プライマリー隔日記

日記と言えば、小学校の夏休みの宿題でしか付けた記憶が・・・;
きばらずきままに綴っていこうと思います。

かっ飛ばすてんてん 指導官ドンさん 生後90日の二頭

2017-04-26 22:06:21 | etc

昨日の画像です。
朝10分程出してやりました。


走るのが大好きなてんてん。
相変わらず絶好調



朝はてんてんはフリーで。ドンはリードを付けて。

“先住犬のお尻を先に嗅いでは行けません”、と人間が聞かせてもなかなか守れないてん子でしたが。。
今朝、その我が家のルールを破り、元気よくドンのお尻に飛び掛かり…

“ガウっ!” byどん
“キャインっ!” byてん
ドン先輩のスパルタな教育的指導が初めて入りました。
(本気咬みではありませんのでご安心を^^;)

今朝、初めて二頭で出したので注意をしながら監視。
このギリギリの駆け引き、犬同士に任せる行為は怖いのは怖いですが、
互いがストレスを溜めない関係を保つためにも
外で放れた危険な犬にむやみやたらに寄って行かない様にするためにも
飼い主はドンが喝を入れてくれて良かったと思っています。
(なんでこんな酷いことをするの!ってお声も聞こえてきそうでちょっと書くのを躊躇ったのですが。。)


先に先住犬のお尻を嗅がないと学習したようではありますが
それでも、めげずてん子さん。他所の子供が投げ入れたボールで遊んでいるし^^;


公園に連れ出すと、極端に仲が良いわけでは無いですが、互いが同じ空間にいても許す間柄のようではあります。


昼に庭に出したときは、今度はてんてんにリードを付けて。(ドンも念のため短引きリード装着)




ドンが優勢の位置づけで


ドンはマイベースですが、てんてんは何故かドン先輩に着いていきます。


てんてん、今日で生後90日6kg

ドンは今11kgですが、てんてんの体高があるので角度によっては殆ど変わらない大きさに見えることもあります。


おまけ。2004年7月29日・生後90日のドン。


体重は2.8kg。成長記録を見てみると、てんてんの半分以下でした。


庭の裏側のお手製扉もほぼ完成。
庭の整備も順調です。



現在のドン。寝床を前足でチョイチョイと調整して就寝。


てん子さん。。 荒らすので直ぐに直してあげるのですが、すぐ持って遊んで荒らすので、そのまま就寝^^;


新しい生活の天丼ファミリー、二頭が寝床に入りやっと静かになりました(笑)



この記事をはてなブックマークに追加

てんてん、少しだけ庭へ

2017-04-24 22:37:31 | etc


今朝、監視の元10分程だけ庭に出して遣りました。
すると、水を得た魚のような笑顔としぐさ。

ずっとお里の広い敷地で沢山の犬達と生活を共にした子です。
ワクチンカリキュラムの間は…と一般論では分かってはいますが、
狭い籠(家の中)に閉じ込めて悲しそうな顔をしているよりは、無茶は無理でも完全に外部から囲った敷地内ではたまには…ね。







しかし、本当にピョンピョン飛び跳ねてすごく嬉しそうな表情。



この子の表情を曇らせないよう、まだ未整備の箇所も頑張ります。


この記事をはてなブックマークに追加

てんてん 二回目のワクチン接種

2017-04-23 21:03:08 | etc
今日は待ちに待った、てんてんのワクチン接種二回目の日でした。

待ちに待った…とは。。

お散歩デビューさせたいの(うふっ♪)

・ ・ ・ ・ ・ ・  なんて・・・ 乙女チックな願望では無く(いえ、やっぱりそんな気持ちも半分はあります)

さすが七姉妹の筆頭に入るウルトラ・ハイパワー娘!! すごーーーーっく活発な子なのです(笑)

なので、廊下30~40回の往復かっ飛ばし朝夕たまに昼も+ガレージ全力疾走朝夕+抱っこ散歩40分程度ではまだ
物足りないようで、すごいのです。

なので、本格的なお散歩は三回目のワクチンを終えた数週間後でなければならないにしても、
この日が来るのが本当に待ち遠しかったです(笑)



まずは、病院に行く前に二頭を連れて山へ散策。
てんてんの写真は無いですが、ドンはいつもの岩の上でご満悦。桜もすっかり散って葉桜になりつつあります。



そろそろ狂犬病予防注射の患畜も落ち着いたかと思ったら、今日もいっぱい。
四人掛けの長椅子に40kg以上あるゴールデン・てんてん・トイプードル・ダックスと並んで座っていましたが
みんな温和な子たちで、てんてんも機嫌よくスリングを齧りながら座っていました。
みなさん、ワクチンカリキュラムがまだだと言う事で気にしてくださいましたが、
ペットショップや公園・河川敷などと違い、そこまで過敏にならなくてもよいかな…と当の飼い主は心地よい空間にのんびり座っていました。
(むしろ、リスクの少ない場所で他の犬と接して慣らせた方が、後々扱いやすい犬になりそう…と言う考え方)
確かにたくさん犬の集まる公園や河川敷などでは
ワクチン接種を受けていない犬もいるかも知れないですが
ここでなら…と



プテ・サン・ウィン(WHITE BUFFALO CALF WOMAN) てん子さん、さすがに夕方の五時頃までぐっすり寝ていましたが
晩になると何時通り廊下をバッファローのように…しかし走りっぷりはチーターのように猛スピードで走り回ってしまいました(汗)
ワクチン接種後はゆっくり安静にして欲しいのですが^^;

しかし、短距離型チーター同様、かっ飛ばした後、今はクテンと寝ています。




こちらは昼間のドンさん。

一時間近く病院の駐車場の車の中で相方と待っていてくれました。おつかれさま。






しばらく滞っていたお庭改造計画。先週から再開しました。
ゴールは近し。 フェンスは心の安心感・外からのおやつを投げ込まれないよう思い切って高さ2mにしました。
てんてんの飛び越えが心配なことと・ドンがアレルギーで食物制限をしているので・・
(先代犬の時、ちくわやソーセージを外から与える方もいらしたので(涙))
切実なお願い・・アレルギー等で苦しんで食べ物を制限している犬もいるので
おやつの気持ちはお気持ちだけでお願いいたします。。
ワクチン前の接触より、おやつ←こっちの方が心配かも。。


ひとりでなんとかここまで出来ました^^;


支柱の穴を掘っていたらこんな岩が出てきた。。
心が折れる以前に腰が折れそうになりました。。。。

六姫一太郎の中で一番小さく産まれたてんてん。
今は下から二番目に小さい子に成長したてんてん。

スリングや抱える腕にも重さがズッシ(笑)
本日病院にて5.8kg 順調です(^^♪



この記事をはてなブックマークに追加

シバケン・ウインドハウンド ~ 今朝の天丼

2017-04-19 12:20:35 | etc


今朝はドンの散歩を終えた後、ドンをそのまま玄関で待たせて
てんてんも連れて近くの公園まで行ってみました。

なかなか良い感じのお二人さん^^



心持ち ドンさんがお兄ちゃんみたいな表情のような



でも、今朝は良く晴れてちょっと暑かったんだね^^;



黒毛和犬、熱吸収が良くて・・
背中が熱くなってきたので「ドンさん、暑いからも帰ろう!」とリードを少し引っ張っても
動きません。

最初は二頭一緒に連れ出して嫌がるかと思ったのですが、まんざらでなさそう(笑)



てんてんをずっと抱いて歩いていても
のんびりした性格と道路を歩く時も車や人が来たらマテや真横に着いてゆっくり歩いてくれるので助かります。




柴犬とシルケン・ウインドハウンド。
もしかして前例のない多頭飼いの組み合わせかも知れません(笑)
てんてんが猫パンチを仕掛けたら“なんだなんだ!”という感じでワンワンと怒りますが
これも本気で怒っている雰囲気ではなく。

意外に相性の良さそうな二頭です。


シバケンウインドハウンド← シルケンのオーナーさまがネーミングしてくださいました。
これからも使わせて頂きます♪

この記事をはてなブックマークに追加

(毎年恒例の)ドンさんと桜 + 今年は・・・

2017-04-15 20:12:10 | etc


毎年恒例の同じ岩に乗って同じアングルで撮る
“トンと桜”

今年は新しい家族のてんてんが来たので、先週は一緒に山に行けませんでしたが
今日無事毎年の行事を遂行できました(笑)



この行事はドンが元気な限り毎年続けていたい。
そんな気持ちがあるので安堵しています。


且つ、初めて二頭で外に連れ出した本日。

すると…普段家の中では見せなかった二頭の行動を見ることが出来ました。




抱っこしているてんてんは相方と先方をスタスタ歩く姿を見て、
“早くドン先輩の所に連れて行って~~~っ!!”とジタバタジタバタ。
5㎏の塊を抱いて2km必死で早歩きしました(^^;

ドンはドンはで二頭の距離が離れると
“おい!! 子分ついてきているか?”と 何度も後ろを気にする様子。

なんとなく…雄犬はこういう面では新参者をなかなか受け入れず我儘なんだろうなぁ…と思っていたので
意外な一面でした。

極端に仲良しな二頭では無いですが、群れとして互いが認識している様子で飼い主は嬉しいです。




てんてんはまだ岩の上に降ろせないので、抱っこしたまま桜とてんちゃん。



来年は二頭一緒に岩の上で記念撮影が出来るといいなぁ^^

この記事をはてなブックマークに追加

二週間目の “天丼” 一家

2017-04-09 22:42:16 | etc
てんてんが我が家に来てから今日で二週間目。

昨日仕事が一段落したので、久しぶりにゆっくり庭に出てみると・・・



花壇のチューリップが主が気がつかない間に満開になっている @@



このチューリップ、自分で買った物では無く株主優待の頂き物。
なので届いた時も、庭の手入れまでゆっくり出来ず植え時シーズンギリギリまで植えられず慌てて植えたと言う有様。
なのに見事に咲いてくれました。



仕事も落ち着いたので、中途半場に終わっていた庭の改造計画もそろそろ本格化。
フェンスは2メートルあった方が精神的にも安心かな^^;


山麓なので、ちょっと手入れを滞ったら庭の草もニョキニョキ。こっちも頑張らねば。


今朝は相方がドンを連れてお山へ。しかし、雨上がりで地面が濡れているのを嫌がって直ぐに帰ってきたとのこと。
なので、これは夕方の近所で散歩した時の画像。
桜の見頃は今週末で終わりかな。


てんてんはまだ抱っこ散歩でしか外に出られないので、
朝は一応スリング(←実は最近までこのバッグの名前すら知らなかった(汗))を持ってお出掛け。
何でも興味を持つタイプの様で入れられるのが嫌みたいです。
なので抱っこ。現在4.4kg 1km程の短い距離でもゆっくり歩いていたらなかなか重い^^;

てんてんを抱っこしながら歩いていると、なぜかパピヨンとか、ジャックラッセルテリアの疑惑浮上が(笑)
ドンが子犬の時もブラックタンのチワワとかシベリアンハスキーとかよく言われたことを思い出しました。



二頭のフード。
体の大きさは倍違うのに食べる量はほ同じ。

(子犬のパワーが半端でないのが分かる気がする・・・;)


毎日廊下を白馬? バッファロー?の如く、
何往復もしてどどどどどどどどどどどーーーーーーーーーーーーーーーっと本気ダッシュして走り回っています^^;






そしてバッテリーが切れたらコトンと寝る毎日。



てん子さん、その寝方… 子犬・しかも女の子なのにオヤジが入ってますよぉ~~(笑)



そして、てんてんが寝静まったらドンも寝る毎日。

今日も賑やかな一日が終わりました。




ドンが居て助かったこと。
ドンがお座りや待てをしていると、てんてんがそれを見て真似してお座りと待てが出来るように。
ドン先輩、これらもよろしく~~

この記事をはてなブックマークに追加

シルケンを迎えようと決めた理由

2017-04-05 21:53:28 | etc
シルケン・ウインドハウンドを飼おうと考え始めたきっかけ。
一年前のブログにも書きましたが、突如長年飼いたかったボルゾイが初夢に出来まして…
一年前の記事 「見学」
しかし、ボルゾイはロシアの犬。暑い我が家の地域で飼うには犬が可哀想と思う気持ちと管理できないと長年思っていました。
ところが、初夢に出てきたことをきっかけに“シルケン・ウインドハウンド”と言う犬の存在を初めて知り、
昨年見学に行く運びとなりました。

その犬種の存在を知ったの昨年の一月。なのにいくら飼いたくてもそれを当時いた生後三か月の子を翌月の二月に迎えるなんて
あまりにも安易で無計画過ぎる。
自分自身も一過性のもので終わるのか、且つ飼えるのかじっくり考えてから決めようと、
まずは次に産まれる時まで時間を置いて冷静になってから考えようと一年前は一呼吸置いて我慢しました。

なによりも、もし仔犬を迎えるとしてもその子をどうやって山梨から我が家まで連れて帰るか相当悩みました。
自動車にしても鉄道にしても最低五時間半、空輸にしても一旦羽田まで連れて行かなければなりません。
一年前、ブリーダーさんが仔犬に負担が掛からないよう考えましょうと仰っていたことで
どれだけ犬達の事を大事になさっているかもとても伝わってきました。
なので少しでも負担が掛からない手段。
且つせっかく理想的な環境で沢山の犬達の中で産まれたのだから、ある程度の時期まで他の犬達と
いっぱい接して犬社会をたっぷり経験して育って欲しい。
生後三か月まで待って汽車に乗せるか、生後四か月まで待って空輸でお願いするか。
これまでの仔犬たちの成長した大きさを見て生後三か月で5~7kgあるだろことも覚悟、
空輸のとき生後四か月の時期に情緒不安定にならないかも気になっていました。




どうタイトにスケジュールを組んでも前日夜行パスで往路に就き、早朝入り。
昼前には現地から帰路に就き19時頃になるアクセス手段。
今年初旬に産まれた子を一度直に接して決めるために出向くことになった時、
再度お迎えに行く負担を気遣ってくださり二か月でお迎えできます、本当に宜しいですか? と仰って頂いたことで、
予定より早くお迎えすることになりました。


最初は「ボルゾイの小型化した犬種」と不純な動機でしたが、
ブリーダーさんが営利目的で無く本当に犬達の事を一番に考えていらっしゃる姿勢・ここでの犬たちの生活・
お母さん犬の性格の良さでetc…オールマイティに、もし海外でシルケンを購入出来るとしても、
ここで生まれ育った仔犬を迎えたいと言う気持ちにいつしか変わっていました。


今は二回目のワクチンを終えていない仔犬たちがいるので他の犬達と隔離していますが、
ボルゾイ・ダックス・シルケンが広い敷地で群れのように暮らしている環境。






一年前はフレンドリーでお茶目に接してくれたお母さん犬も、今はすっかりお母さんの顔をしていました




仔犬たちは元気いっぱい。


そんな姿をお母さん犬はいつもやさしく見守っています。






てんてんとお母さん。


六姫一太郎の中で上位三頭の爆弾?パワフル娘たち(笑) てんてん妹に負けている?!






エキサイトし過ぎてお母さんが仲介に入りました^^;





こんな優しいお母さんや元気いっぱいの姉妹たちと走り回っていたら、
お迎えしてから寂しがるのも、暴れまわるのも当然です。

直に見学に行って仔犬たちの育った環境を見て良かったと思います。
こんな姿を見たら夜鳴きをするんですとか元気過ぎ困るんですとか言う人は言えなくなると思います。
どれだけ母犬やブリーダーさんに大切にされ、姉妹たちと疲れるまで遊んでいることか。

逆に、人間の身勝手で独りにしたのだからこのパワーに付き合ってあげようと。。

なんだか大事な娘さんをお嫁にもらって一生お嬢さんを大事にしますと言うような気持ちです。
こんな素敵な環境で育った子を不幸させることはできません^^




この子はパワーは“きみはサルーキの化身か?”と冗談を言いたくなる程でそれはそれは元気よく走りまわりますが、
とても扱いやすいこの様な気がします。

帰路では名古屋のホームで少し不安がって鳴いた程度。
夜鳴きも殆どしなかった強者です(笑)

この記事をはてなブックマークに追加

天丼 病院に行く & 散歩

2017-04-03 22:22:17 | etc
てんてんが我が家に来てから六日目。

てんてんの健康診断と
ドンさんの毎年春のビックイベント予防接種&フィラリア検査に行ってきました。



てんてん、どこも異常なし。お墨付きの花丸健康印。
生後五週前後の頃はやっと2キロ台に、先月27日は3キロ台、昨日は3.95キロ。
たった六日の間に手足も細長くなっています。



ドンさんは、予防接種・フィラリア検査・爪切り・健康チェック。ドンにとっては一年で一番の受難の日でしょう。
それでもてんてんを連れて何時もと様子が違うのにじっとおとなしく頑張ってくれました。
お疲れさまでした。



てんてんが我が家に来てからのお散歩スタイル。



まずはドンを先に連れて朝散歩に行き、
ドンが終わったら、今度はてんてんを抱っこして散歩に連れて行くと言う毎日。

しばらくはお互い独り休まる時も欲しいでしょうし、これでやってみます。


今日はブリーダーさんから頂いたハーフチェーンを初めて着けてみました。
(家で試しに着けるといつもチェーンを齧って遊んでしまうのでなかかできなかったのです^^;)


散歩中、顔なじみさんの方々が
てんだけを連れていると“あれ? 前の犬どうしたんですか?”

ドンだけ連れていると“今日はこの子がお散歩なのね” と

いえ・・・ 毎日両方連れて、ドンは一日2~3回、てん子さんは一日1回。
計3~4回お散歩しています^^l

ドンもてんも分け隔てなく、人間の気まぐれで差別していませんよ~(ここで反論してみた 笑)

この記事をはてなブックマークに追加

シルケン・ウインドハウンドの 「てんてん」

2017-03-28 21:58:29 | etc
昨日五時間半掛けて新しい家族が山梨からやって来ました。



名前は「てんてん」です。

まだ産まれていない時は好きだったF1レーサーの名前「セナ」と付けようかと。
しかしこの子犬の真っ白な容姿で、且つお母さん犬がアメリカインディアンのラコタ族と同じ名前。
ならばそのラコタ・スー族の神話に登場する女神「プテ・サン・ウィン(白いバッファローの子牛の女性)」とも考えたのですが
どう考えても呼び難い(汗)
あれこれ考えていると、ブリーダーさんが「テンテン」と呼んでいらつしゃるとのことで、
このご時世 名前すら付けてもらえず買われていく子もいるのに、そうやって愛称で呼んで頂けるなんて幸せな子だと思いました。
なので、そのまま頂いて女の子らしく丸みのある子になりますように…とひらがなで「てんてん」にしました。
「てんちゃん」 この呼び名もお友達の愛犬だった天ちゃんと同じ名前を付けさせて頂きました^^
(女の子らしくやさしい美人さんになりますように…と)




お迎えする前に急いで作った囲いのつもりのフェンス。 初日からあっさり乗り越えられてしまいました(笑)
急遽新しい部材を買ってきて応急処置しました。(時間が出来たらゆっくり考えよう^^;)



仔犬を迎えたからには夜鳴きは避けられない…と覚悟していたのですが、
昨晩はぐっすり爆睡。明け方寝床でおしっこをして起こされただけ。 
(ドンは毎晩二週間ぐらい毎晩鳴いていた)

ブリーダーさんが送って下さった臭い付きのブランケットとぬいぐるみ効果がかなりあったのかも知れません。



今日は朝から近所を抱っこして少し社会見学を。



午後からも抱いて庭に出し、先住犬ドンさんとの生活に少しずつ慣れるようにと。。



今晩もぐっすり寝ています。



ドンもぐっすり。




昨晩は、帰宅してからいきなり部屋に入れず、互いの様子を見ながら慎重に対面させました。
今日も互いの様子を見ながら時間を掛けてゆっくりと。
てんてんがお母さん犬の性格を受け継いだような感じの子なので助かります。


昨日のブリーダーさんの所での様子もUPしたかったのですが、この様な理由で数日後にゆっくり書きます。


今ケージを覗いてみると…

てん子さん・・・・^^;


この子はもしかしてなかなかの強者かも(笑)




この記事をはてなブックマークに追加

お迎え準備

2017-03-23 20:38:09 | etc


ぜっせせっせと片づけて新しいケージを置くスペースを確保したら。。。
さっそくドンさんのチェックが^^;



では、ついでですから監修もお願いしてみました。



二回のワクチン接種までの先住犬との隔離なので
お手製簡易フェンス。まずは仮固定。
なかなか良い感じに。(これをうぬぼれと言う!?)


ワクチンのカリキュラムが終わったら、庭の夏野菜の犬×2のいたずら防止フェンスにしようと思います(^^;)





ここ十年、首輪は地味ながら昔から定評のある日本製の瀬川の革製の首輪・リードはしっかり安定感のあるドイツ製のウォルターズ・リードを使っていましたが、
今回は色に惹かれいつもと違ったものを購入してみました。
Made in South Africa の ROGZと言う(実は今まで全く知らなかった)メーカーの調整出来るカラーとリードです。
(持っているイメージですが)さすが南アフリカ。発色が綺麗です。
バックルタイプは外れやすいか…と少し不安でしたが、しっかりした造りです。
仔犬の間はこれて大丈夫かと。




先ほど必要な品も届きました。


まずは形となってひとまず安心。。

この記事をはてなブックマークに追加