けんきゅうきろく(と、あともうひとつ)

レアル・マドリー、リーガエスパニョーラ関係の、なんとなく気になるニュース。

大きく一歩

2017-05-03 18:22:36 | football






16/17 UEFA Champions League Semi Final 1st-leg
Real Madrid C.F. 3-0 Atletico de Madrid

マドリーのゴール:クリスチアーノ・ロナウド、クリスチアーノ・ロナウド、クリスチアーノ・ロナウド

CLの準決勝という舞台、対戦相手、そしてこの結果と、今シーズンのベストマッチの1つと言える試合だったのではないでしょうか。クリーンシートでゴールを重ね、出場した選手たちの良さが各所で見られ、ベルナベウの盛り上がりも最高。望外の結果でした。
今日一番にくるのは、やはりクリスチアーノでしょう。QFに続き、またもハットトリック。ハイレベルでソリッドな試合になるだろうと思われている試合、だからこそ決めるというような力強さと集中力。頼もしいの一言です。特に2点目の「ずどん」は、これで試合を決めるというかのような、迫力のあるシュートでした。理不尽な文句をつけられても批判されても、その度に、これでもかという結果で返してくるクリスチアーノ。まだまだ、マドリーの大エースです。
この日良かったのは、アウェイゴールを与えず無失点で終われたこと。実際、シュートチャンスをあまり作らせない守備ができていたのではないかと思います。さらに、ガメイロの飛び出しを絶妙なタイミングでセーブしてくれたナバス、あれが通っていたら1−1になっていた可能性もあり、数少ない出番で完璧な仕事でした。
サイドを中心にケアしながら攻撃にも積極的だった中盤も完璧に近かったんじゃないでしょうか。クロースがむしろ低めでモドリッチやカゼミロの方が高い位置にいた印象でした。モドリッチの惜しいシュートがあり、カゼミロに至っては1アシスト、3点目の場面でも最前線に。カゼミロ、最近ゴールに関与することが増えてますね。イスコは、リーガで出ていた時のような煌きはなかったですが守備でも攻撃でも献身的で、つなぐ役割ってこういうことなのかなと感じました。マルセロ&カルバハルのサイドバックの攻撃参加もいつも通り。カルバハルは前半で怪我を負ってしまったのが心配ですが、代わったナチョも良いタイミングで上がってきて(その分何度もファウルを受けていたのがかわいそうでしたが)、十分すぎる働きだったと思います。良い選手だと思っていたけど、こんなにも頼りになる選手だったとはと、改めてナチョの価値を実感しています。左のマルセロも相変わらず好調で、この試合では2点目に貢献。このマルセロからの低いクロスを受けたベンゼマが、中央でポストとしてボールをキープしてクリスチアーノに受け渡し、ここから2点目の「ずどん」が決まりました。交代で入ったアセンシオとバスケス、この2人のフレッシュさも最後まで効果的でした。
カルバハルの負傷を除けば、本当に良い結果でした。これだけの試合ができるということ、これだけファンを喜ばせる試合ができるということは、選手たちの自信にもなると思います。でもまだ何も決まっていない。残り少ない試合、油断することなく、次のリーガ、次の2nd-legと、1つずつ勝ちを積み重ね目標に向かっていって欲しいです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« CLSF 1st-leg: アトレチコ戦... | トップ | 1ヶ月先は »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2017-05-03 22:02:42
会心の出来でしたね。この舞台でこの出来、何よりもクリーンシートというのが素晴らしい。カルバハルの負傷は余計でしたが、その分他の選手がしっかりステップアップしているので、2ndも大いに期待出来ますね

コメントを投稿

football」カテゴリの最新記事