なごやか けったましーん  blog

ながやかPORSCHE 964 の日々状況を綴ってまいりましたが・・。since2008.04.01

POLO 2号機 アイドリングストップ機能停止 Codetech PLUG ISC!  3,441km

2017年02月22日 15時22分49秒 | POLO

Polo2号機には

1号機には無い機能として アイドリングストップ機能がもれなく付いてきます。

我が家の車の場合

自動でアイドリングストップしてから エンジンがかかる時間が 気持ち遅い。

エンジンがかかるときの振動が大きい。

と言うところから

新車購入して1ヶ月ちょっとの間は

 ダッシュパネルにあるアイドリングストップ機能解除ボタンを

いちいち乗る度に押して解除しておりました。

仕事使いのこの車は 1日10回以上は 

エンジンをかけ直すので 毎度毎度このボタンを押していると

長い間(数年)にこのボタンが壊れるのでは・・・とか

アイドリングストップ機能有効のままだと

やはりバッテリーやスターターモーター等にも過度な負担がかかり消耗も激しい様な気がして

この度 トップ画像にある 車体側のOBD2ポートに 差し込んで

機能を解除する物を購入して 解除してみました。

Codetech PLUG ISC! 

と言う製品です。

2月20日 ネットで注文してあった製品が届きましたので

説明書を読んで早速解除してみます。

解除方法はとても簡単です。

車体側OBD2ポート(Poloの場合運転席ハンドル右下にあります)に

 Polo1号機にはちゃんとカバーが付いていますが こちらにはありません。

(コストダウン?)

エンジンキーをアクセサリー位置まで回して エンジンがかかっていない状態で 電装品が使える状態にします。

この状態で この製品を差し込みます。

差し込むとすぐに 緑のLEDランプが点滅 そして 画像の様に オレンジランプになれば

終了です。

(このとき赤いランプが点滅した場合エラーで 点滅回数によりエラーの内容が分かります)

元の状態にしたいときは

同じ手順で もう一度差し込むと 

ランプ点滅後 緑LED点灯で 復帰するようです。

 

アイドリングストップ機能停止の状態としては

アイドリングストップが働くような状態ではメーターパネル内に アイドリングストップマークに/線の入った

アイコンが表示されます。

また

この製品で機能停止した場合は インパネのボタンを押しても アイドリングストップ機能が

働くようになるわけではなく

ずぅ~っと アイドリングストップはしません。

 

ネットで見ると 配線を割り込ませて

インパネスイッチを押して(アイドリングストップ機能停止) その状態を

デフォルトとして 再度押すと アイドリングストップ機能が有効になる製品も

売っています。 こんな製品 ↓

http://onetop.tokyo.jp/products/tpw034as/

今回は 施工の簡単さから このプラグインタイプの物にしました。

 私にはアイドリングストップ機能は必要ありません。

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

大失態!! 蓼科山登攀リベンジのはずが・・・。とほほの巻

2017年02月20日 13時44分04秒 | ブログ

先週は登山口駐車場が満タンで登れなかった 蓼科山ですが

再度 チャレンジしようと 予定を立てました。

朝4時に起きて 念のため天気予報確認。

 蓼科山の天気予報。 お昼頃から晴れですが風速20m/s強

風が冷たく寒そうです。

 すぐお隣の横岳の天気予報。こちらもお昼から晴れ。

また蓼科山の登山口駐車場がいっぱいだったら 八ヶ岳ロープウェーを使って こちらに登るつもりです。

ただしロープウェーは8時40分始発。前日雪がいっぱい降っているそうで 確実にこの時間で動くかどうかは

分からないようでした。

風速も5m/s程 すぐ隣の山なのにどうしてこんなに風速が違うのでしょうか?

もう一つ

大好きな上高地も一応チェック。

こちらも夕方までは 晴れ予報です。(前日の予報は曇りだったのが好転しました)

高速道路を走りながら行き先を決めたいと思います。

ということで

午前4時30分

お湯を水筒に入れ荷物積み込んで いざ出発です。

 先週に比べて3℃程高いです。

午前6時20分

諏訪SA 通過。今回は寄りませんでした。外気温-1℃ でした。

 ← 南八ヶ岳方面 もうすぐ夜が明けます。

 

 先週よりはずいぶん道路上の雪も少ない状態です。

 

午前7時10分

スズラン峠 女乃神茶屋 登山口 駐車場に到着。

  

先週と到着時間は 10分程早いだけで心配しましたが 駐車場には 10台未満の車しかいません。

天気の予報がちょっと悪かったから 少ないのかなぁ???。

車を停めて さぁ準備と わくわくしながら トランクを開けました  

なんと 登山靴 持ってくるの忘れましたぁ~~~~。

大失態。

これではどの山にも登ることが出来ません。

靴だけ玄関ではなく ガレージに置いていて うっかり忘れてしまいました。

最近 山行きにも少しなれて持ち物のチェックを怠ってしまいました。とほほ。

仕方ないので

Uターンして 帰るのみです。

帰り道 展望台から 写真でも撮って

 

 

 

この日の朝はあまり天気が良くなかったです。

また 途中で停まって 登れなかった 蓼科山を振り返ります。

 

下ってくる途中ただ帰るのもしゃくだったので 

前日 山のサイトで見た 1泊2日 小屋泊まりで行く時車を置く場所でも見に行くことに。

通年営業している 麦草ヒュッテまで 6km この季節 徒歩 2時間位かかるかな?

通行止めの道路上を歩いていくので 道迷いはなさそうです。

国道299号線 麦草峠 冬期通行止めになっている 通行止め地点まで登って見ました。

 

  

 

行き止まり(通行止めゲート)付近の画像です。

特に駐車場は無く この黒い車の様に路肩に停めて 入って行くようです。

さすがに通行止めの道路なので

近くのペンションとか宿泊施設関係の方しか車が通らないようで

道路上にも雪が多かったです。

ところどころ 圧雪された雪の上に 水が流れ それが凍り 若干融けかかった場所が

あります。

こんなところが一番スリップしやすいので 下りは特に注意して降りてきました。

↑ 道路全面 氷です。

怖かったわぁ~。こんな区間が長かったらスタッドレス+タイヤチェーンも要りますね。

こんな事をしてお茶を濁し

午前8時45分 諏訪インターか 我が家に向かって帰りましたとさ。

 

あぁ~疲れたわ。

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

POLO 2号機 ホイールの汚れ落とし。初洗車 3,135km

2017年02月15日 11時29分25秒 | POLO

POLO 2号機を購入してからもうすぐ2ヶ月経ちます。

購入してすぐにボディーコーティングはしてもらいましたが

ホイールまでは してもらっていません。

2号機は 露天のアスファルト駐車場に停めてあるので

この季節は 雨が降らなくても 朝には凍結 昼には融け

フロントガラスの氷を溶かすのに お湯をかけるので

洗車しても仕方がないと 

コーティング以来1度も洗車してませんでした。

息子の1号機は 雪道を走った後 洗車はしていたので

汚れの差が激しく かわいそうに思い 初洗車。

POLO 1号機の経験で BMWの時のような激しいホイールの汚れはありませんでしたので

洗車すればすぐにきれいになるだろうと たかをくくっていました。

ところが 洗車してスポンジでこすっても 

フロント ↓

 

リア ↓

 

リアの方はほとんど汚れてません。

手持ちのクリーナー?達を総動員して 落としてみます。

色々試してみましたが 一番右のソフト99のホイールクリーナー か 3Mのコンパウンドが

ゴシゴシタオルに付けてこすれば きれいになります。

フロント 1本 きれいにし終え 物は試しと ブレーキクリーナーを

吹きかけ タオルで拭いて見ると 軽くこするだけで きれいに落ちます。

最初の1本目をきれいにするのに 30分。

次の1本は15分 できれいにすることが出来ました。

  

画像にはありませんが ラッカー薄め液とか コンパウンドとか 単体で使っても

また 色々複合して使うことによって変な化学変化をおこしたりして

ホイールの塗装表面に 悪影響を与えたりするかも知れませんね。(むちゃくちゃやってます)

そうなったらそうなったときで覚悟して使いましたが・・・。

 

リアは1本5分程度できれいになりました。

最後に仕上げとして

WAKO'S バリアスコート を吹きかけておきましたが 果たして程は・・・・。

やっぱり 汚れがこびりつく前に マメに洗車しないといけませんね。(ホイールだけでも)

 

おしまい。

 

コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

雪の蓼科山に登るはずが・・・・車山ハイキングになった話

2017年02月13日 15時00分55秒 | ブログ

またまた 寒波が西日本を(特に日本海側)を襲っています。

今年は1月中旬から 隔週くらいで週末辺りに 寒波が南下してきていますねぇ。

我が家のある東海地方でも 三重県北部(福井敦賀湾方面からの雪)が降雪が多いです。

同じ東海地方でも 岐阜 土岐や多治見 愛知県 三河山間部なんかは

平年並みの降雪かなぁ そんなに降っていない感じがします。

ここ数年は やはり地球温暖化の影響か分かりませんが 地球の大気の流れが自分の子供の頃とは

変わり 寒暖の差が激しくなってきているような気がします。

 

そんな事でまたまた 2月9日~11日にかけて 寒気が南下して雪がたくさん降りました。

週末に天気が良ければ 雪山に(たいそうな山ではありません)行きたい今年の私は

天気予報を色々見ていました。

今週末2月12日(日曜日)近場で天気が良そうなのは(もちろん日帰りですので行ける場所は限られます)

八ヶ岳方面は天気がよさそう。

と言うことで自分が登れそうな山を検索。

蓼科山に登ることにしました。

2月12日

午前4時 起床

身支度を調えたり お湯を沸かして水筒に詰めたり 車に荷物を載せて

午前4時30分

家を出ます。このときの気温 0.5℃程

 またまた息子の車を借りて 出かけるのですが ガソリンが無いので スタンドに寄ったり

朝ご飯 昼ご飯も 合わせてコンビニに寄ったり

目的地まで 2時間30分くらいで到着する見込み。

 

ちょっと早く着きそうなので のんびり ゆっくり目に支度してます。

中央高速を北に走ります。途中 雪の駒ヶ岳の上に 大きな満月が 見え あまりにも

きれいだったので写真に撮りたかったのですが いかんせん高速度路上 同乗者もおらず

しっかり網膜に焼き付けるだけにしておきました。

午前6時25分頃    気温 -8.5℃ 

諏訪SA で諏訪湖の様子を見てみようと 小休止。

 

まだまだ 冷え込みが足りないのでしょうか?温暖化の影響か?

全面結氷しておらず 御神渡り(おみわたり)現象も見られませんでした。

調べてみると近年は毎年結氷しているわけではなくここ最近では平成25年1月が最後のようです。

私が子供の頃は 諏訪湖では氷に穴をあけて ワカサギ釣りするのが有名だったように記憶していますが

最近は全面結氷しないんですね。

このときの車載温度計

写真も撮り終え 出発。

すぐに諏訪インターを降りて 女乃神茶屋(めのかみちゃや)登山口へ向かいます。

高速道路はもちろん降りてからも しばらくは 路面に雪はありません。

さすがに ビーナスライン 標高1500m付近には 雪があります。

午前7時10分頃

まもなく登山口へ到着ですが その前に ちょっと景色の良い展望スペースで

景色を撮ったり けっこうのんびりペースです。

 

そこから数分 目的の駐車場へ到着。

ところがどっこい 20台~30台ほど停められる駐車場と調べておいたのですが

 

なんあとまぁ まさかの満車。 午前7時に着けば 大丈夫だろうと思っておりましたが

車中泊をされている方もいるような感じ。

日曜日で好天も予想されたので こんなに盛況なのでしょうか?

雪の壁に囲まれた路上に車を置いて登るわけにも行かず 仕方ないので 予備として見つけておいた

北八ヶ岳ロープウェイを使って 横岳 までの散策に 切り替え ロープウェー駐車場に向かいます。

7時20分

10分ほどで ロープウェー駐車場に到着。

 

気温 -15℃ 寒いなぁ。

ロープウェーはまだ営業しておらず ちょっと見に行くと 始発は午前8時から 往復1900円とあります。

(記事を書くにあたり HPで確認したら この時期土日は9時が始発のようです)

あと30分かぁ 下調べの時 横岳はあまり展望が良くない様な事をWEBで読んだ記憶があって(記憶違いの様でした)

30分待って 1900円払って 往復 休憩を入れても 3時間くらいかぁ

眺望が良くないなら もったいないと思い(ケチです)

雪山の景色を見るために 来たのだから ビーナスラインを走って 霧ヶ峰富士見台ドライブインの駐車場で

景色でも眺めましょうと 走り出します。

 ロープウェイ駐車場下の水族館の駐車場から景色を撮って登ってきた坂を下り ドライブインの方に向かいます。

 

途中の道路は こんな感じ ↓

ドライブイン駐車場で 景色を堪能。 ↓

振り返ると 車山が目の前に。 せっかく来たのだから 車山へ散策できないかなぁと

スマホで調べると 車山ビジターセンターに 散策マップがあり ちょっとしたアドバイスも

もらえるようなので 行ってみることに。

ところが

地図を見間違え 目的地とは反対方向に走ってしまったようで

google map で見ると 遠ざかっているではありませんか?

Uターンする場所を求めて 遠くなる反対方向へ直進。なかなかUターン出来るところがありません。

やっとUターンして 戻ります。

ここいらで 白樺湖周辺 この日走ったルートと 車山ハイキング(徒歩)ルートの画像です。

(間違えて走った所は記入してません)

戻る途中 駐車場らしき所から散策に出かけるような感じの人が見え

たまたま駐車スペースも1台空いていたので 入って 少し偵察に出かけてみました。

車山肩バス停でした。

 

ここで犬を散歩させている人に(この駐車場上 レストランチャップリン(冬期休業)のオーナーさんかな)

ここらでも車山山頂へ散策できる と教えていただき 登ることに。

午前9時10分頃

早速 駐車場へ降りて 身支度をして登っていきます。

 頂上までは ほんの2kmほど 直線的に登れば 700m~800mくらい?ですが

ここは霧ヶ峰湿原植物群落 (国の天然記念物)で決められたルート以外は雪の上でも立ち入り禁止なので

散策ルート上を歩きます。

↑ 踏み跡が付いていてわかりやすいです。

 

 

 途中途中で写真撮影しながら のんびりのんびり歩いていきます。

踏み跡が付いていたのスノーチェーンで十分登りやすいかと思いましたが

ずぼずぼ スネくらいまで埋まるので すぐにスノーシューに履き替えました。

(登山家ならこの程度の埋まり具合なら スノーシュー着けずに登るんだろうなぁ)

 ←登り損ねた 左 蓼科山です。 右は北横岳?かな?

 ← 登り初めて 小一時間 に到着。

 

このレーダーの東側には 車山神社 お社と鳥居があります。

 

さらに東側

 ← 車山リフト 山頂駅が 眼下に見えます。この向こう側はゲレンデです。

 山頂でしばらく360°の景色を楽しんだ後は

来た道を戻ります。

  

午前11時10分頃

 ←この時間でも気温-3.5℃でした。

 

駐車場に到着 靴を履き替えたり 荷物を整理して どこかでご飯でも食べて帰ることにします。

帰り道ちょっと気になって 秋にキャンプした 蓼科湖キャンプ場を覗いてみました。

  

道路や駐車場はきれいに 除雪してあります。

 

キャンプ場はこんな感じ。 キャンプ場のおばあちゃんに 聞いてみると

冬でも営業しているとのこと。 雪中キャンプの練習しに来ようかな?

ここなら寒さに耐えれなくなってもすぐ車に避難できるからなぁ。

 

 蓼科湖の周りの様子。 通路は除雪がきれいにしてあります。

そんな感じで

帰りは 駒ヶ岳SAで 翼ちゃんのいいる立派なレストランのソースカツ丼ではなくて

お値打ちなセルフの食堂でラーメンでした。

午後3時 帰宅。

天気も良くて 何よりの一日でした。

またお天気の良い週末を狙って雪山遊びに出かけたいです。

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

さよならカングー(かん太郎くん)69,100km

2017年02月11日 22時27分54秒 | 車・バイク

2015年5月初めに 走行43,500kmで我が家にやってきた

カングー 2008年式 MTです。

積載性や走行性(1600CC)ですが思ったよりきびきび走りました。

クラッチやステアリングが重く(ステアリングフィールはアライメント調整で

かなり軽減されました)

 仕事で信号の多いところ、狭い道、車庫入れの多い走行は疲れますので

乗り換える事にしました。

仕事用には 他の人がたまに使うセレナがありましたので

カングーは少しでも高く売れるようにと

知り合いの中古車屋さんに 委託販売(売れたら買い取っていただきお金をもらいます)と

言う形で 昨年10月末に預けてありました。

こんな感じでお店のHPや またGooWorldに載せていただいておりました。

その間に

12月に入ると 15年落ち 18万キロ越えの セレナの調子が悪くなり(すでに このまま乗り続けると

いざとなったときに 仕事に使う車が無くなってします)

慌てて 次期車両を選定 POLO 2号機を購入したわけですが

早くカングーが売れてくれないと 資金的に困るなぁと 思っておりました。

 

もともと 昨年末まで 委託しておくと言う約束だったのですが売れておらず

年明け 落ち着いた1月中旬に 委託先に行って

『売れないねぇ~』『売れなければ戻してもらって乗り続けようかなぁ』

話すと 

『程度も良いし 今は中古車が売れない時期だから 年度末くらいまでには売れるから

置いておけばいいよ』

と言うお言葉。

それから 2週間ほど経った 2月7日 電話があり 『売却決まりました』

という事。

2月9日 必要書類を持って委託先へ行き 売買契約書作成 して参りました。

その翌日車両代を振り込んでいただき これでカングー(かん太郎くん)と

正式にお別れしました。

 

↑ 委託先のかん太郎くん。

 

見た目よりもコンパクトで(5ナンバーサイズです)使い勝手の良い 車でした。

次のオーナーさんに可愛がってもらってください。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加