■料金:2,100円■鑑賞日:7月3日、TOHOシネマズみゆき座(日比谷) □監督・製作:ブライアン・シンガー◆ヒュー・ジャックマン◆イ...
X-MEN:フューチャー&パスト (銀幕大帝α)
X-MEN: DAYS OF FUTURE PAST 2014年 アメリカ 132分 SF/アクション/アドベンチャー 劇場公開(2014/05/30) 監督: ブライアン・シンガー 『ジャックと天空の巨人』 製作: ブライアン・シンガー 製作総指揮: スタン・リー 原案: マシュー・ヴォーン 出演...
映画:X−MEN:フューチャー&パスト 全米公開初日に飛び込んだら、凄げー面白い! (日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜)
全米公開初日に惹かれ、早速チェックしてみた。 するとIMAXは深夜までソールドアウト、辛うじて通常版3Dで鑑賞。 劇場は満員、で初日なので、かなりX-MENに入れ込んでいる人たち。 このため、ツッコミがかなりのシーンで入り、相当面白い。 一番ビックリしたのは....
X-MEN:フューチャー&パスト (いやいやえん)
【概略】 2023年、バイオメカニカル・ロボット「センチネル」によって地球は壊滅へと向かっていた。プロフェッサーXは宿敵のマグニートーと手を組み、1973年にウルヴァリンの「魂」を送り込み危機の根源を絶とうする。50年前の自分の肉体に宿り「センチネル・プログラム...
X-MEN:フューチャー&パスト (X-Men: Days of Future Past) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ブライアン・シンガー 主演 ヒュー・ジャックマン 2014年 アメリカ/イギリス映画 131分 SF 採点★★★★ 大小様々な選択の積み重ねってのが、今の自分を作り上げちゃったんですよねぇ。本質まで変わるとは思っていませんが、選択次第によっては全く違う人...