無理しないでボチボチ

ジョークとニュース間違え無いように  

全てNETのコピペで出来ています。不都合なものは連絡ください。

「嫁さん裏切り…申し訳ない」桂文枝、涙の謝罪 紫艶との不倫騒動で釈明7分

2016年02月23日 | ニュース

 演歌歌手、紫艶(しえん、38)との仲むつまじいツーショットが写真週刊誌「FRIDAY」に掲載され、不倫騒動が持ち上がった落語家、桂文枝(72)が21日、東京都内で騒動を謝罪した。不倫の事実自体は否定したものの、「嫁さんを裏切るようなことになって…」と涙を浮かべ、何度も声を詰まらせた。文枝の“釈明会見”は約7分にも及んだ。(サンケイスポーツ

 21日夜、神保町花月で自らプロデュースした落語会に出演した後だった。所属事務所は当初、「本人が2、3の質問に答える」と説明していたが、出口で待ち受けた約30人の報道陣の前に現れた文枝は寒空にもかかわらず、7分近く“釈明会見”を行った。

 開口一番「本当に多方面にご迷惑をおかけして申し訳ないと思います」と深々と頭を下げ、謝罪。続けて「家族には一番迷惑をかけた。嫁さんは44年間私のためにやってくれたのに、こんな、裏切るようなことになって…。『本当にあんた脇が甘いからや』と言われました」と目を潤ませながら、何度も声を詰まらせた。

 それでも不倫疑惑については「事実と違う。(不倫は)20年と書いてあったのにはびっくりした」と否定した。紫艶とは2年前、東京の落語会で会ったのが最後で、それ以前も「12年ぐらい会っていなかった」という。

 出会ったのは約20年前。吉本興業で後に社長となる林裕章氏(故人)に「うちにも演歌歌手ができた。応援してやってくれ」と紹介され、2000年に紫艶と改名した際には名付け親となった。文枝は「自分の子供ぐらいの年で、そういう感じで応援していた」と説明し、掲載された写真についても「14、5年前に、(仲間と)みんなで和歌山へ行って、彼女も誘った」とグループでいたことを明かした。

 同誌に交際関係を証言した紫艶に対しては「ああいうことをする人ではないと思っているので非常に心配しております。これから歌で頑張ってほしい」と気遣った。

 先月9日、「上方落語四天王」最後の一人で、上方落語協会会長も務めた桂春團治さん(享年85)が死去した際、文枝は現会長として「これから協会を一生懸命引っ張っていく」と誓ったばかり。その言葉を思い出しながら「本当に自分でも情けない」とうつむき、「これからは真剣に落語と向かい合って、頑張っていきたい」と“会見”を締めた。

■紫艶(しえん) 1978(昭和53)年1月17日生まれ、38歳。兵庫県出身。97年に旧芸名、中江ひろ子として「おもいで化粧」で歌手デビュー。2000年に紫艶と改名し、「渋谷のネコ」で再デビュー。同年の日本有線大賞で新人賞を受賞した。1メートル65、B90W60H88のGカップボディーでグラビアでも活躍。12年に発表した写真集「ろまん」ではヘアヌードを披露して話題になった。

 

 

 

 ↑↑↑↑↑↑↑↑ 

 人気ブログランキングへクリックをお願いします

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 北新地“ホステス心得帖”は社... | トップ | 民主・維新“新党”切り札は、... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。