のんきに介護

母親と一緒の生活で、考えたこと書きます。

安倍晋三の、鬼も恐れる強権政治を行う政治家という面と、世界の要人といるときの「壁の染み」がごとき彼の軽さとの漫画チックな対比

2017年07月10日 23時07分54秒 | 日本の現状
これ、安倍政権下で本当にあったのかと、

思うこと、

きっこ@kikko_no_blog さんが

ツイートされている。

――前川喜平氏を参考人招致しての今日の閉会中審査で、自民党は野党側が用意した質問に対して「この質問はするな」と制限したり、野党側が用意したパネルを「使用禁止」にしたり、あからさまな圧力を掛けたきたそうです。これが安倍首相の言う「ひとつひとつ丁寧に説明していく」という姿勢なのですか?〔22:28 - 2017年7月10日 〕――

他方、こんな漫画チックな画像が

首相官邸‏の

ツイートに添付されていた。


転載元:首相官邸@kantei さんのツイート〔17:38 - 2017年7月9日

この画像につき、

渡辺輝人‏ @nabeteru1Q78さんが

――これ、安倍首相はただの背景で前の二人との会話に加わってないよね。〔22:35 - 2017年7月10日 〕――

とコメントされている。

なぜ、安倍がこんな無理に写り込んだような

写真を使ってまでアピールするのだ?

まるで「恥」という語が死語になったようだ。

オリンピックも

電通顧問で東京五輪組織委員会理事の高橋治之(73)に逮捕状か発行されたようだ。

逮捕を認めれば、

東京オリンピックは立ち消えとなる

(拙稿「電通顧問で東京五輪組織委員会理事の高橋治之(73)に逮捕状か。日本政府が逮捕に応じた場合、その時点で5輪は立ち消えなようだ」参照。*http://blog.goo.ne.jp/nrn54484/e/246cde6c537d5a0a378110e2e2d6aedf)。

安倍でんでんが

強引にプーチンの雑談の背景となった写真を連想させる。

強行採決もそうだが、

何事も「強行」しなければ、

駄目なのか。

他国の要人と一緒に写っている写真なら

こちらでもよかったのではないか。


転載元:拙稿「安倍夫妻がG20の会場から姿を消した!! 記念写真にも写っていない。外国のメディアは何も報じないが、どうして? 亡命かな」*http://blog.goo.ne.jp/nrn54484/e/015e9f087101ab4df37b93b14a03de8a

ツンとしている責任は、

自分だろ?

トランプはせいぜい愛想を振りまいていると思うぞ。

画像を添付したツイートには、

総理メッセージとある。

「再来年、我が国でのサミット開催が決まりました。世界のリーダーたちを日本にお迎えします。世界経済の成長と安定、グローバルな諸課題の解決に、日本として強いリーダーシップを発揮していきます。」

とのことだ。

再来年のことなど書くな。

それに自国開催がそんなに自慢か…

世界のリーダーになるような要素が微塵にしろ安倍にあれば、

我が屋根の下にこだわる必要がない。

自国開催を

成果として語った時点でアウトだよ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 残念ながら、アベが帰国するぞ | トップ | 7月10日(月)のつぶやき その1 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
安倍の正体 (こころ)
2017-07-11 00:11:43
日本国内で今何が起きているのか知らないはずはありませんからね。朴槿恵さんどころではないと、全て見抜かれていますから。
そして何より豪雨災害。


「あの人、マトモな神経かい?よく来れたよね…呆れたね。クックックッ!」

安倍は離れた所から、羨ましげに如何にも会話に混じってる体で、意味も解らずにただただヘラヘラ。
既に相手にされていないのは一目瞭然。

国内では傲慢さ故に違法な私物化強気。
国外へはヘラヘラヘラヘラと媚び諂い弱気。
これで自身の内面のバランスを取っているつもりなのでしょうか。

しかし、こんな写真を付けた官邸は、逆にポッツーン外されシンゾーを露呈させただけ。
墓穴。
Unknown (和室ファンド(99%庶民へ再分配・無添加ハムサンド))
2017-07-11 14:21:45
国連の批判に逆ギレしてまで北朝鮮みたいな法律をつくる・・・
世界に恥を晒し続ける安倍は今すぐ辞めろ!

これ以上居座り続けると・・・

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。