ガラスのかんざし                 

ステンドグラス教室 
フュージング教室 (器・アクセサリー・曲げランプ)
 
 随時受け付け致します 

編み物

2017-01-22 | 日記

 

30年前せっせと手編みを本を頼りに

我流で編んでました

なんせ家人の帰りが毎日シンデレラタイム

それから夜ご飯

なので待ち時間だけはたっぷりありました

あんな生活・・・

若かったから出来たのでしょうね

又編みた~いと刺激を受けたのは

知り合いの方から糸代金にもならない料金

にてお譲り頂いた

丁寧な 丁寧な手編みのベスト

そうです

ようちゃんばあばさんやまりもちゃんが

ソックスを編んでおられる毛糸です

着る物が段々と無地の寒色ばかり

さりとて花柄 色物に変更できなくて

なんかな~と感じてたので

飛びつきました

とっても重宝してます

触発?されて

こんなベストを編み上げました

そうなるとしばらくブレーキが利かなくなります

編み図だけ見て進むのは

無理です

段ごとにマーカーで印

次の段に「空目」

??・・・

手編み教室の先生に教えて頂かないと

これから行ってきま~す

あっそうそう

上の段

眼数 段数印用

下の段

はいだり とじたりする時のグッズ

時が経てば色々出来るものですね

(知らなかったのは銀めばるだけ?)

根を詰めないように

おやつを用意

この白玉前日湯がいたもの

ようちゃんのブログに載ってた通りに

少し長めに湯がいたら

翌日もやわらかい

ありがとう ようちゃん

 

 

 

コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

ちょっとした風邪

2017-01-20 | 日記

 

年末からお正月は勿論のこと

毎日手抜き大王の暮らしをしてたのに

(外出は食品の買い物にスーパーへちょこっと)

それなのに風邪をひくとは どうなってるのでしょうか

熱も38度前後(すぐ高熱をだすのでこれくらいは・・・)

ただ異常なほど鼻水が出て身体がだるい

原因は心当たりが 少しあります

何十年振りかの手編みです

記号などすこ~んと忘却のかなた・・・というより

段数・編み目 間違いの甚だしさ

どんだけほどきまくったことやら

「あ~またやった」

この感情が諸悪の根源だと思います

手仕事大好きなのに集中力は完璧に

 

引き出しの整理をしてたら

戸塚刺繍

この升目を数えながら刺していたなんて ね

でも先生は銀めばるよりお姉様ですが

今現在教室もありバリバリの現役さんです

 

大寒とはいえ季節は春に向かってまっしぐら

 

蕗の薹

家人が天麩羅にして欲しくて

摘んできました

 

久し振りに産直へ

ポテトサラダを包んでいただくのが好き

山椒味噌を付けていただいたり

さっと漬物にしても美味しいです

 

コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

明けましておめでとうございます。

2017-01-05 | 日記

 

随分と御無沙汰してしまいました

皆様には穏やかなる新年を迎えられた

事と思います

 

ガラス工房とは名ばかりで

製作・創作活動も滞ったままでした

揺らぐ決意の元

どれだけ邁進できるかは???のままですが

新年に当たりブログより始めます

折角場所・材料など申し分無いほど

揃っています

ゆるゆる とですが

ガラス製作頑張ります ネ

 

昨年の事ですが

高知県馬路村体験教室(曲げわっぱ)

(ごっくん馬路村・柚子ポン酢でお馴染み)

を作ります

既に一番時間がかかるわっぱは

曲げてありました

中に入ってる4本の桜の皮を通す処から

始めます

 

わっぱの上下の蓋を接着

余分な接着剤を綺麗にふき取り

機械でざっとなめらかにし

サンドペーパーで磨き上げて完成

手前味噌でなくて一番最初の写真と

同じ様に出来上がりました

むく材なのでお弁当に使用する時は

ご飯のみが無難です

おかずだと汁気が染み付き

もう取れないそうです

友達はアクセサリー入れに使用するそうです

銀めばるは飾って楽しんでます

やっぱり物作りって最高

 

 

 

 

コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加

のどぐろ

2016-11-19 | ガラス作品

 

テニス ATP戦

錦織選手対チリッチ戦残念でした

しかし4強入りしてるので

準決勝の相手は ジョコビッチ

一瞬たりとも気が抜けず

正に体力・気力・叡智をかけた試合

日本人のテニスプレーヤーですが

自他ともに世界の錦織圭

出身地が山陰同士・・・というだけですが

世界中の圭ファンの一人として

いつも応援しています

凱旋した時インタビューの中で

「のどぐろが食べたい・・・」とコメント

近年山陰でも漁獲量がどんと減り

地元でも高嶺の花です

ところが

町はづれの魚屋さんで

売ってました

しかも超リーヅナブルなお値段

チョット分かりづらいかもしれませんが

「喉の辺りからお腹にかけて黒い」

これが「のどくろ」と言われる由縁です

高知の魚屋さんも

「煮ぃたらうまいがね」

「そうそう 塩焼きにしてもね」と

ひとしきりのどぐろ談義

その間何方も買われません

よっぽど買い占めようかな・・・?

いえいえ はしたない事をしては いけません

高知の皆さんにも沢山知って欲しいから

この のどぐろ高知で採れたものだそうです

次回このお値段ならば

買い占めます

干物が作りたいので・・・

 

産直にて100均並みのお値段の

無花果

小ぶりならば甘味が凝縮してると

思ったのですが前日雨降りのせいか

味は今一

なのでざっとしたジャムにと

お砂糖をふり掛けたところです

出来上がりは

バッチグーでしたが

色どりとしては・・・アップは無しです

 

コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

完熟リンゴ

2016-11-16 | 日記

 

那須塩原に越していったまりもちゃん

いつも生活拠点から

美しい景色と人の心そしてその地域の

美味しいもの発信ブログは毎日とても楽しみです

リンゴ園のアップが続いていたら

先日宅急便が

届きましたよ

大好きな紅玉

ざっと洗ってGぱんでゴシゴシ拭いてると

ピッカピッカ・艶々肌に変身

それを丸かじりする し・あ・わ・せ

 

わらしべ長者の夜

スーパームーンは完璧に雨天で無理

翌日朝から暑い位の好天気

ならば 十六夜の月は完璧・・・と期待してましたが

何度見上げても曇天

諦めかけてた頃 H先生から

「雨振りに合ってあっという間に

笠が開いてしまいましたが どうぞ」と

今朝早速天日干し

大好きな紅玉と名月を(一個づつ)

講釈いっぱいお付けして(木成り完熟とか~)

お渡ししました テェヘェヘェ

 

妙に暑かったりする気候

ガザニア

元気よく咲いてます

 

 

 

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

小春日和に誘われて

2016-11-12 | 日記

高橋 正治先生作品

何年か前 鉄のフォルムが気に入り購入

ランプシェードはスッキリとしたステンドグラス

高橋先生の作品展が高知大丸にて開催

又 お会いできる楽しみが増えました

 

高知の美味しいものの一つに

「芋ケンピ」があります

お芋さえあればどなたでも作れますが

「芋屋 金次郎」

ここの塩味ケンピは好きです

県内の他にも松山・道後・高松・東京日本橋と

支店があります

(余談ですが高知のお店は一足飛びがお好きなようです

例えば高知県安芸市に「国虎」という

うどん屋さんがありますが

そこの支店第一号は フランス・パリです

とってもよく流行っているようです)

チョット場所を変えてオープン

ランチでも頂けるのかしら・・・と

入ってみたら

おや まあ

お芋さんを原料としたスイーツのみ

「お皿も熱いので気を付けて下さいね」と

熟成スイートポテト

バターが効いてるけれど

むつこくありませんでした

 

そんなとある日の庭

奴ネギの根っこをちょんざしにしてたら

朝のお味噌汁に活用できそうです

しかしこの時期に

何を勘違いしたのか

見えますか?

左の方に・・・

山椒の可愛らしい葉っぱ

さてどうしたものかと思案中です

 

 

今年はカミキリムシの大発生

辛うじて生き残ってる サンテロゼ・ミサトが

ポチポチと一輪ずつ咲いてくれてます

香は春よりゴージャス

一人スーハーしてます

 

 

 

 

 

コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加

出番です

2016-11-09 | 日記

 

暦の上では立冬も過ぎ

日に日につるべ落としの夕日も

早まってきました

そんな中例年重宝してる

ブログのお師匠さん

「れもん」さんのお母様お手製の

袖口カバー

ゴムの閉まり具合もバッチリ

作品製作時・お台所働きには

欠かせません

れもんさん 再度お母様によろしくお伝え下さいませ

 

やっと涼し気が先立つようになりました

産直にて購入しました

沢山の蕾が付いた八重の百合

玄関を明るくしてくれてます

 

あれ?

道すがら見つけた

もっと早く気が付けば

綺麗なアーチを描いていたことでしょう

でも久し振り

 腕前とカメラが良ければ・・・ね

コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

むくちゃん

2016-11-07 | 日記

 

高知から関西へ引っ越していった

IEさんちのむくちゃん

「むくちゃん 久し振り 覚えてますか?」

車に同乗してお里帰り

おばさんの興奮気味の声にはチョット迷惑そうでしたが

それでもお愛想に尾っぽをフリフリ

 

新しい表装の完成お披露目です

留守宅でも季節のお花は

主を待ちわびつつ咲いてました

花生けは勿論

IEさんです

表装の絵は

版画 (作 土佐 義和)

「土佐 義和」

ベルギー出身 カトリック教会神父様

旧名 ザビエル デルポート

1957年より高知在中

こよなく日本をそして高知を愛して下さった神父様

残念なことに2011年ご逝去されました

 

版画と表装の色使い

渋さの中にも凛としてますよね

 

久し振りに牧野植物園へ

目的は

高知県出身

作品はいつも夢幻の世界に誘われます

 

そして

ミーハーなので現実は

はい

ランチタイムはしっかりと・・・

ご馳走様でした

カフェの中庭にて頂きました

うっそうと茂っている木

珍しい木肌

九月が開花期のようです

来年は是非訪れなくっちゃ ね

 

 

 

 

 

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

帰郷中の出来事

2016-10-26 | 日記

 

10月20日~22日まで帰郷してました

自宅のリフォーム等々の相談がメイン

一人で車の運転も億劫(家人の願いもあり)

高速バス(岡山で一回乗り換え)を利用

途中バスは蒜山高原PA休憩

トップの写真が

蒜山高原から大山方面です

所謂 南壁

中段からは

鳥取県に入ってからの大山

「伯耆富士」の姿

 

米子駅前「だんだん広場」

ホテルが駅前だったので

気が付いたのですが

「おやまあ こんなのがいつの間に・・・」

翌21日工務店さんの車に便乗中

「道路が偉く凸凹してるんだ…車が揺れますね」

なんていってたら お互いの携帯が猛烈に鳴り出しました

「地震です 地震です」

車を路肩に寄せて外を見ると

電線が結構揺れてます

震源地は倉吉市(鳥取県中部地区)

西部地区はその後ひどい余震はありませんでしたが

米子駅では全線ストップ 大混雑してました

予定を切り上げて帰ろうかな・・・と思いましたが

県境近くで暗くなっても嫌だし

様子見ながらにしましょう

翌日

米子地方は平常通り

駅前広場では

ネギ来(らい)・米子祭が始まってました

ブルーのスタジャンは

米子市役所の方達

11時半から蟹汁無料配布

う~ん残念 その時間

友達と久し振りのランチ

海の物・山の物・畑の物

皆さんのこだわりの生産品

中止も考えたけれど

みんなで中部地区の応援も含めて

開催を決められたそうです

 

岡山で少し時間があってので

さ~っと天満屋まで行ってきました

お目当ては

お姉様・お孫ちゃんのも拝見しました

ようちゃん

許可も得ずアップしてしまいました

「うさぎのしっぽ」では まだお逢いできませんが

天満屋さんでは

しっかりお逢いいたしました

 

コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加

初めての絵付け

2016-10-19 | ガラス作品

 

名古屋(株)十條さんにて

講習受けていた絵付け作品が届きました

講師の先生は絵付けの第一人者

GL-M(グラス・エム)

村岡 靖泰先生

左上の3枚(7㎝四方)のガラスに

グリザイユでラインを描き

少しだけカラー付けをする工程

絵付け専用の筆

結構穂先が長く 腰が全く無いので

ラインを引く 

単純な事さえ手先がブルブル震え

スッと描けません

均等の幅を描く難しさを嫌という程

味わいました

 

淡いグリーンのガラスに描いた葉っぱ

ブルーのガラスに描いた魚

最後は鳥

 

緊張して肩に力が入ってしまいました

これでは偉そうに生徒さんに云われませんね

電気炉の中に入れて

一時間に200度づつ上げ

675度になればOFF

後は多分常温になるまで自然冷却だと

思います(何しろ窯入れは時間の都合で十條さんにお任せ)

なので第3弾は

主にこれらの作品が到着

 

スーパーで

こんなヨーグルトを購入

毎朝パンと共に頂いてます

 

高知県赤岡

三浦屋さんに浜採れ湯がきたての

おじゃこを買いに行きました

堤防の向こうは土佐湾

浜からあがるとすぐ茹でて

天日干し

上等のおじゃこが次から次へと

出来上がります

 

 

冷凍していた山椒の実を取り出し

久し振りにチリメン山椒を作りました

 

 

 

 

コメント (11)
この記事をはてなブックマークに追加