緑には、東京しかない

千葉県の東京寄りに住んでいる私「緑」が大好きな東京の散策写真のブログを作ります!!!

大手町二丁目地区再開発事業 B棟の進捗状況 2017年3月9日

2017年03月30日 06時00分00秒 | 再開発・千代田区


大手町二丁目地区再開発事業B棟:工事進捗率70% 2017年3月9日
大手町のオフィスビル街の北端部に位置している東京国際郵便局や日本郵政公社東京支社、東京遁信博物館(ていぱーく)などが入っている遁信ビルや東京国際郵便局の建て替え工事です。2014年の夏季頃から、解体工事のための工事用フェンスの設置工事が始まっています。3つのオフィスビル跡地には、高さ179メートルと170メートルの2棟の高層オフィスビルが建設され、国内最高水準の通信環境を整備して「国際的なビジネスセンター」としての機能を強化することになります。

延べ床面積は34万6000平方メートルで、2015年6月の着工、2018年5月の完成を予定しています。

本事業の特徴
1)国内最高水準の通信環境の整備による国際的なビジネスセンターの機能強化
  1.国際最高水準の情報通信基盤の整備
  2.大手町地区の国際カンファレンス機能の強化
2)大手町地区の業務継続能力の向上
  1.大手町地区における地域冷暖房施設のループ化の実現
  2.災害時の業務継続を可能とする自立性の高い電源の導入(ガスコジェネレーション、非常用発電機)
  3.帰宅困難者を受け入れ支援する災害対応能力の強化(一時滞在施設、防災備蓄倉庫)
3)うるおいのある快適な都市基盤の創出
  1.大手町と神田をつなぐセントラルプロムナードと日本橋川を渡る人道橋の整備
  2.サンクンガーデンの整備等による魅力ある立体的都市広場の形成



再開発計画の配置図です。




断面図のイメージです。




南西側から見た完成予想図です。


再開発事業の概要
所在 東京都千代田区大手町二丁目1番17から34
用途 事務所、店舗、カンファレンス、地域冷暖房施設、駐車場等
敷地面積 約19,900㎡
延床面積 約354,000㎡(A棟:約202,000㎡ B棟:約152,000㎡)
建物構造 鉄骨造、鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄筋コンクリート造
建物規模 A棟:地上35階、地下3階 B棟:地上32階、地下3階
建物高さ A棟:約178m B棟:約163m
建築主 A棟:NTT都市開発㈱ B棟:都市再生機構
設計 A棟:㈱日本設計 B棟:㈱大林組
監理 A棟:㈱日本設計 B棟:日本設計・NTTファシリティーズ共同企業体
施工 A棟:㈱竹中工務店 B棟:㈱大林組
建築工事期間 平成27年5月15日~平成30年7月(予定)

再開発事業のスケジュール
2014年3月 権利変換計画認可(予定)
2015年6月 工事着手(予定)
2018年5月 建物竣工(予定)
2019年3月 事業完了(予定)

プレスリリース:NTT都市開発株式会社他発表の報道資料 2015年5月11日
大手町二丁目地区第一種市街地再開発事業 施設建築物新築工事着工のお知らせ



南西側から、「大手町二丁目地区第一種市街地再開発事業B棟」の高層オフィスビルの低層階部分を撮影しました。




南西側から、B棟の高層オフィスビルの高層階部分を見上げて撮影しました。




B棟とA棟、二つの高層オフィスビルの連絡建屋部分を撮影しました。




大手町二丁目地区第一種市街地再開発事業の再開発工事区画の南東角の交差点前にやってきました。




上記の交差点前から振り返って、再開発区画の敷地南側を通っている千代田区道104号道路を撮影しました。




南東側から、B棟の高層オフィスビルの低層階部分を撮影しました。




B棟の敷地東側を通っている道路を撮影しました。




日本橋川に仮設されている「人道橋」の橋桁部分が、道路内に待機しています。ズームで撮影しました。この場所に橋ができると、神田方面への抜け道となりますね。




南東側から、高層階部分を見上げて撮影しました。ここからだと、B棟の高層オフィスビルの全景を撮影することは不可能です。




JR在来線と東北上越新幹線の鉄道高架橋の真下を通り抜けて、「常盤橋街区再開発プロジェクト」の再開発区画前にやってきました。ここからだとB棟の全景を撮影することができます。




解体工事中の「日本ビルヂング」前から撮影しました。




日本橋川に架橋されている「常盤橋」の道路橋梁前から撮影しました。




外堀通りの「常盤橋交差点」前から撮影しました。




再開発工事現場の地図です。

この記事をはてなブックマークに追加

大手町二丁目地区再開発事業 A棟の進捗状況 2017年3月9日

2017年03月30日 06時00分00秒 | 再開発・千代田区


大手町二丁目地区再開発事業A棟:工事進捗率70% 2017年3月9日
大手町のオフィスビル街の北端部に位置している東京国際郵便局や日本郵政公社東京支社、東京遁信博物館(ていぱーく)などが入っている遁信ビルや東京国際郵便局の建て替え工事です。2014年の夏季頃から、解体工事のための工事用フェンスの設置工事が始まっています。3つのオフィスビル跡地には、高さ179メートルと170メートルの2棟の高層オフィスビルが建設され、国内最高水準の通信環境を整備して「国際的なビジネスセンター」としての機能を強化することになります。

延べ床面積は34万6000平方メートルで、2015年6月の着工、2018年5月の完成を予定しています。

本事業の特徴
1)国内最高水準の通信環境の整備による国際的なビジネスセンターの機能強化
  1.国際最高水準の情報通信基盤の整備
  2.大手町地区の国際カンファレンス機能の強化
2)大手町地区の業務継続能力の向上
  1.大手町地区における地域冷暖房施設のループ化の実現
  2.災害時の業務継続を可能とする自立性の高い電源の導入(ガスコジェネレーション、非常用発電機)
  3.帰宅困難者を受け入れ支援する災害対応能力の強化(一時滞在施設、防災備蓄倉庫)
3)うるおいのある快適な都市基盤の創出
  1.大手町と神田をつなぐセントラルプロムナードと日本橋川を渡る人道橋の整備
  2.サンクンガーデンの整備等による魅力ある立体的都市広場の形成



再開発計画の配置図です。




断面図のイメージです。




南西側から見た完成予想図です。


再開発事業の概要
所在 東京都千代田区大手町二丁目1番17から34
用途 事務所、店舗、カンファレンス、地域冷暖房施設、駐車場等
敷地面積 約19,900㎡
延床面積 約354,000㎡(A棟:約202,000㎡ B棟:約152,000㎡)
建物構造 鉄骨造、鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄筋コンクリート造
建物規模 A棟:地上35階、地下3階 B棟:地上32階、地下3階
建物高さ A棟:約178m B棟:約163m
建築主 A棟:NTT都市開発㈱ B棟:都市再生機構
設計 A棟:㈱日本設計 B棟:㈱大林組
監理 A棟:㈱日本設計 B棟:日本設計・NTTファシリティーズ共同企業体
施工 A棟:㈱竹中工務店 B棟:㈱大林組
建築工事期間 平成27年5月15日~平成30年7月(予定)

再開発事業のスケジュール
2014年3月 権利変換計画認可(予定)
2015年6月 工事着手(予定)
2018年5月 建物竣工(予定)
2019年3月 事業完了(予定)

プレスリリース:NTT都市開発株式会社他発表の報道資料 2015年5月11日
大手町二丁目地区第一種市街地再開発事業 施設建築物新築工事着工のお知らせ



北西側から、「大手町フィナンシャルシティA棟」の敷地前から「大手町二丁目地区再開発事業A棟」の高層オフィスビルの全景を見上げて撮影しました。




北西側から、A棟の高層オフィスビルの低層階部分を撮影しました。




同じ場所から、A棟の高層オフィスビルの高層階部分を撮影しました。カーテンウォールのガラスが多く取り付けられていました。




この高層オフィスビルの壁面も、今流行りの水平方向の庇(ひさし)を取り付けるデザインになっているのですね。




産経新聞東京本社が入っている「東京サンケイビル」前から、低層階部分を撮影しました。




再開発区画の敷地西側を通っている「大名小路」の道路を撮影しました。東京駅周辺から神田方面への抜け道になっているためか、車の交通量が非常に多いです。




西側から、A棟の低層階部分を撮影しました。




南西側から、「大手町ビルディング」の建物前からA棟の低層階部分を撮影しました。…何やら、千代田区道104号線の道路片側が封鎖されていて、警察官の人たちが往来していて物々しい雰囲気に包まれていました。




南西側から、A棟の高層階部分を見上げて撮影しました。




南西側から、A棟の高層階部分のカーテンウォール部分をズームで撮影しました。地上35階・地下3階建て、高さ約178メートルの規模となっています。




「大手町タワー」の敷地前から、A棟の高層オフィスビルの全景を撮影しました。




A棟の敷地南側を通る千代田区道104号線道路が通行止めになっているので、ここから日本橋方面へ抜けたい車が迂回していて、周囲は大渋滞となっていました。




同じ場所から高層階部分を撮影しました。




千代田区道104号道路の封鎖の正体は交通事故でした。後で自宅に帰ってテレビ朝日のニュースでやっていましたが、工事現場内にバックで入ろうとしたミキサー車と、競技用自転車が接触したとのことです。自転車主はけがはしていないとのことだったので、何よりです。




南東側からA棟の低層階部分を撮影しました。私自身も再開発工事現場の写真を撮り歩きしている時、たまに工事車両や一般自動車などと接触しそうになったりするので、この事案を「他山の石」としていきたいところです。




南東側から高層階部分を見上げて撮影しました。




南東側から、A棟の高層オフィスビルの全景を撮影しました。




再開発工事現場の地図です。

この記事をはてなブックマークに追加

開業後の大手町ホトリア:敷地内の緑地帯や広場の散策 PART3

2017年03月29日 06時00分00秒 | 東京駅周辺


大手門タワー・JXビルのオフィスロビー入り繰り前から、高層オフィスビルの敷地西側(内堀通り側)に広がっている緑地スペースを見渡して撮影しました。現在は若木状態となっています。




大手門前交差点の前にも、植栽スペースが整備されています。




北東側から、内堀通りと永代通りがT字路となっている「大手門前交差点」の全景を撮影しました。




大手門タワー・JXビルの敷地南側、永代通りの歩道を一体化されている広場内を散策していきます。上記の大手門前交差点から見渡して撮影しました。




大手町ホトリアの再開発工事に伴って、永代通りの歩道部分も実質的に拡幅されています。




大手門前交差点に面して設置されている、オフィスロビー入り口を撮影しました。地上界や地下階に整備されている「ショップ&レストラン」とは別の入り口となっています。




永代通りの歩道を西側(東京駅側)へ向かって少し歩いていきます。




大手門タワー・JXビルのオフィスフロア内には、JXホールディングス本社やJX石油開発本社などのテナントが入居しています。JR東京駅日本橋口前のJXビル(現在は解体工事中)から移転してきました。




大手門タワー・JXビルの高層オフィスビルの敷地の南西角前にやってきました。大手門タワー・JXビルと、大手センタービルディングの間を通っている道路を撮影しました。




南西側から、大手門タワー・JXビルの低層階部分を見渡して撮影しました。元来た道を引き返して、大手門前交差点へ向かいます。




大手門前交差点から大手町パークビルディングの高層オフィスビルの全景を撮影しました。三菱地所のプレスリリースが2017年2月にあり、2017年下半期に三菱地所の本社機能をこの建物内に移転することが決定しています。




現在の三菱地所の本社機能は、同じ大手町地区内の「大手町ビルディング」内に入っています。ということは、大手町ビルディングの再開発の構想も、三菱地所の社内で始まっているということでしょうか。




大手門前交差点の北西角前にやってきました。これから三井物産本社ビル他2棟の再開発工事現場へ向かわなければならないので、内堀通りの歩道を北側へ向かって歩いていきます。




内堀通りの歩道側から、大手門タワー・JXビルの敷地沿いの緑地帯を見渡して撮影しました。




三菱地所の新しい本社機能が置かれることになる大手町パークビルディング前にやってきました。これで開業後の大手町ホトリア内の散策は終わりです。



この記事をはてなブックマークに追加

開業後の大手町ホトリア:敷地内の緑地帯や広場の散策 PART2

2017年03月28日 06時01分00秒 | 東京駅周辺


大手門タワー・JXビルの敷地西側に整備されている散策道を緑地帯内を撮影していきます。人工的なせせらぎの上には通路も整備されていて、内堀通りの歩道へ渡ること可能となっています。




人工的なせせらぎを見下ろして撮影しました。




同じ場所から振り返って、北側に広がる「ホトリア広場」を見渡して撮影しました。




現在はまだ若木状態ですが、数年後にはどうなっているか楽しみですね。




内堀通りの歩道に渡ることができる通路内から、南側を見渡して撮影しました。




通路内から、せせらぎを見下ろして撮影しました。




大手門タワー・JXビルの敷地東側の通路を南側へ歩き、大手門前交差点へ向かいます。




大手門タワー・JXビルそばの緑地スペースの植栽も、石垣が多用されています。




巨大な壁のようにそびえ立っている大手門タワー・JXビルの脇を通り抜けていきます。




前方に、永代通りの大手門前交差点が見えて来ました。




同じ場所から振り返って、北側に広がる緑地スペースを見渡して撮影しました。




大手門タワー・JXビルの巨大な柱のそばを通り抜けていきます。




大手門前交差点のそばには、このような巨大な人工池も設置されていました。




人工池の向こうには、皇居東御苑の大手高麗門の建物群が写っています。




人工池の前から振り返って、大手門タワー・JXビルの敷地東側の緑地帯を見渡して撮影しました。



この記事をはてなブックマークに追加

開業後の大手町ホトリア:敷地内の緑地帯や広場の散策 PART1

2017年03月28日 06時00分00秒 | 東京駅周辺


大手町パークビルディングと大手門タワー・JXビル、二つの高層オフィスビルの間に整備されている広場スペースを見渡して撮影しました。




広場スペース内には、休憩用のベンチや植栽の木々が整備されています。




2015年11月に先行的に開業している「大手門タワー・JXビル」の敷地内にも、ショップ&レストランの商業施設が整備されています。その入り口を撮影しました。




二つの高層オフィスビルの間の広場スペースの、東端部前にやってきました。




大手町ホトリアの敷地東側を通っている「日比谷通り」方面へ通り抜けることができる通路を撮影しました。




大手門タワー・JXビルの敷地東側に建っている「大手センタービルディング」の既存の高層オフィスビルも、「大手町ホトリア」の敷地内に含まれています。




東側から、広場スペースの全景を見渡して撮影しました。




同じ場所から、大手門タワー・JXビルの入り口を撮影しました。




広場内から、大手町ホトリアの敷地内に整備されている道路に降りることができる階段を見下ろして撮影しました。




階段そばから、大手門タワー・JXビルの敷地東側を通っている車両通路を見渡して撮影しました。この通路を南側へ向かうと、永代通り方向へ抜けることができます。




同じく階段そばから、大手町パークビルディングの南側壁面部分(低層階)を見渡して撮影しました。




元来た道を引き返していきます。




大手門タワー・JXビルの高層オフィスビルの敷地の北西角前にやってきました。これから、大手門タワー・JXビルの敷地沿いを散策していきます。




大手門タワー・JXビルの敷地西側(内堀通り側)にも、ホトリア広場ほどの大きさはありませんが、緑地スペースが整備されています。




内堀通り沿いの緑地帯を見下ろして撮影しました。お昼過ぎの時間帯だったので、南側から太陽の光が降り注いできました。



この記事をはてなブックマークに追加