NAGAHAMA NOTE

日々、学習塾を運営していて感じることを塾長、永濱が綴っています。

この時期は

2017年04月26日 22時30分54秒 | 保護者の方へ
今週末からゴールデンウィークです。
ご家族でお出かけになられたり、子どもたちも
いろいろ予定を立てたりして楽しみにされていることと思います。

毎年そうなのですが、この大型連休の前後は
心身の疲れが出やすい時期になりますので要注意です。

これから気温が上がり、中高生は部活も本格化してきます。
また梅雨へと向かう時期とも重なり気分もすっきりしない
なんとなくだる~い感じを覚える日が続くこともあります。

それが自然の流れなので、子どもだけでなく我々大人も
その風潮になりがちなので気を付けたいです。


こんな時期はとりあえずやるべきことを
愚直に粛々とこなすことです。

気分や体調が思わしくないときに
あれこれ考え事をするのはよくありません。
マイナスなイメージしか思い浮かばないからです。


神様がゆっくり過ごしなさい!
と、言ってくれているのだと捉えて
日々コツコツと過ごしていきましょう。


くれぐれも、お子様の欠点を指摘するような発言は
控えたい時期です。ご注意ください!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新入社員が2名入社しました!

2017年04月21日 19時23分41秒 | 当塾について
今春から弊社に新しく新卒社員スタッフが2名増えました。
安曇川校、今津校、堅田校、守山南校(現 個別指導サプリ校)に
ちょくちょく顔を出すと思います!
保護者の方々には順次、個別面談等でご挨拶させて戴きます。
どうぞよろしくお願い申し上げます。


さて、この2名なのですが実は塾の卒業生なのです。
小学校や中学校の頃から通ってくれていて
彼らの保護者様とも永濱が面談させて戴いていたので
とてもよく知っています。

もう何年も昔に僕が教えていた頃の少年少女が
こうやって弊社でがんばってくれるようになるまで
成長してくれたと思うと、本当に嬉しい限りです。


これからも新旧スタッフがそれぞれの特性を活かして
益々、PEGを盛り上げていきますので
何卒よろしくお願い申し上げます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

自分のペースでやれる!ということ

2017年04月12日 23時40分39秒 | 当塾について
ある教室の講師の方から
「塾の教材をどんどん家でやってきてしまうのですが・・・」
と、嬉しい悲鳴の相談がありました。

詳しく話を聞くと、その小学生は
勉強が嫌いではないみたいでどんどん進めたいご様子。

ノートにもきっちりやっていて
確認テストをしてもほぼできているようなので
どんどん進めていきましょう!
という結論に至りました。

わかるのに、やりたいのに
次の塾の授業日までおあずけ・・・
というのは得策ではないと判断しました。


個人別指導をしている最大のメリットが
今回のようなケースです。

勉強が得意な子も、そうでない子も
「自分のペースで進めることができる!」
ことを最大限に活かしていきたいです。


実は、このようなケースはここ最近増えています。
中学1年生なのに勉強が好きで
中学3年生と同じコースで塾に来る生徒もいます。

入試を見据えて考えると、できるだけ早い段階で
履修範囲を終えることが1つの目標になります。
ですから、どんどん先取りで進めていけることは
受験勉強をかなり優位に進めることができるということです。


中学受験をするわけではない小学生の国語や算数であれば
理屈を理解して進めていくことは比較的容易です。

当塾でも学年の枠を越えて進めている子が多いのですが
きっちりやりながら進めることができているので
感心させられることもしばしば。


もちろん受験だけの勉強ではありませんので
わかる喜びを感じたり、やりきることの達成感を感じながら
しっかりペースメイクをして二人三脚で進めていく所存です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

生活習慣が大事!

2017年04月05日 23時12分38秒 | 教育の話題
成績を上げる、学力を付ける というのは
ただ学校や塾で勉強しているだけで
成果が出るのではなく実は
普段の生活に密接に関係しています。

わかりやすいところで言えば
年齢が上がるにつれて知識も増え
大人になる頃には3割引などの「割合」も
理解できるようになってきますよね。

そういう直接的なものもそうなのですが
間接的なものも大きく関わっています。

たとえば
挨拶をする、時間を守る、返事をする
などの対人関係や

字を丁寧に書く、靴を揃える、静かに説明を聞く
といった最低限のマナーの習得など

こういったことを躾けられて体得し
大人になっていくことで
自分の勉強なのだという意識が芽生え
その取り組みが根本的に変わっていきます。


実際に、私たちも見てきてそれを感じています。
これはもうずっと昔からのジンクスなんですが
第一志望校に合格できる力を持っているのに
結果を出せない生徒は決まって時間にルーズなのです。

授業に遅刻したり、約束の時間を守れない
など時間のマネジメントができないと
テストの時の時間配分ができない、っていうのは
想像に難くありませんね。

普段の自分の力を出し切れない理由が
自分の生活態度に起因している典型的な例です。



学力アップや成績アップを根本的に考えるなら
まず、生活態度を見直してみましょう!

生活習慣はなかなか変えられませんが
少し意識するだけでもぜんぜん違ってきます。

ぜひ、試してみてください。
また小さなお子さんをお持ちの保護者様はぜひ
(たのしく)しつけることを意識してみてください。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

実はやる気以前の問題かもしれません

2017年03月29日 23時11分08秒 | メンター
「勉強は子どもがやる気にならなくちゃいけない」
そう考えられている親御さんがほとんどです。

学習塾業界でもチラシなんかでよく
「やる気にさせます!」
などというキャッチコピーを見ます。


まさに、その通りではあるのですが
いったい「やる気になる」って
どういうことなのでしょうか。


それは、「やる気になっている」というのを
どういう状態のことを言うのか考えてみると
それが見えてきます。

たとえば、スポーツが好きな子だと
プロ選手の試合観戦をした後には
よし!僕もあんなプレーができるようになろう!
などという気になるかもしれません。

ゲームが好きな子だったら
新しいゲームを買ってもらったり
友だちと対戦したりするとき
きっと夢中になって操作を覚えたり
戦略を立てたりしているでしょう。


こういう状態になることを
「やる気になる」
と、いうのであれば勉強の場合は
どうすれば良いでしょうか。


受験を控えている学年なら志望校へ足を運び
オープンスクールに参加するのも良いでしょう。


では学校のテストの点数を上げたいとか
漢検、英検などの資格を持っておきたい
(持たせておきたいと感じてられる親御さん)
の場合ならどうすれば良いでしょう。


難しいですよね(^^;

僕は正直、特効薬はないと思っています。
(劇薬的なものはなくはないですが・・・)

目標がアバウト過ぎるというか
子どもたちにとっての優先順位が低い状態のものは
なかなかやる気になんてなれないのが実情です。
(大人も一緒ですよね。)


当塾では子どもたちの点数が上がったり下がったりするのを
「本人のやる気」の問題には絶対しないようにしています。

そもそもまったく「やる気」がないのに、塾には来ませんからね。
少しでも上げたい!志望校に合格したい!という気持ちがあって
やって来てくれていますからそこに原因はありません。



子どもたち自身が勉強を、自分に必要なこととして
優先順位を上げてもらうことがまず第一です。
もしかするとこの段階では
「このままではまずい!」という危機感が
必要かもしれません。

過度な危機感や心配ごとは逆効果なので注意が必要ですが
とにかく、自分に必要なものだという優先順位を
イヤイヤでも良いので上げてもらうことが必要です。



もし、優先順位がそれほど上がらなくても
まだ大丈夫です。

それは、「自分にもできる!」という
自信を持つことです。

これには人によって時間がかかりますが
必ず、持ってもらうことができます。
自信が持てればその教科が好きになります。
その教科にプライドが持て始めます。

そうなれば周りが何も言わなくても
自分で勉強するようになったり
「どうすれば点数が取れますか?」
という姿勢になってきてくれます。


これを「やる気になる」というのかなと
僕は思っています。

やる気がないからダメなんじゃなく
やる気になるまでのことすらもしていない状態だから
ダメなんですね。

社会人も全く同じだと思います(^^)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

18年目になりました

2017年03月21日 11時30分25秒 | 当塾について
3月21日は弊社の設立記念日です。
と、言いましてもそんなのは僕以外の人には
どうでも良い情報ですが・・・(笑)
少しだけご挨拶をさせて戴きます。


今から17年前(2000年)に僕1人で始めた小さな1つの個人塾が
ありがたいことに滋賀と京都で5教場にまで成長することができました。
また常勤スタッフを9人抱える株式会社として運営するにまで至りました。
感謝です。(2017年4月入社予定者含む)


生徒さん、保護者様はじめ弊社に関わる皆様、そして全スタッフに
心より御礼を申し上げたいと思います。ありがとうございます。



2000年の開校当時に僕が抱いていた思い、志は
子どもたちに「自立した大人になって欲しい」というものでした。
これは今でもまったく変わっておりません。


勉強は教わるものではなく身につけるもの。
先生からはそのために教わるのだ。

受け身の授業になってはいけない、させてはいけない

ということを一貫してきましたしこれからもずっと続けていきます。




反対に変えていかねばならないこともあります。
まず、今年は根本的に授業内容、指導内容を見直します。

高校部では、定期試験と大学受験を分離させます。
小・中学部では難易度が上がっている高校入試を見据え
もっともっと徹底した自立学習、予習学習、遡行学習を研究し
個人別にご提案できるように、指導力を強化します。



また、各教室でニーズは様々です。
その地域に密着した教室作りができるように
日々精進の思いを忘れず、ど真剣に取り組んで参ります。


17年の経験を18年目のこの1年に全力投球します。
弊社を利用していただく方、みなさまに喜んで戴けるよう
邁進していきたく思いますので今後ともご指導ご鞭撻のほど
よろしくお願い申し上げます。



今期も何卒、よろしくお願い申し上げます。

    2017年3月21日 株式会社PEG(ピーイージー)
             代表  永濱茂夫
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

受験合格!  からの~

2017年03月16日 09時39分50秒 | 入試
昨日は滋賀県立高校の合格発表でした。
「当教室の生徒は無事に全員合格です!」との
嬉しい報告がありました!良かったです。
本当におめでとうございます。

ただ、志望校合格がハッピーエンドではありません。
むしろスタートです。

以前から何度もここに書いていますが
高校にしろ大学にしろ、専門学校にしろ
入学すれば誰かが何とかしてくれる、なんて
システムではありません。

そこから自分がどれだけやっていけるのか
ということが全てです。
厳しい社会へと旅立つ準備をしているに過ぎません。


特に高校は、次の進学を考えているのであれば
今からスタートしても早すぎません。

たとえば、中高一貫の進学校はとっくに
高校の内容に入っていますから
既に出遅れていると言っても過言ではありません。


卒業式も終わり、受験も終わり
ホッと一息・・・と行きたいところでしょうが
1日でも早く始めた方が良いのです。


プロ野球選手のイチロー選手は
「オフの時の過ごし方でシーズン全てが決まる」
と、言っていました。

冬の閒にエンジンを切ってしまうのではなく
「常にいつでもいける状態」を
キープし続けておく方が良いとも言っていました。


中3生は、今すごくイイ感じに仕上がっています。
1日の学習量を0にはしないでくださいね。
1時間でも30分でも良いので続けてください。

何を学習すればいいのかわからない・・・
と、いう人は気軽に尋ねてください!


当塾の新高校1年生は既に高校内容に入っています!
受験勉強時の勢いで学習していますから
ものすごく良いペースでやれています。

この時期がスタートダッシュのむちゃくちゃ良い時期です!
合格の喜びを満喫できたら、1日でも早く
みんなと一緒に始めましょう!



************************

お問い合わせは・・・

★ホームページのフォーム
 → http://www.pegasasu.info/contact.html
★メール
 → mail@pegasasu.info
こちらからお気軽にお尋ねください!

または

★お電話(フリーダイヤル)
滋賀:0120-85-3772
京都:0120-358-109
※日曜日を除く13:30~22:00
(※授業中(17:00~21:30)はできるだけお控え下さい。)



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

丸暗記から始まることも!

2017年03月10日 09時33分48秒 | 勉強方法
学年末の定期テストが返却されています。
点数を上げる秘訣があるとすれば、それは単純に
「間違った問題を何回もやって覚えること」です。

エビングハウスの忘却曲線の実験は有名で
某ドラマでも取り上げられていますね。

その日、覚えたことでも次の日には
半分以上忘れてしまうというもの。
人は忘れる生き物なんですね。


よく、丸暗記はダメです!というフレーズを見かけますが
苦手な科目や単元では非常に有効だと僕は考えています。

もちろんその場しのぎの一夜漬けばっかりではダメですが
点数が取れれば「わかったかもしれない!」って気になります。
本当は問題と解答を丸暗記しただけかもしれませんが

そのとき脳は
「もしかしたら・・・」
という、良い意味での錯覚を起こします。

そこから本当の理解が生まれてくる
という事象を今まで何度も見てきました。

数学で計算はできるけどそれ以外は大嫌いだった生徒が
問題の解き方を丸暗記してなんとか点数が取れ始めてから
数学が好きになり、理系の大学へ進んでいきました。

また、英語が苦手だった生徒が問題を丸々暗記して
点数を上げたら本格的に文法学習が楽しくなりだし
教育学部へと進み今では中学で英語の教師をしています。


理解することがもちろん大事ですが
その前段階として、「まず覚えてみる」こと。
忘れないように繰り返し、繰り返し根気よくです。

丸暗記は必ずしも悪ではありません。
むしろ有効に作用することの方が多いかもしれません。

勉強のやり方がわからない人は教科書の丸暗記で良いので
1ヶ月、毎日続けてみてください!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新年度生徒募集中です!

2017年03月01日 10時14分53秒 | 入試
3月になりました。
日々少しずつ暖かくなり春を感じる季節です。
県立高校、大学、まだまだ入試を控えている諸君。
絶対あきらめないで最後までがんばりましょうね!


さて2017年度の新年度生徒募集の時期ということで
各教室お問い合わせをいただいております。
ありがとうございます!
当教室でも新年度生徒募集中ですので
お気軽にお問い合わせください。
(弊社HP → http://www.pegasasu.info/


実は、弊社のチラシはまだ折込などしていません。
すべてご紹介や近所の塾を探されていらした方ばかりです。
本当にありがとうございます!

来週、折込などをさせていただきますので
チラシをご覧になった方はぜひご検討の程よろしくお願い致します。

無料体験授業、保護者様のご相談だけでも
随時承っておりますのでお気軽にお尋ねください。


また、守山南教室が6月にリニューアル開校します。
南中の隣の1Fでわかりやすく明るくてスタイリッシュな
教室になるように準備を進めています。
こちらもご近所の方はご期待ください!


特典としまして今年度は春、夏、冬の期間限定で
入塾された初月の授業料を無料とさせていただくことになりました。
ぜひ、この機会をお見逃しなく!


************************

お問い合わせは・・・

★ホームページのフォーム
 → http://www.pegasasu.info/contact.html
★メール
 → mail@pegasasu.info
こちらからお気軽にお尋ねください!

または

★お電話(フリーダイヤル)
滋賀:0120-85-3772
京都:0120-358-109
※日曜日を除く13:30~22:00
(※授業中(17:00~21:30)はできるだけお控え下さい。)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

学年末テスト前にあたって

2017年02月22日 22時22分22秒 | 勉強方法
受験生以外の中高生もテスト前になりました。
今年度最後のテストですので気合いを入れて望みたいところです。

ただ、以前も書きましたが3学期(学年末)のテストは
1年の最後ということもあり難易度が高い上に
1,2学期で消化できなかった事が被ってくるので
とにかく範囲が広いです。

いつも以上に、丁寧に、何度も、何度もやり直すことを
意識しながらテスト勉強を進めたいです。

できれば「まとめ学習をしない!」方が良いと思います。
ノートにテスト範囲を書いてまとめるという
勉強ではなく「作業」にならないように気を付けたいです。

人それぞれやり方があるので絶対ダメってことではありませんが
範囲が広い場合はそれだけで時間がかなりかかってしまいますから
特に苦手な箇所とか、休んでしまった箇所だけとか
的を絞るように心がけてください。



また、学習の際はできるだけ携帯電話は電源を切るか
マナーモードにしてなるべく手の届かないところに
置いておきましょう。

集中しているときは頭の中で情報がきちんと整理されています。
そんな重大な最中に携帯がそれを一瞬で中断してしまいます。

せっかく積み上げている積み木が半分以上崩れてしまい
また1から積み直しするような、そんなイメージです。

つまり、3時間勉強をした!としても
途中で携帯で何度か気が散っていたら
実質1.5時間程度になってしまっていると
思って良いでしょう。

そうならないためにも必ず休憩時間を決めて
その時にさわるように心がけましょう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加