ワンピースまんがぱうち(レビュー・ネタバレ)

ワンピースをまとめながら、フラグとなる詳細を記録しつつストーリーを追っていきます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

41巻-390話 応戦 (エニエス・ロビー突撃-16)

2016年07月30日 | エニエス・ロビー編
ルフィの足元「裁判所」では、皆が苦戦しつつも必死に上を目指していた。 玄関口を守る「ヨコヅナ」は「公正なる11人の陪審員」が投げつける鉄球を何度もまともにくらって、とうとう倒れてしまった。これで玄関から、数千の衛兵の侵入を許してしまうのか・・・と思った時、「そげキング」の号令と共に、ガレーラの3人の職人肩に乗せた海軍の門番の巨人族の二人が、味方についてくれたのだ!!! 左 . . . 本文を読む
コメント

41巻-389話 応答 (エニエス・ロビー突撃-15)

2016年07月29日 | エニエス・ロビー編
ルフィは思いっきり息を吸い込むと、叫んだ。 「ローーーーービーーーーーン!!!迎えに来たぞォーーーーーー!!!!」 その声は「司法の塔」にいる全ての者の耳に届いた。 ロビンにも、フランキーにも、スパンダムにも、そして『CP9』にも。 驚いたスパンダムが窓から「裁判所」を見下ろすと、動力800を超えるブルーノが倒されているではないか!!! スパンダムは大至急でルッチ達を呼ぶと「『C . . . 本文を読む
コメント

40巻-388話 ギア2セカンド (エニエス・ロビー突撃-14)

2016年07月28日 | エニエス・ロビー編
ルフィは「裁判所」屋上でブルーノと対峙していた。(385話) ブルーノは、"麦わら"が前回よりパワーアップし、体術である【六式】だけでは対応しきれない事を悟って、"能力戦"に切り替えた。 ブルーノは【ドアドアの実】のドア人間、隔てる物すべてをドアに変える能力を持つ。 あらゆる所にドアを作ることができる能力は、使い方でバリエーションが豊富だ。 まず、地面にドアを作って自分がその中に消えた . . . 本文を読む
コメント

40巻-387話 ギア (エニエス・ロビー突撃-13)

2016年07月27日 | エニエス・ロビー編
---------”麦わらの一味”とフランキー一家サイド------------- ソドムとゴモラの頑張りで「裁判所」前まで到達した”麦わらの一味”は、その屋上でルフィが『CP9』と戦っている事を確認するが、簡単に屋上に到達しそうな建物ではなかった。 裁判所を見上げる”麦わらの一味”を目がけて、「ゴモラ」を倒した鉄球が投げつけれたが、それを「ヨコヅナ」が受け止めてくれた。蒸気で走る . . . 本文を読む
コメント

40巻-386話 前代未聞 (エニエス・ロビー突撃-12)

2016年07月26日 | エニエス・ロビー編
------------司法の塔『CP9』(385話)-------------- 話は遡り、スパンダムから招集された時、カクとカリファが、スパンダムからそれぞれに【悪魔の実】を手渡されていた。 『CP9』は世界的にも稀少な【悪魔の実】が2つ同時に入手できる事に驚いたが、スパンダムは「・・・色んなコネがおれにはあんのさ・・、今後の為に食っておけ!!!。言っておくが、”それ”にどんな . . . 本文を読む
コメント

40巻-385話 道はある (エニエス・ロビー突撃-11)

2016年07月25日 | エニエス・ロビー編
キングブルの「ソドム」と「ゴモラ」の命を懸けた激走。 大好きなフランキーを奪い返す為、その命を限界まで使って、意思を繋げようとする2匹。 前へ前へ。”麦わら”達を送り届ける!!! 力尽きた2匹の意思を継いだ”麦わらの一味”の戦いが始まる。 . . . 本文を読む
コメント

40巻-384話 反撃ののろしを上げろ (エニエス・ロビー突撃-10)

2016年07月24日 | エニエス・ロビー編
---------ガレーラサイド--------------- エニエス・ロビー本島入口では、ガレーラカンパニーの職人3人が、「法番隊」と数限りない衛兵を相手に戦っていた。 いくら職人が強いとはいえ、たった3人だ。体力の限界をカバーするのは"気力"だけだった。 パウリーは頭の中で何度も思い返していた。 "麦わら"は言った、「あいつらに勝てる」と。 破廉恥女は確信していた、「助けて . . . 本文を読む
コメント

40巻-383話 ルフィvsブルーノ (エニエス・ロビー突撃-9)

2016年07月23日 | エニエス・ロビー編
ルフィは、エニエス・ロビー本島を突き進んだ奥で、立ち止まっていた。 「司法の塔」へと続く道が途切れているのだ。 すると、目の前の何もない空間に突如として「ドア」が出来、その不思議ドアから「牛のやつ」が出てきたのでルフィは驚いた。 牛のやつこと、酒場のブルーノは"麦わらの一味"の強さからして、被害者5人でたやすく捕まっているとは到底思えなかった為、一人で様子を見に来たのだ。 とは . . . 本文を読む
コメント

40巻-382話 鬼の隠れ家 (エニエス・ロビー突撃-8)

2016年07月22日 | エニエス・ロビー編
ルフィを除く"麦わらの一味"とフランキー一家は、キングブルのソドムとゴモラの背に乗って、快調にエニエス・ロビーを奥へとつき進んでいた。 それまで1人で、本島内の衛兵達の相手をしていたルフィは「これでだいぶ楽になるぞ!!」と喜んで、さらに奥へと突き進んで行った。 エニエス・ロビー最奥の「司法の塔」は、本島の被害の実情を知らなかった。 被害状況は「5人」との誤情報が入っ . . . 本文を読む
コメント

40巻-381話 クビ  (エニエス・ロビー突撃-7)

2016年07月21日 | エニエス・ロビー編
空を飛んで飛び込んできた「ロケットマン」は、敵が出て来る前に始末しようと、海兵からの一斉砲撃を受けたが、 出てきたのは、老女と子供とペットの猫であった。 いたいけでかよわい2人と1匹は、悪い海賊に人質にされていたのだと言う。 海兵達の正義感に火がついた。 ガレーラ・フランキー連合軍は焦った。 ”麦わらの一味”が「ロケットマン」から降りてこないのだ。 だが、”麦わらの一味”はと . . . 本文を読む
コメント