ワンピースまんがぱうち(レビュー・ネタバレ)

ワンピースをまとめながら、フラグとなる詳細を記録しつつストーリーを追っていきます。

553話 頂上決戦     (マリンフォード-5)

2017年01月13日 | 頂上戦争編




白ひげの引き起こした巨大津波を、青キジの【氷河時代(アイスエイジ)】が一瞬で凍結させて止めた。


青キジは続けて【両棘矛(パルチザン)】で氷の矛を白ひげに投げつけたが、大気を叩いた振動で青キジ本体の氷ごと粉々に砕き、海上に落下した青キジは、湾内の海水を凍りつかせ、白ひげ海賊団の船は閉じ込められた。



だが白ひげ海賊団の海賊達はひるむことなく「いい足場が出来た!気持ちが燃え滾って暑苦しいとこだ!!」と氷を足場にして、一気にマリンフォードに向けて出撃した。
出迎えたのは海軍中将の揃い踏みだった。バスターコールなど比にもならない海軍の大戦力の集結である。










かくして、歴史にその日を刻む「頂上決戦」が始まった。
その主役があるエースは、この事態に青ざめた。




七武海で初めに動いたのは、意外にも”鷹の目”のミホークだった。
「推し量るだけだ・・・近く見えるあの男我々の本当の距離を・・・」と言って背の剣を取って一振りすると、凍った湾がバッサリと2つに斬れ、斬激の衝動派がまっすぐに白ひげに向かって走った。
だが、白ひげはピクリとも動じない。その斬激を止めたのは、白ひげ海賊団3番隊隊長「ダイヤモンド・ジョズ」だ。
ミホークの剣をもってしても、そのダイヤモンドの体を斬ることはできない。




次に出たのは大将黄ザル、【やさかにの曲玉】で光を武器として白ひげに撃ってきた。
これに対しても、白ひげは「眩しいじゃねーか」と動じず、その光を真正面から受けて止めたのは1番隊隊長マルコだった。



マルコの悪魔の実の能力は、自然(ロギア)系よりさらに希少の動物(ゾオン)系幻獣種【不死鳥】である。


いかなる攻撃を受けても炎と共に再生する火の鳥の姿で、黄ザルに直接攻撃をかけに行ったが、黄ザルに光の速度と重さで弾き飛ばされた。
だが大将黄ザルの攻撃を受けても、マルコは再び無傷で立ち上がってくるだろう。






『マンガ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 552話 エースと白ひげ   ... | トップ | 554話 大将赤犬   (マリ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

頂上戦争編」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。