ワンピースまんがぱうち(レビュー・ネタバレ)

ワンピースをまとめながら、フラグとなる詳細を記録しつつストーリーを追っていきます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

210話 0ゼロ  (新生アラバスタ-1)

2016年01月29日 | アラバスタ編
ルフィが勝ち、クロコダイルはもういない。なのに暴動が止まらないことに、自分の無力さにビビは何度目かの絶望を見る。暴動を止めたのは3年ぶりに振る雨だった。そして雨と共に、気絶したクロコダイルが王宮前広場へと落ちてきた。そして、王家の墓も崩壊しようとしていた。 . . . 本文を読む
コメント

209話 越えて行く  (王家の墓-9)

2016年01月29日 | アラバスタ編
ベルの死を見届けたビビは、それでも止まらない戦争に愕然とし叫びつづけたが、その声は人々に届かない。それでも諦めないビビに、麦わらの一味は胸が締め付けられ、ナミは涙した。 だがルフィも諦めない。とうとうルフィはクロコダイルをぶっ飛ばした。 . . . 本文を読む
コメント

208話 守護神  (王家の墓-8)

2016年01月28日 | アラバスタ編
大砲型爆弾の前で絶望するビビに声をかけたのはベルだった。ベルはビビ王女と過ごした日々を胸に、爆弾を持ち上げてハヤブサの姿となって空高く舞い上がった。「我、アラバスタの守護神ファルコン、王家の敵を討ち滅ぼす者なり」 ベルの人柄と決意が悲しい感動の一話。 . . . 本文を読む
コメント

207話 悪夢   (王家の墓-7)

2016年01月27日 | アラバスタ編
王家の墓の戦いも佳境に入っていた。クロコダイルになぜ戦う?と問われたルフィは「ビビが国を諦めない限り、おれ達も戦うことをやめねェんだ!死んだ時はそれまでだ」と答える。だが、そのルフィの体内に毒が回り、ルフィは動けなくなっていき、クロコダイルの笑い声が響き渡る。 . . . 本文を読む
コメント

206話 点火   (王家の墓-6)

2016年01月26日 | アラバスタ編
ナミのアイデアで、麦わらの一味の力を集結してビビを時計台に送り、砲台の導火線を断ち切り、砲撃手を撃退した。 だが、砲台は時限式爆弾でもあった。止まらない・・・。 広場で暴動の鎮圧にあためたしぎは、砲台を確認しても決してひかず戦い続けていた。 . . . 本文を読む
コメント

205話 砂砂団秘密基地  (王家の墓-5)

2016年01月25日 | アラバスタ編
ビビが、砲撃は広場を見下ろす時計台の中である事に気付くが、時計台へ登る階段は閉ざされているうえ、間に合わない。 そして、時計が開き、中から顔を見せたのはBW随一の砲撃の名手の2人だった・・・。 . . . 本文を読む
コメント

204話 RED  (王家の墓-4)

2016年01月24日 | アラバスタ編
ルフィが王家の墓へと飛び込み、三度目のクロコダイルとの戦いが始まった。これが最後の戦いになる、2人は本気の戦闘モードにはいる。ルフィは「まだ返してもらってないからな・・・お前が奪った物を」と言って、血で濡れた拳でクロコダイルに殴りかかった。 一方、広場付近では砲撃手の居場所を知らせる”赤いのろし”が立ち上がった。 . . . 本文を読む
コメント

203話 ワニっぽい  (王家の墓-3)

2016年01月23日 | アラバスタ編
「ポーネグリフ」には、古代兵器「プルトン」については示されていなかった。クロコダイルはここで女を殺しにかかり、王は王家の墓の崩壊のスイッチを入れた。ルフィはようやく、王家の墓の入り口を見つける。 . . . 本文を読む
コメント

202話 王家の墓   (王家の墓-2)

2016年01月22日 | アラバスタ編
「ポーネグリフ」の古代文字を読んでみせた女は、国王の「王家はこれを守り通す」という言葉に語気を荒げて反論した。「守る・・!?笑わせないで!!」女は世界の歴史の何を知っているというのか。 また、たしぎはニコ・ロビン、クロコダイル、そして海賊麦わらに屈し、心を追ってしまう。 . . . 本文を読む
コメント

201話  ニコ・ロビン  (王家の墓-1)

2016年01月21日 | アラバスタ編
クロコダイルの秘書の女「ニコ・ロビン」は、苛つきながらたしぎら海軍を退けて、王家の墓に隠されてある「歴史の本文ポーネグリフ」へとたどり着いた。女の目的は・・・? . . . 本文を読む
コメント