詩客 ことばことばことば

詩客、相沢正一郎エッセーです。

ことば、ことば、ことば。第36回 水5 相沢 正一郎

2016-02-19 13:48:59 | 日記
 H氏賞の選考委員になったため、このところ時間があればノミネートされた詩集を読んでいる。詩集をひらくと、「水」という文字が浮かびあがってくるのは、この連載(第36回 水)が意識の隅にあるためか。たとえば、手紙やハガキ片手に街をあるくとポストがよく目にはいる、といったようなことなのか。
 さて、十一冊の詩集、文体からテーマからたいへん幅ひろく、この多様性は現代詩を反映しているのかもしれない。でも、共通するのは、すべての詩集に「水」という文字があり、「海」や「川」、「雨」や「雪」などといった「水」に関係する文字までひろって読むと、現代詩の広大な地平の底で「水」が通底しているのかも、なんて考えて探ってみたくなる。
 それでは、「火」や「地」、「風」や「空」は、と調べてみたが、圧倒的に「水」が多い。水がいちばん身近だからだろうか。それじゃあ、土(とか地面)、それに空気ということになるが、このことばは少ない。「風」という文字がまったくない詩集はたくさんある。井上瑞貴さんの『星々の冷却』は例外で、「風」が十五。でも、「雨」が三十七もある。あわてて断っておくが、ここでは、賞のための選評が目的ではない。「水」というテーマで私が詩を選ぶのではなく、たまたま必要にせまられて読むことになった詩集に、「水」ということばや水のイメージがどういう風に描かれているのか――そんな好奇心に動かされて十一の詩集をめくっていくと、詩集賞を選ぶという無謀な苦役を忘れ、読書の歓びがもどってきた。
 《錆びた乳母車で眠る犬のすぐそばを通り/聞こえない子守唄が流れる駅まで/たったそれだけの永遠があれば、と/ぼくは告げたかった/湾に出る/沈黙の中を退いていく汐をみつめる/それから何もみつめない》(「そして沈黙の音に触れたかった」)。パウル・クレーを思い浮かべた。井上瑞貴さんは、感受性を全開にし、透明感のある硬質の抒情をつくっている――必要最小限の好きなことばを使って。
 《七階の/わがマンションも裏手の川のむこう岸には/一本の樹が いて》ではじまる「五月の朝に」は、宇佐美孝二さんの『森が棲む男』に収録されている。先に引用した井上さんの詩が、湾を目指す歩行で、眼差しが水平だとしたら、宇佐美さんの詩は階段を降り、眼差しは垂直。おもしろいのは、《下降するほどに/樹は/水におのれを映すようになる》と、《ぼく》の階段を降りる速度や息づかいが、読者の文字を読むスピードや呼吸に重なり、次第に水鏡に映った老人や五、六羽の鳩が見えてくること。
川が樹を抱き留とめ/老人と鳩を収める/もうすこし降りていき/このたおやかな 時のさかさに/ぼくも参加する》。結末を読んで、詩の展開のあざやかさに感動するものの、けっしてあざとさを感じないのは、宇佐美さんのことばが、からだをもっていて、詩の文章が思索と血肉化し、一体となっているから。
 《初めに/水があった。》。詩集『女坂まで』の冒頭、こんなことばではじまる長谷川忍さんの「渇き」は、《睦み合う時も/交わり合う時も/対峙し合う時も/赦し合う時も/憎しみ合う時も/傍らには/流れがあった。》と、「コントラバス」、「湯気」、「暮色」など人生が川と重ねあわされている(そして、「運河」、「由来」の海、「不忍池」の池。)。
 むかしから江戸には水が豊か。長谷川さんの東京下町散歩にも「水」は欠かせない。「運河」で、《今、海は埋め立てられ/橋のたもとに泊まる釣り船が/海辺だった頃の名残を留めている。》というフレーズがあるが、詩集の地層の下にも、「水」が流れている。「暮色」では、《水が眺めたくなり/橋の欄干から/流れを見下ろした。》と隅田川が舞台になっているが、時間の地層も描かれている。《焼夷弾で燃えつくす町の灼熱は/水を火に変えた/火は川面を素早く走る》と、「火」と「水」のアクションもいい。
 長谷川さんの詩のことばには強い身体性がある――雨の匂い、湿気、体温、風、賑わい・静けさ。そして、目的をもたず、「町」を散策する呼吸。読者も、ゆっくりことばを追い、おもわずページのあいだに指をはさんで詩集から目をあげたりする。そんなゆったりした速度とは、まるで違うスピードが佐峰存さんの『対岸へと』。
 《時計の硝子が空を掻き回す/腰掛けた階段の硬直が/背骨の水面を昇っていく/月が溜め込んで飛び跳ねる波に/呼吸を忘れながらも/柔らかな冷たさ/身体は世界のごく一部に/過ぎなくなり 意識は/水面に照らされた空気に/掬い上げられる》(「水の人」)。
 長谷川さんの江戸の抒情さえ匂う「町」の散策と、アメリカの感覚で「街」を疾走する快感の差峰さん。でも、《身体は世界のごく一部に/過ぎなくなり》とはいうものの、不思議と身体性が豊かなのが二人には共通する。たとえば詩集冒頭の「連鎖」では、《丸く折られた背》、《白い腕》、《心臓》、《腹に宿した中間体が体温を奪う》、《冷えた歯》、《》、《細胞》、《》、《裸足》、《飛びかい編まれた髪》、《唇に指をひたす》、《静かな頭》、《》などのからだのパーツが。
 まるでギーガーの絵のように、巨大で無機質の都市が細胞のように息づいて呼吸している。迫力と繊細さが共存している。
黒曜石の川に/病葉がいちまい落ち/煮えたぎるように運ばれていく》(「黒曜石」)。颯木あやこさんの『七番目の鉱石』も硬質なことばが、繊細な指さきで時計の歯車のように正確に組み合わされていく。それでいて緻密で明晰な構造の文章に血が脈打ち、生命が羽ばたく不思議。そこが錬金術の課題(であると私が考えている)「物質に閉じ込められている魂の救済」とよく似ている。――そんな趣旨で、颯木さんの詩集評は「現代詩手帳」3月号で書いたので、ここでは割愛する。
 残念ながら、「水」というテーマのノミネート作品、あと六詩集も残ってしまった。次回につづけて書いてみたい。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ことば、ことば、ことば。第3... | トップ | ことば、ことば、ことば。第3... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。