akikoの「活動」徒然記

活動弁士佐々木亜希子の身の周りの出来事やふと感じたこと

ヒッチコック『マンクスマン』

2016-07-23 | 活弁

21、22日のシネマート新宿での『マンクスマン』たくさんのご来場、本当にありがとうございました。

やっぱりヒッチコック監督は、面白いですね〜!
この作品は、サスペンスの要素やコメディの要素も全くないわけではありませんが、いわゆるベタベタのメロドラマ。でも、ぐいぐい引き込んでくれるのは、ヒッチコックの演出力です。

学生さんもたくさん来てくれ、終了後にいろんな感想を聞くことができました。活弁を古くないとても刺激的なエンターテイメントと捉えてくれていたのが、とても嬉しかったです。

もう一つ。
大学のイギリスコース時代の担当教官新妻昭彦先生が見に来て下さっていたこと。
帰ったら「拝見しました」とメールがあり、感激。
英文学専攻だったのに、イギリスの無声映画の活弁をしたことがなかった私に「ヒッチコックがあるじゃないですか」と勧めて下さったのが、新妻先生でした。

ヒッチコック作品は、また冬に上演する予定です。

そして、次回8月は、8日9日に三大喜劇王3本立てでお届けします。

ぜひ親子で、友人とで、笑いにいらして下さいませ!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヒッチコック作品で爆笑…

2016-07-14 | 活弁

ヒッチコック監督の『マンクスマン』リハーサル。

シリアスなメロドラマなのに、なぜか大爆笑のリハに。
コメディタッチも得意なヒッチコックですが、これは意図した笑いじゃないよな〜と思いつつ、ツッコミを入れまくって永田さんと大笑いでした。

本番は、もちっと真面目にやります。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

8/2 Bmapバリアフリー映画上映会 『WOOD(ウッジョブ) JOB!』

2016-07-08 | 活弁

7日は、無事Bmapの総会も終えることができました。

理事長として反省もいろいろありながら、ほっとしております。

 

今期の一番大きな上映会は8月2日の『WOOD JOB!~神去なあなあ日常』です。

 

5日は会場の下見に行ってきました。

Bmapメンバー一丸となって準備を進めております。

 

楽しいガイドもあと一回のモニター会を経て完成。

皆さまのお越しを心よりお待ちしております。

 

 


★Bmapみんなで楽しむバリアフリー映画
 『WOOD(ウッジョブ) JOB!~神去なあなあ日常~』

上映日時:8月2日(火)14:00 開場 14時20分開演
会場:新宿区牛込箪笥区民ホール
 都営大江戸線「牛込神楽坂」A1出口すぐ
 東京メトロ東西線「神楽坂」2番出口徒歩10分

入場料:1000円(高校生以下500円)全席自由
音声ガイド:Bmap 藤原くに子(スクリーン脇で語り、会場に流れます)

監修:佐々木亜希子
☆定員250名
☆受け付けに手話通訳ボランティアがおります。
お問い合わせ、ご予約は NPO法人 ビーマップ事務局 
  TEL 03(6233)7150  FAX 03(6233)7158
  E-mail info@b-map.org
ホームページ http://b-map.org/

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ひまわり荘「八甲田山」バリアフリー上映

2016-07-07 | バリアフリー映画、福祉

今日は世田谷区障害者休養施設ひまわり荘で『八甲田山』のバリアフリー上映。

長い作品なので、途中に休憩をはさんで3時間。外があまりに暑かったためか、前半、会場はクーラーが効きすぎ、極寒の映像と相まって寒さ倍増。

でもご覧下さった方々からは感動したとの感想が寄せられほっとしています。

帰りにすでに上映会の写真が貼り出されていて、その早さに驚き…。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「現代に活きるエンターテイメント『活弁』~文化芸術、教育、福祉の分野で~」と題して

2016-07-05 | 活弁

 

三鷹市の市民大学事業「西むらさき学苑」で、講師として招かれ講義をさせて頂きました。

「現代に活きるエンターテイメント『活弁』~文化芸術、教育、福祉の分野で~」と題しての2時間。

活弁を初めて観て、活動弁士になりたいと思った時から、「活弁」はきっと、文化芸術、教育、福祉の分野で活きるはず、面白い展開ができるはずと思いましたが、今、北区の子ども弁士教室始め、学校や子ども映画館等、教育の場で活動させていただいたり、バリアフリー映画として活弁を活かしたライブ音声ガイド上映会などを開催させていただいて、最初の直観は当たっていた!と思いますし、こうして振り返ると、導かれるようにここまでやってこれたことに改めて感謝の念がわいてきます。

そんな思いを、実演とともに語らせて頂き、70人以上の受講者が熱心に聞き入って下さいました。ありがとうございました。

ご縁に感謝。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016夏休みの活弁公演★

2016-07-04 | 活弁

今年の夏も!

国立近代美術館フィルムセンターでの「こども映画館」と

広島映像文化ライブラリーでの「夏休み活弁シアター」&子ども活弁ワークショップ

開催いただきます。たくさんのご来場をお待ちしております★



◆7月30日(土)31日(日)広島映像文化ライブラリー
夏休み活弁シアター&子ども活弁ワークショップ

30日(土)は子ども活弁ワークショップ
31日(日)14:00~
子ども弁士発表
『キートン将軍』THE GENERAL  活動弁士 佐々木亜希子
会場:広島市映像文化ライブラリー 2階ホール

予約受付開始!
http://www.cf.city.hiroshima.jp/eizou/



◆8月5日(金)6日(土)国立近代美術館フィルムセンター
「こども映画館 2016年の夏休み★」子ども映画館 活弁と音楽
http://www.momat.go.jp/fc/exhibition/kids-cinema2016/

会場:国立近代美術館フィルムセンター小ホール(地下1階)
協力:IMAGICA

小・中学生を対象としたフィルムセンターの映画体験イベントです。
子どもたちが映画館に集まり、みんなが暗闇の中で集中して大きなスクリーンを見
つめ、泣き、笑い、緊張し、興奮し、感動する―かつてはごく当たり前であった、
こうした映画の原風景の素晴らしさを今日のこどもたちにも味わってもらいたいと
思います。

※参加は事前申込制(メールのみ)で7月6日(水)午前10時から受付を開始します。
子どもたちのためのイベントですので、成人の方々の単独でのお申し込みはご遠慮
願います。

◆8月8日(月)9日(火)活弁!シネマートライブ
三大喜劇王特集!

『ロイドの浮気者』 (弁士:平賀源大)

『チャップリンの忙しい一日』

『荒武者キートン』

活動弁士 佐々木亜希子
生演奏 永田雅代

劇場 シネマート新宿 スクリーン2
料金 ◎一般2000円(税込)◎シネマート会員1,800円
チケット販売場 シネマート新宿チケット窓口 


 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

7月の活弁シネマートライブはヒッチコック作品!

2016-07-03 | 活弁

7月の活弁シネマートライブ@新宿は、アルフレッド・ヒッチコック監督のサイレント映画に挑戦します。お待ちしております。お楽しみに!

 

 

◆7月21日(木)22日(金)活弁!シネマートライブ

『マンクスマン』(1929 英) 83分

 

監督:アルフレッド・ヒッチコック

原作:サー・ホルン・ケイン

出演:カール・ブリッソン、マルコム・キーン、アニー・オンドラ

 

サー・ホルン・ケインの有名な文芸小説を映画化した、ヒッチコック最後のサイレント作品。

「マンクスマン」は、アイルランド海に浮かぶマン島の住民という意味。

マン島の幼馴染み三人が不運な三角関係に陥って追い詰められていく物語が、水車小屋の挽臼や、夜の海面とインク壺の二重像などを象徴的イメージとして巧みに使いつつ、一貫した心理的緊張感を持って描かれている。

 

活動弁士 佐々木亜希子
生演奏 永田雅代

時間 両日19:00~

劇場 シネマート新宿 スクリーン2
料金 ◎一般2000円(税込)◎シネマート会員1,800円
チケット販売場 シネマート新宿チケット窓口 
 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「東京楽笑寄席」

2016-07-02 | 取材・メディア

お芝居もやっているBmapメンバーが出演するということで、「東京楽笑寄席」を拝聴。

声優やナレーターとして活躍する大御所たちに交じって、紅一点、いとし家エリーこと田畑菜苗、がんばっておりました。

ジャグリングの世界チャンピオンの技も拝見でき、たっぷり3時間半楽しませていただきました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

イマジカTVでバリアフリー活弁

2016-07-01 | 活弁

イマジカTVチャンネルで9月に「バスターキートン特集」があり、短編2作品に、バリアフリー活弁をつけさせていただくことに。

視覚障害者の方も楽しめるよう、音声ガイドを兼ねた活弁台本を作り、収録させていただきました。

編成が決まったらまたご案内いたします。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「文化の街・新宿の歴史と未来」

2016-06-30 | 活弁



早稲田大学の井深大記念ホールで、「文化の街・新宿の歴史と未来〜街を支えるリーダーたち〜」座談会に伺いました。

多様性と雑多なエネルギーが魅力の新宿。魅力は様々で、新宿高野、中村屋、紀伊國屋書店、それぞれの取締役たちの地域や文化活動に対するスタンス、ビジョンも興味深く拝聴しました。

その後、新宿へ移動すると、都庁前にずらりと並ぶ炊き出しの列…!

参院選間近ですが、大衆の目線、感覚を持ちながら、世界と国全体を俯瞰して、できるだけ迅速に未来への適切な布石を打てる議員を輩出したいものです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『メトロポリス』活弁上映。感謝!

2016-06-24 | 活弁

シネマート新宿『メトロポリス』、2日間ありがとうございました。
立ち見(実際には椅子を用意して頂きましたが)もたくさん、お入りいただけなった方々もおり申し訳なかったです。

2日めの今日は、多少台本も音楽も変化。

永田さんの音楽、本当に素晴らしかった!2台のキーボードで、メロディと効果音を同時に、しかも徐々に音色を変化させながら。一人で演奏しているとは思えない~!

今日は小学生の男の子連れや、学生のご一行様、またこの春大学生なった弁士教室の卒業生も来てくれて、嬉しかったです。

さらにグレードアップさせて、また上演できたらと思います。

 

来月は、アルフレッド・ヒチコック監督のサイレント作品に挑戦します!

21、22日の19時~。お待ちしております。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

メトロポリス

2016-06-22 | 活弁



明日明後日と、シネマート新宿で『メトロポリス』の活弁上映です。

SF映画の原点でもある大作。オリジナル版は3時間近く、これまで、世界各国でフリッツ・ラング監督の意図と関係なくカットされたりして、様々に編集、上映されてきました。

私もアメリカで上映されてきた英語字幕版(カットされている部分が多い)を上映する機会はありましたが、
今回は、近年復元され、内容もオリジナルに限りなく近い(現存していないシーンは字幕で補ってある)ドイツ語字幕版での上映です。

数日格闘しました。(英語版とドイツ語版の編集の違いや字幕の違いが面白かったです)

チラシには85分とありますが、116分の上映時間になりました。今回は前説後説カットです。すみません。

永田さんとの合わせ稽古では、愛息りくくんも演奏??
小学3年生、熱心に見ながら「これって未来を撮った映画だよね。なかなか良くできてるなあ」とさすがのコメント。


両日19時からですが、映画史に輝く作品ですので、ご都合がつきましたらぜひいらしてください。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

6月の活弁シネマートライブは『メトロポリス』!

2016-06-01 | 活弁

久々にやります!

上映作品「メトロポリス」1926年 独ウーファ社作品 85分
監督/フリッツ・ラング
脚本/テア・フォン・ハルボウ 
出演/アルフレート・アベル、ブリギッテ・ヘルム


作品内容 映画史に燦然と輝く、百年後の大都市を描いた空想化学映画。SF映画の父フリッツ・ラング渾身の作。機械文明や階級社会、人間の意識への風刺が鋭い。現実に存在する重要テーマを未来に託し、想像の限りを尽くし、
アンチ・ユートピア的ヴィジョンを創出した本作は、その後のSF映画において多くの模倣を生むこととなる。


活動写真弁士:佐々木亜希子 音楽担当:永田雅代
日時6月23日(木)24日(金)両日共19:00
シネマート新宿スクリーン2
料金 一般2,000円  大学生・専門生1,500円(要学生証) シネマート会員1,800円 
    障がい者割引1,100円 高校生以下 1,000円(要学生証)
発売場所 シネマート新宿6F窓口

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『12人の怒れる男と女2016 REMIX(仮)』

2016-05-31 | 映画・芸術・エンターテインメント

落語家の友人柳家東三楼くん出演の芝居『12人の怒れる男と女2016 REMIX(仮)』を観劇。

稽古中に急逝した演出家に捧げるような熱い舞台でした。

もちろん原作はレジナルド・ローズの『十二人の怒れる男』。

この芝居では女子も出演していますが、それぞれのキャラも立っていて、面白かったです。

 

陪審員制度の危うさ、あり方がよく描かれた一作です。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Bmap通信NO.12完成☆

2016-05-28 | バリアフリー映画、福祉

Bmap通信NO.12が完成。NPO法人Bmapのサポーターの皆様に送付させていただきます。

今後ともどうぞ宜しくお願いいたします。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加