湖の子守唄

琵琶湖・湖北での生活、四季おりおりの
風景の移り変わり、旅先でのふれ逢いなど、
つれづれなるままに、語りたい。

ホークス、投手・中田賢一…誰か貰って❗

2017年06月15日 | 詩歌・歳時記
ホークス対読売の第3ラウンド、4時間20分の長い試合がようやく終わった。それもこれも鷹の先発・中田の不甲斐ないピッチングにつきる。今月はあれまぁー、地上波、BS、CSとりまぜての10戦連続の野球中継という、夢のようなロングランなのである。
けれども連敗したあとの今夜は中田が先発。はなからイライラの連続で野球を楽しむどころではない。

とにかくストライクが入らない。たまに打者を追い込めば、すっぽぬけの連続で、何度しかめっ面を演じたやら。5回裏の読売の攻撃。ワンアウト一塁の場面で、長野にホームランを期待してしまった。早く降板しろよ❗ってなもんだ。ヒットを打たれてようやく飯田と交代したあとからは、これぞプロ野球だ‼ テンポもよく、ファインプレイの連続に一気に酒が旨くなりもうした。

 六月やなほ消へざらむ詩と志と死

7回、ホークスからFAで移籍した森福とメジャー帰りの川崎むねやんの対決。ツーストライクからボール4つのフォアボールは味があった。中田の意味のない四球とは雲泥の差である。
6回からの試合展開には、プロ野球を堪能いたしました。

 梅雨の夜
 詩歌を創る天上に
 削れけずれと声のするかな

巨泉さんではないけれど、鷹に中田投手なんて・・・こんなものいらない‼ どこか投手不足の球団にひきとってもらいたいものである。

 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 詩をかく苦しみ!それが喜び❗ | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL