絵本の古本屋 【えほんやるすばんばんするかいしゃ】

営業時間:14時~20時(開店直後よりも14:30位がお勧め)
定休日:水曜
電話/FAX:03-5378-2204

2017年3/17(金)~ 4/2(日)、森野美紗子 展覧会「春のかけら」を1階ギャラリーで開催します。

2017-02-19 | ●一階ギャラリーのお知らせ



やわらかな水彩や押し花で絵を描く、森野美紗子さんの展覧会を開催します。
森野さんのお人柄そのままのような、自然となかよしな絵。
心がじんわりあたたかくなるような、
春の気配を連れてきてくれる展覧会になる気がします。


絵本「もりのケーキ」(さはらゆうき文・マイルスタッフ刊)の原画も初めて展示します。
女の子がつくる美味しそうなケーキや焼き菓子、そして魅力的な森の動物たち!
ページをめくるたびに、楽しい気持ちがむくむくとうまれるのです。
ぜひたくさんの方に見て、読んでほしい絵本です。

期間中は、iplikanaさんによる、絵本にでてくるお菓子の販売もございます。
こちらもいまからとっても楽しみです!



4月1日(土)10:00~ 押し花ブローチのワークショップを開催します。(講師:森野美紗子)
木製ブローチに、お好きな押し花を貼ってブローチをつくります。
お土産にiplikanaさんのお菓子付き。
所要時間は約2~3時間です。
詳細、ワークショップの募集は後日あらためてお知らせいたしますね。


森野美紗子 HP http://morinomisako.com

iplikana HP http://iplikana.wixsite.com/iplikana


----------------------------------------------
森野美紗子 展覧会「春のかけら」
2017年3月17日(金)~4月2日(日)
 
会場:えほんやるすばんばんするかいしゃ1階
〒166-0003 東京都杉並区高円寺南3-44-18
(2階:古絵本屋/1階:ギャラリー)
電話:03-5378-2204
営業: 14時~20時 
定休:水曜
(JR高円寺駅・徒歩6分、メトロ新高円寺駅・徒歩12分)
----------------------------------------------






この記事をはてなブックマークに追加

青森の弘前にあるお店、ao+水玉(アオトミズタマ)さんで当店の絵本など取り扱って頂けることになりました。

2017-02-19 | ● お店の情報/場所など


《おしらせ》
青森の弘前にあるお店、ao+水玉(アオトミズタマ)さんで
きくちちきさんの絵本やポストカード、
それから、いろんなためいきさんのCDなど
扱って頂けることになりました。
※ご報告が遅くなりましたが、先月から扱って下さってます。
 
店主さんと初めてお会いしたのは、
当店で開催したにしおゆきさんの展覧会のとき。
物腰が柔らかくって、とても話しやすく
ついついたくさん喋ってしまいました。
近藤晃美さんの展覧会のときも
観に来て下さったり、いつも朗らかな印象で
お会いするとなんだかホッとします。
実は、まだお店に伺ったことがないので、
いつか行ってみたいと思ってます。
そんなご縁でこうして扱って頂けることになり、
すごくすごくうれしいです。
ちなみに、東北では初めてのお取扱いとなります。
ということに、いま気付いた。じわじわうれしい。
 
弘前周辺の皆さま、青森・弘前へ遊びに行かれる皆さま、
ぜひぜひ、よろしくお願いします。
※写真は、店主さんから頂きました。

そうそう、ao+水玉(アオトミズタマ)さんによる
紹介のブログもすごく嬉しかったです。
◎ブログ http://ao-to-mizutama.com/lime/2661050
 
◎ao+水玉(アオトミズタマ)さんのHP
http://ao-to-mizutama.com
 
◎インスタグラム
https://www.instagram.com/aotamanyaaaan/
 
 
というわけで、大変ありがたいことに、
うちのお店で作ったものたちを扱って下さる
お店が全国各地にいくつかあります。
これからも少しずつお知らせしていけたら、と思っています。
本当に本当にありがとうございます。
 
※自社商品の一覧はこちら。お取扱いに関しては、お気軽にご一報ください。
http://rusuban.ocnk.net/product-group/77/0/


この記事をはてなブックマークに追加

【 2月の営業日程 】 ※2/7(火)のみ、臨時休業致します。

2017-02-03 | ● お知らせ

出口さんの展覧会がおわってから、特にお知らせすることもなかったので
ブログも更新してませんでしたが、毎日いつも通り営業しております。

ただ、今月は 2/7(火)のみ臨時休業致します。
ご迷惑をかけてしまい申し訳ありません。

そのほかは毎日、通常営業です(14時~20時/水曜定休)ので、
遊びに来て頂けるとうれしいです。


ではでは、よろしくおねがいします。


この記事をはてなブックマークに追加

出口かずみさんの個展、無事終了致しました。

2017-01-23 | ●一階ギャラリーのお知らせ


昨日、出口かずみさんの個展、無事終了致しました。
相変わらず、笑いの絶えない楽しい展覧会でした。
前回の原画展のときも、その前の個展のときも、
こまごまとした企画のときも、絵を観て本を見て
毎回笑いがあるって本当にすごいことだと思います。
これからの活動も本当にたのしみです。
  
そして、本を一緒に作れたことが本当に本当によかった。
出口さんとは、これまで 一緒に本を作ろうとしては
何度も断念してきたので、
この本は記念すべき第一冊目になりました。
いやあ、よかったよかった。
 
年をまたいで、約一か月の展覧会。
出口さんをはじめ、サイトヲさん&みーぐるさん、
ぼくのながーい話を聞いて下さった皆さま、
足を運んで下さった皆さま、気にかけて下さった皆さま、
本当にありがとうございました。
.
.
.
.
今日は1月23日。
2017年が始まってもうすぐ一か月ですが、
この展覧会が終わったことで、
自分の中での2016年が ようやく終わったような気分です。
ちょっとだけズレました。
 
2016年は、本を3冊つくりました。
きくちちきさん、近藤晃美さん、出口かずみさんです。
本を作りたい、って思ってから
本の形になるまでの時間を制作時間だとすると
きくちちきさんは、5日間。
近藤さんは、1年半くらいかな。
出口さんは、2年以上かな(いろいろ考えると4年かもっとかも)。
2013年~2015年に作った本(5冊)は、
だいたい数か月~半年くらいの期間だったので、
2016年は、すぐに出来たものと、長い時間がかかったものという
両極端な一年でした。
短いから楽とか、長く時間がかかったから素晴らしい、
とか そういうのはきっとないのかもしれない、
と思えたのは面白かった。
うまく言えないけど、作り手のそれまで生きてきた時間やら
こちらのなんやらとか いろんなものが混じりあうから、とか
おそらく そういうことなんだろう、と思う。
 
自分にとっての2016年が終わると同時に、
長い時間、考えて取り組んできてたものたちが、
一つの区切りを迎えたことで
いま、お店としても自分としても、まっさらな気持ちです。
ここから続いていくものと、ここで区切られていくものと、
いろいろあると思うけど、
今日から、まっさらな気持ちで始めようと思います。
展覧会や本を作るのも楽しいけれど、
まずは、今まで散々お世話になってきた古い絵本たちと、
あたらしい気持ちで向き合ってみようと思います。
 
 
あらためまして、2017年も どうぞよろしくお願いします。
 
店主

この記事をはてなブックマークに追加

《 新作絵本「TOOMIN VALLEY」について 》 ※本日1/22は、個展最終日です。20時まで。

2017-01-22 | ●一階ギャラリーのお知らせ


《 新作絵本「TOOMIN VALLEY」について 》
二年前、当店一階ギャラリーで開催した
出口かずみさんの個展「TOOMIN VALLEY」で
絵本「TOOMIN VALLEY」は、完成するはずでした。
ほんとに完成直前で、あとは印刷(と製本)するだけでした。
でも、完成させることができませんでした。
 
 
そのときも、それからも、
書ききれないくらいいろんなことがありました。
.
. 
. 
そして、自分たちにとっては長い時間が過ぎ
一度断念した本に出口さんに再び取りかかってもらい、
完成させたのが今回の絵本です。
  
元々は、ひらがなで書いてあって普通に読める本だったのが、
なぜかローマ字になってるし、ABC絵本風になっているし、
たまに英語が混ざっているし、「洋書です」なんて言うし、
最初に出口さんから見せてもらったときは、
びっくり&笑ってしまいました。
 
出口さんの大胆さに心底驚かされました。
 
とても変な感じですが、今回の本は、
二年前の出口さんと、二年前のサイトヲさんと、二年前の自分たちと
今の出口さんと、今のサイトヲさんと、今の自分たちで
作ったような感覚があります。
時を越えて、みんなで作ることができて本当によかった。
 
 
二年前、ものすごく無茶なことお願いしたにもかかわらず、
あの続きを引き受けて下さった
出口さんとデザイナーのサイトヲさん&みーぐるさんに
心から感謝です!本当に本当にありがとうございました。
本の発売を楽しみにして待っていて下さった方々、
ありがとうございました。
 
いろんなことがあった本だけど、出口さんたちのおかげで
こんなにも くだらない(いい意味で)本になってくれたことが
とてもとてもうれしいです。
 
 
◎絵本「TOOMIN VALLEY」
http://rusuban.ocnk.net/product/8507





この記事をはてなブックマークに追加