日々史跡めぐり

日本のあちこちの史跡を巡っています

木村重成の銅像・重成の本陣

2016-09-25 | 銅像
蓮城寺から歩いてすぐの場所に、昭和7年(1932)に建てられた木村重成の銅像があります。






この辺りが、若江の戦いの重成の本陣だったそうです。



若江の戦い
1615年5月6日午前5時頃、木村勢は若江に着陣、先鋒を3手に分け、敵に備えた。その右手に藤堂勢の右先鋒、藤堂良勝、同良重が攻撃をかけた。藤堂勢は兵の半数を失い敗走、藤堂良勝、良重は戦死した。 木村は玉串川西側堤上に鉄砲隊を配置し、敵を田圃の畦道に誘引して襲撃しようともくろんだ。

午前7時頃、井伊直孝は若江の敵への攻撃を決断、部隊を西に転進させた。井伊勢の先鋒は右手庵原朝昌、左手川手良列。木村勢を発見した川手は、玉串川東側堤上から一斉射撃後、敵に突入した。堤上にいた木村勢は西に後退し、堤は井伊勢が占拠した。川手はさらに突進したが戦死した。そこに庵原も加わり激戦となった。木村重成は自身も槍を取って勇戦したが戦死した。山口弘定、内藤長秋も戦死し、木村本隊は壊滅した。

それまで戦闘を傍観していた幕府軍の榊原康勝、丹羽長重らは味方有利と見て木村勢左先手木村宗明を攻めた。宗明は本隊が敗れたため大坂城へ撤退した。(Wikipediaより)


他の碑は、このように、なぜか倒れたま置かれていました。




にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへにほんブログ村

神社・仏閣 ブログランキングへ
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

木村重成の菩提寺・蓮城寺

2016-09-17 | 仏閣
東大阪市の蓮城寺は、豊臣方武将・木村重成の菩提寺で、若江の戦いの際、重成はこの辺りに布陣しました。



母の宮内卿局(一説には右京大夫局とも)は豊臣秀頼の乳母となり、重成は幼少から秀頼の小姓として仕えたといわれています。

慶長19年 (1614) 大坂冬の陣には玉造口を守備し奮戦。

元和1 年(1615) の夏の陣で、長宗我部盛親らと出撃し、八尾・若江で井伊直孝、藤堂高虎と戦って戦死しました。

境内には重成の位牌堂があります。



重成の肖像画、側が重成と夫人の位牌、左側が、加藤清正像










成は戦いの前に死を覚悟し、討ち取られた際も見苦しくないよう、頭髪を清めて香を焚き込めていたそうです。

本堂


にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへにほんブログ村

神社・仏閣 ブログランキングへ
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

若江鏡神社

2016-09-09 | 神社

東大阪市若江に鎮座する若江鏡神社





若江鏡神社は、平安時代の記録「延喜式」にのせられている古社のひとつで、大雷大神・足仲彦命・息長足姫命の三神を祀っています。
「文徳実録」の斉衡元年(854)の4月の条には、「授河内国大雷火明命従五位下」と記されています。
本殿は、銅板葺き三間杜流造りですが、実際は一間社流造の社殿を二棟つないだもので、中の間は板壁で囲まれた相殿となり、御神体はまつられていません。
本殿は、文政11年(1828)に再建されたものと考えられています。
なお、当社には市指定文化財として、大般若経600巻もあります。



にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへにほんブログ村

神社・仏閣 ブログランキングへ
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

常光寺(4)森本行誓宝筐印塔

2016-08-30 | 

森本行誓もりもと こうぜい(七郎兵衛貞治)は、久宝寺村の年寄で、林田善右衛門、満田六左衛門、松井源左衛門、杉本孫右衛門と共に、慶長11年(1606)に八尾に移住し、八尾寺内村の開発や八尾御堂大信寺の建立に尽力、現代の八尾市発展の基礎を築いた人です。

この常光寺の宝筐印塔は、行誓の百五十回忌の時、子孫が建立したものだそうです。





以下、Wikipediaの説明です。

もともと久宝寺村内で生まれ、当地の有力者だったが、当時の久宝寺寺内町は、織田信長に忠誠を示していた安井氏が久宝寺御坊顕証寺から町内の支配を任されており、町内の有力農民らは、かねてから安井氏の支配方針に反発していた。安井氏の町内の支配は 織豊政権→徳川政権に代わっても続いていた。

慶長年間(1596年~1614年)に本願寺が東西に分裂すると、顕証寺は西本願寺に属したが、同じく久宝寺寺内町にあった慈願寺は東本願寺に属した。 慶長11年(1606年)11月に、七郎兵衛ら有力農民は奉行衆へ安井氏の行為が正当でないと訴え出た。
しかし、安井氏はこの訴えに対して徳川家康に反訴し、結果、七郎兵衛らの訴えは却下される[2]。訴えに関与した七郎兵衛ら17人衆および彼らに与した慈願寺は久宝寺を退去させられることとなったが、徳川家康は東本願寺派の教如に八尾庄の四町四方の地を与え、17人衆および慈願寺は慶長11年(1606年)にこの地に移住・荒れ地を開墾して八尾御坊大信寺を中心とした寺内町・在郷町の整備を主導した。

旧跡

八尾寺内町移住後の七郎兵衛の住居は、寺内町東門(現在の本町1丁目交差点付近)に近い場所にあり、現在の八尾市本町二丁目の大阪シティ信用金庫八尾営業部(旧大阪東信用金庫本店、旧八光信用金庫本店)の場所に当たる。平成18年12月に店舗正面壁ぎわに「八尾寺内町顕彰碑」が建てられた。顕彰碑には、「森本七郎兵衛旧宅跡」と記されている。

墓所は八尾寺内町の北外れにある常光寺にある。境内の西北に高さ221センチの宝筐印塔があり、百五十回忌の時に当時の子孫により寄進されたもの[4]である。正面に「森本行誓居士」、横に俗名『森本七郎右衛門貞治 河州渋川郡久宝寺村産住 慶長十一年丙午十二月同州若江郡八尾寺内村開発移住 元和五年己末正月十七日歿』と記されている。

八尾天満宮の境内には行誓の六代の孫である房吉が寄進した灯籠がある。

にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへにほんブログ村

神社・仏閣 ブログランキングへ
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

常光寺(3)八尾別当顕幸の墓

2016-08-19 | 仏閣
楠正成の家臣・八尾別当顕幸が、当寺にあって大いに南朝のために尽したそうです。

その顕幸の墓は、現在も本堂横の墓地に残っています。




寺伝によると、

多田満伸の子・賢快が初め、八尾別当職に任じられ、八尾僧正に称された。顕幸はその十世の孫で、八尾城主として権勢を持ち、後に楠木正成公の八臣の一の家来となり、大いに南朝方に尽した武士であり、権僧正でもあった。
正成の湊川戦死の後、顕幸は和田・恩智両氏と共に正成の子正行を助けたが、延元三年(1338)八尾城で病死し、この地に葬られたと伝えられている。



にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへにほんブログ村

神社・仏閣 ブログランキングへ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加