akikoの「活動」徒然記

活動弁士佐々木亜希子の身の周りの出来事やふと感じたこと

ART再発見!『見ること』を探る

2007-11-17 | 活弁
今日は、福島県須賀川市にあるCCGA現代グラフィックアートセンターでの講演。
CCGA現代グラフィックアートセンターは、DNP大日本印刷が社会貢献を目的として運営する施設。現代グラフィックアートの収集、保存、展示の他、地域に根差した文化情報の発信拠点として、音楽会や映画上映、ギャラリートーク、講演会などを行ってきました。
「ART再発見!『見ること』を探る」と銘打った今回の講演会は「CCGAゼミナール」と福島大学主催の講演会事業「わくわくJr.カレッジ」の共同企画。
映画を「観る」事を声によって手助けする弁士という仕事。その経験と視点から、モノを「見る」、あるいは芸術作品を「観る」という行為について探ってみましょう、というのが今日のお題。さらに、聴講者は一般の方の他、福島大学教育学部の美術専攻の学生さんたちも多いので、無声映画時代の映画作品と美術分野との関わりも交えつつ…という希望。大変であります。
活弁公演はだいぶ経験しましたが、こうした講演はまだ不慣れで、多々反省。
たくさんの方が楽しそうに参加して下さり、お客さんにとっても何かしらの収穫はあったと思うのですが、多分一番収穫が多かったのは私ではないかと思います。
企画運営して下さったDNPの木戸さん神山さん、そして福島大学の渡邊晃一先生に感謝申し上げます。
食い入るように聴いて下さっていた初老の女性が帰り際、「ありがとうございました。今いろんな事でとても悩んでいたんですが、今日は答えを見出だせた気がします」と声をかけて下さいました。拙いトークではありましたが、それも「聴く」人の素地と感性で受容は様々です。「みる」ことと一緒であります。
感受性と表現力をともに磨いていきたいものです。
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 柴田理恵・久本雅美 涙の友... | トップ | さぬき映画祭2007 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。