飛騨の山猿@飛騨MAVERICKマーベリック新聞

(野党共闘で政権奪取+安保法制破棄+法務官僚腐敗と政官財マスコミの癒着腐敗構造を糾弾+国連中心主義と常時駐留なき安保)

年金崩壊

2007年01月14日 11時41分35秒 | 政治・時事問題
役人と政治家の年金はガッチリ守られている!預けた掛け金は湯水のごとく消費されている!サラリーマンの年金が割を食わされている!「少子・高齢化で年金崩壊」のウソを暴き、大反響を呼んだ「週刊現代」の好評連載に大幅加筆。パワーアップしてついに単行本化!! 2.3年前から岩瀬達哉さんがマスコミに出て年金崩壊の危機を訴えているがどうして大きくマスコミは捉えてくれないのか?
平均年収1000万以上のマスコミ関係者には、他人事なのであろう。(藁
+++
岩瀬達哉出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: ナビゲーション, 検索
岩瀬 達哉(いわせ たつや、1955年-)はフリーのジャーナリスト。和歌山県出身。東洋大学文学部哲学科卒業。記者クラブ制度に代表されるマスコミの体質や年金問題についての報道を中心的に行っている。

1996年、講談社の雑誌『Views』に発表した「朝日新聞社の研究」(『新聞が面白くない理由』に収録)において、巻頭コラム「天声人語」の執筆者だった疋田桂一郎や、海外ルポルタージュで知られる本多勝一らの著名記者が、リクルートから、リクルート事件が発覚する前年の1987年に接待を受けていたと報じた。本多は編集長を務める雑誌『週刊金曜日』や、雑誌『噂の真相』での自身の連載記事・コラムで捏造記事と非難した上、岩瀬に対し「講談社の飼い主にカネで雇われた番犬・狂犬の類」、(フリージャーナリストは)「売春婦よりも下等な、人類最低の、真の意味で卑しい職業の連中」「人間のクズ」「カス」などと言いたい放題の罵詈雑言を浴びせた。これに対し岩瀬は本多と疋田を名誉毀損で告訴し、本多も反訴した。東京高裁は2005年、本多の反論が限度を越えて極めて悪質と認定、岩瀬の記事についても一部名誉毀損扱いで敗訴で収束。

2004年、『年金大崩壊』で講談社ノンフィクション賞受賞。

++++++++
中塚一宏様
新年明けましておめでとうございます。
苦しい充電期間でしょうが、めげずに頑張ってください。(^^)
社会保険庁の解体的改革をお願いします。
++++++++
達曽様明けましておめでとうございます。
岩手から生活改革、頑張ってください。
『社会』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« おもろい看板発見(^^) | トップ | 民主党2007年度定期党大... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL