湖の子守唄

琵琶湖・湖北での生活、四季おりおりの
風景の移り変わり、旅先でのふれ逢いなど、
つれづれなるままに、語りたい。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

みちのく決戦つて、気が早いけど・・・

2017年06月30日 | 詩歌・歳時記
プロ野球パ・リーグは今夜から仙台での楽天イーグルスとの、そのゲーム差0.5で迎えた首位決戦である。
勝てば首位にたてる大事な一戦をテレビ中継で観る。
けれど、相手の楽天四番打者、ウィーラーの打席姿が醜くすぎて、へどがでる思いに野球観戦の楽しさなんて消し飛んでしまった。

ホームベースにツバを吐く、なんてもんじゃない! あれは噛みタバコの残滓なのか? 醜い口から流れるように汚物を吐き出す。汚いったらありゃぁーしない。楽天球団が何故注意をしないのか? まるで、未開の土人であり野蛮人とかわりはない。
そんな猿の惑星にホームランを打たれるのだから、先発の東浜もほめられたものじゃない。

  梅花藻や西へ番場の道しるべ

あまつさえ、コボスタジアム宮城という球場のありようが、酷すぎる。
プロ野球の本拠地になるべく、応急処置で形を整え「聖地」なんて呼べるはずもなく、継ぎ接ぎの広告看板やらずぶったくりのヒドイ球場である。まず、センスなんてものから一番離れた昭和30年代の、今は寂れ果てた観光施設のなれの果ての如き佇まいだ。

そんな荒れ地にも関わらず、純粋に応援するみちのくの野球ファンが哀れである。君たち! 未開人ウィーラーをホントに応援するのかね?  チームを愛するのならブーイングするべきであろう。
楽天との野球中継は、もう観たいとは思わない。こんな球団はお引き取り願いたいものである。
しょせんは、オーナーの意識の問題なのた。球場を見下ろして回る観覧車の料金って、知ったら気絶する位の高額なんたろうな?
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ホークス、投手・中田賢一…誰... | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

詩歌・歳時記」カテゴリの最新記事