詩客 ことばことばことば

詩客、相沢正一郎エッセーです。

ことば、ことば、ことば。第29回 水のいきもの1 相沢正一郎 

2015-07-19 14:23:22 | 日記
 私が「水のいきもの」で、まっ先に思い浮かべた詩は村野四郎の「さんさんたる鮟鱇」。《顎を むざんに引っかけられ/逆さに吊りさげられた/うすい膜の中の/くったりした死/これは いかなるもののなれの果だ》。美味で「アンコウ鍋」は絶品。「あん肝」はフォアグラの味に似ている。茨城に「どぶ汁」という鍋があるらしい。いちど食べてみたい。
 村野四郎がこの詩を書いていたとき、ぐんにゃりした粘膜に包まれたグロテスクなこの深海魚、ヌルヌルして俎板でさばきにくいため、魚屋の軒先に鉤でぶらさげられ、お客に一片ずつ包丁で切り取られ売られていた。そんな「つるし切り」の情景を《見なれた手が寄ってきて/切りさいなみ 削りとり/だんだん稀薄になっていく この実在》と描く。そして、《惨劇》のあとは《なんにも残らない廂から/まだ ぶら下がっているのは/大きく曲った鉄の鉤だけだ》。
 リルケの《へんな運命が私を見つめている》のことばが添えられているが、「鮟鱇」の姿に「死」さえ奪われてしまう現代人の運命が象徴されている。
 これは「魚」ではないけれど、もうひとつ好きな作品――萩原朔太郎「死なない蛸」。ながい散文詩であらすじを書くと、ある水族館で飢えた蛸が飼われている。だれもが忘れてしまっていた水槽のなかで蛸はもう死んだと思われていた。しかし、この軟体動物は《腐つた海水だけが、埃つぽい日ざしの中で、いつも硝子窓の槽にたまつて》いる薄暗い水槽の岩影にかくれ、《恐ろしい飢餓》を忍びながら生きていた。たべものが尽きると、まず、自分の足をいっぽん喰い、それから、次のいっぽん……。そして最後には、からだを裏返すようにして食べつくす。
 すっかり消滅してしまった後も、じつは蛸は生きていた。忘れられてしまった水族館の水槽のなかで《永遠に――おそらくは幾世紀の間を通じて――或る物すごい欠乏と不満をもつた、人の目に見えない動物が生きて居た》。萩原朔太郎自身の飢餓感が投影されている蛸のいる舞台《地下の薄暗い岩の影で、青ざめた瑠璃天井の光線が、いつも悲しげに漂つてゐた》水槽は、朔太郎の時代をも象徴している。それでいてこの散文詩は時代を越えて、落語の「頭山」やカフカの小説『断食芸人』にも通底している。

 さて、八木幹夫さんの新詩集『川・海・魚等に関する個人的な省察』の「蛸」は、《魚になったり/虫になったり/悪魔になったり/へんげんじざいの/章魚よ(蛸よ)》(「悪魔の魚」)と、萩原朔太郎が蛸に内面を投影したり、村野四郎が魚(鮟鱇)を擬人化して人間の実存を描く、という方法とは違う書き方をとっている。序詞「どぜう」の《どうしても/泥鰌は/どぜう/でなければ/なりません//ヨソユキの裃/一張羅の燕尾服/を着るように/泥鰌/なんて/漢字で/は/感じが/でません》と明確であるように、じつは魚もはじめに「文字」で書かれていたんだ、と気づかせてくれる。
 しかし、八木さんの《哲学せよ/みずから》の哲学は、けっして魚の実在とことばとの距離を記述するといった野暮(?)な方向にはむかわない。「魚語の翻訳」の訳注、いや「誤訳」注に、確かに《魚と人間との間にある遥な距離。残念ながら異文化間の誤訳は宿命である》とあるけれど、それにしても《なにかきこえるみずのなか//ごもごもげぼがぼごぼげばぷっくん/ぶくぶくぷくぷくぶくぶくぷぷう》と、草野心平に匹敵するセンス(ナンセンス)は、画家が色彩、音楽家が音の効果を引き出すように日本語の文字の効果を最大限に生かしている。
 たとえば、先ほどの「どぜう」のことばの音楽性、改行や余白の呼吸や息づかい、といったこと。またひらがなと漢字の繊細な使い分けのみだけでなく、「鰯」の《ヨワイワタシノワタクシゴトヲ/アブクノヨウナナキゴトヲ/イワシテクレテアリガトウ》とカタカナの呟きの効果。「水」がすべての生きものの故郷であるなら、八木さんの詩集のページに印刷された文字たちも生命をもっていて、ぴちぴちと跳ね、生きている。
 《水族館の明るい照明/透明な壁をすかして/こちらをまっすぐに見るさかな/反射的にこころが/海草のように/ゆらゆらうごく/するといっそうふかく/見られてしまう/わたくしのこころ/さかなの視線って/不思議だなあ/食べられちゃうかと/思ったよ》。萩原朔太郎の「死なない蛸」の暗い水槽とはずいぶん違う、明るい笑いは芭蕉の「軽み」に近い。
 そして、八木さんの軽妙なユーモア、シンプルな形はとても現代的。そんなポップな作風なのに「新しい」というより、もっと原初的、もっと根源的。わかりやすいことばだが、とても深く「哲学」している。《朝めざめて/わたしがわたしであることの/ふしぎ/朝/めざめて/どうして/わたしはあなたでなかったか》(「めざめ」)。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ことば、ことば、ことば。第2... | トップ | ことば、ことば、ことば。第3... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。