映画制作裏話ブログ

映画制作裏話をかき集め作品ごとに整理したブログです。mixi「独身社会人映画ファンコミニティ」のログ集!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

メイキング「パンズ・ラビリンス」

2007年11月08日 | 映画原作 映画製作裏話 独身社会人
監督・脚本・プロデューサーはギレルモ・デル・トロ。
ハリウッドでは『ミミック』(97)で映画デビューし、
『ブレイド2』(02)『ヘルボーイ』(04)と人気コミックの映画化で多くのファンを獲得。
日本のアニメやマンガにも造詣が深い人で、
“スペインのピーター・ジャクソン”の異名を持つおたく監督です。
彼のそんな才能を買い、バックアップし続けているのは
同じくメキシコ出身の才人、『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』(04)の
アルフォンソ・キュアロン。今回はプロデューサーに名を連ねています。
また撮影は、本年度のアカデミー最優秀撮影賞に耀いたギレルモ・ナバロ。
デル・トロの劇場第1作『クロノス』(92)で一緒にデビューし
『ヘルボーイ』(04)等を手掛け、
クエンティン・タランティーノの『ジャッキー・ブラウン』(97)等でも知られます。
同じくアカデミーを受賞した美術は、
セバスチャン・コルデロ監督の『タブロイド』(04)等のエウヘニオ・カバレロ。
そしてSFXスーパーバイザーには、『デビルズ・バックボーン』(01)
『ヘルボーイ』(04)のダビド・マルティ。
パンや迷宮の番人等の特殊メイクで今回、アカデミー特殊メイクアップ賞に耀きました。
ヒロインのオフェリアを繊細なパフォーマンスで演じたのは
11歳にしてジャウマ・バラゲロ監督の『機械じかけの小児病棟』(05)等を始め、
すでに4本の映画に出演しているスペインの名子役イバナ・バケロちゃん。

イバナちゃんを…

以下はネタバレとなるので
http://www.cam.hi-ho.ne.jp/la-mer/Pic-panslaby.html
にてメイキング「パンズ・ラビリンス」の頁をご覧下さい。

mixi(ミクシー)「独身社会人映画ファンコミュニティ」に入ろう!

おにぎりブログもやってます
ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 脚本レビュー「ヘアスプレー」 | トップ | 脚本レビュー「ある愛の風景」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

4 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
パンズ・ラビリンス (なんちゃかんちゃ)
欧州各国で絶賛され、アカデミー賞で美術賞など3部門を獲得したダーク・ファンタジー。残酷な現実と恐怖の幻想世界を行き来する少女の心の闇を、圧倒的な映像美で描き出す。
mini review 07076「パンズ・ラビリンス」★★★★★★★★☆☆ (サーカスな日々)
解説: 1944年のスペイン内戦下を舞台に現実と迷宮の狭間で3つの試練を乗り越える少女の成長を描くダーク・ファンタジー。『デビルズ・バックボーン』のギレルモ・デル・トロ監督がメガホンをとり、ファシズムという厳しい現実から逃れるため、架空の世界に入り込む少女...
パンズ・ラビリンス 「逃げ場のない刹那さ」 (CARAMEL*PAPA)
カテゴリに入れるならホラー、しかしホラーでない? ダーク・ファンタジーと銘打たれた「パンズ・ラビリンス」作品概要については公式及びwikiを参照してください。多くの賞を取ってい...
真・映画日記『パンズ・ラビリンス』 (          )
10月10日(水)◆589日目◆ 終業後に有楽町のシネカノンで『パンズ・ラビリンス』を見た。 この日はシネカノンの水曜割引(1000円)のためか、場内は満席。 この映画はひとことで「ファンタジー映画」とは言いがたい。 「過酷な現実」と「神話・幻想」を融合し...