もふもふランド♪

たくさんのわんこと もふもふしてます。
    by ぷーどる♂ & ぷーどる♀

チップの大切な家族ぷるーちゃんのこと(ぷーどる♀)

2016-11-26 10:51:53 | ぷ♀の日記
*本日は奥さんの日記です。*

チップと一緒に保健所に入れられていた
チップの大切な家族ぷるーちゃん
今年の夏、この世を去ってしまった。

保健所に入れられていたのを出してもらって
鎧のようになっていた被毛をきれいにしてもらって
身体に良くて美味しいものを色々と食べさせてもらって
本格的なキャンプや、フェリーに乗って北海道、など
楽しいお出掛けに連れて行ってもらったり
季節ごとの日々の楽しみを 
あれやこれやと
盛り沢山に経験させてもらって
居心地のいいお家まで建ててもらって
それはそれは大切に愛情を注いでもらっていた ぷるーちゃん。

遠路はるばる、うちに会いに来てもらった時のこ
思い出す。

CIMG9107.jpg
駐車場で初めて会ったときの元気な様子や
公園で楽しそうに歩いてくれていた様子、
ドッグカフェでおりこうさんでいてくれたこと、
公園からうちへの道のりや、うちへ来てくれた時の様子を
思い出す。
CIMG9125.jpg

サラサラとなめらかで、いつまでも撫ぜていたくなるような
被毛をしていた。
CIMG9132.jpg
けれど、知らない所へ来て、初めて会う人に触られまくっては
負担になるかもしれないと思って
私は なるべく寄ってきてくれた時だけ触るようにした。
また、きっと会えるから、次回、覚えていてくれたら
撫ぜくりまわそう…なんて思っていた。
もう、撫ぜることはできないのだな。

私ですら、一緒に歩いた道でぷるーちゃんのことを思い出すと
とても寂しい。
ましてや、日々共にいて愛情を惜しみなく注いできた人の
悲しみはいかばかりであろうか。
徐々にブログの更新もされてはいるけれど。。。

今は時が経つのを待つことにしよう。

ぷるーちゃんはとびきりの幸せをもらっていた。
暖かなお家に迎えられてからは、
それこそ夢のように、世界が輝いていたことだろう。

今は、一人っ子になったぽーりーちゃんがその幸せを味わっている。

CIMG9139_2016112510180943c.jpg

もしも可能なら、いつの日か、ぷるーちゃんが感じた幸せを
どこかの子が享受できるようになれるといいな。。

と思っていたところ、
何と新たに保健所から家族を迎えることにされたということで
本当に嬉しい。

幸せになれる、その子は何と名付けてもらうのだろう。
ぷるーちゃんが、その子の運命を幸せへと
つなげてくれたのだと 私は思っている。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« SVEA123 (初期モデル) 最... | トップ | 山岳部忘年会 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (モッピ〜)
2016-11-27 14:02:31
ぷるーちゃん 保健所から出してもらっていい家族に迎えられて幸せな最期でしたね
それまでどんな生活を送っていたかはわかりませんが、旅行に連れて行ってもらったり お家も建ててもらったり愛情たっぷり惜しみなく与えてもらったのが伝わってきます。
そしてぷるーちゃんがいなくなって辛いでしょうにでまた新しい命を救えるって 本当に素晴らしいことですね。
その子もうんと幸せになりますように♪
ぷるーちゃんのご冥福をお祈りいたします。
モッピ~さんへ (ぷーどる♀)
2016-11-27 17:37:38
ぷるーちゃんはままるーさんのお家の子になれて
本当に幸せだったと思います。
ぷるーちゃんは何度も何度も仔犬を産まされていた形跡がありました。

保健所に入れられていた時
他の5匹は団体さんに出されることが決まっていて
あと2匹、チップとぷるーちゃんが残っている状態でした。
私は、日本動物生命尊重の会の代表さんに
「老犬」と書かれていた子を出してもらうことにしました。
すると「もう1匹は個人の方が引き出されました。」
とのことで、ほっとした記憶があります。

チップよりぷるーちゃんの方がずっと年上のようでした。
静かな環境でのびのびと、とても幸せだったことでしょう。
新しく来た子も幸せになれるに違いありません。



コメントを投稿

ぷ♀の日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。