ワンピースまんがぱうち(レビュー・ネタバレ)

ワンピースをまとめながら、フラグとなる詳細を記録しつつストーリーを追っていきます。

554話 大将赤犬   (マリンフォード-6)

2017年01月14日 | 頂上戦争編



黄ザルの指令で、海軍は巨人部隊が全線の守りに出た。
その巨大な鉄壁に対して、白ひげ海賊団は「ダイヤモンド・ジョズ」がその怪力で湾内の氷塊を持ち上げて投げる構えを見せた。その怪力たるや、巨人にひけを取らない。








エースの真下を守っていた大将赤犬は「まったくわしらが出払ったら誰がここを守るんじゃァ」と立ち上がると、その体からボコボコと溶岩を発生させるとマグマの拳【大噴火】を発して、巨大な氷塊を跡形もなく一瞬で蒸発させた。



そしてマグマは火山弾となって地面に降り注ぎ、湾は氷の海から一瞬にして火の海となり、白ひげの艦も一隻火に呑まれた。



火山弾の塊の1つが、白ひげを直撃したが、白ひげは手に持った槍でそれを受け止めると、ろうそくの火を消すかのように一息で吹き消して「派手に点火しやがって、誕生ケーキにでも灯してやがれ、マグマ小僧」と不敵に笑った。




地震、津波、氷に光、タイヤモンドに不死鳥、そしてマグマ・・・・
シャボンディ諸島のモニターでこの戦いを見る人々は、あまりの次元の違いにこの世の終わりを見ているようで、言葉を失った。
こんな能力を持つ奴らに支配された世界に生きている現実を、人々は突きつけられたのだ。


マグマが鎮まった湾では、敵味方入り乱れての壮絶な乱闘が続いていた。

『マンガ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 553話 頂上決戦     (... | トップ | 555話 オーズと笠  (マリ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

頂上戦争編」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。