akikoの「活動」徒然記

活動弁士佐々木亜希子の身の周りの出来事やふと感じたこと

したコメmeets小津安二郎『淑女と髯』

2016-09-16 | 活弁

したまちコメディ映画祭in台東の前夜祭「したコメmeets小津安二郎」『淑女と髯』、ご招待頂き拝見。

『淑女と髯』は私も一昨年活弁上演した作品でかなり笑いが起きたコメディですが、声優口演ライブは、活弁とはまた違った面白さがありました。

それぞれの役で語るので、セリフが多少かぶったりガヤが生で入れられるのはいいのですが、みんながお腹からしっかり発声するいい声なので、あまりにキャラが違うと感じたり、一斉にしゃべられるとどれが誰のセリフ??というシーンも。

山寺宏一さんの、ライブだからこその個性的な主人公やアドリブも面白く、ちょっとおばさん声のヒロイン野沢雅子さんや、ぴったりはまっていた羽佐間道夫さんなど、楽しませて頂きました。

脚本は、チャップリン研究家でもある大野裕之さん。丁寧に小津のギャグを拾っていて、またスになりそうなところにもギャグを突っ込んでいて(どこからが声優さんのアドリブかはわかりませんが)会場を沸かせておりました。観客の半分以上が声優さんや声優学校の若者たちで、彼らにとっての憧れの大先輩が行うライブは、見る側にも演ずる側にも独特の盛り上がりがありました。

ご一緒した方のお父上は、よく「小津は戦後のものより戦前の作品のほうがバラエティに富んでいてずっと面白い」と仰っていたそうですが、私も同感です。

小津は海外の映画の影響をたくさん受けていますが、その一人がエルンスト・ルビッチ監督。

20日にシネマート新宿で上演する『結婚哲学』の中にも、小津が影響されたのが顕著にわかるカットがあります。ソフィスティケイテッド・コメディと言われる全体的なタッチにも憧れたことと思います。

自動代替テキストはありません。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ココキタまつり弁士ミニ発表会

2016-09-11 | 活弁

北区のココキタまつりで、弁士教室もミニ発表会&公開講座をさせて頂きました。

館内は様々なイベントが催され、親子連れで大にぎわい!弁士教室は暗い部屋で半分だけドアを空けての上映。
入れ替わり子どもたちが覗いて、漫画映画などは小さなお子さんも見てくれました。

見学に来た中学生にも加わってもらい、アドリブで声色掛け合い説明をしてもらうなど、生徒たちも楽しい経験になったようです。

来週からはまた、3月下旬の発表会に向けて、台本制作と稽古です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

9月20日活弁シネマートライブ『結婚哲学』

2016-09-07 | 活弁

9月の活弁シネマートライブは、満を持して?エルンスト・ルビッチ監督の『結婚哲学』です。

友人の伴侶に横恋慕…なんて不謹慎?いや~、いろいろあるのが人生で、この描き方が!ルビッチは本当に巧いです。

私と永田雅代さんも何度も上演していますが、毎回楽しいです。
今回は20日夜のみの上演です。
お待ちしています☆

 

◆9月20日(火)活弁シネマートライブ
出ました!佐々木&永田の十八番!天才エルンスト・ルビッチの傑作上演
『結婚哲学』The Marriage Circle
http://www.cinemart.co.jp/theater/shinjuku/lineup/20160715_13643.html

活動弁士 佐々木亜希子
生演奏 永田雅代

時間 19:00~

劇場 シネマート新宿 スクリーン2
料金 ◎一般2000円(税込)◎シネマート会員1,800円◎学生1500円
   ◎障がい者、高校生以下1000円
チケット販売場 シネマート新宿チケット窓口 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

早稲田大学生の活弁プレパーティ

2016-09-06 | 活弁

8月末に、高田馬場の10℃カフェで、早稲田大学の学生たちに活弁を体験頂きました。

チャップリン、キートンの短編と、早稲田大学を舞台にした小津安二郎監督の『落第はしたけれど』豪華3本立て、永田雅代さんの生演奏付!

11月6日(日)には、早稲田祭で活弁をさせていただくことになりました。

学生たちの発想って、斬新!!

早稲田祭でコラボする漫画家石黒正数さんも観に来て下さり、しきりに面白がってくださいました。

11月、私自身もとても楽しみです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

山形県民芸術祭開幕記念公演「未来は託す~吉田大八と天童」

2016-09-04 | 映画・芸術・エンターテインメント

人生のうちに、何度か、最高の高揚感と感激、感謝の思いに包まれる瞬間があります。
私はその機会に恵まれていると思いますが、昨日はまさにそんな日でした。

昨日の山形県民芸術祭開幕記念公演は、1200人の会場満員の大盛況、300人の出演者による多彩なステージで、歓喜の大成功を飾ることができました。

幕末の天童藩士吉田大八を素材に、『未来は託す』と題して、生演奏と語り、芝居に、群読「時代を拓くは若人だ」やラップ調の「藩政改革の歌~経世済民」ダンスを交え大八の生涯を紹介。
吉田大八は、幕末の天童藩家老として、若くして貧しい藩の藩政改革を行い、藩校の督学(校長)として人材育成に力を注ぎ、軍事から政治、教育まで民のため尽くしました。
武士に将棋の駒作りを奨励し、それが現在の天童を将棋産業に繋がっています。
現在、天童は全国でふるさと納税2位。木工品や果物など特産物もたいへん豊富。未来にワープしてやって来た大八が褒め称えます。

私の書いた脚本を、天童高校の生徒たちが立派に演じてくれ、県内の特別支援学校の生徒たちや天童南部小学校の児童も参加、若いパワーみなぎる感動の舞台となりました。

後半の第二部では、詩吟、大八に関する識者のトーク(天童郷土史研究家湯村章生氏、観月庵住職矢吹海慶氏)、合唱『未来は託す~吉田大八の歌』、ジャズ演奏『世界は日の出を待っている』、フィナーレは、会場全体で天童花駒踊りで盛り上がって大団円

吉田大八の生まれた年に作曲されたショパンの協奏曲に合わせて「天童」の名前の由来をナレーションで語り、バレエを披露するというステキなオープニングから、ラストの一体感ある花駒踊りのフィナーレまでたくさんの市民が参加しての多彩なステージ全体の構成、演出は、私の事務所の加藤和男氏。

300人の出演者をスムーズにさばく当日の舞台監督は、私のマネージャーでもある山添時彦氏。
MCは、天童生まれのNHK時代の後輩アシスタントキャスター菊池喜美子ちゃん、オープニングの柔らかい語りで雰囲気を作ってくれたのはNHK時代の同僚で天童在住の日比野久枝ちゃんと娘さん。息子さんも5才の大八役で凛々しい袴姿を披露。

その他にも、数えきれないご縁が繋がり、多くの方の想いや力が結集し実を結んだ舞台でした。

場繋ぎとはいえ、今回の合唱曲の作詞者としての想いも一言語らせて頂きました。
吉田大八の生きざま、想い、願いを詰め込んだ詞は、木島由美子氏の曲を得てNHK大河ドラマの主題歌のような壮大な合唱曲となり、心が震えました。

このような機会に立ち会えたことに心から感謝です。

阿部豊明氏、矢吹海慶氏、湯村章夫氏はじめ、大八保存会の皆様、天童市芸術文化協会の皆様に厚く御礼申し上げます。
これからの天童市の発展、豊かな故郷であり続けて下さることを心より願っています。

 

「時代を拓くは若人だ」

 見たい 聞きたい 学びたい  時代の変化を感じたい

父の教えと 母の愛  藩の期待と 未来を背負い

磨け 大八 自らを

時代を拓くは若人だ  時代を拓くは若人だ

鍛えよ 大八 自らを

 

鎖国に閉ざされたこの国が 夷敵の脅威にさらされて

開国 攘夷と 騒いでる  勤王 佐幕と もめている

我らは小藩 しかれども 見つめよ 時代の その先を

時代を拓くは若人だ 時代を拓くは若人だ

漕ぎ出せ大八 大海原へ

 

「藩政改革の歌~経世済民」

財政難の天童藩  飢饉にみまわれ米不足

藩政改革 産業振興 民の苦しみ救わねば

鷹山公の改革まねて 鯉とナマズの養殖だ

 

扶持米だけで足らぬなら 藩士も手に職 持てばよい

蚕育てて 絹糸つくれ 将棋が人気だ 駒つくれ

王将 飛車 角 戦いの 要諦 将棋で身につけろ

 

日照りが続いて井戸枯れて 濁った水で乾きをしのぐ

そうだ 作ろう「掘り抜け井」  3間 5間と 深堀りし

きれいな地下水くみ上げて  田んぼも のども 潤わす

 

米倉立てて 仕付け米  豊作の年にため込んで

不作の年に貸し出して  飢饉のときにはお救い米に

経世済民 民のため  知恵をしぼって 汗流せ

 

 

『未来は託す~吉田大八の歌』

主君の願いは我が願い 民の願いも我が願い

新たな時代も 豊かな国も

願いてやまぬ 皆の幸

わが命より重きもの

★人はみな 天に生かされ 使命に生きる

時(とき) 不詳(ふしょう) なれど我が一生に悔いはなし


民を守るが武士の命(めい) 文にも武にも偏らず

智恵と技とを身につけて 弱きを助け 傲りを諌む

命を尊ぶ 政(まつりごと)

★人はみな 天に生かされ 使命に生きる

築きゆけ 新たな郷(くに)を! 未来は託す


妬み 誹り 謀  難はつきもの 誠意を尽くせ

偽らず 人を裏切らず

天知る 地知る 我ぞ知る

濡れた衣も いつかは晴れる

★人はみな 天に生かされ 使命に生きる

君たちは 不信を絆に! 未来は託す


この身は死して朽ちるとも この志と思いは死なず

夜は明ける 今 世が開ける

麗しき土地 愛おしき民  

自身の花を咲かせゆけ

★人はみな 天に生かされ 使命に生きる

拓きゆけ 新たな時代を! 未来は託す

★人はみな 天に生かされ 使命に生きる

手を結び 平和な時代を! 未来は君らに託す



 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

9月19日(祝)敬老の日 活弁

2016-08-25 | 活弁

9月19日(祝)は敬老の日にちなんで、足立区舎人地域学習センターで、後期高齢者を対象とした活弁上映会を行います。

オカリナ奏者茨木智博さんと共演。

 

足立区在住の75歳以上の方と障害者手帳をお持ちの方、付添の方限定ですが、お楽しみいただきたいと思います。

申込みは9月12日(月)より。

 

◆9月19日(祝)懐かしくて新鮮な活動大写真!
「弁士つき演奏会」と「オカリナ演奏」

活動弁士 佐々木亜希子
オカリナ演奏:茨木智博

活弁『大学は出たけれど』『続 水戸黄門』

時間 13:30~14:30(開場13:15)
会場:足立区舎人地域学習センター レクホール
対象:足立区民の後期高齢者 

入場無料  
予約受付 03-3857-0008

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

韓国ミュージカル『BIBAP』

2016-08-24 | 映画・芸術・エンターテインメント

昨夜は中野サンプラザでの韓国ミュージカル『BIBAP』を拝見。

観客巻き込んでのパフォーマンスステージ、ツレが駆り出されて、かなり美味しい役どころに!


韓国語での会話は最小限、日本語や英語でのヴォイスパフォーマンスに合わせて役者たちが大げさな芝居をしたり、踊って歌って、客をいじって。
おおいに楽しませて頂きました☆

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

山新に天童での県民芸術祭掲載

2016-08-19 | 映画・芸術・エンターテインメント

山形新聞の昨日の朝刊に9月3日開幕の「山形県民芸術祭・天童市民芸術祭」の記事が掲載されました。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

活弁シネマートライブ 三大喜劇王特集!そのまま天童へー

2016-08-10 | 活弁

一昨日昨日は、シネマート新宿での三大喜劇王活弁。夏休み中のお子さんにもいらして頂き、声をあげて見てもらえて嬉しかったです。
オリンピックネタも挟みながら、私も楽しみました。
暑い最中、リオオリンピックも暑くて寝不足気味な中、ありがとうございました!

昨夜は終演後、そのまま山形の天童へ。
天童温泉滝の湯のお湯を頂いて、そのまま
一日、山形県民芸術祭のリハーサル。

9月3日(土)が、山形県民芸術祭in天童の本番です。

300人近い市民が参加する舞台の脚本を担当させていただきました。

幕末、吉田松陰と同時期に地元天童藩で活躍した藩士吉田大八をテーマにした、音楽演奏あり、語りや芝居あり、ダンスあり、トークありの舞台です。

市民の皆さんが楽しんで舞台に立ち、観にいらした方々皆さんと一緒に充実感を得ることができるステージになりますよう。

あと半月ちょっと。見守って参ります。頑張って!!

 
 
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

フィルムセンター「活弁と音楽の世界」感謝。

2016-08-07 | 活弁

今年のフィルムセンターこども映画館も、遣り甲斐ありました!
ほぼ満席、2割は両日参加して下さっていたようです。
例年同じ場所でご覧になるという方も。
一昨日は、オリンピックシリーズで、漫画映画、コメディ、記録映画、昨日はチャップリン短編とグリフィス監督のメロドラマ。
様々なジャンルの作品に触れて頂きました。

チャップリンは間違いなくウケます。
グリフィスの『スージーの真心』は90分近い上に男女の愛や結婚がテーマで、子どもも楽しめる台本を作るのに苦労しましたが、けっこう笑ったりいろいろ反応しながら最後まで見てくれて、私も音楽担当の小沢あきさん永田雅代さんもとても楽しい映画体験となりました。

いつも、客席から聞こえる子どもたちのつぶやきや感想、反応が面白くて…。やめられません

明日明後日は、シネマート新宿で三大喜劇王特集の活弁です。
『ロイドの浮気者』『チャップリンの忙しい一日』『荒武者キートン』
8日(月)は16:45~
9日(火)は17:00~

音楽は、永田雅代さんです。

一般2000円、大学生1500円、高校生以下は1000円。
どの世代も楽しめるラインナップです。
可能な方はぜひお子さん連れでいらして下さいませ。いい映画体験になると思います。

 
佐々木 亜希子さんの写真
佐々木 亜希子さんの写真
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Bmapバリアフリー上映会『WOOD JOB!』ありがとうございました

2016-08-03 | バリアフリー映画、福祉

新宿牛込箪笥ホールでのBmapバリアフリー上映会『WOOD JOB!』へ、お子さんから高齢者までたくさんのご来場ありがとうございました。

会場には、随所に笑いが起こり、皆さん「楽しかった」「いい映画で感動した」「もう一度観たいわ」などと仰って帰られました。

都会での上映会ですが、少しでも森や林業に親しみを感じていただけたらと、森林の香りをプレゼントしたり、ホワイエに森のBGMを流したり。
Bmapのメンバーみんなで工夫をしてみました。

視聴覚に障がいある方々も楽しんで下さり、一同ほっとしています。

音声ガイドの制作チーム、当日のガイドを担当した藤原さん、告知に奔走した広報委員、当日の上映会運営をスムーズにするため尽力してきた上映委員、そして、当日は早稲田大学の学生さんもボランティアでお手伝い下さり、メンバーの力の結集された上映会となりました。映像と音響を担当した機材チームのおかげで、挨拶字幕の出力や、ガイドと映画本編の音のバランス調整も、なんとかうまくいきました。

アンケートの回収率も非常によく、その一部をここに掲載させていただきます。

 

◎ガイドが自然で気にならなかった

◎字幕やガイドがなければ見落としてしまう情報もあり、倍以上楽しめた

◎LINEでスタンプだけの会話をする子供達にも音声ガイドをやらせてあげたくなりました(40代 女性)

◎思ったよりずっと楽しい映画でした。ひのきの香りをかぎながら山林の映画が気持ちよかったです(70代 女性 脚不自由なり)

◎はじめは音声ガイドが多すぎると感じるのかなと思いましたが慣れると気にならず逆に内容がよくわかりました 皆が楽しめるかたちだと感じました(40代 男性)
◎聴覚障害者の妹と一緒に参加しました。なかなか一緒に映画を観る機会がなかったので、こうした上映会はとてもありがたいです。
 私も妹も、とても楽しみました(60代女性)
◎内容がとても秀逸な作品で、字幕とガイドとともにとても楽しめました。いい企画をありがとうございました(70代男性)


Bmapは、今後も「みんなで楽しむバリアフリー映画上映」を推進して参ります。

今後ともどうぞ宜しくお願いいたします。

Bmap理事長

佐々木(瀬尾)亜希子

 

佐々木 亜希子さんの写真

佐々木 亜希子さんの写真

佐々木 亜希子さんの写真

佐々木 亜希子さんの写真

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

広島「夏休み活弁シアター」

2016-07-31 | 活弁

昨日の広島市映像文化ライブラリー「夏休み活弁シアター」は、とてもにぎやかに開催することができました。
午前中も必死で練習した子どもたち、3チームとも、本番が一番の出来でした。『ラリーのスピーディ』『日本一の桃太郎』『月世界旅行』改め『月面調査隊』。それぞれ、とてもユニークな、個性豊かな活弁となりました。
私は『キートン将軍』を活弁上映。

7年ぶりに参加してくれた高校3年生の男の子の成長ぶりにも感激。
今年も、子どもたちと濃い二日間を過ごさせていただきました。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夏休み活弁ワークショップ

2016-07-30 | 活弁



今日は広島市映像文化ライブラリーで、子どもたちの「夏休み活弁ワークショップ」。

小学3生から高校3年生までの9人が3チームに分かれ、『ラリーのスピーディー』、『月世界旅行』『日本一の桃太郎』に果敢に挑戦しております。

午前中からの作業で、それぞれのチームにじわじわと個性が出てきました。
役も決まり、熱心に台本作りです。

完成が楽しみ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Bmapバリアフリー上映『WOOD(ウッジョブ!』まで一週間

2016-07-26 | バリアフリー映画、福祉
Bmapの夏の上映会まで、あと一週間となりました。
 

私が理事長を務めるNPO法人Bmapの、年に一度の大きな会場を借りてのバリアフリー映画上映会。

今回は『WOOD(ウッジョブ!)JOB!~神去なあなあ日常~』です。


NHK山形時代には、森林シリーズの取材メンバーとして、森林や林業のリポートもさせていただき、

林業の大切さや魅力を笑いや感動とともに伝えるような映画があればなあと思っておりましたが、

この映画はまさに!そんな作品です。

2度のモニター会の後、ガイド台本も最後の禊を行い、そぎ落として、聞きやすく。
 
当日ガイドを担当する藤原さんの稽古も佳境です。
発音、リズム、強弱、表現方法など、元アナウンサー3人が取り囲み、口々に同じことを言われては、タジタジですよね…。
 
そんな過酷な状況下で頑張っておりますくにちゃんのガイドで、お楽しみいただければと思います。
 
音響レベル調整のチェックも行い、開演前、終演後のBGMも決まりました。
 
当日は、早稲田大学の学生さんたちもボランティアで手伝いにいらして下さいます。
 
Bmapのメンバー皆、おもてなしの心で、皆様のお越しを心よりお待ちいたしております。
 
矢口史靖監督の大好きな作品、平日の昼間ですが、当日席もございますので、ぜひご都合のつく方はいらしてくださいませ。
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヒッチコック『マンクスマン』

2016-07-23 | 活弁

21、22日のシネマート新宿での『マンクスマン』たくさんのご来場、本当にありがとうございました。

やっぱりヒッチコック監督は、面白いですね〜!
この作品は、サスペンスの要素やコメディの要素も全くないわけではありませんが、いわゆるベタベタのメロドラマ。でも、ぐいぐい引き込んでくれるのは、ヒッチコックの演出力です。

学生さんもたくさん来てくれ、終了後にいろんな感想を聞くことができました。活弁を古くないとても刺激的なエンターテイメントと捉えてくれていたのが、とても嬉しかったです。

もう一つ。
大学のイギリスコース時代の担当教官新妻昭彦先生が見に来て下さっていたこと。
帰ったら「拝見しました」とメールがあり、感激。
英文学専攻だったのに、イギリスの無声映画の活弁をしたことがなかった私に「ヒッチコックがあるじゃないですか」と勧めて下さったのが、新妻先生でした。

ヒッチコック作品は、また冬に上演する予定です。

そして、次回8月は、8日9日に三大喜劇王3本立てでお届けします。

ぜひ親子で、友人とで、笑いにいらして下さいませ!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加