言語空間+備忘録

メモ (備忘録) をつけながら、私なりの言論を形成すること (言語空間) を目指しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

福島第一原発事故、レベル7に引き上げ

2011-04-12 | 日記
YOMIURI ONLINE」の「福島原発事故、最悪の「レベル7」に引き上げ」( 2011年4月12日12時20分 )

 経済産業省原子力安全・保安院は12日、東京電力福島第一原子力発電所の事故について、原発事故の深刻度を示す「国際原子力事象評価尺度(INES)」の暫定評価を、「レベル5」から最悪の「7」に引き上げると発表した。

 これまでに放出された放射性物質の量を、推定される原子炉の状態から計算した結果、「7」の基準である「数万テラ・ベクレル以上(テラは1兆倍)」に達した。「7」は0~7の8段階で上限の「深刻な事故」で、過去では1986年に旧ソ連で起きたチェルノブイリ原発事故が唯一の例だ。

 保安院の発表によると、3月11日から4月12日午前11時までに大気中に放出された放射性のヨウ素131とセシウム137の総量を、原子炉の状態から推計したところ、ヨウ素の量に換算して37万テラ・ベクレルに達した。内閣府原子力安全委員会も12日、周辺で測定された放射線量をもとに推計したヨウ素とセシウムの大気への放出総量は、3月11日から4月5日までで63万テラ・ベクレル(ヨウ素換算)になると発表した。保安院の西山英彦審議官は「現時点までの放射性物質の放出量は、チェルノブイリ事故に比べて1割前後で、被曝(ひばく)量も少ない」と違いを強調した。安全委員会によると、現在の放出量は、ピーク時の約1万分の1に落ちている。


 原子力安全・保安院は福島第一原発の事故についての「暫定評価」を、「レベル5」から上限(最悪)の「レベル7」に引き上げると発表した。「レベル7」の事故は、1986年に旧ソ連で起きたチェルノブイリ原発事故が唯一の例である、と報じられています。



YOMIURI ONLINE」の「健康・環境への影響も考慮…レベル7引き上げ」( 2011年4月12日12時43分 )

 原発事故の深刻度を示すINESの評価は各国の原子力監督官庁が行い、国際原子力機関(IAEA)に報告する。日本では原子力安全・保安院が担当する。レベル5以上の大きな事故では、大気に放出された放射性物質の量が重要な判断基準となる。

 保安院は先月18日、レベル5との暫定評価を発表したが、周辺の放射線量の高さや、世界に広がった放射性物質の拡散量などから、国内外の専門家からは「6以上ではないか」との指摘が相次いでいた。

 チェルノブイリ事故では10日間で約520万テラ・ベクレルもの放射性物質が大気に放出された。事故後に福島第一原発から放出された放射性物質の量はチェルノブイリの1割程度だが、世界の原子力事故の中では極端に大きい。レベル5の米スリーマイル島原発事故では、周辺に降下した放射性物質の多くを占めたヨウ素131の量が0・6テラ・ベクレルだった。

 しかも、福島第一原発では、海にも多量の放射性物質が流出している。作業が難航しており、数か月、1年と長期化すれば、放出量はさらに増える。

 忘れてはならないのは、INESのレベルは単なる数字ではなく、健康と環境への影響の程度を意味していることだ。がんや白血病の発生率、土壌汚染など、注意深く見守っていく必要がある。国際的なイメージにも大きな影響を与えるだろう。(科学部 笹沢教一)


 最悪のレベル7であるとはいえ、いまのところ、過去最大の事故だったチェルノブイリ事故の10分の1の放射性物質しか放出されていない、と報じられています。



 要は、「レベル7」については、それが「上限」であるがゆえに、「放出される放射性物質の範囲が広い」ということだと思います。「レベルの上限」である「レベル7」は、そのレベルに該当する放射性物質の量が「一定の値」から「無限大」まで、という区分けになっているはずであり、

   たんに「上限」の「レベル7」であるからといって、
     ただちにチェルノブイリ事故と同視してはならない、

ということだと思います。

 だからといって、「たいしたことない」といえないことはもちろんですが、「最悪」だと強調するのもいかがなものかと思います。

 したがって、



産経ニュース」の「「1カ月後の確認」に驚き 米紙、政府対応遅れを批判」( 2011.4.12 13:49 )

 米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)は11日、福島第1原発事故の深刻度が国際評価尺度で最悪の「レベル7」と変更されたことについて「最も驚いたのは、このような大量の放射性物質が放出されたと公的に認めるまでに1カ月かかったことだ」と指摘する米原子力専門家の批判的な内容を紹介、日本政府の対応の遅さを強調した。

 記事は「日本の原子力災害、チェルノブイリと並ぶ」との見出しで「何人かの原子力産業関係者は数週間にわたり大量の放射性物質が放出されたと指摘してきたが、日本政府当局者は一貫してその可能性を低く見積もってきた」とも指摘した。(共同)




 「日本の原子力災害、チェルノブイリと並ぶ」という見出しは「やや」おかしい、といってよいのではないでしょうか。



 また、「日本政府当局者は一貫してその可能性を低く見積もってきた」「最も驚いたのは、このような大量の放射性物質が放出されたと公的に認めるまでに1カ月かかったことだ」という指摘・批判については、

   日本政府の発表は「暫定評価」だったのであり、
     だんだん「レベル」が上がるのは、やむを得ない

と反論すればよいのです。

 もちろん「日本政府は、意図的に低く評価しようとしていた」という可能性もありますが、事故のさなかの「暫定評価」である以上、だんだん「レベル」が上がっていったのは「やむを得ない」と考えてよいのではないかと思います。

 したがって、



時事ドットコム」の「与野党から政府批判の声=福島事故「レベル7」」( 2011/04/12-13:33 )

 経済産業省原子力安全・保安院が福島第1原発の事故を「国際原子力事故評価尺度」(INES)で最も深刻な事故に当たる「レベル7」に引き上げたことを受け、与野党から12日、政府の対応を批判する声が上がった。
 レベル7は1986年の旧ソ連のチェルノブイリ原発事故と同レベルで、政府はこれまで「レベル5」にとどめていた。民主党ベテランは、こうした経緯について「世界にうそをついてきたことになる。菅直人首相の責任も免れない」と首相を厳しく批判。小沢一郎元代表に近い若手も「多くの国民が政府の発表に疑いを持っている」と強調した。国民新党幹部は「レベル7にした根拠をきちんと示さないと、国民が不安になる」と述べた。
 一方、野党側は、政府を追及する構え。自民党の小池百合子総務会長は記者会見で「初動の遅れがレベルを上げてしまったのではないか」との見方を示し、みんなの党の渡辺喜美代表は党の会合で「政府が事故を過小評価していたことがばれてしまった。菅政権の責任は重大だ」と指摘した。




 「世界にうそをついてきたことになる」だとか、「政府が事故を過小評価していたことがばれてしまった」などと考える必要はないと思います。このような発言は、世界における日本の立場を悪くするばかりでしょう。

 諸外国が「日本はうそをついていた」「過小評価していた」と考えたりするのはやむを得ないと思いますが、それを

   日本の政治家が言ってどうするのか

ということです。外国の政府・人々は、「やっぱり日本はうそをついて過小評価していたのか!! 日本の政治家もそう言っている!!」と思ってしまうでしょう。



 政権批判も重要であることは否定しませんが、日本の国益を害してまで行うべきではないと思います。政権を奪取するために、日本の国益を害する発言をするというのでは、「何のために政権を奪取するのか」ということになります。常識的に考えれば、「日本の国益を守るため」に政権を奪取しようとしているはずです。

 政治家のかたがたには、ここは冷静に「初動の遅れがレベルを上げてしまったのではないか」(つまり日本はうそをついていない) 、と述べるくらいにとどめておいていただきたいと思います。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 地震が南下している? | トップ | 福島第一原発事故、重大だが... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。