無線操縦

私の趣味のひとつ、無線操縦を紹介しましょう。

春浅し

2017-02-13 16:53:56 | Weblog

四季桜が枯れ枝の庭にほんの少し色を添えてくれました。我が家の庭に来て2回目の春を迎えましたが、鉢植えのせいか、少しも大きくなりません、きっと肥料が足りないのでしょう。実生の山桜は、飛び込みの庭師に剪定を頼んだら20㌢の大木にもなったのに前年の秋に枯れてしまいました、一期一会で我が家の庭を選んだのに、しかも花弁が大輪で新種かと、愛でていただけに目をつむるまで心に残るのでしょう。切株で仏さまを刻むつもりで乾燥中ですが、ひび割れが多いので、形にならないかも知れません。

並べて掲載した、蕗の薹、近くの懇意の地主さんに頂き、二回ほど天ぷらで浅い春をホロ苦人生と重ね合わせて楽しみました。まだまだ武蔵野に野が残っているということでしょうか。つれも、きっと故郷の野山を連想したに違えない。

世界の混乱は、トランプ大統領の登場で輪をかけて、不透明の度が濃くなりました。グローバリズムに疲れ果てた民族が、少しずつ漏れる情報に一喜一憂し、或るいわ悪質なロビーストにプロパガンされ更にマスメディアが片棒を担ぎ、益々混乱の輪が広がっていく。例えば我が国を見ても、尖閣諸島は安保の適用範囲と聞き、防衛大臣は小踊りしたとか、カメラの前で我が国の総理大臣がトランプ大統領とハブしたとか,異例な親密度などと世界に向けて発信しきり、そうした中でキラリキラリと言葉の刃物の光が走る、つまり国益の軽重でどこの国とも手を組むのが今までの世界の潮流ではなかったか。トランプ大統領の100%強力な同盟国だとの宣言は,それこそ100%信じてよいのだろうか。

我が信頼する、論客の人々もこの1~2週間前までので論調は、全く読めないと論調を変えている。それが正直な心境であろう。TPPを廃棄して個別の交渉が、どんな展開になるのか、微妙に安全保障と絡みがあるだけに綱渡りのような展開になるのだろう。さらには一頃の米国の国力と異なり、安全保障は全面的な依存では、今後は通るまい。その時になってこの国の国民、即ち我々がどんな動きが出来るのだろう。いわんや核武装はおろか原発可動も反対するこの国の国民が最大の敵になりはしないかが皮肉にも、死にかけた老人の心配ごとである。

ではここで経済、安全保障の総括を試みよう、現状経済で心配は要るまい。なぜならこの国の政府の財産は500兆円あると言われて、(詳しくは別の機会に述べたい)当面デホルトの心配はないと言う、心配は軍備、核兵器を持たないことと、可動労働人口の減少だと言う。そのために安倍首相は移民政策に切り替えようとしていること、これは国民を貧しくする政策であると述べられ、欧州の轍を踏む政策であるからだという。さらに言うなら、農政改革です、つまり全農の株式化です、これで我が国の食糧安全保障が崩壊のリスクが付きまとうということになります。なぜなら株式会社はペイしなければ、撤退があるということから。そして株式は売買される不安さがあります。暫くは様子見の政治が続くのでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 真冬の贈り物に新年を占う | トップ | 教科書に載らない歴史の功罪 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (kazuyoo60)
2017-02-14 11:26:14
四季桜、可愛いです。2度目の開花、嬉しいですね。
既にフキノトウを2度、美味しかったでしょう。
トランプ大統領が、まともな政策に戻るなら、世界中の人が不安を払拭できますね。ブレーンの方達に期待です。
米国以外の優れた頭脳を拒否してはです。有能な国々に疎まれてもです。それにアラブの貿易相手国は入国拒否していないとか、そんなテレビ情報もです。
侮れない中国の技術 (momiji-)
2017-02-14 14:55:25
kazuyo60さま
自民党の感触に対して野党も国内のマスメデアも懐疑的にふるまっています。どちらが正解か少なくとも1年以上要するでしょう。なぜか新兵器の開発は極端の伏せられています。トラック1台の大きさで、ITの塊の飛行機を落とせるとか、太陽光のエネルギーでレザー光に変換して都市攻撃の兵器になるとか、自衛隊OBから流れたりで、インターネットで姦しい。しかしスパコンの先頭を走っているのは日本や米国でなく、中国だと言われています、恐ろしい話もあります。経済や国の崩壊など声高に論じている場合ではないように思います。技術開発に投資しない安倍首相、浮かれている場合では無いように思うのですがねー。
お立ち寄りありがとうございます。

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL