雨にも負けず山歩き♪

青空を見上げながらも、しっかり足もとを見つめて歩く自然観察情報!

剱御前山〜別山〜雄山周回…立山一人旅

2016年05月26日 | 富山県の山

立山雄山(3003m)と雄山神社


2016/5/18〜19(水) 

剱御前山(2792m)〜別山(2880m)〜大汝山(3015m)〜雄山(3003m)周回


1日目 18日  > 立山駅(9:40)→室堂(11:10)→雷鳥沢(12:00)→剱御前小屋(14:40〜15:10)
1日目 18日  > →剱御前山(15:20)→三角点途中の尾根(15:30〜50)→剣御前小屋(16:15)泊

2日目 19日  > 剱御前小屋(4:10)→別山南峰過ぎ(4:40〜50)→北峰(4:55〜5:50)→
 別山南峰(6:15)→真砂岳(7:25)→富士ノ折立分岐(8:40)

2日目 19日 > 富士の折立分岐→大汝山(9:45〜10:00)
<2日目 19日 > →雄山(10:50〜11:30)→ 一の越(12:15〜30)→室堂(13:10〜40)
→立山ケーブル(14:40)→立山駅(14:50)→富山駅(15:55)→金沢(17:05)


いよいよ最後のピーク立山雄山に向かう。。。


大汝山から雄山に行く途中で更に単独の男性2人と擦れ違い、縦走すると言われたその内の一人と情報交換!
雄山の手前に一部だけ雪渓が残っており、凍っているのでアイゼンを付けた方が良いとの事だった。
ついでに雄山から一の越まで雪渓が無かったか再確認したが、やはり夏道との事で、ちょっと安心(^-^;
私は富士の折立直下の情報を伝えて、お互いに気を付けましょうと言って別れた。



大汝山から下山して夏道に戻り、雄山を目指す!



陽が高くなるにつれ、左手の後立山連峰は更に鮮明になってきた。



後ろを撮る…室堂側は大きく切れているが登山道は夏道で安定していた。



雄山直下に雪渓あり!…あれっ?人がずっと張り付いている。



登っているのではなく、後ろ向きで慎重に下りて来ていた。



どうやらここが、雄山直下の最後の手強い雪渓のようだ(@_@。



白い雪の下はカチカチの氷…ツボ足では最初の4〜5歩がヤバそうだった。



滑ったら何処までも右下に滑落(>_<)…下りてきた方に言われた通り、ここでアイゼンを付ける。

10本爪のアイゼンだったが前爪があるので頼りになって、思ったより楽にクリア…素直に従って良かった♪
5分間の面倒くさ〜いと、自分の命とどっちが大事かって考えたら、答えは直ぐに出る(*^_^*)

ここを登って雪渓を渡り切った所の岩に、若い男性が一人腰を掛けていた。
遠くからでも見えていたので、かなりこの場所がお気に入りなのか?ずっと何十分も座ったままである。
アイゼンを外す間もなく声をかけられたので、雄山を目の前にしてちょっとここで長居してしまった(^^ゞ

お話ししたと言うより質問攻めにあったと言う感じで、登山は初心者のようである。
アイゼンの価格を聞いてきたので、彼の足元を見たら何と!長靴だ!リュックも旅行用!
今から周回して室堂までどれくらいの時間が必要かと、パンフレットの簡単なイラスト地図を見ながら聞かれた。
行こうかどうか迷っていると言うので、アドバイスすることが多過ぎて、つい話が長くなってしまったのである。

「あれが剱岳ですか?剱岳にはここから行くのですか?ここまで来た記念に剱岳との写真を撮ってください」と
次々と質問が来てから最後に携帯を渡されたので、剱との写真を2枚撮ってあげた。

余りにも質問が多いので、私からは何処から来たのかと一言だけ聞いてみたら、何と「山口」から来たと言う。

そんな会話をしていたとき、雄山から一人の男性が下りてきたので、「ここはアイゼン要りますよ」と声をかけた。
「ここからは見えないけどその先がストーンと落ちていて、凍っていますよ」と付け加えたのだが
男性は、アイゼンは持っているけど、ザックから出して履くのが面倒だと言って数歩。。。様子見で進んだのか?

その時 「あっ…落ちたら、今一人落ちましたと、僕が電話をかけておきますよ」…と若い彼が言い放つ!

その言葉が利いたのか?気持ちが変わったのか?戻ってザックからアイゼンを出して付け始めたので
若い彼との会話はその男性にバトンタッチして、私はようやく雄山への第一歩を踏み出したのである(^^♪

若い彼も来年はきっと、しっかりとした登山者となって、いつかまた立山に挑戦しに来るのだろう。



雄山 3003m)



鳥居をくぐる。



ここは閉鎖中



雄山



残雪が少ないと言うのに、重そうなスキーを背負ったスキーヤーが7〜8人登ってきていた。
雄山には流石に人が多い!登山者10人位と、スキーヤーが意外と多いのである。
その内の一人、下山で言葉を交わした人とスキー板の話になり、何処で滑る為に雄山に登るのか?と聞いたら、
山崎カールで滑るのだと言っていた。スタート地点は分からないけど、雷鳥沢までのロングコースのようだった。



雄山より後ろ立山



雄山より後ろ立山



雄山より後ろ立山…燕岳・槍ヶ岳・水晶岳・笠ヶ岳・薬師岳…。



槍ヶ岳・穂高連峰



五色ヶ原も上から覗ける。



雄山と一等三角点


昼食後に下山開始!



雄山から一の越まで全く残雪なし!危険個所もないけど、岩とザレ場の急下り!



一の越山荘まで下りてきた。浄土山への稜線も夏道がけっこう出ている。



室堂方面…数ヵ所夏道が出ていた。



室堂方面



室堂方面



室堂に戻ってきた。

この後建物内のバス待ちでは、いったい何処から湧いてきたの?と思える程、人人人で溢れていた(^^ゞ
臨時バスも沢山出ており、並んで10分ほどでバスに乗れたので、それはラッキーだったかな?



眺望は十分堪能したので、座席は何処でも良いと思っていたら、一番前のお一人席が空いていた(^^ゞ
と言う訳で、予定外の雪の大谷のショットが撮れた。



ここが本日のピーク!…毎年18m19mを見ていたので、どう考えても汚れてしまった雪の小谷である。


 
帰りはギリギリで富山地鉄に飛び乗った!とは言っても列をなして乗車するのは同じケーブルから下りてきた人達。
立山室堂帰りの観光客ばかりで、ここに写っているのも外国の方たち、日本人は私を含めて2名程(^^ゞ
改札の駅員さんに 「 One or two please !! 」と声をかけられたけど、後ろの人たちにも同じ言葉を繰り返していた。
フムフム…1号車か2号車、先に目についた2号車に乗ったら私が一番乗りでラッキー♪

本日は満員です!と日本語と英語で車内放送が何度も流れた。超満員の為2号車開放?
たまたま飛び乗った電車が、富山地鉄の観光列車「アルプスエキスプレス」、床はフローリングで車内はピカピカ
2号車の前後入口には粋なのれんがかかっており、サービスコーナーでは地酒も飲めるようだった。

気持ちいい車内と大きな窓から見える眺望を楽しみながら、約1時間の乗車で地鉄富山駅(JR富山駅)へ。。。

楽しかった山旅も終わり。。。

立山はお隣の県であるが近そうで遠い場所、新幹線で東京に行った方がずっと早い(^^ゞ
今回は遅出早帰りの為一泊としたが、電車で行った事で、登山なんだけど本当に旅をしてきた気になったのである。
団体だと仲間同士の会話も楽しいが、一人だと色んな方が話しかけてくれるので、それもまた山旅の思い出。。。

立山は何度行っても毎回違う顔を見せてくれるので、見飽きることはない。
残雪コースとしての奥大日岳にも惹かれるし、花が咲き始めたら大日岳経由で称名滝に下りてみたい。
今回も含めて、いずれも頑張れば日帰りコースであるが、私の中では一泊の意味が大きく
次は可愛い雛鳥を連れた雷鳥家族に会いに、また夏の立山を訪れたいなと、あれこれ思うのである(^^♪





コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加