緑には、東京しかない

千葉県の東京寄りに住んでいる私「緑」が大好きな東京の散策写真のブログを作ります!!!

10月の赤坂インターシティAIR:敷地北側とオフィス入口(六本木通り)周辺 PART4

2017年10月18日 06時01分00秒 | 城南・港区全域


赤坂インターシティAIRの敷地の南西角の広場前にやってきました。広場内には、東京地下鉄銀座線と南北線の溜池山王駅の入口が設置されています。




これから、敷地南側を通っている歩道を歩き、再び赤坂インターシティAIR内の緑地帯へ向かうことにします。




西側から、赤坂インターシティAIRの敷地南側を通っている歩道を撮影しました。この歩道を東側へ向かうと、汐見坂上・アメリカ大使館前に出ることができます。




南西側から、赤坂インターシティAIRの高層オフィス棟の低層階部分を撮影しました。




広場内に植えられている街路樹の木々も、若木状態ですね。




南側から、溜池山王駅13番入口の全景を撮影しました。




2017年9月29日の開業約2週間前、9月中旬の時期にこの場所に来た時は、簡易的な工事用フェンスが設置されていましたが、10月の現在は自由に散策することができますね。




地下鉄入口の裏側にもオフィス入り口が設置されていて、そちらへの連絡通路を撮影しました。




赤坂インターシティAIRの敷地南側の歩道を歩き、緑地帯へ向かっていきます。




前方に、赤坂インターシティAIRの敷地東側に整備されている緑地帯「インターシティガーデン」が見えて来ました。




インターシティガーデンの緑地帯内には、このように簡易的な水たまりが整備されています。西側から、簡易的な水たまりの全景を撮影しました。




水たまりの周囲に散策道やベンチ、レストランやカフェなどが入った商業施設の低層棟などが集まっています。




水たまりの上に整備されている桟橋から、東側を見渡して撮影しました。




植栽の木々に覆われている小道を進んでいくと…。




緑地帯の中に建っている商業施設の低層棟前にやってきました。




緑地帯内に建っている店舗内も人の気配はないみたいですね。




ここで元来た道を引き返し、高層オフィス棟の敷地南側のサンクンガーデンへ向かいます。



この記事をはてなブックマークに追加

10月の赤坂インターシティAIR:敷地北側とオフィス入口(六本木通り)周辺 PART3

2017年10月18日 06時00分00秒 | 城南・港区全域


赤坂インターシティAIRの敷地東側を通っている六本木通り(東京都道412号霞が関赤坂線)の歩道沿いを散策していきます。六本木通り沿いのオフィス入り口前の赤坂インターシティAIRの看板を撮影しました。




高層オフィス棟の北西角(溜池交差点側)のオフィス入り口の全景を撮影しました。土曜日の早朝の時間帯だったので、人の気配は全くありませんでした。




再開発工事に伴って綺麗に整備されている六本木通りの歩道を南側(アークヒルズ側)へ向かって歩いていきます。




低層階部分のテナントの一つの「ロウリーズ・ザ・プライムリブ 赤坂店」の案内板が設置されていました。アメリカで展開しているローストビーフ専門のレストランなのだそうですね。




六本木通り沿い(敷地西側)が一番人通りが多い場所となっているので、レストランや屋外・屋内カフェがこの場所に多く並んでいます。「ベルジアンブラッスリーコートアントワープポート」の店舗を撮影しました。




六本木通り沿いにも、植栽の木々群が整備されていました。




「ベルジアンブラッスリーコートアントワープポート」の店舗の全景を撮影しました。




人通りも車の交通量もほとんどない六本木通りの歩道を南側へ向かって歩いていきます。




六本木通り沿いに整備されているスターバックスの店舗を撮影しました。




六本木通りの歩道をしばらく歩いていくと…。




赤坂インターシティAIRの敷地の南西角の広場前にやってきました。




南西角の広場前からも、オフィスビル内に入ることができますね。




高層オフィス棟の南西側の低層階部分ですが、広大な吹き抜け空間が整備されていました。巨大な柱数本で支えているのですね。




同じ場所から振り返って、赤坂インターシティAIRの敷地西側を通っている六本木通りを撮影しました。




前方に、赤坂インターシティAIRの敷地の南西角の交差点が見えて来ました。




敷地の南西角広場には、東京地下鉄銀座線と南北線の溜池山王駅13番出口が設置されています。




南西側から、高層オフィス棟の低層階部分を撮影しました。



この記事をはてなブックマークに追加

10月の赤坂インターシティAIR:敷地北側とオフィス入口(六本木通り)周辺 PART2

2017年10月17日 06時01分00秒 | 城南・港区全域


赤坂インターシティAIRの敷地北側を通っている歩道を西側(六本木通り側)へ向かって歩いていきます。




土曜日の朝早い時間帯だったので、緑地帯内は人の気配は全くありませんでした。




高層オフィス棟の敷地北側のオフィス入り口を撮影しました。




敷地北側の歩道を西側(六本木通り側)へ向かって歩いていきます。




歩道に設置されている大石には、「赤坂インターシティAIR」の名板が刻まれていました。




赤坂インターシティAIRの敷地北側に広がっている、港区の赤坂一丁目地区のオフィスビル街を撮影しました。東京都心部の中で有数の規模のオフィスビル街が広がっています。




敷地北側の歩道を西側へ向かって歩いていくと、前方に「六本木通り」が見えて来ました。




高層オフィス棟の敷地の北西側(溜池交差点側)の一角には、半地下構造の吹き抜け空間(サンクンガーデン)が整備されていました。工事期間中にこんなものがあったとは、まったく気がつかなかったですね。




六本木通りに面した高層オフィス棟のオフィス正面入り口前にやってきました。ここが、赤坂インターシティAIRの敷地内の正面玄関となっています。




敷地北側の道路が六本木通り(東京都道412号霞が関渋谷線に合流している交差点の全景を撮影しました。六本木通りも車の交通量は非常に少なかったです。




上記の交差点前から振り返って、赤坂インターシティAIRの敷地北側を通っている歩道を撮影しました。




敷地の北西角のサンクンガーデンに下りることができる階段を見下ろして撮影しました。




サンクンガーデン内の地下1階フロアにも、オフィス入り口が設置されていました。




土曜日は高層オフィス棟内は無人状態なのか、オフィス入り口の周辺も人通りは全くありませんでした。




これから、赤坂インターシティAIRの敷地西側を通っている六本木通りの歩道を歩いていきます。




赤坂インターシティAIRの再開発工事以前のこの歩道ですが、道幅が2メートル位しかありませんでした。再開発工事によって、歩道が実質的に倍以上の幅に拡幅されていますね。




振り返って、東京地下鉄南北線と銀座線の溜池山王駅が設置されている「溜池交差点」を撮影しました。



この記事をはてなブックマークに追加

10月の赤坂インターシティAIR:敷地北側とオフィス入口(六本木通り)周辺 PART1

2017年10月17日 06時00分00秒 | 城南・港区全域


赤坂インターシティAIRの敷地北側を通っている道路前にやってきました。道路前から、赤坂インターシティAIR内の緑地帯を見渡して撮影しました。




北東側から、赤坂インターシティAIRの敷地内を見渡して撮影しました。手前側には「インターシティガーデン」の緑地帯が広がっていて、奥側(西側)に高層オフィス棟が建っているのが見えます。




北東側から、赤坂インターシティAIRの敷地北側を通っている道路の全景を撮影しました。再開発工事と並行して、この道路も新しく整備され直されています。




北東側から、赤坂インターシティAIRの高層オフィス棟の低層階部分を撮影しました。




北東側から、高層オフィス棟を見上げて撮影しました。赤坂地区においては最も高さが高く、200メートルとなっています。赤坂地区も東京駅周辺のように高層化が進んでいくのでしょうか。




北東側から、再開発区画の緑地帯地下に整備されている駐車場入口の全景を撮影しました。




敷地北側に整備されている歩道を歩いていきます。周辺は、赤坂一丁目地区のオフィスビル街の町並みが広がっています。




北側から、地下駐車場の入口の全景を撮影しました。緑地帯内に分散して建っている商業施設棟の建物と一体化されている構造となっています。




高層オフィス棟の敷地北側に整備されている歩道を見渡して撮影しました。街路樹の木々が多く植えられていました。




高層オフィス棟の敷地西側には、六本木通りの道路が通っています。後程、六本木通り沿いへ向かっていきます。




北側から、赤坂インターシティAIRの敷地内の緑地帯を撮影しました。




北西側から、緑地帯の全景を撮影しました。




赤坂一丁目地区のオフィスビル街の中へ少し寄り道していきます。土曜日の朝早い時間帯だったので、オフィスビル街の中は人の気配はありませんでした。




赤坂一丁目地区のオフィスビル街の中から、高層オフィス棟の低層階部分を撮影しました。




同じ場所から、高層オフィス棟を見上げて撮影しました。



この記事をはてなブックマークに追加

10月の赤坂インターシティAIR:敷地東側の緑地帯内の散策 PART4

2017年10月16日 06時01分00秒 | 城南・港区全域


北側へ向かって伸びている遊歩道を歩き、敷地北側の赤坂一丁目地区方面へ向かっていきます。




遊歩道のそばには、赤坂インターシティAIRの高層オフィス棟がそびえ立っています。




土曜日の朝早い時間帯だったので、緑地帯内は人の気配は全くありませんでした。




誰もいない坂道を下りていきます。遊歩道内にも、ところどころにベンチなどが整備されていました。




坂道をしばらく下りていくと…。




赤坂インターシティAIRの敷地北側の広場が見えて来ました。




緑地帯内の遊歩道の北端部にやってきました。




緑地帯内の敷地北側の商業施設棟を撮影しました。




赤坂インターシティAIRの敷地北側に整備されている広場を見渡して撮影しました。




敷地北側の広場内には、赤レンガ製の構造物が設置されています。緑地帯の地下に整備されている地下駐車場入口の構造物となっています。




東側から、敷地北側の広場の全景を撮影しました。




広場内から高層オフィス棟を見上げて撮影しました。




北側から、緑地帯内に建っている低層商業施設棟を撮影しました。




北側から、敷地内の緑地帯を見渡して撮影しました。




現在位置は、緑地帯の敷地北側の広場内となっています。




今まで私が歩いてきた緑地帯内の坂道を見上げて撮影しました。



この記事をはてなブックマークに追加