もふもふランド♪

たくさんのわんこと もふもふしてます。
    by ぷーどる♂ & ぷーどる♀

水のみ器

2017-06-24 10:52:29 | 犬日記
初夏に陶さんちで作らせてもらった器が焼き上がりました!
(詳しいことはこちらを。)

わんこ達の水飲み用にと私なりに工夫を凝らした器です。
で、どのよな工夫かというと…

IMG_6763_2017061810582562d.jpg
まずはこの厚み。
どっしりと安定し、多少のことでは多分割れない!

IMG_6762.jpg
そして内部は、中央部が少し盛り上がり周辺部が低くなっております。

これは残りの水が少なくなった際、底面にリング状に水がたまるようにするため。
というのも、うちの子たちは、器の周辺部を舐めて飲む癖があるので、
例えまだ器に水があっても、それが底の中央部だと、
舐めても舌が届かないということがよくあるのです。

ですからこの様に中央部を盛り上げておけば、
最期まできっちり舐めることができるのではないかと…

そして最後はこの低さ。
IMG_6764.jpg
重心が低いので、どっしり安定感があり、
うっかり鼻先をぶつけたりしても、中身がこぼれないようになっているはず。

実は先ほどの内部の盛り上がり構造がここでも功を奏し、
通常お茶碗などにある糸切り(底の脚の部分)なしで、安定することができております。


で、早速ぷーさんに使ってもらおうとセットしたらば…
CIMG0621.jpg
「ペチャペチャペチャ♪新品で飲む水は美味しいな~♪」

あ~あ~あ~~!
一番乗りはムク!お前やったんかい!

ま、らしいといえばらしいけど…



で、その後…
CA395623.jpg
やたっ! ぽっちゃんも飲んでくれた!


ヽ(^∀^)ノ


そういうわけで、こういう自分だけのものってとても嬉しくなりますね。
特にこういう焼き物って、なかなかハードルが高そうな気がしていただけに、
こうして手にできるとより一層嬉しい!

だからこんな機会を与えてくれた陶さんに感謝!

というか、結構はまっちゃいそうなんで、また時間があったら襲撃して、
他にも作らせてもらいたいな~。

(*^人^*)



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

兄妹散歩

2017-06-23 10:38:03 | ぽち
前日ぷーを送った際、しばしの時間ぽちとかりんを連れ近所を散歩しておりました。

IMG_6896.jpg
「行くぞ妹よ!」
「あいよ兄ちゃん!」


うちの子たちは皆そろって散歩に出ても、あまり乱れずきちんと歩けるのですが、
やはりこの兄妹コンビはその中でも別格。
いつもきれいにならんで、仲良くトコトコ歩きます。

さすが生れ出たときから一緒にいるだけのことはある!
正に仲良し兄妹♪
IMG_6900.jpg
「だって妹可愛いもん♪」
「てへぺろ~♪」


そういうわけで、この子たちとのお散歩は、
結構スムーズなので私たちも楽ちん。

IMG_6899.jpg
「だって親子やもんね~。」
「そうやね~。」



そうそう、この子たちを取り出したのは私だから、
確かにこの子たちにとって、私たちは親そのもの。

だから気が合うのでお散歩がスムーズなのも当たり前か♪




この子はお散歩途中であったかわいい子。
IMG_6903.jpg
「ぼくクロいうねん。
処分されるところ、助けてもろて、
お父ちゃんとこの子になってん。」


ただいま9歳のこの子は、数年前処分寸前のところを今の飼い主さんい助けられ、
今は、こうして大好きなお父さんお後ろにぴたりと寄り添う暮らしております。
とても大人しくかわいい男の子でした。

こういう親子関係もとても素敵ですね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

さよならだけが人生か?

2017-06-22 10:32:35 | 雑談
ぷーとお別れをした休日の朝。
実は私は病院に行っておりました。

で、その帰り道気分転換に公園に立ち寄りコーヒーを淹れ一服。
IMG_6826.jpg

木陰でコーヒーをすすっていると、
先週切られた母校のヤシの木を見たくなったので、
それを見ておこうと少し移動。

すると、いつもよく通っていた銭湯の取り壊しが始まっており、
何気に見てみると、元気にそびえたっていた煙突がもうなくなっておりました。
IMG_6832.jpg
好きな銭湯だっただけに残念。
こんどは何になるんだろう?

こちらは在りし日の姿。
s-CA391680.jpg
この角度だとバックにあまり高い建物が無いんで、結構かっこよかったんですよ。

で、そのまま銭湯前を抜けキャンパスを覗くと、
IMG_6833_20170621143943352.jpg
あ~、なんかスカスカ~。

でも、切り倒されたヤシの木はさすがに大きいので、
いまだ撤去作業が行われておりました。

やし
長い間お疲れ様でした。


こうしてみると、
ずっと当たり前だと思っていたものたちが、どんどんなくなっていく。
そんな気がして寂しくなってくる。

「さよならだけが人生だ。」
と、そういう言葉もあるけれど、

この日はぷーを送る日であっただけに、
「確かにそうかもな…」
と少しそう思ってしまった。




で、その後は昨日の日記に書いたようにお見送り。

その後家に戻り、留守番わんこ達とお散歩。
CIMG0617.jpg
「さ!行こう♪」

そやね、まだまだアンタらがおるし、
ぷーさんがおったからこそ、あんたらともこうして出会えて楽しく過ごせているよね。

そう思うと、「さよなら」は「こんにちは」の延長線上で、
心から叫びたい「さよなら」のためには、「こんにちは」を「ありがとう」に昇華する、
そういう素敵な時間があればこそ。

先のヤシの木も、銭湯の煙突も、
そこで過ごした、とても楽しく幸せな時間があったからこそ、寂しくなる。
ましてや、わんこ達との時間は言うまでもない。

そう思えると、「さよならだけが人生だ。」という言葉の意味も変わってくるね。
「良い出会いと素敵な時間が人生だ。」と言ってもいいよね?

そんなことを思いながら散歩していると、
不意に携帯が鳴り出てみると、お届け物の不在連絡。

そう、ぷーを知る方々が、お花などのお供えを送ってくださったのです。

ありがとうございます。

そういうわけで、ただ今あの子はたくさんのお花などに囲まれて、
静かに眠っております。
CIMG0624.jpg
素敵な時間を、
そしていろいろな方々との素敵な出会いを作ってくれてありがとうね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

さよなら ぷー

2017-06-21 13:46:00 | ぷー
昨日は休日だったので、家族全員でぷーとお別れをしてきました。

以降、魂の抜けたぷーの画像が出てきますので、
ご覧になられるのが辛くなられる方々には、
ぷーの子供のぽちとかりんも連れて行き、
そしてお別れを先延ばししていたきなこも連れて行き、
皆そろって無事見送れたというご報告のみですので、
以降はスルーしてくださって結構です。

(*^人^*)





さて、自宅で最後の時間をぷーと過ごし、
その際、歴代の子たちもそうしてきたように、
身体をきれいにブラッシングし、手形足形を取り、
そして各部の被毛を記念に少しずつ分けてもらいました。

IMG_6860_20170621112530260.jpg
本当に寝ているよな綺麗なお顔でしょう?

IMG_6846.jpg
小さい手足は紙粘土で型を取り、その後墨を塗って色紙にペタン。
ついでに鼻先も同様に型取りしペタン!

IMG_6840.jpg
時には元気に、またときには優しく、フリフリ、ゆらゆら振られていたこのしっぽ。
正直、ここだけでも切り取って、つねに手元に残したい気持ちでいっぱいでしたが、
そこはそれ、「パパ何するの!」と怒られちゃいけないので、
飽きることなくほおずりし、そのふわふわもふもふをいつまでも堪能しました。

そんな感じで残されたわずかな時間を使い切ると、
ついに別れの時間が迫ってきたので、車に乗って最後のドライブ。

ドライブが本当に大好きな子で、ガレージに向かうだけでテンションが上がり、
「さあ、乗るわよ!」
と、いつもやる気満々で車のドアに飛びつく子でした。
だから、最後もこうして家族全員そろっての車でお出かけ。

こちらは亡くなる直前、救急病院へ向かうときのもの。
IMG_6775_20170621132414b0f.jpg
まだこの時は最後の発作を起こす前で少し落ち着き、
こうして腕の中で満足げにドライブしておりました。


そうして葬儀場に着き、きなことともに仏様の前で横になり、
お経をあげてもらいました。
IMG_6882.jpg
昨年末、いろいろバタバタしていてなかなか時間が取れず、
見送るのを先延ばししていたたきなこも、
これできちんと送ることができて一安心。

息子のポチと娘のかりんも最後のお別れのご挨拶。
IMG_6877_20170621112623719.jpg
「お母ちゃんもういくん?」
「……」



そして私たちも最後に抱っこさせてもらいました。
IMG_6888.jpg

IMG_6892.jpg
力なくぐにゃぐにゃで、それでいて驚くほど軽く、
でも、それはいつもの良く寝ているぷーでした。

ただ、身体だけがとてもとても冷たいことを除いては…



そして最後のお別れの点火スイッチは私が自分で押し、
ぷーを、梅雨の合間の晴れ空に、高く高く送り出しました。



無論今までの子も、今いる子も、どの子もかけがえのない大切な子。
でもこのぷーだけは私たちにとって本当に特別な存在で、すべての元祖。
色々なことを教えてくれて、
そして今の私たちの生活の根っこの部分を形作ってくれたのはこの子。

だから、今も心からの感謝の気持ちしか言うことができない。

ありがとう。
うちの子になってくれて本当にありがとう。

そしてなにより、私たちを愛してくれて、
本当にありがとう。

感謝!

感謝!

IMG_6806.jpg



*追記*

親ばかといわれようが、
こんなにできた子には、もう二度と出会えないかもしれない。
こんなに可愛く、美しく、そして優しく、賢く
どこにでも安心して連れ出せる完璧な子には…

そう思うので、今後まだしばらくぷーの思い出をつづるつもりでおりますので、
宜しければどうぞお付き合いくださいませ。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

おやすみ ぷー

2017-06-19 11:20:51 | ぷー
昨日の朝、5日ぶりに自分から食事をとってくれたと喜んでいたのですが、
お昼過ぎに容体が急変。

急に悲鳴を上げたかと思うと、激しい痙攣、そしてひどく荒い呼吸!
そこで大慌てで店を閉め、休日も診察している救急病院に電話を入れ、
大急ぎで車で向かいました。
途中車内でも発作を起こし、舌が青くなるほどの呼吸困難に。
そして病院に飛び込んだ時にはすでにぐったりしており、
奥さんが受付で思わず、
「間に合いませんでした。」
と言いってしまいましたが、直後ぷーは首を持ち上げ、
「まだ生きてるよ。」
と。

ですが、どう見ても危ない状態なので、そのまま処置室へ。
呼吸困難の原因は、のどに詰まった喀血。
取りあえず、気道を確保し、呼吸は楽になったものの、
すでに体力は限界で、呼吸器を外すと即また呼吸困難を起こし、
こんどは確実に心臓が止まるでしょうとのこと。


どうもすでに内臓が限界にまで来ていたようです。
思えばこの日最後に食事をとってくれたのは、
燃え尽きる前の最後の輝き。
じつはこういうことはわんこ達にはよくあって、
ランちゃんジョイモモちゃんの時も同様だったのです。
だから、心の隅にそういう不安はあったものの、無視していたのも事実。
しかし、そういう最後の輝きは、
あの子達が最後にしてくれる親孝行であるのだろうなとも、
今はそう思えてならないのです。




そこで私たちは二つの選択を迫られました。
一つは、出来うる限りの延命措置を取りここに入院。
ただし、おそらく良くもって明日まで。
その間管につながれ意識は失ったまま。
もう一つは、無理させず、今私たちを認識したままで痛みも苦しみもなくなる処置。

このことは、もうずいぶん以前から心に決めていたこと。
でもいざとなると、やはり揺らぎます。
そこで、奥さんと、娘と、それぞれの気持ちを確認し。
その場でぷーとお別れすることに決めました。




心の整理がついたのち、本当に最後のお別れをぷーに告げ、
それから先生にお願いしました。

ほんの少しの間をおいて、すごく楽そうな呼吸になったかと思うと、
トロンとした表情で眠りに入ってゆきました。
そして10秒ほどのち、18年間頑張り続けたぷーの小さな心臓は、
静かに働くのをやめました。

小さな小さな体で本当に最後までよく頑張ったね。

ぷーさん、おやすみなさい。
後はもうゆっくりと楽に…

その後病院で体をきれいにしてもらったぷーは、
まるでトリミング直後のようにきれいで、思わず人に見せて自慢したくなるほど。
だから、帰り道には妹の家に寄り、
また戻ってきては近所の顔なじみさんに挨拶し、
そうして寄り道しながら家まで戻りました。

ぷーにしてみたら、
「ああ、やっと帰ってきた。これで落ち着いて寝れる。」
といった感じでしょうか。


その後は、部屋の真ん中、みんなの真ん中に置き、
そしてプーを囲み、過ごしました。

そんな時娘が見せてくれた5年前の動画。
ちょうどいまのぽちやかりんと同い年の頃のぷーさんのもの。
スヤスヤと気持ちよく寝ているところを、娘が面白がっていじっています。
すると意地でも目を開けずに、

「ちょっと、お姉ちゃん… もう、静かに寝かせてよ。」

と、そういう少し迷惑そうなぷーの表情がとても可愛くて、可愛くて…

そういうわけで、若い時の画像も少し足し、短い動画にしてみました。
2分ほどですので、良かったら見てやってください。




この子は私たちにとって本当に特別な子であったので、
こうしてお別れをすると、なんだか一つの時代が終わってしまったかのような気がします。
ですので、また後日ぜひこの子の話をぽつりぽつりとさせてくださいね。


最後に昨日のぷーと今日のぷー。


IMG_6770_2017061912364424a.jpg
昨日の午前中はお店でもこんなにしっかり看板犬をしてくれてました。


そして今日は静かに看板犬。


叔母や、お世話になった糸井先生から頂いた綺麗なお花に囲まれて、
静かに店番しております。
IMG_6790.jpg
まるで寝ているみたい。

親バカですが、本当に綺麗でしょう?

今日一日、この子と一緒に静かに過ごし、
明日最後のお別れをしてきます。


ご心配いただいたみなさん、どうもありがとうございました。





コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

今日のぷー ~食べた!♪~

2017-06-18 10:24:02 | ぷー

昨日も今日もおだやかに寝ているぷーさん。

ずいぶん久しぶりになった看板犬のお仕事も、
IMG_6756b.jpg
このように奥さんの膝の上ですごく気持ちよさそうにリラックス。

時折思い出したように足を動かし尻尾をゆっくり大きく振るので、
きっと楽しい夢を見ているのかもしれません。
IMG_6755b.jpg
「ムニャムニャムニャ…♪」

ですが相変らず何も口にせず、大好きだったミルクにも口を付ける気にならない様子。
CA395621_2017061810313927b.jpg

ならばと、ほかの子達が食べているフードを置いたり、
お肉を炒めたり、ソーセージを温めたり、パンを切ったり、カステラを刻んだり…
あの子の好物を思いつくまま並べてみますが、嫌がって顔を背けてしまいます。

で、そういう時はまるでぷーのスタンドのごとく寄り添うムクが、
IMG_6759_201706181030207d2.jpg
「じゃあ、僕がいただきますね♪」



しかし、水曜のお昼に吐き戻して以来何も食べていないから、
数えればもう4日以上の絶食!
これは老体にはのはさすがにまずいので、

意を決し、無理やり何かを食べさすことにしました。
そこで、老犬用の液体栄養食を入手したので、
それをスポイトで無理やり口に流し込むことに。

無論ぷーは嫌がり顔を背けますが、それに負けず、無理ない程度に数口ずつ。
量的には到底満足いくものではないですが、
それでもいくらかは飲み込ますことができたのでそれでまずは良し。
(まあ、ぷーはすごく迷惑そうでしたが。)

すると、ぷーのお腹がギュルギュルいいはじめたので、おトイレに連れて行くとそこでうんち。
やはり少しでも胃に入ると内臓が動くのでしょうか?

その後吐き戻さないか注意してみていましたが、落ち着いた感じで寝てくれました。

そして翌朝、つまり今朝。
昨晩同様スポイトで飲ませようかと用意をしていると…

「あれ?なんか動きが…?」


起き上がり、トコトコ歩き出したかと思うと、
他の子のフード置き場に近寄り、空のお皿をのぞき込んでおります。

これはもしや?

そこで大急ぎでぷーの好きなパンをいくつか刻み、鼻先へ差し出すと…


「ぱくぱくぱく♪」

「食べた~!」(・∀・)~♪

5日ぶりに自分から食べてくれました。

だから奥さんと二人、大喜びで、そして大慌ててパンを追加しました。

とはいえ、かなり久しぶりの食事なんで胃がびっくりしてしまわないかと少しハラハラ。
しかしそういうこともなく、ある程度食べ満足したぷーは落ち着いた様子でした。

もちろんこれだけで手放しで喜べるはずもないのですが、
私たちは本当に嬉しく、まずはほっと人心地つけておるのです。

今日、この後もまた食べてくれればいいな…



*予告*

この様な感じで昨晩ぷーに食事をさせようと奮闘していると、

ピンポ~ン♪

しょっち~さんがやってきて、わざわざこれを持ってきてくださいました。
IMG_6763_2017061810582562d.jpg

おお!これは!
あの時、陶さんの仕事場で作らせてもらった器ではないか!

実は先日焼き上がり、陶さんがしょっち~さんの家まで持ってきてくれたのです。
それを、わざわざお届けくれたのですよ

で、しょっち~さん曰く、

「これでぷーさんに水を飲んでもらえたらと思って!」


ありがとう!
ほんと、ありがとう!

そのお心遣いが本当に嬉しい!

(*^人^*)

この器の活躍などはまた後日ご紹介させていただきます。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

今日のぷー ~ご機嫌ぷーさん~

2017-06-17 12:35:01 | ぷー
ぷーの様子は相変わらずで、とても穏やかに良く寝て過ごしております。
そして、何時間おきにか起き上がり、自分でおトイレに向かい用を足します。
本当に、良くできたお利口な娘です。

ですが吐き戻したあの日以来、水以外何も口にしないので、
昨晩もあの子の好きなものをと思い、閉店後パン屋さんを数軒回り、
デニッシュやパイ、ハンバーガーなどを買って戻りました。
それらはあの子の大好物で、普段なら制止しても欲しがって止まない食べものたち。

ですが、そのどれをも鼻を背けるのです…

正直、歳も歳ですから、無理やり食道に流動食を押し込むというのしたくはないので、
今はただ私たちの腕の中や膝の上で穏やかに過ごさせております。

そうそう、先日ぷーが体をさすったりしても反応が無く、
感情をあらわさないような感じだと書きましたが、
昨日店で娘に抱かれると…

「仰向きに抱っこして…」

と、身をよじりそう要求するので、その通りに向きを変えると

IMG_6685.jpg
尻尾ふりふり♪

とてもうれしそうに大きく尻尾を振るではないですか!
これは嬉しい!

きけば、その前自宅でおトイレした際も、気持ちよさげにしっぽを振っていたとか。

よかった、よかった。
ぷーの心と気持ちはまだ確かにここにある!



今朝はとても良い天気だったので、少しだけ日光浴しました。
IMG_6704.jpg

で、店につくと、息子のぽちがすごく気にして、
IMG_6711.jpg
「母ちゃんだいじょうぶ?」

と、カートをのぞき込むのでした。



*おまけ*

自宅にていつもの寝床。
食べないぷーのために、いろいろ食べものを持って行こうとすると、
他の子たちがそれを目当てにワラワラと集まってくる。
それがまた騒がしいので…

IMG_6697.jpg
「zzzzzzzz…」


IMG_6699.jpg
「!?」


眼は見えなくともさすがに雰囲気で気が付くのですが、
前述のように食べものに全く興味を示さず、

IMG_6702.jpg
「ほかの子たちどうぞ…」

他の子たちはこういう時やきもちパワーでより食欲が出るというのに、
ぷーさんは、本当に人が良すぎるよ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日のぷー  ~贈りもの~

2017-06-16 11:20:22 | ぷー
昨日急に調子を崩したぷーですが、
その後は落ち着いてくれ、静かに、とても静かに良く寝ておりました。

IMG_6638_201706161055553db.jpg
呼吸も落ち着いているようなので、取りあえず静観していると、
夜になってむくっと起き出したので、おトイレか?ご飯か?
そう思い寝床から出してみたのですが、

IMG_6623_2017061610555784b.jpg
「………」

じっと立ち尽くしたまま動こうとしません。

ですので鼻先にフードやミルクなどをさしだしても、興味を示すどころかむしろそれから逃げるようなそぶりで、
かといって、おトイレに連れて行っても、やはり立ち尽くしたまま。
そこで、身体を優しくさすってみたのですが、全く反応しない!
つい一昨日までは、そうすると尻尾をゆっくりフリフリしていたのに?!

よほどつらいのか?
それとも、ぷーの中で何か大事なものが無くなりつつあるのか?
そう思うと、たまらなくなったので、そっと抱き上げ、腕の中で横にしました。
すると、すぐに落ち着いた様子で体の力を抜いたから、
しばらくそのまま抱っこして過ごし、その後そっと寝床に戻すとまた静かに寝てくれました。

その後も横でプーをのぞき込みながらゆっくりと体をさするのですが、
やはり、ほとんど反応しません。
だからまた先ほどの様に、
反応できないほどしんどいのか?
それとも、忘れていってしまいつつあるのか?
そんなことを思うと、頭の中でこの間作った曲がエンドレスで流れ始め、
どうしようもない気持ちになりました。

とはいえ、ぷーは昨年表彰してもらえたほどの長寿犬。
その間大きな病気で心配をかけさせることもなく、今まで一緒に暮らせて来れました。

こちらはぷーが初めて我が家に来た時の写真。
初ぷー 001
当時小学生だった娘に抱かれる小さなぷー。

あれからもう18年。
やはり、小さな体にはかなりな年月であったには違いない。

だから、この子にはもう無理を言いたくないしさせたくもない。
ただひたすら、苦しまぬようにとそう思うばかり。

だから、昨日から始まった今からしばらくの期間は、
この子が、あえて私たちに用意してくれた準備期間。
ぷーからの最後の大きな贈り物だと受け止めて、
一日一日を大切に過ごしていきたいと思っております。


そういうわけで、本日よりぷーは私たちと一緒に店に来ております。
思えば、一番最初仔犬の頃にはこの子が看板犬だったわけだから、
ぐるり一回りして現役復帰というところかな?

IMG_6666.jpg
「久しぶりにお店にきましたよ。」

で、ただ今カートの中で落ち着いてよく寝てくれております。
IMG_6670.jpg
「ZZZZZZZ…」

相変らずご飯を食べず、水も今朝飲んだきりなので心配ですが…


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ぷーのガン

2017-06-15 18:20:47 | ぷー
今日、朝ごはんをしっかり食べていたぷーがお昼頃に吐きました。
その後、何度も嘔吐を繰り返し、落ち着かない様子だったので、
心配になり病院が開くのを待ち連れて行くと、どうも肝臓ガンだとのこと。

またすい臓などもかなりいたんでいるようなので、
痛み止めのステロイドを処置してもらい帰宅してきました。

まあ、確かに年齢が年齢だけに、仕方がないといえばそうなのだけれども、
先月初めに18歳の誕生日を迎え、その後も調子よく毎日を過ごしていただけに、
正直青天の霹靂。

だから病院から戻った奥さんは目が真っ赤だし、
その報告を聞いた私も、事の重大さは理解しているものの、
あまりに突然すぎて、どこか他人事のような感じ。


実は今、奥さんを早引けさせ家に戻らせ、私一人で店番をしております。
ですが、じわじわと、いろいろなものがこみ上げてきてしまい、
まともな店番ができなさそうなので、こうして日記を書いてます。

まあ、こればかりはどうしようもないことなので、
願わくば、あの子が痛みを感じないように。
そして、最後の時まで、私たちと一緒に入れる時間を、
「幸せな時」と思ってもらい、穏やかに過ごしてくれれば。
もうそれ以上他に何も望みません。

だから、家にあの子を留守番させたくないので、
しばらくは店に一緒に連れてきて、つねに手元に置いておきたい。
そして、できる限り一緒にいて、その姿を眺めていたい。
その手触り、温かみを感じていたい。
そして、同じように感じていてほしい。

とりあえず、今はそう思わずにはおれません。



170103_1240~01
またこうして散歩に出たかったのだけど、やっぱしんどいかな…



コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

梅雨?うっそ! 今月も気持ちE~! 高野山 第110回火曜日ミーティング♪

2017-06-14 11:33:22 | 犬日記
ちょうど一週間ほど前、近畿もとうとう梅雨入りしたというニュースにため息をついたものの、
その後ウソみたいに良い天気が続き、昨日はなんと降水確率0%!!
おまけに、空気はカラッとさわやかで、気温も暑いどころかむしろ肌寒いくらい!
で、実は昨日は私の休日で、月に一度のツーリング!

こりゃついてるね~。
ヽ(^∀^)ノ

今回は、世界遺産にもなった近畿の霊峰高野山へ向かいます。
そうとなればと、今回はワインディングが楽しいこのバイクで出動!

IMG_6544.jpg
久々登場ホンダドリーム50

思えばこのバイクも今年でなんと20年目。
え?もうそんなに?!
というのが正直な感想で、もうあと20年と思うと、その頃わしはおじいちゃんだなと…
その時のためにそろそろ、手もとのあれこれを処分せねばならないな。
(いわゆる終活?)
と、少ししんみり思いつつ、キックを踏み込みエンジン始動!
久々でてこずりはしたものの、無事エンジンもかかり回転も落ち着き始めたら、
先ほどの気分は吹き飛んで。

さあ行くぞ!ヽ(^∀^)ノ

そんなわけで走り始めると、いきなり寒い!
一応半袖Tの上に綿のジャケットを羽織っているけれど…
うん、やっぱ寒いな~。
というか、先月の六甲といい、その前の丹波といい、
今年のツーリングは、毎回寒い寒いといってる感じがするな~。
(=^^=)ゞ「なかなか学習できない!」

それでも、国境のトンネルを越え和歌山に入ると、一気に日差しが明るくなり、
気温も少し上がってよい感じ♪

IMG_6546.jpg
やっぱ、南国だね~。

というわけで、時間に余裕があったのでマクドで一服し朝ごはん。
今朝は急いでいたんで、わんこの散歩ののちすぐ出発したんです。

で、その後もまだ時間に余裕があったので、
以前から気になっていた古道具屋さんを少し覗いていると…

IMG_6549_20170614101634521.jpg
あ!ノーハツ!(農業用発動機)*詳しくはこちらを。

いいな~、欲しいな~。
でもさすがに大きすぎるし、家で回すと近所迷惑だしな~。

このほかにも、新品のガソリントーチなどもありかなり食指は動きましたが、
なんせ今日のドリームには一切荷物を乗せるスペースがないので、
というか、これに乗るときは、荷物など無しで身一つで乗りたいので、
次回また車で遊びに来ることとしました。

そんなわけであちこち寄り道したものの、集合時間前には無事到着!
さすが優秀~!

とか思っていたら、ほかの皆さんはもっと早く到着しておりました。
IMG_6552.jpg
あれま!
みなさん優秀~!
というか、よっぽど暇なんだね♪
φ(._*)☆\(-_-)

で、集合場所にはもう一台の赤いドリーム!
IMG_6580.jpg
そうか、しょっち~さんも今日はこれできたのか!
やっぱ考えることは同じだなあ~。

でもね、実は私の方は、服装もばっちり決めていたんです!
IMG_6550.jpg
ほら!バイクとおそろい!

IMG_6551.jpg
アップだとこう。

実はこれ、春頃しのやんが見つけて買ってきてくれたもの。
(*^人^*) 「しのやんさんきゅね!」

すると…

IMG_6553.jpg
「わしも同じやで~!」

あれま!(・∀・)

彼も同様友人からプレゼントされたとのこと。
いや~、ここでも同じように気を使ってくれる人がいるんだね~。

てなわけで、思わぬところでペアルック!
こりゃ周りから見たら、私ら二人ができていると思われてしまうではないの~!

こりゃ、今日は誤解を受けるから、
二人とも、「お尻が痛い~!」などとは、口が裂けても言えないね。
尻が裂けても♪(=^^=)ゞ

そういうわけで、結局一番最後に到着したのは地元の和歌山三人衆で、
しかもその理由が、道を間違ったからだということで、みなゲラゲラワッハッハ!
(実は途中すれ違ったりしていたので、「?」とは思っていたのです。)

さてそんなわけで無事そろったのでいざ出発!

出発したとき寒かった空気は、昼前には少し暖かくなり、
走り始めると最高に気持ちいい!

だからあっという間に高野山に到着!
IMG_6558_20170614101938748.jpg

で、間髪入れずお昼ごはん。

IMG_6559_20170614101940f5b.jpg
(*^人^*)

で、お弁当を食べ荷物を軽くした後は、少々本気で走ります!
IMG_6570_20170614102304911.jpg

IMG_6572_20170614102305b8a.jpg

IMG_6571.jpg

実はこの時一足先に出発し撮影スポットで待ち構え動画を取っていたのですが、
なんとまあ、本番に弱い私なので、見事に撮影失敗!
そこであわてて写真に切り替えたものの、同様にあわてたのでピンボケばかりで、
なんとか撮れたのはこの3枚のみ。
(*^人^*) すんまへ~ん!

稜線を貫くスカイラインは高度もかなりあるので結構寒い!
だから、うひゃうひゃ言いながら、アクセルを開け、どんどん進みます。
IMG_6579.jpg

で、私は途中途中で、とまっては写真を撮りつつ走るので、
目的地の道の駅にはどべ(最後)で到着。
kouya.jpg
それにしても寒いぞ~~~!

おまけに、たまたまそこに居合わせたトライアンフ乗りの兄ちゃんと少し話をしていたりしたもんだから、


うん、みんなの姿が無いぞ…

ということはあそこで?

そういうわけで、少し離れた山道に入っていくと、

IMG_6585.jpg
いた~!

きっちり暖かいコーヒーを用意してくれておりました。
IMG_6587.jpg
イヤハヤ、ありがたい!

(*^人^*)「ぽにょさん、陶さんコーヒーサンキュでした!」


で、あとはいつもの通り、ウイットに富んだ素敵な会話を楽しんで、
素敵なひと時を過ごしたのですよ♪

で、おもむろにタダz-が、
「さ、そろそろ行きましょうか!」
と言い出したので、ここで折り返し、再度高野山の方向へ。

そうそう、
IMG_6592.jpg
この子はここで出会った可愛いワンコ。

バイクの元に戻ってみると、この子が一人でうろうろしてて、
飼い主さんの姿が見えなかったもんだから、
「え?!捨て犬?!だったらどうする?どうやって連れて帰る?!」
としばし悩んだのです。
(連れて帰るの前提やね。)
ですが、実は飼い主さんはちょうどバイクの陰にしゃがみ込んでいただけだったのですよ。
ホッ…

で、しばらく話をしていたら、
なんでも、どこでもついてきたがる子なんで、
ここまでもカバンに入れお腹に抱えながらバイクで来たのだとか。
12歳にしてそういう風に楽しめるということは、この子は幸せな子だ!
うん、良かった!

そういうわけで、相変らず肌寒いけど、少し暖かくなったんで再度スカイラインへ!


IMG_6576.jpg
~この間、前傾姿勢に疲れていて
憑かれたように走っていたので写真は一切なし~

で、みな揃って無事到着!

そこでまた一服がてらダラダラしていると、
「さ、そろそろ行きましょうか!」
と、またもやタダz-。

な~んか、えらい仕切るな~。

そういや、彼
来月初めて高座に上がって講談を披露するとか言ってたな。
それもあって、今はりきりマンになっておるのだな!

お時間のあるかたは是非、7月15日(土)14時から
IMG_6555_201706141103309f6.jpg
陽堂一二三(ひふみ)の名前で出ています。
(*^人^*) 「くわしくはこちらから。」

そういうわけで、ここはタダz-いや、陽堂一二三さんのおっしゃられる通りでいざ出発。
ですが、今回参加の13名は、各自結構家がばらばらの方向なので、そういうわけで、
今日はここにて解散!

うん、今日も気持ちよく、面白く最高だったな~♪

また来月遊ぼうね~!

IMG_6590.jpg
ヽ(^∀^)ノ


*解散その後*

じつは解散直後のこと、個人教授さんが出発しようとBMWのセルを押すも、
あれ?反応なし?

そこでひとまず私らが後ろから押してエンジンをかけたものの、これ一人じゃ無理だ!
そういうわけで、途中のコンビニでエロエロ、いやいろいろチェック。
IMG_6596.jpg
う~ん、どうもニュートラルスイッチが怪しいな~。

ならばと、ギアを入れクラッチを握った状態でセルを押すと、

ギュルルル~!ドド~ン!

かかった!

というわけで、取りあえずは一人でも無事戻れることとなりました。
しかし、こういう時のトラブルシューティング能力!
さすが個人教授さん!
ただのスケベではない!

エロエロだけでなく、バイクもいじれるスケベェだ~!

で、その後の…

IMG_6597.jpg
うちのガレージにて、エロエロ、いやいろいろ荷物を積み込まれるBMW
(よし、これで少し終活でけた♪)

無事エンジンはかかったものの、絶対途中で事故起こさないでね~!
でないと、荷物をぶちまけ、非常に恥ずかしい思いをするよ~!

(/▽\)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

これは無理  ぷーどる♀

2017-06-12 14:44:35 | ぷ♀の日記
朝、目が覚めた時
「いや、どう考えても無理やよね。
けど、手放したら、誰に何を言われるか分からん。
そうだ、とりあえず事の顛末を、『もふもふ~』に書いとこう。」
と思った。

朝、いつものように、ぷ♂より遅れて店に着くと、
ぷ♂が
「おばあさんが、
この子らを飼われへんようになったからって、
連れてきはってん。」と言うではないか。
見ると、艶のある黒い被毛に覆われた、胴体の長い動物が2匹と
成長した猪くらいの大きさの動物がいる。

えっ?と思ったら、黒い動物のうち1匹が逃げ出した。
あかん!外に逃げたら、南国の食べ物はここにはないんだから!
(どうやら、南国の生き物らしい)
と、追いかけると、大人しい動物で、
意外とあっさり捕まえることができた。
問題は…猪くらいの大きさの動物である。

どうする?と思っていると、
ぷーが吠える吠える。
そうだ、小さいうちにぷーの方が強いと思わせたら
いけるんじゃないか?
いや、たしか、ぷーはもう歯がない…
それに、その大きな動物の毛は硬そうで
ぷーに歯があっても、歯が立たないんじゃ??

それに、この毛色、これは…
ヒグマ?
マレーグマではなさそうだ。。
かなりでかくなるし
うちで飼うのは、どう考えても無理やろ。。
動物園に相談するか。。
しか~し!これって、
うちが飼えんようになって手放したって、思われるんじゃ??
いや、もともとは、どこかのおばあさんが
うちに連れてきたんだ。
とりあえず、それを書き留めておくだけでも。。

というところで、目が覚め
ぷ♂に、何か言ったような気がする。

ああ、夢でよかった。
何人たりとも、飼えなくなったからといって、
うちにクマを連れてこないで欲しいものである。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

HAMMER

2017-06-12 09:54:57 | ぷ♂の日記
ついこの間まで花見だ、連休だなどと浮かれていたのに、
気が付きゃ梅雨入り?!
こりゃ、びっくりだ!

だからぼぼやぼやしてると、すっかり暑くなってしまって、
またあの灼熱の夏がやってきますね。

で、夏となれば、毎年恒例の深夜の原付きツーリング、
「HAMER!(ハマー)」

これは、深夜原付きにまたがり大阪を出て、
約200キロ離れた和歌山の白浜を目指すというもので、
翌日は反対コースを炎天下、ヒーコラ言いながら走り続ける、
マゾヒスティックなツーリングなのです。

ですが、何が受けたのか今年でなんと15年目の15回目!
だから一番最初の時こそ、
onsen.jpg
こんな感じで波打ち際の丸見えの温泉だったのに、

最近では
CIMG4075.jpg
こんなにりっぱ!

そうそう、寝るとこだって、当初はこうして道の脇に段ボールを敷いて寝たのに、
nojyuku.jpg

最近では…
CA395879.jpg
こんなに立派!

え?
立派じゃない?

あ、そう?

(=^^=)ゞ

それでもこうして続けられているうえに、新たな参加希望者まで出てきてくれるから、
このツーリングよっぽど楽しそうに映るんでしょうね。
(いや、まあ確かにめちゃくちゃ楽しいわけなんですが。)

そしてそれだけでなく、
きっと、こうなんというか、
心をそそられる魅力に満ちて映るんでしょう。

そう、今はやりの言葉で言えば、
ナウなヤングのハートをがっちりキャッチする的な?

CIMG4066.jpg
「オ~!カッコイイネ~!」
と、メキシコからお越しのイディちゃんのハートもがっちりキャッチ!

ならばイッチョそれにふさわしいテーマソングを作るべぇと、
ひねくり出したのがこの曲です。
だからいつになく作詞も気合を入れたよ~!

で、どうかな?
ナウくてカッコイイ曲になったかな?

ぜひ皆さんのご感想をお聞かせください。
(*^人^*)

*ちなみに、ライブでは演奏しません。多分。


HAMMER



* HAMMER ~飛んで火にいる夏の虫~*

真夜中闇を抜ける
朝日が昇る前に

照らす山影 時に冷や汗
届く海風 たまに雨風

目で追う赤いテール
置き去るエキゾーストノイズ

夜に連なる 二つの車輪
飛んで火に入る 夏の虫たち

In the fire!×4

アスファルト オイルのにおい
熱い風 膨らむジャケット

行く手を阻む 邪魔なトラック
開けるアクセル うなるエンジン

In the fire!×4 

~間奏~

ん~ あともう少し
ん~ 走り続けて
ん~ コンビニ前は
ん~ またも素通り

In the fire!×4

青い空 焼きつく光
照り返し 肌焼く路面

昼も群れなす 二つの車輪
飛んで火にいる 夏の虫たち

In the fire!×4
ええじゃないか!×4




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

蚊の話

2017-06-11 11:31:28 | 以蔵
さてさて、先日の日記で書いておりましたように、
先日の午後、私は河原でのんびりコーヒーを飲んでおりました。
で、実はその時少し不思議に思うことがあったのですよ。
それは、一服しようとバイクを止めたときのこと。

エンジンを切ってバイクを止め、そしてヘルメットを脱ぐなり、
ん?
あちこちからやぶ蚊がブンブン飛んできたのです。

いきなりかい!

そらまあ、こういう薮の近くは完全に彼女らのテリトリーですから、
私はまさに飛んで火にいる夏の虫。
というか、藪で火を使う夏の人。
しかしまあ、そういうことは織り込み済みだったのと、
私はなぜか成人してから蚊に刺されなくなったので、
手で追い払いしているうちに、気づくと蚊の姿がほとんどなくなってしまったのです。
でも蚊がいなくなったのではないから、つまりは寄ってこなくなった。
そう、蚊が私を避けたというか無視している?
虫だけに…φ(._*)☆\(-_-)

そういえば、たいてい友人や家族と屋外に出ていて皆がすごく刺されても、
私はほとんどさされない。
これは今まで、「刺されない」のではなく、刺されても「痒みが出ない」と思っていたのです。
(2~3歳までによく刺された子供は耐性ができ、のちは痒みを発症しにくくなるのです。)

また、血液型にも刺されやすいものとそうでないものがあり、
わたしはA型という一番刺されにくいものであるといことも知ってはおりましたが、
それでも、あくまで「刺されにくい」というだけであって、寄ってこないのとは意味が違う。

これはいったいどういうことだろう??

そこでちょいと調べてみると、こういう記事を見つけました。

蚊に刺されないための7つの対策と、かゆみを抑える9つの方法

でまあ、その中にはよく耳にする、「体温」「呼気」「新陳代謝」「血液型」などの項目の他に、
「ストレス」というものがありました。
つまり、
蚊は人間がストレスを感じたときに出す物質を嫌う
のだとか。

他の要因は、すべて蚊が好むもので、
例えば、体温が高く、呼吸が荒いほど蚊は寄ってきますが、
反対に体温が低く静かな呼吸でも、程度は低いものの蚊は寄ってきこそあれ、
避けるということはありません。

つまり、蚊が避けるという要因は、メジャーなものだとのストレスだけ。

ということは、なにか?
つまりは、
それ、
私は常にストレスを抱えているということか?
あんなにのんびり木陰でコーヒーを楽しんでいる時でさえも?!

もしそうならば、私は成人してから一度としてストレスから解放されたことがないということになる。
なんてカワイソウなんでしょ!

だからみなさんどうぞ、この私を見かけたら優しくいたわってやってくださいね。
(*^人^*)



ちなみに、わんこもその毛色の違いで蚊に刺されやすさに差があるそうです。。
さて、この白黒のお二方のうち、蚊が好むのはどっち?
IMG_6514.jpg
「しろかな?」
「くろかな?」


正解は黒!

IMG_6515.jpg
「やった~!」
「そこ喜ぶとこ?」



蚊が色目の黒いのを好むということだけではなく、
なんでも、黒い犬の足の裏から出るにおいは、
蚊にとってとても惹かれる良いにおいなのだとか…

ほ~~~!

うちの奥さんはよくわんこの足の裏をかいでは、
「クッキーの匂いがする!」
と言っているけど、それのことだろうか?

(=^^=)ゞ



*追記*

そうそう、蚊といえば漢字で「虫」に「文(ブン)」と書きますが、
これは蚊の羽音が「ブンブン」と聞こえるところからそうなったそうです。
なんかおもろいね。
ちなみに「猫」という漢字もおなじなりたち。
「けものへん」に「苗」ですが、「苗」は「まお」と発音するので、
「にゃ~」ではなく、「ま~ぉ♪」と聞こえていたんですね♪

(*^人^*)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

さらばヤシの木!

2017-06-10 15:19:52 | ぷ♂の日記
先ほど夕刊で見てびっくり!

IMG_6518.jpg

そこですぐさま、大学のHPを見てみると、

「大阪市立大学のシンボルであるヤシの木を伐採します」

そうか、伐採されるんか、あれ…


のこぎりみたいな葉が迫力あって好きやってんけど、
もう60歳近かったんか…

当時は、戦後大学が進駐軍のキャンプになった際、向こうの人らが植えていったとか聞いていたけど、
どうも卒業生の方々が植えていかれたというのが本当みたいやね。

時計台に向かったとき、能天気にスコーンと抜ける景色が大好きやったな~。、


残念やけど、しゃあないよね。


ほんま長い間ご苦労さんでした。

それにしても、普段近くの公園にはよく行くくせに、
キャンパスを覗くことはまずなかった。

それだけに、こないだの休みの日、ついでやからと、ちらっと見てみた。
思えばあの時そう思ったんも、虫の知らせやったんやろうか?

うん、最後に見といてよかった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Enders 9060D 簡単メンテナンス

2017-06-10 10:04:18 | ぷ♂の日記
先日重い腰を上げて取り掛かったエンダース
IMG_4777.jpg

幸い程度は良いので簡単なメンテナンスで無事復活でしたが、
その中ちょくちょくお問い合わせのある作業の部分を今回はご紹介。
ベイビーエンダースについても大体似た要領です。)


まず一番多いのはポンプの分解。
スリーブ(筒)とロッド(棒)の分解が通常のねじ止めでないため、
みなさん最初はここで悩んでしまうのです。

ですが、実はすごく単純な仕組みで、
IMG_4796.jpg
このようなゴムのガスケットで固定されているだけ。

ですからただ単に引き抜けばそれでOKなのですが、
さすがに力任せでは難しいし、無理するとパーツを痛めます。
ですので、まずは潤滑剤を吹き付け浸透させたのち、
ドライヤーなどで温め、ねじるようにグリグリしつつ引っ張れば、
上の写真の様にゴムがめくれ上がってくるはずです。

そうなれば後はつまようじなどを差し込み、円周に沿って回していけば、
IMG_4797_20170212213639504.jpg
この様に簡単に分解できます。

ただ、こうした作業でも緩む気配がない場合は、まずゴムが硬化してしまっている状態ですから、
そういう場合は、あきらめてトーチで焼き霧除去したのち、新品と交換してください。
(専用ガスケットが無い場合、ゴムのOリングでも代用可能です。)

次はNRV、フィラーキャップ、安全弁のガスケット交換で

NRVと安全弁については、切込みがあるだけでレンチが使えないので、
固着したものは、工夫しないと苦労しますし溝を変形させてしまいます。
また溝はただの切込みですから、テーパーのついた普通のマイナスドライバーだと溝の上の部分を広げてしまうので、
以前ご紹介した、「マイナスネジの取り外し」の要領でこじ開けていきます。

IMG_4791.jpg
9060の場合だと、金ノコの背の部分がちょうど良い厚みです。
焼きが入っているから強度も十分♪

写真の様に回してもよいですが、固い場合は、金ノコをバイスで固定し、
本体側を回転させる方が効率が良いです。

その後ガスケットを交換し組み直すわけですが、
私の場合はこの様に、ねじ部分にテフロンテープを巻いておきます。
(ネジの最初の部分は巻かないほうが良いです。)
IMG_4789.jpg
気密性を高めるのと、ゆるみ止めと、何より後の固着を防げます。

安全弁側も作業は同様。
IMG_4794.jpg
加圧後、この様に石鹸水の泡を塗りつけ漏れがなければOK!

その後、ニップルなど各部をチェックし、つまりなどの異常の有無を確認。
スタッフィングボックス等の締め込み具合を確認したらばテスト燃焼。
IMG_5803.jpg
うん、いいんじゃない?

まあ結局、どのストーブでも、一番重要なのは圧縮と気密性いうことですね。

で、機能面が復活したらば…
IMG_5812.jpg
タンクに残された積み重ねた年月の証、あちこちの染み汚れがやはり気になる。
だからついでなんでこれもきれいに磨くことに。

こういう場合分解して薬品処理が手っ取り早く確実なんですが、
今回の様に分解まで必要ない場合、わざわざ分解するのもバカげている。
だからこういう場合はこの様にしております。

①スチールウールにピカールをつけ、丁寧に円を描くように汚れの部分をこする。
(隅っこは割りばしなどを使うと便利。)
②真鍮ブラシで全体をこよく磨く。
③ピカールをつけバフで磨く。

するとこんな感じ♪
IMG_5815.jpg
どう?なかなかのもんでしょう?

てなわけで、ケースに組み付けて…

IMG_5819.jpg
完成!



というわけで、重い腰を上げたらばなんだか作業が一気に進んだので、
この勢いで腰を上げたまま…
IMG_5823.jpg
このエンボスタイプの9060Dにも取り掛かるぞ!

ケースの外観もそうですが、中身も結構くたびれているんですよ。
さ、これがどうなるか…

こういう風に程度の悪いものを手にした時、
すこしわくわくする私は軽いMでしょうか?

(=^^=)ゞ


*お知らせ*

画像の貼れる掲示板を設置してみました。

左側メニューの「プロフィール」の「ひす画像BBS」のクリックでリンク先に飛びます。

BBS

ぜひ皆様のストーブなども拝見させてください。
(*^人^*)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加