ワンピースまんがぱうち(レビュー・ネタバレ)

ワンピースをまとめながら、フラグとなる詳細を記録しつつストーリーを追っていきます。

【まとめ】東の海編 0.大海賊時代の幕開け

2017年05月01日 | まとめ

20年以上前の世の中は、海賊が海を行き来し、世界政府と海軍が戦い、取り締まってはいたけれど、今のような「大海賊時代」と呼ばれる海賊の戦乱時代になったのは、海賊王が公開処刑された、約20年前の”あの時”からであった。
(”麦わらの一味”がシャボンディ諸島上陸した時から22年前。506話より)


当時の世界の海を荒らし、並み居る海賊の頂点に立ち、富、名声、力の全てを手に入れて”海賊王”と呼ばれた男「ゴール・D・ロジャー」を船長とする海賊の一味がいた。
一味は最後まで海軍に捕まることなく、いつしか人知れず解散していたいたが、解散から1年後のある日、ゴール・D・ロジャー自らが海軍に自首した。海軍は自首の事実を隠して捕まえたこととして、海賊王の生まれた町「東の海(イーストブルー)」の「ローグタウン」という島で公開処刑を行った。

世界が注目する中、海賊王は自分の首が跳ね飛ぶ一瞬前に、世界を揺るがすある「宣言」をした。
「おれの財宝か?欲しけりゃくれてやるぜ・・、探してみろ、この世の全てをそこに置いてきた」









海軍が海賊達への”見せしめ”として行った公開処刑を利用して、ロジャーは残り僅かの命の火を、世界に広がる”業火”へと変えて、次の時代を作ったのだ。
この男の残した言葉が引き金となり、多くの者が海賊王の財宝を探しに、「海賊」となって海へと出ていき、海賊同士のぶつかりあいや、世界の島々での強奪や殺戮が絶えない「大海賊時代」と呼ばれる暗黒の時代へと突入していくことになる。
当時、処刑の広場に居た者の中には、ロジャーの”意志”を受け取った者もいた。




だが、20年の年月はその言葉をだんだんと風化させ、少年ルフィが海に出る頃には、昔の伝説・・・昔死んだ大海賊の残した宝がどこかに隠されてあるらしい・・・という雲を掴むような夢物語を信じる者は、ごく一部の者だけであり、たとえ信じていても口にするのは憚られる、といった具合であった。
そして年月は海賊王「ゴール・D・ロジャー」の名を、いつしか「ゴールド・ロジャー」と変えてしまっていた。

海賊王「ゴール・D・ロジャー」は、類稀な人を惹き付ける破天荒な人物であり、仲間の悪口を言われたというだけの事で、途方もない戦いを容赦しなかったが、仲間への情の厚い人物であった。
彼は、航海の途中で「ポールグリフ」と呼ばれる、破壊する事の出来ない石に古代文字で刻まれた「古代の歴史」を紐解きつつ航海を進めていたようであった。(空島編)

「ポーネグリフ」は数百年前の古の歴史を伝える唯一の遺物であり、そこに隠された歴史こそ、世界政府がどんな犠牲を払ってでも死守すべきと躍起になる「世界の絶対的秘密」であった。
800年程前に「世界政府」が誕生したのだが、その誕生前後の100年間が、歴史からすっぽりと抜け落ち、誰も知ることが出来ない、いや知る事を禁止された100年間となっていた。この100年の間に、旧世界がひっくり返るナニカがあったのだ。

結局、ロジャー海賊団は【世界の秘密】を知ったものの、時期尚早として、また病で志半ばで死にゆく者として、次世代の”意志を継ぐ者”の登場を待っていたようであった。
”その者”を海へと誘い、登場を促すのが「あの日」の公開処刑であったのだ。


ロジャーはわかっていた。意志を継ぐ者は、その名に「D」を持つ者である、ということを。
海賊王の意志を継いで、「ひとつなぎの宝(ワンピース)」を見つけだし、空白の歴史を明らかにする者の登場を待つ時代そのものが、世に言う『大海賊時代』なのである。




--------------------------------------------
・副船長”冥王レイリー”が語る海賊王の思い出:頂上戦争編-506話「ロジャーとレイリー」

・ライバル”英雄ガープ”が語る海賊王の思い出:頂上戦争編-571.572

・海賊王とポーネグリフ:空島編
『マンガ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【まとめ】東の海編 ①ルフィ... | トップ | ワンピース 「東の海編」一... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

まとめ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。