ハリックの診断即治療&虹彩と、Kenさんの経済学&スケッチ

虹彩には、体質や、現在、過去、未来、のデータが秘められています。虹彩学による虹彩分析を針灸、巨針、食事療法の指針に!

昨日の臨床実践塾は面白いものを公開しました。

2014-03-24 15:22:48 | 診断即治療と虹彩学
テーマは、めまい、うつ病、五月病、花粉症だったのですが、それと関連する胸椎上部や頸椎の歪みの矯正で、モデルになった方の歪みを皆さんに見てもらい、それから座位のまま細い鍼を頭に2本刺して、再び歪みを見てもらいました。

歪みが矯正されているのです。


ピンク色で線を引いたように歪んでいました。


参加者全員が何度か実践塾に参加されたことのある方々でしたので、あまり驚く様子はなかったのですが、こういう瞬間的な矯正をはじめて見る人でしたら、ビックリします。

このような歪みは巨鍼なら簡単にとれますが、豪鍼ではちょっと時間のかかるものです。
そこを敢えて細い鍼で矯正して見て頂いたのです。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 花粉症の治し方(3/23の臨床... | トップ | ラッパスイセン(スケッチ&... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む