緑には、東京しかない

千葉県の東京寄りに住んでいる私「緑」が大好きな東京の散策写真のブログを作ります!!!

初夏の豊洲市場:スマートエネルギーセンターと市場前駅舎 PART2

2016年07月28日 06時00分00秒 | 江東・お台場


2016年5月末に竣工したばかりの東京ガスの「東京ガス豊洲スマートエネルギーセンター」の敷地の西側(環二通り側)を散策していきます。西側は桜並木の広場や遊歩道などが整備されています。




広場内に植えられている桜の木々はまだ若木状態となっていて、10年後には立派な桜の広場に成長していそうですね。




前方にスマートエネルギーセンターの正面玄関が見えてきました。




正面玄関の全景を撮影しました。単なるエネルギープラントだけではなく、管理室なども整備されているようです。




スマートエネルギーセンターの正門玄関前から周囲を見渡してみました。現在は荒れ地だけが広がっていますが、2020年以降には高層オフィスビル群や高層タワーマンション群などが整備されているかもしれません。




スマートエネルギーセンターの敷地の南西側にあるのが、ゆりかもめの「市場前駅舎」です。ゆりかもめの有明~豊洲間が延伸開通した2006年3月に開業した駅です。10年間放置されてきましたが、ようやく役割を果たすタイミングとなってきました。




市場前駅舎の東側でも、新しい交差点が整備されていました。信号機も稼働していましたが、5街区(青果棟)の敷地内へは工事用バリケードが展開していました。




北西側から「小口ピッキング棟」「買参組合事務所棟」の建物群を撮影しました。この建物内や周辺は、一般人は入ることができない、入れたとしても気軽に入れるような雰囲気の場所ではなさそうですね。




ゆりかもめの「市場前駅舎」に上がってきました。駅舎内から北側を見渡してみると、東京ガスの「TOYOSU22」の広大な空き地が広がっています。現在は豊洲市場や環状第2号線整備工事のプレハブ小屋が展開しています。




今回の散策で一番気になっていたのが、市場前駅舎と豊洲市場3街区を結ぶためのペデストリアンデッキの架設工事がどうなっているのかでした。真新しい橋桁が、豊洲大橋南詰交差点の真上に展開していました。




市場前駅舎内からスマートエネルギーセンターのプラントの全景を撮影しました。豊洲市場内の電力供給以外に、発電で生まれた排熱を本区域の熱供給に有効活用するなど、非常に重要な役割の施設となっています。




とは言っても、すぐそばでは世間的に話題の多い豊洲市場の整備工事が行われていて、多くの人々の関心が豊洲市場の方へ行ってしまうので、非常に影が薄い施設です。このエネルギープラントが完成したことは報道ニュースにもなりませんでした。




市場前駅舎内の改札口前にやってきました。駅舎のすぐ西側(豊洲大橋南詰交差点側)に、ペデストリアンデッキの橋桁が展開していました。この窓ガラス群を全て撤去して、デッキとつなげるのでしょうか。




市場前駅舎内の南西側(5街区側)を眺めてみると、こちらでもペデストリアンデッキの架設工事が行われていました。デッキには屋根がつくタイプのものになりそうですね。




市場前駅舎からペデストリアンデッキが3街区方向へ整備されれば、訪問者や観光客は地上に降りずに市場内へアクセスすることが可能となります。



この記事をはてなブックマークに追加

初夏の豊洲市場:スマートエネルギーセンターと市場前駅舎 PART1

2016年07月27日 06時00分00秒 | 江東・お台場


豊洲市場の5街区(青果棟)の敷地内の北側に建っている「小口ピッキング棟」の鉄骨群の全景を撮影しました。この建物の外壁部分にはパネル板が設置されていて、壁面緑化が施されるのでしょうか。




5街区の敷地の北東側(晴海大橋南詰交差点寄り)に建っている「通勤駐車場棟」の鉄骨群を撮影しました。通勤駐車場棟のそばには、業務用ガソリンスタンドも整備されます。




小口ピッキング棟前の真新しい交差点前から周囲を見渡して撮影しました。前方にゆりかもめの市場前駅舎と、東京ガスの敷地内に建っている「スマートエネルギーセンター」のプラントが見えてきました。




南東側から撮影した東京ガスの「スマートエネルギーセンター」の全景です。豊洲市場を含む周辺地域内に、熱と電気を効率的に供給する役割を担っているエネルギープラントです。2016年5月末に竣工したばかりです。




1990年代後半まで「豊洲石炭埠頭」「豊洲鉄鋼埠頭」と呼ばれていたこの場所ですが、現在は広大な空き地状態となっています。東京ガスが主導して進められる大型化再開発計画「TOYOSU22」の予定地となっています。




スマートエネルギーセンターの敷地南東角の交差点の全景を撮影しました。この交差点前に、5街区(青果棟)の正門が整備されることになります。




スマートエネルギーセンターの敷地南側前にやってきました。東京都道484号豊洲有明線の歩道部分と一体化されていて、広々としたスペースが整備されています。工事用フェンスも全て撤去されていました。




スマートエネルギーセンターの敷地南東角の散策道入口を撮影しました。エネルギープラント自体が竣工したので、一般人も敷地内に入ることが出来るようですね、さっそく散策してみましょう。




散策道の入り口前には、敷地案内図が設置されていました。ここから敷地内に伸びている遊歩道は「緑の小径」という名前なのだそうです。敷地内を一周していきます。




真新しい散策道を歩いて行きます。散策道内に植えられている植栽や木々は、まだ若木状態です。散策道からすぐ外側は、「TOYOSU22」の再開発区画の荒れ地が広がっています。




散策道の途中から振り返って南側、都道484号豊洲有明線方向を向いて撮影しました。正面にはゆりかもめの軌道高架橋と、5街区(青果棟)内の小口ピッキング棟の鉄骨群が写っています。




遊歩道内から東側一帯を見渡して撮影しました。現在の豊洲六丁目地区内は東京電力の変電施設の「テプコ豊洲ビル」や高層タワーマンション群、そして2016年11月に開場する豊洲市場などが広がっています。




遊歩道の北端部前にやってきました。目の前を道路が通っていますが、これは東京ガスの敷地内を通る私道です。




スマートエネルギーセンターの敷地北側一帯を撮影しました。こちらも広大な歩道や街路樹の木々などが整備されていて、広々としていました。




北側からスマートエネルギーセンターのプラント棟を見上げて撮影しました。TOYOSU22計画の中でも、先行的に建設されています。



この記事をはてなブックマークに追加

初夏の豊洲市場:木遣り橋北岸と5街区(青果棟)周辺 PART2

2016年07月26日 06時00分00秒 | 江東・お台場


木遣り橋北端部から、5街区(青果棟)の敷地南側を見渡して撮影しました。東雲運河の水面に面した防潮護岸や水際緑地帯の散策道の整備工事が行われています。




5街区(青果棟)の敷地の南東角には、工事用プレハブ小屋などが展開していました。完成予想図を見てみると、この場所は地上駐車場となる予定となっています。




敷地東側を通っている有明通り内から、5街区(青果棟)の敷地内を撮影しました。敷地沿いの工事用フェンスも、簡易的なものに替わっていました。




有明通りの歩道を北側へ向かって歩いて行きます。首都高速10号晴海線の工事のためか、有明通り側にも工事用フェンスが展開していました。




首都高速10号晴海線の「豊洲出入口」インターチェンジ前に整備されている「P9橋脚」を撮影しました。




晴海大橋南詰交差点の南側に設置されている「P10橋脚」の全景を撮影しました。首都高速の道路高架橋は、前方にゆりかもめの軌道高架橋の更に上側に架設されることになります。




前方に晴海大橋南詰交差点が見えてきました。東京都心部と、湾岸地区を結ぶ有明通りなので、車の交通量が非常に多かったです。




晴海大橋南詰交差点の横断歩道を渡り、交差点の北西角前にやってきました。




交差点の北側で整備工事中の「P7橋脚」です。




晴海大橋交差点から西側へ向かって伸びている「東京都道484号豊洲有明線」の歩道を散策していきます。以前のこの場所は、東京港の「豊洲石炭埠頭」が広がっていた場所です。




都道豊洲有明線の北側一帯は、東京ガスが所有している広大な空き地が広がっています。現在、東京ガスが主導して進める大型再開発計画の「TOYOSU22」の計画地となっています。




歩道から、晴海運河内に架橋されている「晴海大橋」の道路橋梁をズームで撮影しました。




東京ガスの「TOYOSU22」計画の敷地は約20ヘクタールにも及ぶ広大なものであり、高層オフィスビル群や高層タワーマンション群などが整備されるものと思われます。




5街区(青果棟)の敷地北側では、新しい交差点が2か所整備工事中だったのですが、完成していました。晴海大橋南詰交差点寄りの交差点の全景を撮影しました。




交差点内の信号機も稼働していて、工事関係者の車が敷地内に入ることができるようになっていました。交差点そばには「小口ピッキング棟」やガソリンスタンドなどが整備工事中です。



この記事をはてなブックマークに追加

初夏の豊洲市場:木遣り橋北岸と5街区(青果棟)周辺 PART1

2016年07月25日 06時00分00秒 | 江東・お台場


東雲運河に架橋されている「木遣り橋」の西側歩道を散策し、再び晴海大橋南詰交差点へ向かいます。木遣り橋は、首都高速10号晴海線の道路高架橋と一体化されています。




木遣り橋の南岸部に設置されている、首都高速10号晴海線の橋脚を撮影しました。




木遣り橋南岸部から、西側一帯の有明一丁目地区の埋立地を見渡して撮影しました。4年後のオリンピックの「競技会場クラスター」の一部となるこの場所は、現在は荒れ地となっています。




有明一丁目地区と、豊洲六丁目地区の間に広がっている広大な「東雲運河」を見渡して撮影しました。1990年代後半までこの場所は、東京港の「東雲貯木場」となっていました。




木遣り橋の南西側のこの場所には自転車競技(BMX)の「有明BMXコース」、そして自転車競技(トラック)の「有明ベロドローム」の2つの施設が建設予定となっています。




木遣り橋南岸部から、東雲運河の水面一帯を見渡して撮影しました。奥には環状第2号線の「有明北橋」と、ゆりかもめの軌道高架橋が架設されているのが見えます。




木遣り橋の中央部に建っている、首都高速10号晴海線用の橋脚を南西側から撮影しました。橋脚の真上には、真新しい橋桁が乗っかっているのが見えます。




この橋脚は「P17橋脚」であると書いてありました。北側(晴海側)から橋脚に一つ一つ番号が振られているはずなのですが、数が合わないような気がします。




木遣り橋の中央部から、豊洲市場の「5街区(青果棟)」の敷地内を見渡して撮影しました。青果棟の建物群そのものは完成していて、現在は周辺工事が行われているみたいです。




青果棟の建物地上3階から、晴海大橋南詰交差点へ向かって伸びているスロープ道路をズームで撮影しました。奥には、晴海地区や勝どき地区の高層タワーマンション群が写っています。




青果棟の建物群をズームで撮影しました。緩やかなウェイブを描いた大屋根を眺めていると、千葉県内にある大型展示場の幕張メッセにそっくりに見えます。




この日は雲一つない快晴の青空だったのですが、都心部の南側から小さな雲の一団がやってきました。




木遣り橋の北岸部前にやってくると、首都高用の橋脚が設置されていました。これは「P16橋脚」でしょうか。




橋脚のそばには「P16橋脚」と案内板が掲げてありました。




木遣り橋の北端部にやってきました。有明通りの広大な歩道を北側へ向かって歩き、晴海大橋南詰交差点へ向かいます。



この記事をはてなブックマークに追加

初夏の豊洲市場:スカイズタワー&ガーデンと木遣り橋 PART2

2016年07月24日 06時00分00秒 | 江東・お台場


東雲運河に架橋されている「木遣り橋」の南岸部から、更に南側へ向かって伸びている「有明通り」の歩道の散策を続けていきます。有明通りの歩道は、歩行者レーンと自転車専用レーンが整備されています。




東雲運河の南側に広がっている広大な荒れ地を見渡して撮影しました。この場所は、4年後のオリンピックのバレーボール(インドア)開場となる「有明アリーナ」が整備されることになるかもしれません。




有明通りの歩道を南へ向かって歩いて行くと、首都高速10号晴海線の延伸橋桁の架設工事現場の現場が見えてきました。鉄骨を組み合わせた巨大な仮橋台が展開していました。




南西側から「有明アリーナ」の建設予定地の全景を撮影しました。現在、オリンピックの競技会場の見直し作業が相次いでいるので、もしかしたら有明アリーナは建設されないかもしれません。




有明通りに面して工事用フェンスが設置されていますが、有明アリーナへのアプローチ道路が整備される場所です。




南東側から、首都高速10号晴海線延伸部の橋げた架設工事現場を撮影しました。この場所は、首都高のP15~P16橋脚が整備される予定となっています。




鉄骨で組み合わせた仮設橋台の上部を見上げてみました。




首都高速10号晴海線の道路高架橋は、ここから更に南側で首都高速湾岸線と「有明ジャンクション」において合流しています。奥に首都高速湾岸線の道路高架橋が小さく写っています。




「ワールドサプライ第1ABC倉庫」の敷地前の横断歩道を渡って行きます。この界隈は大手物流企業の大型倉庫群などが建ち並ぶエリアとなっています。




この交差点自体もここ数か月程の間に整備されたものと思われます。2016年2月に散策した当時は、まだこの交差点や、西側へ向かって伸びている道路も存在していませんでした。




横断歩道内から、首都高速10号晴海線の橋げた架設工事現場を見上げて撮影しました。




目の前にある首都高延伸用の橋桁の番号名は一体何なのか、周囲に張り紙が無いのでよくわかりませんでした。




横断歩道を渡って、有明通りの西側歩道を散策していきます。この場所から、首都高速10号晴海線の橋げた架設工事現場が良く見渡せます。




有明通りの西側歩道を北側へ向かって進み、再び木遣り橋を渡って行きます。




木遣り橋の南岸部一帯でも、橋げたの架設工事が行われています。



この記事をはてなブックマークに追加