無理しないでボチボチ

ジョークとニュース間違え無いように  

全てNETのコピペで出来ています。不都合なものは連絡ください。

君に衣装を着てゴリラになりすましておいてほしいのだが、いかがかな?

2014年10月22日 | 面白画像

ある日仕事にあぶれたパント・マイムの芸人が動物園にやって来た。
金を稼ごうと路上で芸を始めたのだ。
お客が集まり始めるとすぐに園長がやって来て彼を事務所へ引っ張っていった。

事務所にて園長曰く、
「実はこの動物園で1番の呼び物だったゴリラが急に死んでしまって、
このままお客が減ってしまうのを恐れている。
そこで代わりのゴリラが手配できるまで、
君に衣装を着てゴリラになりすましておいてほしいのだが、いかがかな?」と、
彼に仕事を申し出て、引き受けることになった。

次の朝から彼はゴリラの衣装を着て、お客が来る前にゴリラの檻に入った。
始めてみると、最高の仕事だった。
好きな時に眠れるし、遊べるし、お客をからかうこともできた。
こうして彼は、本業のパントマイムをやっている頃には集められなかったぐらいの
たくさんのお客を集めていた。
しかしそうこうしているうちに、お客もゴリラに飽きてきたし、
彼の方もタイヤを揺らせているだけではつまらなくなってきた。
気がつくと、隣のライオンの檻の方が人気が出ている。
せっかく得た人気を失いたくなかった彼は檻に登って仕切りの上を腹這いで進み始めた。
そしてついにはライオンの上までいってぶら下がった。
こんなことをされてライオンはたいそう怒ったけど、お客は大喜びだった。
この様子を見ていた園長は彼に昇給を約束してくれた。

さて、こんな調子で何日かが過ぎていった。
彼は相変わらずライオンを冷やかしたし、お客の数は増えていたし、
彼の給料も上がり続けていた。

そんなある日、最悪の事態が起きた。
怒り狂ったライオンの上でぶら下がっていた彼だが、滑って落っこちてしまったのだ。


ライオンが近づいてきて今にも飛びかかろうと身構えている。
慌てた彼は檻の中をグルグル逃げ回りだしたが、
ライオンは冷静にピッタリ後ろに迫っていた。

とうとう彼が「助けてくれ?」と大声で叫び出したとたん、
ライオンに飛びかかられてしまった。
仰向けに組み伏せられた彼が怒っているライオンに目をやると、ライオンが話し始めた。

「しゃべるな! このマヌケ。2人ともまた失業したくはないだろう?」

 

  

 

                面白かったら、「ブログランキング」 

                

                   人気ブログランキングへ↑↑↑↑↑↑↑↑

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 冒険家は神にライオンから守... | トップ | 少年、私の自転車、乗っている »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。